現在地

ホームページ

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
全表示

≪前ページ  次ページ≫

スポンサードリンク

カテゴリー・目次

人気記事ランキング

最近記事リスト

逆アクセスランキング

相互リンク

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

RSSフィード

プロフィール

怖い話 不思議な話@2ちゃんねる

Author:怖い話 不思議な話@2ちゃんねる
2ちゃんねるの怖い話、オカルト板まとめサイトです。心霊スポット 心霊写真 超常現象 怖い話 恐怖体験 未確認生物 UMA 都市伝説 オーパーツなど、怖い 不思議&面白いと思った話を厳選して紹介しています。
ただ今相互リンク募集中です。ただし、心霊・不思議・ミステリー系に限らせていただいておりますのでご了承下さいませ。

ブロとも申請フォーム









管理ページ
最新記事 - 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_8 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_7 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_6 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_5 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_4 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_3 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_2 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_1 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?1 (09/01) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_6 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_5 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_4 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_3 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_2 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_1 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_5 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_4 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_3 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_2 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_1 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_5 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_4 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_3 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_2 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_1 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 




≪前ページ | ホーム | 次ページ≫

怖い話 不思議な話@2ちゃんねる オカルト板まとめ

スポンサーサイト


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ

心霊 未確認生物 UMA 都市伝説 ミステリーブログをもっと見る



不思議な話 怖い話の本↓
オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1/3 2/3 3/3


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ ⇒
心霊 未確認生物 UMA ミステリーブログ⇒
不思議な話 怖い話の本⇒オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍

怖い話 不思議な話@2ちゃんねる オカルト板まとめ

死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_5


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ

心霊 未確認生物 UMA 都市伝説 ミステリーブログをもっと見る



不思議な話 怖い話の本↓
オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍
783 鳩か子か1/2 ◆BxZntdZHxQ sage New! 2008/05/07(水) 00:14:22 ID:fcHZQV3T0
霊感って血筋と関係あるんだろうか。
俺の父方の方ではそんな話は聞かないが、母方には見たり感じたりの人間がいる。
俺は気配だけ感じる事があり、ごく稀に怪しいものが見える事もある。
俺は見ていない話を、ふたつ。

今はもう走っていない列車で出掛けたのだから、三年前かその前の年だろう。
母方のいとこ達で、五月の連休に揃って旅に出た事がある。
元々母の姉妹の嫁ぎ先が近県に固まっており、人寄せやら親族旅行が多い。
上はそこそこの年齢だから、つるまなくなる方が普通かも知れないが、
逆に近頃はいとこ会よろしく、子供だけで出歩く機会を設けるようになった。
その年は六人全員集合、ある有名な神社へ行った。

大きな鳥居を潜り、砂利の敷かれた長い参道。
一番年上の亜矢ねえと、俺と同い年の美保が先頭を行き、少し遅れて一番若い桜、
その後に彼女の兄の郁、亜矢ねえの弟の智宏、そして俺が歩いていた。
最後尾にいた俺が、いつもフラフラしてそそっかしい智宏の、
例によってよそ見をしているのに付き合ってあーだーこーだ言っていると、
先に行った従姉たちが声高に話し始めるのが聞こえた。
見れば拝殿の手前に三段程ある石段を上がった所で立ち止まり、
二人が郁と桜に何事か説明している様だ。
慌てて追い付いてみると、彼女達はそれぞれが見たものを話してくれた。
それを統合すると、多分こんな事が起こっていたのだろう。


784 鳩か子か2/2 ◆BxZntdZHxQ sage New! 2008/05/07(水) 00:15:08 ID:fcHZQV3T0
亜矢ねえが先頭で、美保が二歩程後ろを歩いていた。
足取り軽く石段を上がろうとした亜矢ねえだったが、目の前を鳩が横切る。
八幡様のお膝元で育った、彼女は何の疑問も持たずに出した足をすっと引っ込めた。
鳩を脅かさず、通り過ぎるのを待った。
しかし、斜め後ろにいた美保はその時、どこからともなく現れた小さな子供が、
石段を横にとことこと歩いて行くのを見ていた。
子供が来るのを見たから、亜矢ねえもぶつからない様に立ち止まったと思ったそうだ。

だが、亜矢ねえが足を引っ込めた途端、鳩は姿を消してしまった。
同時に、美保の見ていた子供も見えなくなった。
二人は顔を見合わせ、全く同じタイミングで互いに見たものを口にした。
「今私の足元に白い鳩が通ったよね。」
「今お姉ちゃんの前に子供いたよね。」
それをすぐ後にいた桜が聞いていたのだが…。
「何にもない所で立ち止まったから、どうしたのかなって思って。」
更に後ろにいた郁に確認したが、彼も何も見ていないらしい。
因みにこの時は勿論、俺が別口で同じ場所に行った時も、境内に鳩は一羽もいなかった。
そして、観光客は俺達の他は年輩のグループが一組いただけで、
子供がいる家族連れなどは見当たらなかった。
鳩も子も、どちらもいた筈がない。

後日ある音楽番組のMCが、その参道で妖精を見たなんて話をしていたんだが、
長い砂利道がそう言った錯覚を起こさせる効果でも持っていたのだろうか?
それとも本当に、そこには何かが通るんだろうか。
鳩も童子も、場所によってはお使いだよなあと、今でも気になっている。
おわり


