現在地

スポンサードリンク

カテゴリー・目次

人気記事ランキング

最近記事リスト

逆アクセスランキング

相互リンク

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

RSSフィード

プロフィール

怖い話 不思議な話@2ちゃんねる

Author:怖い話 不思議な話@2ちゃんねる
2ちゃんねるの怖い話、オカルト板まとめサイトです。心霊スポット 心霊写真 超常現象 怖い話 恐怖体験 未確認生物 UMA 都市伝説 オーパーツなど、怖い 不思議&面白いと思った話を厳選して紹介しています。
ただ今相互リンク募集中です。ただし、心霊・不思議・ミステリー系に限らせていただいておりますのでご了承下さいませ。

ブロとも申請フォーム









管理ページ
最新記事 - 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_8 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_7 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_6 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_5 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_4 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_3 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_2 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_1 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?1 (09/01) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_6 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_5 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_4 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_3 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_2 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_1 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_5 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_4 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_3 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_2 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_1 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_5 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_4 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_3 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_2 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_1 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 




<<実話恐怖体験談 七談目_4 | ホーム | もうすっかり夏ですね、ではとっておきの怖い話を_2>>

怖い話 不思議な話@2ちゃんねる オカルト板まとめ

スポンサーサイト


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ

心霊 未確認生物 UMA 都市伝説 ミステリーブログをもっと見る



不思議な話 怖い話の本↓
オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1/3 2/3 3/3


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ ⇒
心霊 未確認生物 UMA ミステリーブログ⇒
不思議な話 怖い話の本⇒オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍
<<実話恐怖体験談 七談目_4 | ホーム | もうすっかり夏ですね、ではとっておきの怖い話を_2>>

怖い話 不思議な話@2ちゃんねる オカルト板まとめ

もうすっかり夏ですね、ではとっておきの怖い話を


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ

心霊 未確認生物 UMA 都市伝説 ミステリーブログをもっと見る



不思議な話 怖い話の本↓
オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍
もうすっかり夏ですね、ではとっておきの怖い話を
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1185699581/


7 :ちんぽっぽ ◆wMyUu3vOaU :2007/07/29(日) 19:37:30 ID:+aWhFBa0O
地元の心霊スポットの話を見つけたんで持ってきますた。


あまりにも低い
JR琵琶湖線の栗東・草津間の間にいくつかトンネルがありますが、自転車では降りないと通れ無いほど低いトンネルがあるのをご存知ですか?
花園の交差点を草津方面 に走って行くと、大きな(?)陸橋があります。陸橋を上らずに側道に入ると左側に見えてきます。
あまりにも低いトンネルなので、地元の人もあまり通りませんし、結構長い上に人同士でも行き違いが大変そうだからだろうと思いますが、そのようなことを知らずに昔、原チャで突っ込み頭をレンガの壁にぶつけて即死と言う事故があったらしいです。
しかも、1件では無かったそうな…。出ると聞いたことがあります。


以上の話を聞くと生首がいくつも飛んでたり首なしの幽霊やライダーを目撃してる人が結構いそうス。。。
そんな人いたら体験談キボンヌ。 ヾ(・ω・)ノシ



10 : ◆feHIuvhK9. :2007/07/31(火) 23:00:36 ID:BDThb16GO
尾瀬は帽子をかぶった同じ霊が何人もの人写されたんだって。
しかも写る位置が写ってる人の斜め上辺りに顔だけが浮くように…、昔尾瀬ヶ原で亡くなった人の亡霊らしいよ。



