現在地

スポンサードリンク

カテゴリー・目次

人気記事ランキング

最近記事リスト

逆アクセスランキング

相互リンク

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

RSSフィード

プロフィール

怖い話 不思議な話@2ちゃんねる

Author:怖い話 不思議な話@2ちゃんねる
2ちゃんねるの怖い話、オカルト板まとめサイトです。心霊スポット 心霊写真 超常現象 怖い話 恐怖体験 未確認生物 UMA 都市伝説 オーパーツなど、怖い 不思議&面白いと思った話を厳選して紹介しています。
ただ今相互リンク募集中です。ただし、心霊・不思議・ミステリー系に限らせていただいておりますのでご了承下さいませ。

ブロとも申請フォーム









管理ページ
最新記事 - 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_8 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_7 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_6 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_5 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_4 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_3 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_2 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_1 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?1 (09/01) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_6 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_5 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_4 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_3 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_2 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_1 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_5 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_4 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_3 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_2 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_1 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_5 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_4 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_3 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_2 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_1 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 




<<死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?172 | ホーム | もうすっかり夏ですね、ではとっておきの怖い話を_3>>

怖い話 不思議な話@2ちゃんねる オカルト板まとめ

スポンサーサイト


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ

心霊 未確認生物 UMA 都市伝説 ミステリーブログをもっと見る



不思議な話 怖い話の本↓
オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1/3 2/3 3/3


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ ⇒
心霊 未確認生物 UMA ミステリーブログ⇒
不思議な話 怖い話の本⇒オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍
<<死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?172 | ホーム | もうすっかり夏ですね、ではとっておきの怖い話を_3>>

怖い話 不思議な話@2ちゃんねる オカルト板まとめ

死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?172_2


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ

心霊 未確認生物 UMA 都市伝説 ミステリーブログをもっと見る



不思議な話 怖い話の本↓
オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?172
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1186503484/

212 :本当にあった怖い名無し:2007/08/11(土) 12:35:57 ID:jteISbUb0
613 名前:もしもし、わたし名無しよ 投稿日:2007/08/09(木) 16:31:09
 私が厨房だった頃。年末に、粗大ゴミ置き場に大きなポーズ人形が捨ててあった。
綺麗な水色のドレスで、一目で気に入った私は「お持ち帰り」。母に見せたけど、母も
「お人形は捨てるもんじゃないしね」とあっさり承認。私は掃除したての室内に飾って
浮かれていた。その日の夜。
 冬休みの宿題で机に向かっていると、ポーズ人形の方から物音がする。ゴミ捨て場にあったから、
まさかG?とおそるおそるふり返ると、人形の裾が動いている。そして、何か見える。
よくよく目を凝らすと、人の手が…指の先が、スカートの中から見え隠れしている。

「え」
思わず呟くと、指先は一瞬動きを止め、スカートの中に引っ込んだ。
人形ひっくり返して中を確認するのがセオリーだけど、自分にはそんな勇気がなかった。
ビクビクしながら人形を掴んで、ベランダに放逐した。
翌日、母には虫干しと偽って人形はベランダに出しっぱなし。そのまま、年明けまで放置していた。

 で、元旦。行く年来る年も見た、じゃあ明けましておめでとう&おやすみ と部屋に引上げた時の事。
窓ガラスがペタペタ言っている。ガラスの向こうには、人形…血の気が引いたね、この瞬間。
ものすごい勇気を振り絞って、カーテンをほんの数cm開けてみた。

そこには、予想通りの人形。 スカートの裾がほんの少し上がっている。ただ、人形を見下ろす
状態なので、裾の下は良く見えない。そして、見たくも無い。そのままカーテンを閉めると、
布団を引被って強制睡眠。覚えている限りずっと、ペタペタという音はしていた。

翌朝ベランダを確認すると、ポーズ人形のスカートがワイヤーごとまくれ上がっていた。
そのまま、適当な空き箱に包むと初詣に直行。神社の「お焚き上げぬいぐるみ」箱に入れてきました…