785 旅館5/1 ◆BxZntdZHxQ sage New! 2008/05/07(水) 00:16:50 ID:fcHZQV3T0
以前にどこかでさわりだけ話したかも知れない。
同行者の事ははっきり書かなかったと思うが、いとこ会の旅行だった。
母方のいとこ六人、そのうちの何人かには、ちょっと変わったところがある。
最年長の亜矢ねえは「辿り着かない」。
本当にヤバい心霊スポットとかに、何故か行こうとしても行かれず、道に迷う。
俺と同い年の美保は…ちょっと一言では説明しにくいのだが、
見るタイプだと言っておこう。こいつの話は、また機会があればするかも知れない。
とにかく、ある古い宿場町で宿をとった。

JRの駅から車で随分移動した所が中心部で、特徴のある家並みが続く町だった。
陽も翳り薄暗くなってから、川べりの宿を目指してタクシーで行くと、
風情のある古い建物に、不釣り合いなネオンサインが「●●楼」と掲げられていた。
駅前は新しいビジネスホテルが何軒かあり人も多いのに、辺りは何だか寂れている。
一瞬ラブホテルにでも迷い込んだかと思ったが、玄関を入ると普通の旅館。
宿の人は親切で感じがよく、今日は家族連れやカップルで満員だと話してくれた。
建物は川に面した豪華な造りの部分と、道路側の質素な造りの部分の二棟に別れている。
俺達は玄関正面の廊下を左に折れて、質素な建物の方へ通された。

廊下を曲がりすぐに自動販売機のコーナー。その先に階段。向こう側に大浴場の看板。
自販機の前にも階段。廊下を挟んで向こうにも階段が見える。
?????
やけに階段が多い。それに、階段自体が妙に狭い。幅が襖一枚分もないのだ。
こう配もキツく、上りはいいが、下りは気を付けないと転げ落ちそう。
天井も低く、一段下がっている部分では背の高くない俺でも頭を下げないと不安だ。
上がり切ると右がトイレ、左と後ろが客室の入口だった。
つまりこの区画には、二部屋予約していた我々しかいないことになる。
最奥の部屋に女性陣、階段側の部屋に俺たちが通された。


786 旅館2/5 ◆BxZntdZHxQ sage New! 2008/05/07(水) 00:17:57 ID:fcHZQV3T0
部屋は古いが、割と広い。
素っ気無いドアを開けると、正面が細い廊下で左は壁、右は窓で駐車場が見える。
廊下は左へ折れて突き当たり、廊下に面して障子が四枚、向かいは窓で下は庭園だ。
庭園の反対側に玄関を挟んで反対側の棟があった。
廊下の突き当たりには、あり得ない古さのエアコン?がある。
暑くも寒くもない時期で、窓を開ければ用は足りそうだからいいが、動くのだろうか。
障子を開くと十畳の和室で、更に奥に開け放たれた襖が見える。
開いた襖の向こうには四畳半ばかりの次の間まであり、奥に鏡台が置かれていた。
「ボロいけど広いねー!」などと言って荷物を置くと、そこへ美保が様子を覗きに来た。

ノックを聞いてドアに向かうまでが遠い。
元々はドアがなかった場所に無理矢理取り付けたのだろう、そこだけ真新しい。
それはトイレにも言える事で、綺麗なのはいいが、建物に不釣り合いな新しさだった。
美保は俺達の部屋を見て回ると、
「あっちと大体同じだね。あっちは窓から町と山が見える。
あと、ここと同じ様な部屋の固まりが幾つかあるみたい。」と言った。
部屋置きのガイドに、避難経路などの書かれた館内図があったので見てみると、
確かにここと同じ、細い階段を上がった所に一~三部屋がある造りが幾つもある。
もう一つの棟…本館は普通の構造のようだが、別館は隔離された小部屋の集合だ。
しかも客室は全て二階で、一階には風呂、食堂、娯楽施設等が収まっている。
俺は何だか違和感を覚えた。それと同時に、美保が声をひそめて言った。

「実はお姉ちゃんがさ、あっちの部屋に入るなり“何かここ嫌だな”って言ったんだ。」
お姉ちゃんとは亜矢ねえの事だ。そして、それは珍しい事だった。
おかしなものに遭遇する場所に、行き当たらない「体質」なのだ。
だから彼女の弟といとこ関係とは別にオタ友としてつるんでいる俺も、
彼女がそんな事を言うのを見た事がない。言う必要がない。


787 旅館3/5 ◆BxZntdZHxQ sage New! 2008/05/07(水) 00:18:54 ID:fcHZQV3T0
「今はサクと明日の相談してるけど、あたし気になっちゃって。」
俺も気になる。だが、美保は別に何もおかしな感じはしなかったと言う。
俺や智宏も0感でこそないが、美保はそれ以上に“見た話”を聞かせてくれるし、
俺はこいつと同じものを同時に見た事があったから、
美保の霊感話は大袈裟な可能性こそあれ、信用出来ると思っている。
その美保が何ともないものを、嫌な感じとは…一体何があるのだろうか。
俺は確認したい様なしたくない様な気持ちになったが、結局部屋には行かなかった。
好奇心はあるが、それ以上にチキンなのでどうしようもない。

階下の食堂で夕食をとった後、俺達は各々部屋に戻った。
智宏と郁はTVを肴に一杯やり始め、下戸の俺は最初のうちこそ付き合っていたが、
だんだん飽きて来て、先に風呂に入って来ると言って抜け出した。
狭い階段を身を屈めて下り、風呂場に向かう。
「大浴場」などと書いてあるが、家庭風呂を拡大コピーしたみたいな貧相な風呂だ。
俺はステンレスの、真新しく巨大なバスタブにげんなりして、早々に上がった。