11 : ◆feHIuvhK9. :2007/07/31(火) 23:11:08 ID:BDThb16GO
検索したらたくさんの体験談があったのでそのうちの一つを紹介します。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
尾瀬沼ではよく霊の姿が目撃されているという。最も有名なのは帽子を被った男。その姿はカメラに収められ,昭和49年7月27日の新聞において報じられている。また,ハイキング客が
戦時中としか思えないような格好をした女性の幽霊と遭遇したという例もある。 しかし,Aゆかりさん(30)が出会ったのは 『帽子を被った男』でもなく『戦時中の女性』でもなかった。
その日は一日かけてたっぷりと沼周辺を散策する計画を立てていたので,Aさんが友人と沼の入り口に立ったのは午前7時頃だったという。
これから暑くなることを予感させるようなさわやかな空のもと,二人は出発しようとしたのだが,すぐに友人が足を止めた。
彼女の視線の先には川があったのだが,そこに4歳くらいの女の子が立っていたのである こんな時間にどうしたのかしら…… 思いつつもAさんたちは先を急ごうとした。だが,女の子が川へ入ろうとするような仕草を見せたので声を掛けたのである。
「危ないよ」 するとその子はにっこりと笑って二人に手を振ると,いきなり川の深みの方へばしゃばしゃと歩き出したという。
驚いた彼女はすぐに川の方へ急いだが,あっという間にその姿は水の中に消えてしまったという。
「ヤバイよ。警察に連絡しなきゃ」
Aさんが慌てながら友人に言ったが,彼女はその必要はないとばかりに,上空の一点を見つめながら呆然と首を横に振っていた。
Aさんは友人の視線を追った。するとそこには川に消えたはずの女の子が浮かんでいて,笑いながら楽しそうにくるくると踊っていたのだという。

〓〓〓〓〓〓〓〓糸冬〓



12 :この話はどうよ?w:2007/07/31(火) 23:17:49 ID:Xl+efh07O
ほら みてみて
いつも ひとがしんでいる
あなたは ころしつづける
きたないね きたないね
きょうき ひからせて
いつだって ころしあう
あなたは やさしいはずなのに…
だって いつもみてる あなたのこと…
かがみ にうつるわたし みえない
きょうふのよるがきょうもまたやってくる
さびしくておそろしいしいおとがみみにとどく

くすくす くすくす
ふたつ…
ひとつ…
ここには あなたは
あやしく うたうのに
あの世の かぎがあく
ひらくとびら どこかで
ああ いつも ちがながれる
ころしつづけているわ
なにもかもわすれて
はじめからねむるひつようなんてないのだもの…あなたはしんでいるから



13 :この話はこわいはなし:2007/07/31(火) 23:40:22 ID:h8II/5IkO
今日国道沿いを歩いていたらものすごく喉が渇いた
ちょうど自販機が何台かある店があったから
何か買おうと思って財布を出した。
百円玉は一枚も無く五百円玉と
五十円玉一枚と十円玉四枚しかなかった
五百円玉を入れてポカリを買おうとするが
五百円玉は入れるとすぐ釣り銭口から出てきた
どうやら五百円玉は使えないらしい
千円札は入らないし店は夜なので閉まっていた
ふと隣の自販機を見ると九十円均一だった
聞いたことないメーカーの自販機だったが
スポーツドリンクらしき飲み物を買って一口飲んでみた
う、うまい!!
私は一気に飲み干した
有名メーカーじゃなくてもスポーツドリンクはうまいんだな
喉カラカラだったからかな
以上こわいはなし



21 :今度こそ怖い話:2007/08/01(水) 13:44:33 ID:owL8YKz1O
高2のときの話です。
私は1年生のときのクラスメイトを誘って他県に
2泊3日で海キャンプに行く計画をたてました。
一学期の半ばからみんな誘ったのですが
結局来たのは15人くらいだったと思います。
キャンプ初日、私達は高速バスに乗りキャンプ場に着きました。
そこはかなり広い所で、普通の海水浴場や
キャンプ場等が集まった海浜公園で
私達は大きなロッジに泊まることになっていました。



23 :今度こそ怖い話:2007/08/01(水) 13:52:27 ID:owL8YKz1O
現地には昼過ぎ頃着いたのですが
ロッジのチェックインが2時か3時だったので
しばらくは荷物を置いて泳ぐことにしました。
そこは日本海で遠浅なので足が届かなくなる辺りから
ちょっと泳ぐとテトラポットで作られた防波堤まで行けます
数人で防波堤まで行き上に乗って話していると
砂浜から監視員がメガフォンで
テトラポットに乗っている人!早く降りてください!!
と絶叫します。
あまりに怒るのでバカな高校生だった私達は
何回も乗ったり降りたりして監視員を怒らせていました。