って、季節感無視で投下。もう十数年前の話でした。



223 :本当にあった怖い名無し:2007/08/11(土) 19:01:21 ID:PrW3w0J2O
高校生1年の時、遅刻して全校集会に出はぐれた。
今更全校生徒、教員が集まる静まり返った体育館に入れず屋上に続く階段で一人MDプレイヤーで音楽を聴いていた
ほんの少しの遅刻だったので集会はまだまだ終わらないだろうと壁に寄り掛かり居眠りをした
暫くするとイヤホンから聞こえる曲の遠くから異質な音が耳に届いた
段々と近付いてくる音は大勢の人間が読経をあげている声だった
驚いて立ち上がりイヤホンを外しても読経は止まず、なおも近付くばかり
屋上に出ようかとドアノブに手を掛けたがカギが掛かっていた
軽くパニックになった私は目を瞑り耳を塞ぎ何故か「ごめなさい」と繰り返した
読経の声が目の前に来た時、肩をたたかれ気を失いそうになったが
顔を上げると同じ制服を着た生きた人間の女の子だった
上履きの色から同じ学年である事はわかったが入学間もなく15クラスもある事から私達は互いに初対面だった
彼女も同じく遅刻し、暇をつぶそうとここへ来て頭を抱えて謝り続ける私を見つけたらしい
今の出来事を話し震える私を彼女は宥めてくれた
やがて集会が終わったらしく1階からザワザワと話し声が登ってきた
彼女は「知り合った記念に」と、このままどこかへ遊びに行こうと言った
さっきの恐怖から学校にいたくなかった私は二つ返事で誘いにのった
そこに中学校から仲のいいAが「やっぱりここにいたか」と顔を出した
私はAも一緒に行かないかと誘おうと思った
Aは何故かうつむき視線が定まっていない
「Aーどうしたの?」と他の友達が4、5人やってきた
「皆で今からカラオケ行かない?」と私が言うと
「すぐに小テストがあるよ」と一人が言った
今は諦めて放課後にしようかと彼女の方に振り返ると彼女はいなかった

Aには私が見た彼女とはまったく別の姿で見えたらしいけど
それがどんな姿だったか未だに教えてくれない

霊感のない私が体験した唯一の不思議体験でした



231 :本当にあった怖い名無し:2007/08/11(土) 21:04:50 ID:ykfpwZO2O
怖い話とかしてると霊が寄って来るってあるじゃないですか

それと同じかどうかわからないけど、怪談を読んでると、いっつも悪寒がするんですね

怖い話を読んで神経質になってるだけかもしれないけど。

んで、怪談読んでたら、いつものように悪寒に襲われたんです。

信じてはいないけど、とある場所で「霊感がある」って言われて不安になってたから、その悪寒は普段より強く感じました。

そんな時にふと、成人祝いにご先祖様のお墓のあるお寺から頂いた数珠を思い出して

タンスから引っ張り出して腕に付けて見たら途端に何とも言えない安堵を感じたんです

やっぱこういう物ってちゃんと効くんだなぁって感心してたら・・・


「チッ」


て舌打ちのような音が背後から聞こえたんです

まさか俺狙われてた(´・ω・`;)??



233 :スイミングスクール:2007/08/11(土) 21:36:20 ID:wrq7BGmgO

前にハトコの話を投稿した者です。


今回はスイミングスクールに中2まで通い続けたんだが、そんときの話。
そこにはハトコも通っていて、たまたま同じ曜日で同じ時間だった。
そのスイミングスクールには生徒や親御さんの間で囁かれている噂があった。水曜日にプールに幽霊が出る。そして足を引っ張られるのだという話だった。実際このプールで溺れた者がいるらしく、最近は女の子が溺れたということだった。
と言う話を水曜日に変更して、しばらく経ってから井戸端会議から拾ったのだった。おせぇ。
うわーまじかよと思いハトコに「知ってるか」と聞いてみると、なんと
「溺れたの私」
マジ!?