脱衣場を出ると、廊下は照明が落とされて薄暗くなっていた。
そう言えば十時で消灯すると言われた気がする。
左手に自動販売機コーナーの明かりが見えていて、人の気配がした。
俺も何か買って部屋に戻ろうかとぼんやりそちらを眺めていたら、見知った顔が覗いた。
「あれ?ナオ?」
美保だった。近くまで行くと、奥で一番下の従妹・桜がジュースを選んでいる。
「二人だけ?亜矢ねえは?」
俺は胸騒ぎがした。部屋が嫌だと言った亜矢ねえが、一人で部屋に残っているのか。
美保の返事を待たずに、俺は階段を小走りに上がった。
奥の部屋へ行き、ドアをノックする。


788 旅館4/5 ◆BxZntdZHxQ sage New! 2008/05/07(水) 00:19:42 ID:fcHZQV3T0
「亜矢ちゃん?亜矢ねえ?いる!?」
すると扉の向こうで、ぺたぺたぺた…と癖のある足音がした。
俺の名前を呼ぶ声がして、ドアが開く。亜矢ねえは怪訝な顔でこちらを見た。
騒ぎを聞き付けてやって来た智宏達と共に部屋に入り、
訊ねてみれば本人はまるで暢気な様子で、
見たいTV番組の途中だったから買い物に行かなかった、と話した。
話している間も、そちらに気を取られてくすくす笑っていた位だ。
何だったんだ?心配して損した。てか、この人の霊感はあてにならないな…と思った。
そこへ美保と桜が帰って来た。
美保は厭な表情をしていた。俺がどうした?と言いかけると…
「見ちゃった。」とだけ答えた。

翌日昼間によく聞いてみると、俺が上がって行った後に廊下の角に出た美保は、
何の気なしに本館の方を見たらしい。
目の前は玄関ホールで、そこの照明も薄暗くなっていた。
向こうに真っ暗な廊下と大階段が見えていて、
館内図で見ると下は宴会場、上は客室だった筈だ。
玄関の正面、フロントに当たる帳場の横から奥には、
俺達が泊まっているのと同じ構造の、階段上の部屋がある廊下が続いている。
ここも真っ暗で、玄関からの明かりと非常灯で何となく奥行が分かる程度だった。
その暗がりをすうっと音もなく、人影が近付いて来るのが見えたと言う。
奥からやって来て、美保がいる角を逆に折れ、本館の暗闇に吸い込まれて行く。


789 旅館5/5 ◆BxZntdZHxQ sage New! 2008/05/07(水) 00:21:43 ID:fcHZQV3T0
足音がしない。
気持ち悪い…と思ったら。
また同じ様にすう…っと人影が通った。
同じルート。廊下の奥から現れて、本館の廊下に消える。
桜を引っぱって部屋に戻るまでに、三度それが通ったと言う。
「着物で日本髪の女の人。三回とも同じ人だと思う。
目が合うとヤバい気がしてはっきりとは見なかったんだけど、顔が…」
言いながら、美保は顔の左側を押さえた。
「すぐ横を通る時、向こう側が崩れてるみたいに見えたんだ。何か凄いゾ-ッとして、
兎に角サクが怖がらない様にって、平気な顔して帰ったんだよ。」
結局、亜矢ねえはそこに行かずに済んでいたのだ。

その後、美保にもその周辺にも何か起こった訳ではないので、
廊下を回り続けていた女性は、ずっと同じ場所にいるモノなのかも知れない。

余談だが、その年だったか翌年だったかに稲川淳二の怪談ライブに行ったら、
舞台セットが遊廓を模した物だった。
それは何だか俺達が泊まった部屋に似ていて、今更ながら違和感の正体に気が付いた。
確証がある訳ではないが、あれはもしかしたら、その昔遊女がいた施設ではないのか。
街道の要所で大きな宿場町だったが、鉄道が引かれた際、
あるいは修繕した際に、駅が宿場から大きくずれてしまった町。
時代の流れで、今は普通の旅館に姿を変えている所だってあるだろう。
あの旅館がそうなのかどうかは確認出来ないが、そうだとしたら、納得が行く。

多分美保が見た女性は、ずっとそこで働いているのだ。
今日、今もいるのか、それは分からないけれど。
おわり


798 本当にあった怖い名無し sage New! 2008/05/07(水) 00:45:39 ID:yYmIpoQJ0
実話です。

俺、家族に虐待されてて毎日が悲しくて
皆が見てる前で自分の部屋から飛び降りようとしたんだ
マンションの6階だった。
それで窓の上に足を両方乗っけて手すりにつかまって体は全部外にだして
家族が止めようとしたから、急いで飛び降りようと片足を窓から話したときに
たまたま下を見たんだよ。

そしたら夜だったんだけど、真っ暗な中に小さいおじさんというか、5歳か6歳ぐらいの男の子が足元に浮いてた。
その男の子は怪物君ってふじこふじお?のマンガにアルキャラいるじゃん
あれにそっくりで、帽子も同じのかぶってて
顔は悪魔みたいだった、目がすごく大きくて肌は土気色で
そんですごいニヤニヤしてて俺を呼んでて、ここはたのしいからおいでよみたいな感じで
それをみて、なぜか俺もいきたいと思った・・。

