現在地

ホームページ

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
全表示

≪前ページ  次ページ≫

スポンサードリンク

カテゴリー・目次

人気記事ランキング

最近記事リスト

逆アクセスランキング

相互リンク

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

RSSフィード

プロフィール

怖い話 不思議な話@2ちゃんねる

Author:怖い話 不思議な話@2ちゃんねる
2ちゃんねるの怖い話、オカルト板まとめサイトです。心霊スポット 心霊写真 超常現象 怖い話 恐怖体験 未確認生物 UMA 都市伝説 オーパーツなど、怖い 不思議&面白いと思った話を厳選して紹介しています。
ただ今相互リンク募集中です。ただし、心霊・不思議・ミステリー系に限らせていただいておりますのでご了承下さいませ。

ブロとも申請フォーム









管理ページ
最新記事 - 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_8 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_7 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_6 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_5 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_4 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_3 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_2 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_1 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?1 (09/01) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_6 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_5 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_4 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_3 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_2 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_1 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_5 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_4 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_3 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_2 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_1 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_5 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_4 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_3 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_2 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_1 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 




≪前ページ | ホーム | 次ページ≫

怖い話 不思議な話@2ちゃんねる オカルト板まとめ

スポンサーサイト


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ

心霊 未確認生物 UMA 都市伝説 ミステリーブログをもっと見る



不思議な話 怖い話の本↓
オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1/3 2/3 3/3


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ ⇒
心霊 未確認生物 UMA ミステリーブログ⇒
不思議な話 怖い話の本⇒オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍

怖い話 不思議な話@2ちゃんねる オカルト板まとめ

死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_3


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ

心霊 未確認生物 UMA 都市伝説 ミステリーブログをもっと見る



不思議な話 怖い話の本↓
オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍
515 1/3 sage New! 2008/05/03(土) 16:08:32 ID:6XLDpkbl0
はじめまして、いつも主にまとめサイトで拝見させていただいてます。
さて、早速ですが最近体験した怖かった出来事を一つ。

なんら刺激のない毎日の、更になんら刺激のない平日。
夜、俺は真っ暗な自分の部屋で寝てたんだ。
夜寝るときは豆球も点けない全消し派の俺、本当に完全な闇の中でいつも寝てた。
その日は別になんともない一日だったんだけど、疲れきっていて夢を見た。

夢の中で俺は誰かを追いかけているんだけど、相手が異様で、見たこともないおばさんだった。
細い体型の40代くらいのおばさんで、ほんとに知らない人。なんでか顔は見えないんだけど。
しかも場所はその人に似つかわないような綺麗な一面の花畑で(今思うと失礼)、
こっちも全力で走っているんだけどその花に足を取られて追いかけづらい。
その上背景が真っ白で・・・真っ白というか、言うなれば強烈な光で照らされているようだった。
そんなんですごい走りにくいんだけど、俺はその夢の中のおばさんに(理由は分からんが)どうしても追いつかないといけない。

(続く)


516 2/3 sage New! 2008/05/03(土) 16:09:50 ID:6XLDpkbl0
(続き)

必死になって白い光の中をおばさんめがけて走っていた。
おばさんはこちらを向きもせず前を向いて逃げている。
しかし、俺も負けじと走っているとそのうち徐々に追いついてきた。
何秒も走ってなかったように思う。
まあ、相手はおばさんだし、そら追いつくわ。
もう手を伸ばせば届く!というところでなんとさっきまで一目散に走っていた女の人がこっちに振り返ろうとした。
もうすぐ顔が見える!やっと追いついた!

・・・となぜかそう思ったところで、さっきまで眩しかった世界が急に真っ暗になった。
どうやら目が覚めて自分の部屋に戻ってきたようだ。
目覚めは悪かったけど、金縛りなんかもなかった。
一応目を開いたまま辺りを確認する。真っ暗でよく見えないんだけど、なんだかいつもより部屋が暗いようにも感じた。
まあ、夢の内容自体、不思議ではあるが怖いものではなかったので、気分は落ち着いていたように思う。
そんなわけでそれからすぐにまた寝ようとして体勢も変えずに目を瞑った。
すると、本当に不意をつくように。なんの前触れもなく。

