現在地

スポンサードリンク

カテゴリー・目次

人気記事ランキング

最近記事リスト

逆アクセスランキング

相互リンク

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

RSSフィード

プロフィール

怖い話 不思議な話@2ちゃんねる

Author:怖い話 不思議な話@2ちゃんねる
2ちゃんねるの怖い話、オカルト板まとめサイトです。心霊スポット 心霊写真 超常現象 怖い話 恐怖体験 未確認生物 UMA 都市伝説 オーパーツなど、怖い 不思議&面白いと思った話を厳選して紹介しています。
ただ今相互リンク募集中です。ただし、心霊・不思議・ミステリー系に限らせていただいておりますのでご了承下さいませ。

ブロとも申請フォーム









管理ページ
最新記事 - 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_8 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_7 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_6 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_5 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_4 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_3 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_2 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_1 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?1 (09/01) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_6 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_5 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_4 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_3 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_2 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_1 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_5 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_4 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_3 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_2 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_1 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_5 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_4 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_3 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_2 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_1 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 




<<不可思議な体験、謎な話~enigma~Part39_3 | ホーム | ∧∧山にまつわる怖い・不思議な話Part34∧∧_3>>

怖い話 不思議な話@2ちゃんねる オカルト板まとめ

スポンサーサイト


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ

心霊 未確認生物 UMA 都市伝説 ミステリーブログをもっと見る



不思議な話 怖い話の本↓
オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1/3 2/3 3/3


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ ⇒
心霊 未確認生物 UMA ミステリーブログ⇒
不思議な話 怖い話の本⇒オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍
<<不可思議な体験、謎な話~enigma~Part39_3 | ホーム | ∧∧山にまつわる怖い・不思議な話Part34∧∧_3>>

怖い話 不思議な話@2ちゃんねる オカルト板まとめ

死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?172_4


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ

心霊 未確認生物 UMA 都市伝説 ミステリーブログをもっと見る



不思議な話 怖い話の本↓
オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?172
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1186503484/


329 :本当にあった怖い名無し:2007/08/13(月) 11:15:00 ID:i2rKDlp20
あんまり怖くないかもしれないけど書きます。これは私が霊の存在を感じはじめた出来事です。
私が高校生で妹が小学生の頃の話なんですが、その日は妹が宿題で蛍の観察があるから、夜に
父と妹は川辺に行っていました。その川辺は学校の近くにある川で、祠の横の細い一本道を降りて行くと
あります。辺りは真っ暗で、光は少ない街灯と月明かりのみ。妹と父の他は女の人と犬の散歩をしてる
中年の男くらいでした。犬と男は川辺に行く道を降りて行きました。女の人も降りて行きました。
妹たちも少し遅れて降りて行きました。すると向こう側から犬と男が戻ってきました。
その道はまっすぐ行くと行き止まりでまた戻らないとといけないからです。犬と男とすれ違い、
自分たちは途中で立ち止まって蛍の観察をすることにしました。でも蛍は見当たらず、仕方なく
もっと奥に行ってみようかということになったそうです。どんどん奥に進むに連れてなんだか
おかしいことに気づきました。だってもう一番奥の行き止まりが闇の中からうっすら見えていたからです。
妹は「え?」と思いました。なぜならそこには同じ道を降りて行ったはずの女の人の姿がなかったから。
「お父さん、あの人おらんね」「誰いね?」「女やって、女おったやろ?」「女?おったか?」
実は妹しかその女の人を見てなかったんです。白いワンピースの長い髪の女。いかにもといった感じ
の女の人を妹は見たと言いました。妹たちが家に帰ってきて、その話を聞いた私は嫌がる父と妹に頼んで
すぐにその場に行ってみました。私は昔からホラー関係の話が大好きだったんです。
けれどその時は何も見ることはできませんでした。続く