だけど次の瞬間体がなぜか勝手に動いて自動的に部屋にもどった。
んで親につかまったりつつ窓の下をまた見たんだけどやっぱりいるんだよ
だけど飛び降りようとしたときは、すごく楽しそうだったのに
戻ってから見ると実はすごく怖い小人みたいな感じだった、イメージが変わってた。

頭が真っ白になった。
やっぱり誘われるんだ、飛び降りようとしたらあれにつかまって途中で止めようとしても
止められないんだ!ってなんか良くわかった。

みんな自殺するのはだめ
死ぬ瞬間にやっぱりへんなのが呼んでるんだよ。
たぶん飛び降りとかした人はみんな誘われたんだと思う。
皆見るのは違うと思うけど、本当に怖いよ。
誘ってるときは無邪気な子供の天使みたいだけど、戻ったときはあれは悪魔だったよ。
飛んだら後悔するよ・・。あんまり怖くなくてごめんね、だけど5月病の人が多くて自殺者が減って欲しいから書いてみた。
こんな世の中がいけないんだけどね。バナナ食って納豆くって朝日浴びようよ。

800 本当にあった怖い名無し sage New! 2008/05/07(水) 00:52:45 ID:yYmIpoQJ0
あとねその俺の部屋すごく変だった。
詳しく書くと特定されるから書けないんだけど

部屋に変なのが住んでたよ。
ドア開けっ放しなのに俺の部屋だけやたら寒くて家族みんなそれを見てて
毎日怖くて仕方が無かった。
その後、高級マンションでもったいなかったけど引越ししました。

そしたらすごく楽になった。
おわり


834 本当にあった怖い名無し sage New! 2008/05/07(水) 08:23:17 ID:5pJh9HUa0
友人の話。
高校時代運動部で、六時から朝練やらされてたんだとさ。
通学時間+準備時間で、家を出るのは五時ちょっと過ぎ。
自転車通学で、周りは至って普通の住み慣れた住宅街。曰くも何も無い。

で、ある日いつも通りに家から自転車乗ってたんだとさ。
そしたらふと気が付くと、前方を横切ろうとしてる人がいたんで、ちょっとスピードを落として避けた。
で、避けた瞬間、その人の顔が凄く近くに来て目が合った。

友人は近眼なんで、その時まで気づかなかったそうだが。
その人、顔面が白塗り。唇だけ真っ赤。で、なぜか超笑顔。
身長は160前後か、黒っぽい着流しで、髪はぼさぼさ。

何を目にしたのか理解できなくて普通に通り過ぎた友人、
数秒後に認識、「明らかにおかしいじゃねえかあああああ」
と思って後ろを振り返らずに猛スピードで自転車漕いでその場を去った。

生まれ育ちもその街で、そんな明らかにおかしい人の話なんか聞いたことがない。
近所に暗黒舞踏家が住んでるなんて話も勿論ない。アングラ演劇人も住んでない。
何かの撮影かドッキリか酔っ払いか。まあ、たまたまだろうと思って忘れることにしたとさ。

が、その数週間後、同じように通学途中にまた遭遇。やっぱり白塗り超笑顔。今度は向こう側から歩いてきた。
近眼と言えど、前回があるので数メートル前で気づく。
よりによって狭めの一本道。もし普通の人だったらUターンしたら失礼だよなと思った友人、
びびりながらもその人の真横(距離は1mくらい)を通ることにした。
その人の方は見ないようにしていたんだけれども、向こうが首を捻って自身を舐めるように見たのが視界に入る。

なんとか通り過ぎて、ああ良かったと思ったら、
「タナカくん(友人の名前)だねえ~~」という声が背後から。
へ?と思って振り返ると、例の人が数メートル背後から更に一言。「タナカくんだねえ~~」

一瞬思考が停止したが、なんとか気を奮い立たせて自転車爆走させてその場から離れる。

835 本当にあった怖い名無し sage New! 2008/05/07(水) 08:24:40 ID:5pJh9HUa0
なんで名前が分かったんだ?!ってうろたえまくったが、
考えてみたら部活のユニフォーム通学で、背中に名前がローマ字で刺繍されていた。
いや、それにしても明らかにおかしいだろ。

それからはキツイけれども家出る時間を30分早くずらすようにしたんだとさ。
友人曰く、「生きてる人だろうけど、幽霊であった方がマシ。
近所にいるなんて実在してるなんて信じたくない」
とのこと。
おわり
834 本当にあった怖い名無し sage New! 2008/05/07(水) 08:23:17 ID:5pJh9HUa0
友人の話。
高校時代運動部で、六時から朝練やらされてたんだとさ。
通学時間+準備時間で、家を出るのは五時ちょっと過ぎ。
自転車通学で、周りは至って普通の住み慣れた住宅街。曰くも何も無い。

で、ある日いつも通りに家から自転車乗ってたんだとさ。
そしたらふと気が付くと、前方を横切ろうとしてる人がいたんで、ちょっとスピードを落として避けた。
で、避けた瞬間、その人の顔が凄く近くに来て目が合った。

友人は近眼なんで、その時まで気づかなかったそうだが。
その人、顔面が白塗り。唇だけ真っ赤。で、なぜか超笑顔。
身長は160前後か、黒っぽい着流しで、髪はぼさぼさ。

何を目にしたのか理解できなくて普通に通り過ぎた友人、
数秒後に認識、「明らかにおかしいじゃねえかあああああ」
と思って後ろを振り返らずに猛スピードで自転車漕いでその場を去った。