目の前に白い顔した女の人が狂ったような表情で姿を現した。

俺は悲鳴を上げる暇もなくあわてて目を開けた。
すると、なんと不思議なことに女の人の顔は見えなくなったのだ。

(続く)


517 3/3 New! 2008/05/03(土) 16:10:39 ID:6XLDpkbl0
(続き)

そこで、まだ心臓がドキドキ言ってる俺の頭に、ある疑問が湧いてくる。
(なんで今目を瞑った瞬間に見えたんだ!?普通逆だろ!?)
しかし俺はその理由を一瞬で悟ることになる。
目を瞑った途端に見えたのは、なんとなく見覚えのある光景だったからだ。

ちょっと伝わりにくいけど、みんなにも分かるかな。
目を開けて強い光をじーっと見た後すぐ目を瞑ると、光の残像が白く残って見えるよな。
瞼の裏に残るような白いやつ。
光が強ければ強いほど、白く残るあれ。専門用語とかあるんだろうけど知らん。

あの女の人のどアップは、その目を閉じた時の白い残像だったんだ。

幽霊の見え方は多々あるけど、あんなのは聞いたことがなかった。
しかも俺は、
光源なんてひとつもない真っ暗な部屋で、目を瞑って寝ていたのに。
おわり


532 本当にあった怖い名無し sage New! 2008/05/04(日) 00:19:49 ID:yhy3WUVv0
高校で長崎に修学旅行に行ったとき、夜消灯してから喋ってたら
窓の外に光が見えた。
最初は外を見回っている先生か警備員の人だと思ったんだが
そもそも外に出るには俺らの居る部屋を通らないと出れなかった気がして
じゃぁあれは何?なんて思っていたら、その光がガラスを抜けて部屋に入って来た。
6人居たんだけど、恐いとかの前に(゚Д゚)ポカーンと光がふらふらと部屋の中に入って
きたのを見てた。
俺は眼鏡外してたからぼやけてたんだけど。

そしたら突然その光の玉が8~10方向くらいに弾けて、降ってきて消えた。
後で何が起こったワケじゃないんだけど、その時起きていた人全員が体験した。
余り恐いとは感じなかったんだけど、正体不明の何かと遭遇したという意味ではめっちゃこわかった
おわり


541 本当にあった怖い名無し sage New! 2008/05/04(日) 08:33:27 ID:u/Y0cnJoO
オレの婆ちゃんが死んだとき、もう20年近く前になるけど。
婆ちゃんは地方のある旧家に嫁いだのだけれど、その家かなり昔からその辺り一帯を納めていた地主で、何やら信州で有名なお寺に縁のある者が興した家らしい。

で、その婆ちゃんが亡くなって片見分けの時に婆ちゃんの遺品から一体の人形が出てきた。
その家には蔵もあれば納戸もあった。
他に仕舞う所ならばいくらでもあろうに、それは婆ちゃんの部屋、押入の奥から出てきた。
飾られた事など一度も無いのに常に側に置いておきたかったのか。

横12~3、縦30高さがやはり13センチ程の木の箱に入っていたそうだ。
中を開ければ童女姿の日本人形が黄ばんだ和紙にくるまれていたそうだ。
和紙を解くと虫食いもなく、また着物も色褪せもせず、所謂たいへん良い状態だったそう。
表書があったそうだが中味と違い箱の方はとても薄汚れていて、文字も褪せていて読めない。
箱の裏に何やら墨で文字が直に書かれている。
辛うじて人形、それから鏡一対という文字。
それから何だか読めない文字のようなもの
母親に言わせると梵字みたいなものじゃないかと。

気になったのは鏡の文字。
箱の中には鏡など入っておらず、また人形の手も手鏡を持たせるようにはなっていなかった。

と、ここまでは俺自身が見た話ではなく、四十九日が過ぎてから母親に聞いた話だ。




544 婆ちゃん人形つづき sage New! 2008/05/04(日) 09:23:51 ID:u/Y0cnJoO
その四十九日の法要は檀家となっている大きな寺で行われた。
通常四十九日は特に縁のある人のみで行われると聞いている。けれどその日は肉親をはじめ親類、生前婆ちゃんが特に世話になった人達、けっこう大勢の人が来ていたと思う。
だからその時は、皆気がつきもしなかったのじゃないか。
その女性は経を読む段になっても堂の片隅にポツリと座っていた。
いずれ誰かの知り合いだろうと皆が思っていただろう。