331 :本当にあった怖い名無し:2007/08/13(月) 11:38:37 ID:i2rKDlp20
329続き
それから少したったある日。妹が一人で学校から帰る途中、まわりには妹しかいませんでした。
なぜかは聞いてませんが、妹はフと後ろを振り返りました。学校に続く見渡しの良い長い歩道、
妹は歩道の道路側にある段差に白い旗がひらめいているのに気づきました。風に揺れてバタバタしています。
「あれ!?」妹は気づかなければよかったと思いました。よく見るとそれは旗じゃなくて女の人だったんです。
女の人のスカートがバタバタしていたんです。「あの人や」と直感したそうです。
そしてまた数日後、今度は自分の家の近くの友達の家の前で見たらしいんですが、妹は冷静で狡猾な性格のせいか
私からはそれについてあんまり気にしてないように見えました。でも私は怖い反面、期待でドキドキしていました。
だって、女の人はだんだん私の家に近づいて来ているのです。
また数日たちました。私はゲームをしている妹のうしろでテレビ画面を見ていました。妹の部屋です。
しばらくボーっとしていて、何気なくベッドに目をやりました。ベッドにはベッドの向こう側がうまく見えないくらいの
しきりがベッドの端についています。妹はベッドの横、私はベッドより後ろにいました。
ベッドに目をやった瞬間です。何か黒い物がベッドのしきりにサッと隠れたんです。声も出ませんでした。
黒い物は人の頭のように見えたんです。頭の上のほう半分で髪だけ、顔の皮膚はわかりません。
つむじがあって、髪の質感とか…。髪が長いとかもよくわかりませんでしたが、恐怖であの女だと決めつけていました。
しきりの向こうが見える位置にいる妹に聞いても何にもいません。絶対あの女だと思いました。
ついに家の中にまで入って来たんです。続く
長くてすみません;



340 :本当にあった怖い名無し:2007/08/13(月) 16:06:03 ID:n9MiVUKk0
昭和50年代、俺が厨房の時に母親の実家である北海道のS町、札幌から国鉄で5時間くらいかかる田舎で体験した話。
S駅で顔見知りの駅長さんと雑談していたら40過ぎのやせた陰気な感じの男が駅に入ってきた。
駅長さんの話によると男は最近起こった事件の当事者とのことだった。男は耳が全く聞こえないので
事件のこと教えてもいいけどけどジロジロ見たりしたらだめだよと釘をさされてから聞いた話はこんな内容だった。



341 :本当にあった怖い名無し:2007/08/13(月) 16:07:16 ID:n9MiVUKk0
340続き
男は数年前にS町に引っ越してきた人で山の中の一軒屋にかなり若い妻と二人で暮らしており林業で生計を立てていた。
男の家では町の店から食品や日用品などを届けてもらっていたのだが商売のため家を留守にすることが
多く、いつのころからか男の妻とその店の若い店員が関係をもつようになっていたらしい。
この先は地元の警察の推論。男の留守中に妻と店員が家で会っていたところ予定より早く男が帰ってきた。あわてた
二人は木材の倉庫に隠れたのだが男は気づかずに扉に鍵を掛けてしまった。二人は隠れているのをあきらめて扉を叩いて
助けを求めたと思われるが男は耳が全く聞こえないためにそれに気づくことはなく数日後に扉を開いたときには
二人とも死んでいた。激しく扉を叩いたため二人の両手は傷だらけだったとのこと。
この事件は不幸な事故ということで決着したが色々と悪い噂がたち男は町を出て行くことになったという。



342 :本当にあった怖い名無し:2007/08/13(月) 16:08:33 ID:n9MiVUKk0
341続き
札幌行きの列車がまもなく到着するということで改札が始まった。当時の田舎の駅にデジタル時計なんて気の利いたものはなく
町内会寄贈の柱時計が使われていた。午後三時。「ボーンボーンボーン」と背後から時計の音が聞こえたその時、
俺のすぐ目の前にいた例の男が腕時計を見て時刻を合わせていた。
...耳は聞こえていた



361 :本当にあった怖い名無し:2007/08/14(火) 11:11:12 ID:4yVjtKIw0
平成1桁の思い出でオカルトなのを一つ。
中学に上がってから伯父の家で「コープスパーティー」というパソゲーをやったんだが、バグり方がやばいらしい。
ゲームの進行には支障なかったし指摘されるまでバグだとは思わなかったんだが、初めて恐怖で尿ちびったのを覚えてる。
粟肌を実体験したのも同時。