生まれ育ちもその街で、そんな明らかにおかしい人の話なんか聞いたことがない。
近所に暗黒舞踏家が住んでるなんて話も勿論ない。アングラ演劇人も住んでない。
何かの撮影かドッキリか酔っ払いか。まあ、たまたまだろうと思って忘れることにしたとさ。

が、その数週間後、同じように通学途中にまた遭遇。やっぱり白塗り超笑顔。今度は向こう側から歩いてきた。
近眼と言えど、前回があるので数メートル前で気づく。
よりによって狭めの一本道。もし普通の人だったらUターンしたら失礼だよなと思った友人、
びびりながらもその人の真横(距離は1mくらい)を通ることにした。
その人の方は見ないようにしていたんだけれども、向こうが首を捻って自身を舐めるように見たのが視界に入る。

なんとか通り過ぎて、ああ良かったと思ったら、
「タナカくん(友人の名前)だねえ~~」という声が背後から。
へ?と思って振り返ると、例の人が数メートル背後から更に一言。「タナカくんだねえ~~」

一瞬思考が停止したが、なんとか気を奮い立たせて自転車爆走させてその場から離れる。

835 本当にあった怖い名無し sage New! 2008/05/07(水) 08:24:40 ID:5pJh9HUa0
なんで名前が分かったんだ?!ってうろたえまくったが、
考えてみたら部活のユニフォーム通学で、背中に名前がローマ字で刺繍されていた。
いや、それにしても明らかにおかしいだろ。

それからはキツイけれども家出る時間を30分早くずらすようにしたんだとさ。
友人曰く、「生きてる人だろうけど、幽霊であった方がマシ。
近所にいるなんて実在してるなんて信じたくない」
とのこと。
おわり


855 本当にあった怖い名無し sage New! 2008/05/07(水) 17:29:09 ID:RbgVBLo0O
ここ3日間全部違う場所で、潰れた猫、ハムスター、足のない猫と続けて見てるんだけど大丈夫だよね?
何にもない偶然だよね?



857 本当にあった怖い名無し sage New! 2008/05/07(水) 17:42:46 ID:B/jro++50
>>855
お前、猫見たのは今日?昨日?まだ鳥は見てない?
4日目?だったか5日目?に鳥は見てないなら只の偶然
見てないならあんまり言いたくない


858 本当にあった怖い名無し sage New! 2008/05/07(水) 17:46:51 ID:RbgVBLo0O
>>857
お前そういうのやめろよおおおおおおお!!!

見てないよ!!!!


859 本当にあった怖い名無し sage New! 2008/05/07(水) 17:57:10 ID:B/jro++50
>>858
じゃぁ只の偶然だよwww気にすんなww
これ以上の雑談はスレちになるから自重するww


860 本当にあった怖い名無し sage New! 2008/05/07(水) 18:28:59 ID:R3CgGvn40
いやいや

おせーて!
鳥見たらどーなんの!




862 本当にあった怖い名無し sage New! 2008/05/07(水) 19:03:12 ID:B/jro++50
>>860
見てないって前提で話すからな!!
もし見たらスグに洒落恐にレスしろよ!!
話して俺もとばっちり食らうのはマジ勘弁
簡単に言うと呪われてんだよ
結構最悪なヤツ
正確な時間が判らんからなんとも言えんが一応明日も注意しとけ
まぁ呪いなら注意しなくても勝手にでかい鳥の死体(ハト、カラス以上のサイズ)か
ぱっと見「なんだアレ?」って感じのグロい鳥が飛んでるのが目線の中に入ってくるはず

全部の動物を見た位置を線で繋いでみろ
何かの図形か弓形曲線になるはず
その中に線路か高速道路(とか信号の無い飛ばせる道路等)が有る
その形でどんな呪いかは変わるからどうとも言えんが
もし鳥を見たら、速攻レスしてお払い逝け
行かんならどうなっても知らん
おわり


875 30 ◆RPG8JNHiII sage New! 2008/05/07(水) 20:30:12 ID:J16OyX5k0
 じゃあ、ここらでひとつ・・・
最近はアイポッドなり何なりで音楽を聴きながら歩いてる人が多くなってきた
音量は適度の調整してるんだろうけど、観察してたらわかるとおり
込み合った場所でも、両耳にイヤホン入れて歩いてる

そこで、あるイタズラを決行した
イヤホンをしている人に大きな口パクで意味ありげに叫んで
(というかパクパクさせて)その場をさっと。立ち去るのだ。
たいていの人は目を白黒させて困惑し立ち尽くす。
そして、決行者のほうは口パクだからほとんど誰にも
このイタズラがばれることはない

そんなある日、駅で例のごとく音楽を聴いてた中年のオッサンが居た
決行者はすれ違い様に意味ありげに口パクをした。
するとオッサンが驚いてオーバーリアクションをとってしまい
線路から落ちてしまったのだ。

この後のことはいうまでもない

ちなみに決行者はこのあと耳が聞こえなくなり
みんなの口パクが(耳が聞こえないので普通の会話も口パクに聞こえる)
自分の叱責に聞こえて死んだだとか死んでないとか
おわり


895 本当にあった怖い名無し New! 2008/05/07(水) 23:44:28 ID:pcHXQ7W0O
携帯から失礼。

今は取壊されて無くなったが、うちの近くに小さな一軒家(一階建てで、5畳ぐらいの部屋が2つに台所トイレと、シンプルな造り)の廃墟があった。
その廃墟に幼稚園の頃、私は友達と冒険と称し突撃した時の話。