法要が終わり、オレは親戚の子供達の相手をしていた。
奥の部屋では大人達は近親者だけになり個人の思い出話、そして形見分けの話になっていた。

最後にあの人形の事になった。
出自のよくわからない物だが物はわるくはない。
婆ちゃんには子供が三人、女子は長女である母が一人だ。
当然成り行きとしてあの人形は母の元へとなるはずだった。

一方オレが子供達を遊ばせている部屋。
広い座敷で子供と相撲などを取っていると、視界の端を何かがよぎる。
影を追えば、あの部屋の片隅に座っていた女の人が母達のいる奥の部屋に向かうところだった。
何か薄い箱のようなものを風呂敷に包んで抱えているのがわかった。

その時の様子を後に母から聞いた。

その人は襖の向こうから挨拶をすると部屋に入ってきた。
この時になって皆が顔を見合わせて、その様子や顔付きから誰もこの女性に心当たりが無いことが想像された。

女性はと言えば小綺麗に身を纏めていて、卑しくはないそれなりな暮らしをしている事が見て取れた。
年の頃は六十代の半ばか。
伯父が改めて身元を尋ねれば、あろうことかその女性、母達の四人目の兄弟、いや年齢で言えば長女になる人だった。

その時の母は、女性の脇に置かれた紫色の風呂敷の包みの、その紫が妙に不吉に思われたそうだ。
おわり


596 本当にあった怖い名無し New! 2008/05/04(日) 18:52:49 ID:VskRKHdSO
友人ふたりとドライブした時の話。
久しぶりに会った連中だから、車内で大いに盛り上がったんだけど、喋り疲れたというか、三人同時に黙り込んで、変な沈黙の間ができた。
車は山中の一本道を走ってる。
そういえば、ここはどこなんだろう、と思ってたら、運転席と助手席でなにごとがぼそぼそと会話してる。
何を話してんだろう、と俺は後部座席から身を乗り出して聞いた。
「南無阿弥陀仏」
「南無阿弥陀仏」
ふたりを見ると、合掌してる。
その直後、けたたましいクラクションの音がした。
俺たちの車は、大型ダンプと正面衝突した。
おわり


602 本当にあった怖い名無し New! 2008/05/04(日) 21:48:15 ID:BIskyeg10
学生の時に免許を取ったので友達4人(男3女1)で
ドライブがてら肝試しにいった時の話
地元じゃ有名なトンネルに行ったんだけど
トンネルの200メーターくらい手前の分岐でガードレールで
封鎖されててそこからは歩いて行くしかなかった
懐中電灯2本持って歩いてたんだけど、風とかがないのに
右手の林の中がガサガサいって気味が悪かった
トンネルが見えるところまで来たら急に懐中電灯が消えた


603 本当にあった怖い名無し sage New! 2008/05/04(日) 21:53:27 ID:BIskyeg10

で後ろを歩いてた二人も俺たちの横に来たときに
懐中電灯が消えた
一歩下がるとつくんだけどそこから一歩前に進むと消える
ちょっとビビッてたんだけど、先に行こうって話になってトンネルの
前まで進んだ
トンネルの入り口にもガードレールが置いてあって中は暗くてよく見えなかった
入ろうかと思ったら、後ろにいた二人が急に叫び声を上げたので
パニックになって車を止めてあった場所まで走って戻った

604 本当にあった怖い名無し New! 2008/05/04(日) 22:00:48 ID:9ZLUd5bk0

車に乗り込んでエンジンをかけようとするが、キーをひねっても
ウンともスンとも言わない
「早く、早く」と後ろにいた二人がせかす
何とかエンジンがかかりすぐに車を出したが、何で叫び声を出したのか
気になり聞いてみたら、「二人(俺ともう一人の男)がトンネルに入ろうとしたら
右手の林のざわめきが急に大きくなって何かが飛び出すような感じがした」とのこと
その日は怖くなったので全員俺の家で寝ていった