でも溺れた原因は足をつったから、だった。
何年も泳いでて溺れるってダセェなと思っていた。



234 :スイミングスクール:2007/08/11(土) 21:41:33 ID:wrq7BGmgO
sage忘れた…ごめん。
続き。


そんなこんなで泳いでいると、俺は隣のコースにいる人に釘付けになった。
その人はコースの真ん中らへんで、鼻から下を水につけた状態で、ふと気付くとこっちをジッと見つめているのだ。
うわ気持ち悪…変態か?と思いつつも、それほど気にせず泳ぎ続けた。そして気がつくとその人はいなくなっている(ガンガン泳ぐので、周りを気にする暇がなかった)。そんなことを一ヶ月くらい繰り返した。
プールサイドにいても感じる視線に、さすがにイライラしてきて「見てんじゃねぇ」という嫌悪の念を込めて睨み返していると、ハトコが寄ってきて言った。

「危ないから、あんま見んなよ」


そして、その日も睨みつけつつ、泳ぎ終わってプールから上がろうとしたときだった。床を蹴って体が浮き上がったところを、がっと足を掴まれて引き込まれる。とっさに足をばたつかせると、ぶにっとしたものを蹴った。「え?」と見ると俺をずっと見ていた人がすぐ後ろにいる。



236 :スイミングスクール:2007/08/11(土) 21:46:18 ID:wrq7BGmgO
さっきまで12mらへんのところにいたはずだった。
うわぁと情けない声をあげて、必死に縁にすがりついた俺は、やっとのことでプールサイドに上がった。
プールを振り向くと、今さっきすぐ近くにいたヤツはプールの真ん中、12m程にいた。目を水面すれすれに出して。元に戻るの速すぎないか?
足は掴まれた感覚が残っている。
もう頭がまっしろだった。
プールサイドから見ればヤツが見えるはずなのに、みんな「どうした」「大丈夫か」と言うばかりで、ヤツの話はしないし。
「危ないから見るな」ってこういうことかと納得した。噂のことも。
コーチには「足がつりました」と言った。仲間にも親にも。


着替えたあと、俺はハトコに聞いてみた。
もうこの頃のハトコは、そういうものがばっちり見えていたらしい。
あれはなんだと言うと、ハトコ気が進まなそうに、
「見えてんならわかるだろ」
「わからん。俺は生きてる人に見えたんだよ」
あの忠告は変態だから刺激しないようにだと思ってた。
そう言うと「は?」と、この手の話は嫌いなハトコが珍しく噛みついてくる。
「あれのどこが生きてるように見えるよ。水吸ってぶよぶよだったじゃん」


俺は次の月から曜日を変えた。かえるまでの間、視線に耐え続けた。
おわり。



237 :本当にあった怖い名無し:2007/08/11(土) 21:51:36 ID:ngs2lhjw0
俺もある
小学生の頃、担任の女教師が自分は魔法使いだと言い張ってた
それでホウキに乗って空を飛べる術を身に付けてるって言って今度みせてくれるって言ったんだ
俺はワクワクしながら待った。だけど来る日も来る日も調子が悪いらしくて結局は見れなくなった
あれから十数年の現在。その人を探して旅に出るつもりだ。魔法使いの弟子にしてもらう為に。



239 :本当にあった怖い名無し:2007/08/11(土) 22:13:15 ID:vKXl5DTQ0
ある晩、弟が塾の帰りに白いキツネを見たといった。
キツネなんてこの辺りにいる訳無いだろと家族皆で馬鹿にしてたら、
数日後、弟がキツネを見たといった河川敷で
放置されてた車のトランクから男の死体が発見された