私達は、何か宝はないかと各々が廃墟捜索開始。
しかし出てくるのは錆びた包丁やら、古い新聞に雑誌などゴミばかり。
しかし、友達の一人が木の箱に入ってるツボを発見!(鑑定団に出てくるようなやつ)
私達は興奮しツボを箱から出し、『良い仕事してますね~』など冗談を言っていた。

それから色々ツボをいじってると、中から白い枯れ枝の様なモノが大量に出て来た。
それを見た私達は、このツボは漬物か何か食べ物を入れていた、ただのツボだと思い。先ほどの興奮も冷めてしまった。
しょうがないので私達は、その白いものを砕き粉末状にして
『これは伝説の薬!いっきにレベルが10上がる』という設定にし、見事アイテムGET!で冒険ごっこを終えた~

もう気付いてる人もいると思うが、今考えてみると

あれ骨壺です。

俺達、人骨砕いてしまった。
文才のない文章&誤字脱字失礼しました
おわり


898 本当にあった怖い名無し New! 2008/05/08(木) 00:21:08 ID:lKlWGRUk0
私は怖くないけど、友人が怖い怖いと言うので自分をネタにしてみる。

私は動物好きだ。
でも友人は、それは違うと言う。

特に小動物が好きで、手にふわふわした毛皮の感触があるのが楽しい。
大学で実験用のネズミを掴んだときは、もぞもぞ動くのが可愛くて撫で回してた。
そしたら友人が、「何やってんの?メチャメチャ苦しがってるじゃん!」と言ってひったくられた。
なるほど、友人の手に移ったネズミは大人しくなった。
掴み方が悪かったのか、と次のを掴んだら、やっぱりじたじた動いてた。
楽しかったから今度は友人に渡さずに堪能してたら、凄く気味悪そうに見られた。
誰が見ても首を絞められて苦しんで暴れてると解る様子なのに、
何ひとつ感じないで笑ってる私が怖い、と言っていた。
別に首を絞めたつもりはなかったし、手触りが気持ちよかったから夢中で気づかなかった。

実家に帰省したら、親が猫を飼ってた。
可愛いな、と思って近寄ったら逃げた。
捕まえて抑えて撫で回してたら叱られた。
私は遊んでるつもりだったが、猫は本気で苦しがってたらしい。

ついでに言うと、私は赤ちゃんも好きだ。
でも、友人宅で抱かせてもらったら赤ちゃんが泣き喚いて、
慌てて抱き取った友人は2度と触らせてくれなかった。
抱えてただけのつもりだったけど、何か変な持ち方してたらしい。

で、今、妊娠中。
友人に話すと、何だか皆、奇妙な顔になる。
さすがに自分の子くらいちゃんと育てられる、と思いたいが
ちょっぴり不安になる今日このごろ。



900 本当にあった怖い名無し sage New! 2008/05/08(木) 00:43:11 ID:8dZBGUVs0
>>898
風船を持つと割れちゃうとか?



902 898 sage New! 2008/05/08(木) 00:53:41 ID:lKlWGRUk0
風船はないけど、細かい物や壊れ易いものはうっかり壊しちゃうことはある。
ただ、動物を握り潰したことはないので大丈夫かと思ってたんだが、
友人に言わせると、
「苦しんでるのを気づきもしなければ気にもしない時点で既に怖い、
 殺さなきゃいいってもんじゃない」
だそうです。



906 本当にあった怖い名無し sage New! 2008/05/08(木) 01:04:32 ID:RBk0Sa/h0
>902
問題は「相手が苦しんでいる様子を、苦しんでいると認識出来ない」所にあるようだけど、
それは育児においてものすごくヤバい障碍だと思う。
(赤ん坊が苦しがってても気付けない訳だから、病気になっても放置してしまう)

パートナーに赤ん坊の様子は逐一観察してもらってた方がいい。


907 898 sage New! 2008/05/08(木) 01:13:50 ID:lKlWGRUk0
>>906
ああ……多分それですね、友人一同が危惧してるのは。

いや、言語で
「俺は今、熱があってだるい。頭も痛い。薬と消化の良い食べ物をすぐに用意しろ」
とか言われたらやるんですけどね。
それで、夫は私が変とは思ってないようです。

ただ、言葉を使わない動物や赤ちゃんが動いたり鳴いたりする様子は、
「可愛いなあ」と思うだけなんですが、どうもその中に本気で苦しんでるケースがあるらしいです。
脈拍や呼吸や心音が弱まってきたら気づきますし、明らかな外傷や火傷は見て解るから、
経験からしても、殺してしまうことはないと思うんですけどね……


908 本当にあった怖い名無し New! 2008/05/08(木) 01:15:43 ID:QQpeNOEuO
殺す前にみんながなんとかしてくれてるんだな。
ネズミもそのまま触ってたら死んでたんじゃないか?