605 本当にあった怖い名無し New! 2008/05/04(日) 22:08:18 ID:9ZLUd5bk0

次の日に別の女とデートで映画を見た
その後、喫茶店に行ったんだけど2人なのにウエイターが「3人ですか?」
と聞いてきた
「2人です」と言ったら、訝しげな顔をして下がって、今度は別のウエイターが
おんなじことを聞いてきた
ちょっと切れて「2人だって言ってるんだけど」と言うと席に通されたんだが
何故か4人席だった(他の2人組は2人席に通されていて、空きもたくさんあった)
オーダー取るときも向かいに座った女→俺の順で注文した後に「以上で」と言うと
訝しげに俺の横の席を見ていた
いやな気分で店を後にしたが、その後は何も起こってない
変化といえば、その後2年くらい異常に女にもてる様になった
あんま怖くなくてゴメン
おわり


627 1/5 sage New! 2008/05/05(月) 02:01:39 ID:Jq+E3OP00
以前聞いた話で洒落にならないぐらい怖いのがあったので、流れぶった切って投下してみる。

漏れはサッパリなんだけど、漏れの母方の家系は、どうやら見える人が多いようだ。お袋は
ちょいちょい目撃談を語ってくれる。お袋の話は特に恐ろしいものではないので敢えて省く。
今日はじいさんの話だ。

漏れのじいさんは零戦乗りだった。今も存命で、飛行機好きの漏れは色々と影響を受けた
んだけど、ここに書く話は漏れが直接聞いたものは一つも無い。ほぼ全てお袋からの聞き
書きだ。個人的には聞きたくて仕方が無いが、とてもできそうに無い。その理由はまた後で。

そういうわけで、彼の詳しい戦歴はまるで分からない。東京周辺の基地に配属されて、特攻
命令を待ちながら空中退避する日々を送っていたということまでしか聞いていない。
ただ一度B-29を邀撃したそうで、目標があまりに大きくて距離の目測を誤り、機銃弾は命
中しなかったとだけ言っていたそうだ。ルーキーのじいさんが無事帰ってきてくれただけで
本当に良かった。


628 2/5 sage New! 2008/05/05(月) 02:02:00 ID:Jq+E3OP00
ルーキーばかりの部隊に旧式な機材があてがわれているもので、戦果はサッパリ。しかし
戦友はどんどん減ってゆく。空襲の折には戦力温存の名目で空中退避。
じいさんは思っただろう。爆撃機を落とせないで、一体何のためのパイロットだ?
挙句の果てに、じいさんは特攻に回されること無く終戦を迎えてしまった。後に残ったのは、
終戦の後に変節した上官と戦友の屍の山。

彼は戦友会にも顔を出さない。お袋によれば、じいさんは戦争の話をすると夜必ずうなされる
んだそうだ。大学の受験を、前日にいきなりドロップアウトさせられる悪夢だ。

漏れは一度だけじいさんが戦争を思い出した時の話を聞いたことがある。死んだ仲間の死
体を埋めるのは、本当に辛いもんだという彼の顔は、一生忘れることは無いだろう。
そんなわけで、漏れはじいさんに話を聞けないでいる。癒えることの無い傷に触れることは、
じいさんにとっても漏れにとってもあまりに酷だという気がするからだ。



629 3/5 sage New! 2008/05/05(月) 02:02:24 ID:Jq+E3OP00
そんなじいさんも、何度かそれらしいものを目撃したことがあるという。
東京大空襲の折、彼の基地からも燃える東京が見えたそうだ。じいさんは愛機の側で待機し
ていたんだろう、それを見ていたらしい。すると、さっきまでそばにいた相棒がいない。
おかしいと思ってあたりを見てみると、相棒は飛行場の端で呆然と突っ立って燃え盛る街を
見ていた。じいさんは不審に思って、相棒の側に駆け寄って何をしているのか問いただした
らしい。
「今、東京にいるおれの家族が死んだ」
と相棒がつぶやいた。
「何バカを言ってるんだ、貴様の家族ならとっくに防空壕に入って無事さ。心配するなよ」
じいさんはそう言って相棒を連れ戻そうとしたんだが、相棒は譲らない。
「いやそんなことは無い。あそこに来ている。貴様には見えないのか」
相棒の指差したほうを見て、じいさんは地獄の業火の下に、人魂がいくつか虚空を彷徨って
いるのを見た。きっと最期に別れを告げに来たのだろう。
この話を聞いたとき、漏れは切なくて何も言えなかった。