241 :本当にあった怖い名無し:2007/08/11(土) 22:26:01 ID:0e7P6htm0
去年の夏に体験した話。
お前ら、夜の山道をドライブするときは絶対にライト消すなよ。
いつも暗闇を走るのが好きで、夜中に山道をのんびりと走るんだけど、
走ってる途中で、一瞬だけライト消して「うわ!暗れぇ!」ってやるのが好きなんだ。
それで去年の盆に、渋滞避けるため、夕方、山道を通って実家に向かってた。
だんだん暗くなってきて、21時ぐらいになったら、山は十分に暗く怖い。
そこでいつものようにライトを一瞬消して、暗さを楽しもうとした。

カチ・・・カチ・・・



242 :2/3:2007/08/11(土) 22:27:10 ID:0e7P6htm0
とライトを消してすぐにつけた。そしたら、消してつけて、明るくなる瞬間、
フロントガラスに何かが飛び込んできた。もちろん座席やミラーを見ても誰もいない。
そこでなんとなく、また一瞬ライトを消してみた。

カチ・・・!!!!・・・・カチ!・・・
一瞬暗くなった車内で、何か黒いもやもやした人間の形をした何かが隣に座ってた。
ライトをつけるともう見えない。あわてて道路脇に停車して、もう一度やってみた。

カチ・・・こっち見てる!!!・・・・カチ・・・ブォン!!!



244 :3/3:2007/08/11(土) 22:27:52 ID:0e7P6htm0
速攻でライトつけると同時に急発車。大急ぎで山を下って国道にでた。
周囲も明るくなって、「もうおk」と思って、もう一度。

カチ・・・!・・・カチ・・・こっち見んな・・・・・

なんかライトを消すっていうのがやばいみたい。大急ぎでファミレスに行って、
エンジンきって、ライト消した瞬間に、ハリウッド映画よろしく転がり下車。
朝までファミレスに居て、明るくなってから実家に戻った。
それからすぐに車の御祓いに行った。大丈夫みたい。車が特殊って言われたよ。
とにかく、山道で明かりを消すのは隙ができるみたいでお奨めしない。
特に、道祖神が多くあるような地方では、こういうことがよくあるらしい。



252 :本当にあった怖い名無し:2007/08/12(日) 01:27:50 ID:DhMqrowrO
ベランダに干してあった私の下着を盗んだヤツが捕まった。
おまわりさんの話ではその下着泥は高校生で「ベランダに
立っていた髪の長い女の人に憧れていたのでつい盗んで
しまった」と話したとのこと。
しかしうちに住んでいるのはショートヘアの私と夫だけ。

高校生が見間違えたのだろうと思っていたが、後日きた
セールスマンがチャイムに応えてドアを開けた私をみて
「あれ、いまベランダにいた髪の長い人が奥さんかと
思った」といったのでほんのり怖くなったよ。

おまけに上の階に引っ越してきた人と道端で話してたら
その人の子供がうちのベランダを指差して「お姉さん、
泣いてるよ?」と言った。見てみたが誰もいなかった。
いったいなにがいるんだ、うちのベランダ!



261 :本当にあった怖い名無し:2007/08/12(日) 03:58:49 ID:424IwBZrO
ちょっと書いていきますね

最近ネットカフェでバイト始めたんですけど
ブース清掃してたら隣のブース(160cm位のパネルで仕切られてる)から
小学生になるかならないかくらいの子供が、こっちを覗いてるんですよ。
その時の時間は深夜二時。俺が笑いかけても反応は無しで、
あー、眠いんだろうなー。DQN親持つと大変だなー。なんて思って
フロント帰ったときに確認してみたら、そのブース誰も入ってなかったんです
先輩に聞いてみたんだけど子連れの客はいなかった。
別に怖くはないんだけど、初めて見たからビビってしまいました。
人が多く出入りする場所だけに溜まりやすいんですかね。
スレ汚し申し訳ない。