909 本当にあった怖い名無し sage New! 2008/05/08(木) 01:23:19 ID:hadk/l6rO
>>907
軽度のアスペルガーじゃない?
素人が言っちゃいけないけどウチの相方がそうだからひょっとして…と思った

本当にこの先不安だと思うならば一度お医者様にみてもらうのもいいかも
気にならない程度なら別にいいんだけど…
失礼なことを言ってすまん


910 898 sage New! 2008/05/08(木) 01:33:08 ID:lKlWGRUk0
>>909
あ、いえ、別にそこまで本気に悩んでるわけじゃないです。
お気遣いありがとうございます。

ただ、妊娠報告した友人が複雑な反応を返すので。
その中に、学生時代に私を怖い怖いと言っていた人がいたので、
思い出してネタにしてしまいました。

生まれてくるまでに十分に勉強して、きちんと子供の状態と安全に気を配れるように注意します。
自分だけで不十分なら、実母なり姑なり医師なりのアドバイスを仰ぐつもりです。
さすがに子殺しの母になるのは嫌なので、子供が言葉で自己主張できる年齢まで気をつけていきます。

スレチ気味なので、これで失礼します。
おわり


923 1/3 sage 2008/05/08(木) 13:55:43 ID:yVWzp3260
会社から家に帰るとき、たまに後をついてくる男の人がいる。
女性の一人暮らしなので、家までついてこられるのが怖く、
その男の人が居た場合はまっすぐ帰らずに道をぐるぐる回ったり、スーパーで長い時間買い物したりして、
いなくなったことをしっかり確認してから帰るようにしている。
一度、どうしてもいなくならなかったので、交番に駆け込んだこともある。
そのときはそれと気付いた男の人は逃げ去り、警察の方が家まで送ってくれた。

交番に駆け込んでから数日間はその男の人は現れなかったが、
しばらくするとまた同じように後をつけてくるようになってしまう。
因みに、ちらと顔を見たことがあるが、まったく知らない顔だった。

924 2/3 sage 2008/05/08(木) 13:57:04 ID:yVWzp3260
道を回ったり、スーパーで時間を潰したりすると、男の人はいなくなる。
それを考えてみると、ひょっとしたらストーカーなどではなく、
ただ単純に同じ方向に帰るだけなのでは、とある日思った。
それを確認するため、簡単な実験を行うことにした。

いつも通り仕事を終え、家路につく。
ふと気付くと、後ろを例の男の人が歩いている。
ここで、勇気を出して立ち止まってみた。
ただ立ち止まるだけでは何かおかしいので、携帯を取り出し、メールを見ていた。

925 3/3 sage 2008/05/08(木) 14:00:05 ID:yVWzp3260
携帯を見ながら、何気なく後ろの気配を窺う。
男の人は・・・立ち止まっている。
電柱の陰に隠れるようにして、こちらを見ている。

これで私の中で、男の人はストーカーであることが確定した。
交番に行って助けてもらうため、携帯をバッグに入れようとしたとき、携帯が鳴った。
誰かと通話していれば安全かもと思い、出てみると、携帯からこんな声が聞こえた。

「何で立ち止まってるの?」
おわり

946 本当にあった怖い名無し sage 2008/05/08(木) 19:42:33 ID:mczy1heWO
先に飛び降りの話を書いていて思い出しました。一昔前のことですが、目の前で見た、ちょっと洒落にならない話です。

年末、某県のフェリー乗り場で船の時間待ちをしていた。
寒空の下、ベンチに座って海を眺めてたら、駐車場で妙な動きをしている軽四に気が付いた。
区画に入れたと思えばすぐに出たり、駐車場内をグルグル回ったり。
何してんだ?とボンヤリ見てると、俺の側まで来て停まり、中年の痩せた女が出てきた。
続けて、娘と思われる小学校低学年位の女の子と、もう少し年長の女の子が出てきて、中年女にジュースを買って貰っていた。
自販機を探してたのか、と思い、俺はそれきり興味を無くしていた。
しばらくして、パトカーが駐車場に入ってきた。
フェリーの建物に横付けして停め、中から年寄りの警察官と、若い20代前半位の警察官が降りてきた。
のんびりとした様子で、事件とかいう感じじゃなく、ゆっくりと建物に入っていった。
年末だったんで、歳末警戒とかいうやつだろう。
俺もそろそろ中に入ろうかなと思っていると、駐車場の方からタイヤが擦れるキキーという音が聞こえた。
とっさに振り返ってみると、さっきの軽四が急発進していた。
海に向かって。

947 本当にあった怖い名無し sage 2008/05/08(木) 19:44:25 ID:mczy1heWO
スローモーションみたいに、軽四がゆっくりと岸壁から離れ、アっと思っている間に頭から海中に飛び込んだ。
俺は、しばらくの間呆然としていたが、誰かの「車が海に落ちたぞ!」という叫び声で我に返った。
辺りにいた数人と、岸壁まで駆け寄る。
軽四は、ケツを水面に出してプカプカ浮いていた。
俺はどうしよう?と思ったが、何も出来る訳がなく、波間にユラユラ揺れる白い軽四を見ているだけだった。
しばらくして、フェリーの建物から従業員と、先程の警察官二人が走ってきた。
しかし、彼等にしたところで何が出来る訳でもなく、岸壁まで来て呆然と立ち尽くした。
重苦しい緊張が場を支配する。
やがて意を決したように、若い警察官が上着と拳銃などを吊したベルトを年配の警察官に渡すと、一気に海に飛び込んだ。
海面に浮き上がった警察官は、徐々に沖に流されつつある軽四に向かって泳ぎだした。
「頑張れ!」
周囲から警察官に向かって声援が飛ぶ。
俺も我知らず叫んでいた。
その警察官はあまり泳ぎが得意ではないらしく、浮き沈みしながらも何とか軽四まで辿り着いた。
そして、車体に手をかけ、リアウィンドウの上によじ登る。