24 :今度こそ怖い話:2007/08/01(水) 13:56:50 ID:owL8YKz1O
しばらく海で遊んだ後、いい時間になったので
計画の発案者として私ともう1人友人で
ロッジのカギを借りに行きました。
受付は結構若いお姉さんだったのですが私達を見ると
「あ、さっきテトラポットに乗って怒られてた人たちでしょ?」
と言ってきました。
覚えられていたことと話題があることで話やすかったので
「見てたんですか?あの人ちょっと怒りすぎじゃない?」
と話を膨らませました



25 :今度こそ怖い話:2007/08/01(水) 14:03:29 ID:owL8YKz1O
「ん~、あそこはね~。」
とお姉さんは言いたいけど
言ってはいけないことがあるかのような口振りでした。
何かあったのかとしつこく食い下がると
特別と言うことでお姉さんは話してくれました。
以下お姉さんの話をまとめたもの
昔は今ほどテトラポットに乗ることに対して厳しくなかった
ある日私達のように泊まりに来ていたカップルが
テトラポットに乗っていると高波がきた
男はテトラポットにしがみついたが女は一度波にさらわれ
次の波でテトラポットに打ち付けられ
流されて死体は上がっていない
噂では打ち付けられた女は半分脳みそが出たような状態で
男に 助けて と言いながら流されていった



26 :今度こそ怖い話:2007/08/01(水) 14:07:02 ID:owL8YKz1O
それ以来そのテトラポットに乗っていて
波にさらわれて死ぬ人が増えた。
さらわれなかった人や助かった人で
助けてと言う女の声を聞いたり
脳みそが出た女を見たと言う人がたくさんいる。
海浜公園としては死亡者が出るのも
幽霊まがいの話が広がるのも好ましくないので
テトラポットに乗っている人がいたら厳しく注意して
すぐに下ろすことにした。
と言うことでした。



27 :今度こそ怖い話:2007/08/01(水) 14:12:07 ID:owL8YKz1O
そんな話を聞いてクリアファイルにロッジ使用上の注意事項と
ロッジが集まっているとこの地図が挟まった物を受け取り
注意事項を聞かされ、
私達のロッジAー8号の場所を地図で教えてもらい
カギを受け取って事務所を出た。
そのキャンプは女の子も来ていたので
今の話は怖がる奴もいるかもしれないし
しばらくは黙っておこうと友人と決めて皆とロッジに行った。
1日目はバーベキュー等をして2日目も夕方まで泳いだ



29 :今度こそ怖い話:2007/08/01(水) 14:19:53 ID:owL8YKz1O
2日目の夜に外で食べたり飲んだりしながら皆で話していたが
暴露大会もネタが尽きてきて
怖い話をしようと言うことになった。
結構盛り上がったが怖い話もだんだんネタが尽きてきた
そこで明日には帰るしもういいかと言うことになり
私といっしょにカギを借りに行った友人は
前日に聞いた話をすることにした。
話が終わった直後に懐中電灯を持った警備員らしき人が来て
「Cー16号ってここですか?」
と聞いてきた。



31 :今度こそ怖い話:2007/08/01(水) 14:28:28 ID:owL8YKz1O
それを聞いて私は少しドキッとした。
私達の中の1人がクリアファイルの地図を見ながら
「Cー16ならすぐそこ、隣ですよ」
と答えていたがそれを聞いて私は思わず
「そのカップルが泊まってたのCー16らしいんだけど」
と言ってしまった。
別にそれがどうしたと言う話なんだけどそのときは
なぜか皆パニックになってロッジに駆け込んだ。
私はお姉さんからカップルが泊まっていたロッジを聞いていたが
AとCだから遠いだろうと思い込んで気にしていなかった
しかしロッジの号番号の最初に付いているアルファベットは
部屋の大きさを表すもので場所は関係なかった