630 4/5 sage New! 2008/05/05(月) 02:03:48 ID:Jq+E3OP00
さて、前置きが随分長くなったけれども、ここからが洒落にならないぐらい怖かったのよ。

じいさんがやっとこ復員した頃、モノが窮乏する中闇市が活況を呈していた。でもって、
漏れの母方にはのん兵衛が多い。何しろ、お袋の曽祖父に当たるご先祖様などは、天に召される
前日まで、毎晩必ず一升瓶を開けてたぐらいだ。しかし酒は普通じゃ手に入らない。追っか
け、酒を闇から調達して飲むワケだ。
ある日漏れのメチャクチャ遠い親戚のおじさんが、闇からどぶろくを仕入れて友達と飲んだ。
まぁ、ここまでならよくある話だ。

当時の闇酒といったらメチル入りで目が潰れるってのが相場だけど、おじさんは最悪のアタ
リを引いてしまった。何とそのどぶろくはホルマリン入りだったのだ。生きてる金魚を溶液中に
放り込むと、あっという間に真っ白になって死んでしまうというアレだ。無論、二人とも無事で
は済まなかった。

おじさんと友達は宵の口からちょいちょいやり始めて、七転八倒の挙句に死んでしまい、大騒ぎ
の果てに集まった見舞いがすぐに通夜になってしまった。
じいさんは二人の見舞いに行く途中、人魂を見て家に転がりこんできた。漏れのひいばあさ
んによれば、かなりビビってたらしい。とにもかくにも、通夜が始まった。


631 5/5 sage New! 2008/05/05(月) 02:06:40 ID:Jq+E3OP00
皆故人の思い出話に花を咲かせた。死体を囲んでがやがややってたら、見舞い人に混じっ
てた大陸帰りの医者崩れが、大陸でやった手術や実験の話を延々続けてやりだして、みん
な腰が抜けて便所にいけなくなったそうな。
母方にはやたらと頭の回転が速い上、肝っ玉の据わってる人が多くて、宗教に日教組かか
って来いや的な人が多い。それが腰を抜かしたってどんな話だよ、と話を聞いた当時少年だ
った漏れは一瞬疑問に思ったんだが…。

大陸?
人体実験!?
ま・さ・か!!

その医者崩れの素性も行方も杳として知れない。
また、生命に微塵の敬意をも払えぬ人間などとはできれば関わりたくも無い。
ともかく漏れにとっては、身近なところに宅間なんかメじゃないぐらいの魔物がいたりする、
想像よりも極端に狭かった世界が本当に恐ろしかった。
漏れにとっては幸いといおうか、スレッドの皆様には生憎といおうか、漏れの一族が祟られた
の、呪われたのといった話は聞かない。
長文スマソ
おわり


638 1/3 sage New! 2008/05/05(月) 04:27:48 ID:HkW4KtWV0
随分前に大阪にある大学に通っていた連れから聞いた話です。
バレー部に所属していた連れは先輩からこの話を聞いたそうです。
恒例の男女合同夏合宿での話です。

その年も夏合宿があり早朝から夕方までキツイ練習をこなして
夕食以降は各部屋に集まってトランプをしたり、下らない話をして
時間を潰してた。すると1組のカップル(A雄とB子)が夕食の後、
デートを楽しんで来たのか部屋に帰ってきた。
”何してたんだよ!”との問いに”ただ喋ってただけだよ”
とA雄とB子はおどけてみせてた。公認のカップルだったので、
みんなは冷やかしはしたものの、また下らない話に花を咲かせていた。

しばらくするとB子が何やらブツブツと誰に話しかける訳でなく
こんなことを言い始めた。

「私ね、赤が好きなの」
「ホントにね、赤が好きなの」

周りの人達はそうなんだと相槌を打つだけで気にも止めていなかった。
B子は今度は少し大きな声で言い始めた。

「何で私じゃダメなの!!」


639 2/3 sage New! 2008/05/05(月) 04:28:11 ID:HkW4KtWV0
突然のことにみんなはびっくりした。一番びっくりしたのはA雄だった。
さっきまであれほど仲良くしてたのに何言ってるんだと。