948 本当にあった怖い名無し sage 2008/05/08(木) 19:46:35 ID:mczy1heWO
軽四は警察官が乗ってもまだプカプカ浮いていた。
岸壁から大きな歓声が上がる。
警察官は窓越しに何か叫び、バックドアを開けようと取っ手を動かしていたが、ドアは開かない。
車体が浮いているからには、中はまだ空気がある筈だが……
そう思っていると、いきなり警察官が窓に拳を叩き付けた。何度も何度も。
「…はなし…やれ。……まき……に……な」
途切れ途切れに、警察官が怒鳴っているのが聞こえた。
振り上げる警察官の拳が、遠目にも赤く出血しているのが見える。
それでも拳を叩きつけるが、窓はなかなか破れない。その時、ようやくこの状況に気付いたのか、沖で操業していた漁船が猛スピードで近づいてきた。
漁船が軽四のすぐ近くまで来て、これで助かる!
皆がそう思った瞬間、慌てたためか、なんと漁船が軽四に衝突した。
海に投げ出される警察官。
しかもバランスが崩れたためか、軽四が急速に沈みだした。
岸壁から見る大勢の人の前で、あっという間に軽四は波間に消えてしまった。
出てきた者はいなかった。

949 本当にあった怖い名無し sage 2008/05/08(木) 19:51:00 ID:mczy1heWO
しばらくして、漁船に救助された警察官が岸に連れられてきた。
歩くこともできないほど憔悴した若い警察官に、皆が拍手した。俺も手が痛いくらい拍手した。
助けられなかったけど、十分頑張ったと。
すると、警察官は地面に突っ伏して大声で泣き出した。そして、
「母親が、どうしても子供を離さんかった。子供が泣きながら手を伸ばしてたのに……」
鳴咽と一緒に洩れた言葉にゾッとした。
おわり


970 見える人 2008/05/08(木) 22:15:18 ID:0CFrkSAu0
流れ豚切りで初カキコ
まとめたんですが、少し長いので面倒ならスルーよろしく。
初めに、この話はヤバイの見ちゃったや憑依された系の話ではないですが俺的に怖かった実体験。

すべての始まりは一人の女の子との出会いでした。
俺の仕事は、女性のお客様が多いサービス業、なので楽しい話から怖い系の話も結構聞くほうでした。
その女の子は彼氏の紹介で来店してくれて、俺と彼氏の方とはだいぶ付き合いも長い方なので
俺が怖い話などが好きなのも知ってました。
で、その彼女さんが、彼氏曰くどうやら幽霊などが見えるらしいwしかもかなりはっきりと!
以前、彼氏さんからは身内に起こった心霊現象のトラブルの話は聞いていて、それを解決したのが
彼女だとも聞いてたので、俺は内心どんな話聞けるかワクワクしてたw
その時は初対面だったので初めはキチンと仕事の話をしながら、作業をしてて
途中、何気ない会話から「彼氏さんから聞いたんですが、そう言うの見えるんですか?」
みたいな会話をふったら、少し間を置いて「そ~なんですよ~あまり見たくないのに(笑)」
みたいに笑いながら返されてしまった。


971 見える人  2008/05/08(木) 22:17:24 ID:0CFrkSAu0
続きです、長くてごめんなさい
この時に俺は、彼女と他の自称見える人との違和感をすごく感じた。
俺の今まで知ってた、自称見える人は話す時に、眉間にしわ寄せながら神経質そうに重く話す
人が多かったのに、彼女は逆で全然そんな重い空気がなくて、むしろ明るいイメージがあった。
俺はその違いが気になっていろいろ質問をしてみた。
「俺はそういうの見えないんだけど、すごい見てみたいからどしたら見えるようになるの?」と
聞いたら、彼女「多分<俺>さんは一生見えないかな」っと即答で返ってきた。
即答だったんですごく気になって食い下がって聞いたら、彼女曰く
「<俺>さんは、逆にそういうの弾くのがすごい強いから無理かな」と言われてしまった。
「弾くってどういうこと?」って聞いたら、彼女曰く例えると、魂の波長と言うか魂の色みたいな物があると。
大きく分けると2種類、「魂的に(赤系の色)」と「魂的に(青系の色)」とがあるらしい。
でこの色が問題で、分けると赤系の人は「見えない人」が多くかなり赤に近いほど弾く力が強いと、
逆に青系の人たち特に白に近い青の人が俗に言う憑依体質とか見える人が多いと。
憑依されやすい人は例えると「暗闇の中にある青白い蝋燭の光」のような状態で、
霊などがその光に寄ってきやすいって話でした。
それを聞いて、俺は内心残念って思ってたら、そこで彼女がいきなり話し始めたことが怖かった・・・
「でも<俺>さんは丁度いいですよね、彼女さんの職場もそういうの多いし、持ってきやすい体質だし
一緒にいれば弾いてあげるから、安心だしね(笑)」と、
ここでしばし、俺の時間が止まったw 俺の脳内会議→「俺自身彼女いるなんて今日話してないよな?
初対面なのに、しかもその職種まで話してないよな?・・・」と、そう!彼女の言った内容が全て当たってた。
ここで俺、焦ってないふりをしながら「俺、彼女いてその職種だって話したっけ?」と言ったら
鏡越しに「あ!ヤバイ言っちゃった」みたいな顔されて、にこやかにスルーされましたw
そこで感じたのが、彼女さんいったいどこまで人の中見えてんだ?wっと怖くなった話でした。
長文、駄文失礼しました。1/3 2/3 3/3
(0)


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ ⇒
心霊 未確認生物 UMA ミステリーブログ⇒
不思議な話 怖い話の本⇒オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍

≪前ページ | ホーム | 次ページ≫

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。