364 :本当にあった怖い名無し:2007/08/14(火) 12:17:53 ID:/1Umne3y0
中学のスキー教室の時に体験した話

宿泊先は中部のとある県にある、まあよくある「少年自然の家」みたいな感じのところだった。

4人1部屋で割り振られてたんだが、4人分としては広すぎるほどの部屋だったので、
厨房らしくギャーギャーうるさくしながら暴れまわってる奴らが多かった。
俺達の部屋は206号室だったんだが、隣の205号室は「クラスに一人はいるような変人」が4人かたまってる部屋で、
妙にテンションの上がったそいつらの騒々しさは俺と同じ部屋にいた学級委員の奴を何度かマジギレさせるほどだった。


夜。相変わらず隣の部屋の連中がうるさい。とっくに消灯時間は過ぎていて、
全員寝る態勢には入っているようだが、寝ながらなにやら喋っているようだった。
そのとき、寝ようとしているらしい変人の中の一人が突然「ビークワイエットプリーヅ!!」と意味不明な英語を発し、俺達4人は一斉に吹き出してしまった。
しかしさすがにウザくなったのか、学級委員の奴が立ち上がり、隣の部屋との仕切りになっているふすまを開け、
たぶんやり返すつもりだったのだろう。小声で「ビークワイエットプリーヅ」と言いかけた。

その時だった。



365 :本当にあった怖い名無し:2007/08/14(火) 12:35:54 ID:/1Umne3y0
「ビークワイエットプリ・・・」

そこまで言いかけて学級委員は急に黙ってしまった。
「ん? どしたん?」と他の奴が声をかけるが返事が無い。
と、突然「うぅぅわあぁぁあぁぁぁぁぁぁ」という物凄い叫びをあげて、学級委員が文字通り後ろに跳ね返った。
かなりビビった俺達は「うっせーよ! なんだよいきなり!」と言うと、
学級委員はブルブルしながら目の前のふすまを指差した。
俺はその時たまたまふすまに一番近いところにいたので、あろうことか自分でふすまの隙間を覗き込んでしまった。
隣の部屋はオレンジ色の薄暗い電灯だけはつけておいたらしく、部屋の中が多少見通せた。
そしてその部屋にしいたそれぞれの布団の上に、4人が座っているのが見えた。今思えば、
布団に4人座っているというだけで何か妙な気もするが、当時の俺は「何? 別に何もねーじゃん」と言って目を離そうとした。
しかしその時、4人が一斉にこっちを振り向き、俺は凍りついてしまった。
振り向いた4人の顔は、全員知らない顔だったのだ。
普通の公立中学校だったので1学年100人前後。顔すら知らない人がいるはずなどないのに。
「うおっ!!}と言って俺が仰け反ると、他の2人が「なになに?」と言いながらふすまを覗こうと近寄ってきた。
すると、近寄ってきた2人が「ぎゃっ!」と叫んで飛びのいた。
オレンジの光が漏れてくるふすまの隙間から、縦一直線に並んだ8つの目が、こちらをのぞきこんでいた。
次の瞬間、隣の部屋の電灯がバチュン、という音を立てて破裂し、周囲が完全な暗闇となった。
どうやら俺達4人はそのまま気絶したらしく、翌日は一日中ガタブルしながら過ごすこととなったのだった。


1-119
212-268
274-319
関連記事
1/3 2/3 3/3
(0)


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ ⇒
心霊 未確認生物 UMA ミステリーブログ⇒
不思議な話 怖い話の本⇒オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍
<<不可思議な体験、謎な話~enigma~Part39_3 | ホーム | ∧∧山にまつわる怖い・不思議な話Part34∧∧_3>>

- コメント -

コメントの投稿


管理者のみ閲覧可


- トラックバック -


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

<<不可思議な体験、謎な話~enigma~Part39_3 | ホーム | ∧∧山にまつわる怖い・不思議な話Part34∧∧_3>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。