みんなはA雄に”何したんだよ”、”B子を泣かすなよ”と冗談っぽく
突っ込みを入れてたが、B子は聞こえない様子で繰り返ししゃべった。

「赤が好きなの」
「私じゃダメなの」

A雄が”どうしたんだよ、B子。ダメじゃないよ!”と言うがB子は
聞こえていないのか同じ言葉をただただ繰り返すだけだった。

次第に周りもB子の様子がおかしいと感じ始めた。そしてみんなは
B子が赤のTシャツ、赤のマニュキアをしていることに気付く。

”おい!”という誰かの声と共に男数人でB子を押さえつけた。
とても女の力とは思えない抵抗をするB子。
”服脱がせろ!マニュキア剥がせ!”と怒涛が飛ぶ。
B子は抵抗してなかなか上手くいかないが、マニュキアを爪で剥ぎ、
Tシャツを破るように脱がせることに成功した。
するとB子の力は抜け、落ち着きを取り戻した。

騒ぎを聞き駆けつけて来た旅館の宿主も心配そうにしていたが、
しばらくするとB子は何があったのか自分ではわからない様子で
みんなから事の成り行きを聞いた。B子は部屋に帰って来たまでは
覚えているがそれ以降は記憶がないとのことだ。


640 3/3 sage New! 2008/05/05(月) 04:28:53 ID:HkW4KtWV0
妙な事があるもんだとみんなは気を取り直して、夜の散歩に出かけた。
旅館は海沿いにあり、近くに海を見下ろせる公園がある。
海岸沿いをみんなで取りとめもない話をしながら歩く。
左手に波打ち際、右手に崖、崖の上には公園がある。
すると何かが目の前を崖から波打ち際に向かって転がっているのを
見つけたがみんなは気にも止めなかった。
散歩を終えて旅館に帰り着いた後はそれぞれに床についた。

早朝”おい!これじゃないか!!”という宿主の声で起こされた。
宿主が持って来た新聞には公園から飛び降り自殺をした女性の
記事が載っていた。それによると女性は男性にフラれた悲しみで
自殺したと書いていた。飛び降りた女性は崖の途中の木に身体が
引っかかり、首だけがないとのこと。さらに男性の証言から女性は
赤い服に赤いマニュキアをしていた。

A雄とB子がデートをしてたのは、この公園らしいです。
おわり


646 本当にあった怖い名無し sage New! 2008/05/05(月) 08:01:33 ID:bMqm1H7YO

友達の友達から聞いたんだけど彼は、仲の良かったBさんに対する虐めが
エスカレートしてBさんをやむなく無視するようになったんだって。
Bさんを無視し始めてから数週間がたったある夜、彼は不気味な夢を見た。
それは首だけのBさんがノコギリを加えて彼の身体の一部を切断する夢だったらしい。
その時は罪悪感からそんな夢を見るのだと思い、考えないようにしていたのだが、
夢を見てから数日後、事故で切断されていた部位に大けがを負い入院してしまった。
入院してから三日後、Bさんは学校の屋上から飛び降り自殺をしてしまった。
残された遺書によるとAさんの怪我は助けてくれなかった腹いせに
Bさんが行ったとある呪術のせいだと書かれていたらしい。
本当に成功するとは思っていなかったため、それでも親友のAを傷つけてしまった
罪悪感が最後の一押しとなり、自殺を決意させたそうだ。
おわり


656 五階の住人 New! 2008/05/05(月) 10:45:11 ID:81AhTG5l0
昨日怖い少し体験にあったので書き込ませてもらいます。
自分はマンションに住んでいるんです、六階建ての。
昨晩は兄貴が外泊するという事で兄貴の部屋で1人で漫画読んだり、テレビみたりゆったりした時間をすごしてたんだわ。
んで最近暑いから窓開けてたんだけど、上の階から(6階)からエンドレスで「ギー、バタン・・ガサ」って音がするんだよね。
ギー、バタンはドアが開いてしまった音。ガサはビニール袋に何かが触れたような音。
おかしいと思って廊下から上観察してたんだよ一分くらい。
そしたら「ギー、バタン・・ガサ」って音はちょうどうちの部屋の真上から聞こえるんだ。
しばらくみてたらありえないところに一瞬影が映ったんだ。なんていえばいいかな。
とりえあずありえないところに一瞬影が映ったんだよね。
そしたら、「あうー!!」ってちょっと基地外風の声が聞こえたからビビって玄関はいってドア閉めた。
「なんだろ・・?」と思いつつ兄貴の部屋で漫画読むの続行してたら、今度は電子音みたいなのが聞こえてくる。
ピピピッ・・ピピピッ・・って感じ。まあ気のせいだろうと思って、それからしばらく何もなかった。
午前二時まわったぐらいに、今度はドスン!ドスンって音がするんだよ。もうビビって涙目。
しかもテレビが高速で消えたりついたりするし散々だった。
今朝親に聞いたんだが、うちの部屋の真上の住人は1人ぐらしで不思議な人らしい。
奥さんがずっと帰ってきてないとか。
おわり