262 :本当にあった怖い名無し:2007/08/12(日) 04:00:20 ID:smFZPyKOO
ある夜、店じまいした飴屋の雨戸をたたく音がするので主人が出てみると、青白い顔をして髪をボサボサに乱した若い女が「飴を下さい」と一文銭を差し出した。
主人は怪しんだが、女がいかにも悲しそうな小声で頼むので飴を売ってやった。
翌晩、また女がやってきて「飴を下さい」と一文銭を差し出す。主人はまた飴を売ってやるが、女は「どこに住んでいるのか」という主人の問いには答えず消えた。
その翌晩も翌々晩も同じように女は飴を買いに来たが、とうとう7日目の晩に「もうお金がないのです。どうかこれで飴を売ってもらえませんか」と女物の羽織を差し出した。主人は女を気の毒に思っていたので、羽織と引き換えに飴を渡してやった。
翌日、女が置いていった羽織を店先に干しておくと、通りがかりのお大尽が店に入ってきて「この羽織は、先日亡くなった自分の娘の棺桶に入れてやったものだ。これをどこで手に入れたのか」と聞くので、驚いた主人は女が飴を買いにきたいきさつを話した。
お大尽も大いに驚き主人ともども娘を葬った墓地へ行くと、新しい土饅頭の中から赤ん坊の泣き声が聞こえた。
掘り起こしてみると、娘の亡骸が生まれたばかりの男の赤ん坊を抱いており、手には飴屋が売ってやった飴が握られていたという。
お大尽は「臨月に亡くなった娘をお腹の子供も死んでしまったと思い込んでそのまま葬ったのだったが、娘は死骸のまま出産し子供を育てるために幽霊となって飴を買いに来たのだろう」と言った。
赤ん坊を墓穴から救い出し、「この子供はお前のかわりに必ず立派に育てるからな」と話しかけると、
それまで天を仰いでいた亡骸は頷くように頭をがっくりと落とした。

この子供は後に菩提寺に引き取られて高徳の名僧になったという。



263 :本当にあった怖い名無し:2007/08/12(日) 04:12:17 ID:ahVrTahy0
その ご


あのひとの そのごは どうなった?
たしか ゆめを かなえるために
ひとりでまちを でていったっけ

ざせつして じさつしたって!

あのひとの そのごは どうなった?
たしか あいどるに なるために
せいけいするって いっていたっけ

じぶんのかおが わからなくなったって!

あのひとの そのごは どうなった?
たしか ちからが あったから
けんせついんに なったっけ

てっこつが おちてきて しんだって!

あのひとの そのごは どうなった?
かしこい あたまで べんきょうできて
いちりゅうきぎょうに はいったっけ

ふりんしていた おくさんを ころしたって!



265 :本当にあった怖い名無し:2007/08/12(日) 04:13:37 ID:ahVrTahy0

それらものがたりは うつくしい
いまもどこかで ここにはかききれない ほどの
ちぬられた はなしが つづられている

きれいな はなしが すきなのに
きたない はなししか つくれない
そして
それこそ ちぬれに ふさわしい


『あのひとの そのごは どうなった?』



268 :本当にあった怖い名無し:2007/08/12(日) 05:49:41 ID:QZ0thoxVO
随分前の話だが仕事帰りに、二階建ての家の屋根の上くらいの空中を、ふわふわと小さな紙袋が飛んでいるのを見た。

ぽかーんと見つめていると、今度は赤い果物?がまたふわふわと飛んで行った。

いったい何だったのか、今でも分からない。


1-119
関連記事
1/3 2/3 3/3
(0)


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ ⇒
心霊 未確認生物 UMA ミステリーブログ⇒
不思議な話 怖い話の本⇒オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍
<<死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?172 | ホーム | もうすっかり夏ですね、ではとっておきの怖い話を_3>>

- コメント -

コメントの投稿


管理者のみ閲覧可


- トラックバック -


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

<<死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?172 | ホーム | もうすっかり夏ですね、ではとっておきの怖い話を_3>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。