659 水無月 2008/05/05(月) 11:47:23 ID:XbOmh4vP0
俺の親父殿から聞いた話。
つい2、3週間前のこと 親父は風邪で三日間ぐらい寝込んでいて、三日目の昼過ぎに復活して俺に妙な話をした。

今日の朝話しかけたか?と聞くから呼んでいないと答えた。
寝てる間、真っ黒い何か(ガスみたいな感じか)が親父のPCを引きずりながら持ってきて、ベッドで寝てる親父にデスクトップに映っている何かを見せようとしていたらしい。
親父は「コードとかがあるのにどうやって持ってきたんだ?」と思っていたらしい。
で、目が覚めたらしい。
夢かと思って目を閉じたら今度はPCのブラウザ(どうもマイピクチャらしい)が次々と出てきて、×を押して消しても消してもどんどん出てくる。しかも消すたびに頭の左側がキーンと痛くなるという。
その後、頭の左側、耳の辺りからその真っ黒い何かが逃げるかのように出てきて玄関の方へすっ飛んでいったらしい。その後熱が下がって回復して事なきを得たが・・・


660 水無月 New! 2008/05/05(月) 13:07:43 ID:XbOmh4vP0
659の続き
その日の朝はやたらと玄関の鍵を弄る音が聞こえたり、洗面所で誰か(何か)がなにかを漁る音がしたりやかましかった。(不思議と怖いとは思わなかった)

黒い何かは親父が子どもの頃にも出てきたらしい
その時は実家の2階の部屋で寝ていた。深夜、階段を上がってくる音がしたらしい。
兄か父(俺のじいちゃんにあたる人)が酔っ払って帰ってきたと思ったらしいがそういう場合は1階の居間で寝てしまうので2階にくるのは変だと思っていたら
襖を開けて、その「黒い何か」が部屋に入ってきた。
人の形をした真っ黒いやつで、真っ赤な口?を見せて、そいつは寝ている親父の首だか胸を絞めたらしい。
金縛りと物凄い痛みで声も出なかったらしいがふと考えた「待てよ こいつは死んでいるんだから生きている俺の方が強いはずだ」
すると体に自由が戻り、左手で握り拳を作って殴りかかったらスカっとそいつをすり抜けた。
するとそいつは風の様に走り去って、玄関を開けて逃げていった。次の日の朝見たら廊下に足跡のような水溜りが残っていたという。



663 水無月 New! 2008/05/05(月) 13:19:13 ID:XbOmh4vP0
風邪で寝込むかなり前、親父が寝ているときに廊下からモノクロの喪服の集団がゾロゾロと歩いてきて、親父の寝ているベッドのすぐ横の壁に消えていった。
喪服の集団の中に1人だけカラーのお婆さんがいたという。しかし親父はそのお婆さんとは何の面識も無いという。

家の俺の部屋はなぜか換気が悪いのか冬は冷蔵庫、夏はサウナになる。両親とも「変な感じがする」と言うが俺は何も感じない。
前にも何かが落ちる音がしたのになにも無かったり、テレビが勝手についてチャンネルが次々と切り替わったりしたことがある。1人で家にいたときは親父のベッドからかすかに寝息が聞こえたことや背中に視線を感じたことも
親父が1人でいるときは誰か(何か)が玄関から家の中に入ってきて、リビングのイスに座っている親父のすぐ後ろに立ったりすることがあるという。

実害が無いからいいのだが・・・1/3 2/3 3/3
(0)


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ ⇒
心霊 未確認生物 UMA ミステリーブログ⇒
不思議な話 怖い話の本⇒オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍

≪前ページ | ホーム | 次ページ≫

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。