32 :今度こそ怖い話:2007/08/01(水) 14:37:40 ID:owL8YKz1O
ロッジに入りしばらくして落ち着きを取り戻してきたころ
「でもさっきの警備員なんでCー16の場所なんか
聞いてきたんだろ?誰も泊まってないのに」
と言いだした。
すると別のやつが
「いやいや、泊まってたよ。なんか怖いけどカップルが。
昨日からいたじゃん。」
と言う。
するとまた別のやつは
「泊まってなかったよ。
俺まわりに誰もいないから騒げるなって思ったし」
と言う。
皆に聞いてみると泊まっているカップルを見た派と
誰も泊まってない派は半々くらいだった。
そんな話をしているとまた怯えだした女の子が
「あの窓怖い。誰か閉めてきて」
と言いだした。
そのロッジにはカーテン、網戸が付いた出入りできるくらいの
大きめのガラス窓と網戸だけ付いている木でできた
小窓があったのだが小窓はCー16側に付いていた。



33 :今度こそ怖い話:2007/08/01(水) 14:45:01 ID:owL8YKz1O
大きめの窓は網戸が少し破れていて虫が入りそうだったので
ガラス窓もカーテンも閉めていたから小窓まで閉めたら
暑すぎると言う奴もいたが閉めてと言った子の怯えが伝染して
閉めて派が増えたので全然怖がってなかった奴が
しょうがなしに閉めに行った。
そいつは小窓の近くまで行くとバタンと勢いよく
小窓を閉めて走って戻って来た。
「カップルいた!なんかベランダで2人でこっち見てる!
電気も付けずに並んで見てる!!」
そんなことを言いだした。
女の子たちはさらに怯えたが男はほとんど
お前そんな嘘つくなよ
と言う雰囲気で2人が小窓を見に行った。
そいつらも小窓をちょっと開けると勢いよく閉めて戻って来た。
見えたらしい。
男は全員見に行ったが
私を含めた2人以外は全員カップルが見えた。



34 :今度こそ怖い話:2007/08/01(水) 14:50:50 ID:owL8YKz1O
泣き出す女の子もいて部屋は異様な雰囲気になり
みんなで小窓と反対側の壁の近くに集まっていた。
これマジでやばくない?
とか話していたら1人が
「なんか音がする」
と言った。
皆静かになると確かに小窓の外の方から
ズルリズルリと何かを引きずるような音がする。
皆で音から逃げるように壁に張り付いていた。
すると音はロッジを回って
私達が張り付いている壁のほうにやってくる。
皆なぜか静かに音から遠い壁際に移動した。



35 :今度こそ怖い話:2007/08/01(水) 14:56:59 ID:owL8YKz1O
すると音はさらに私達のほうに回ってくる。
ロッジの中を静かに音から逃げ回っていたが
音はどうやらロッジのまわりをぐるぐる回っているらしい。
私達はロッジの真ん中に集まりなぜか静かにしていた。
その音は一晩中ロッジのまわりを回っていた。
たまに壁をすごい勢いで2人か3人で叩くような音がした。
女の子は皆しくしく言っていたし男も皆半泣きだった
何時間かたつと音はCー16のほうに帰って行った。
それから少ししてカーテンの隙間から朝日が入ってきたので
朝まで音は回っていたようだが音が回っていた間
誰も寝なかったし話さなかった



36 :今度こそ怖い話:2007/08/01(水) 15:01:37 ID:owL8YKz1O
朝日がさしてしばらくして誰かが
「早く帰ろう」
と言った。
その言葉に皆我に返ったかのように急いで荷物をまとめ
前日出しっぱなしだった外の片付けもほとんどせずに
急いでカギを返した。
出しっぱなしだった懐中電灯やガスコンロは置いて帰った。
親に怒られた。
高速バス乗り場まで行く市バスを待つための
ボックスみたいな所でも誰もしゃべらなかった
高速バスに乗ると私はすぐ寝てしまったので皆の様子は知らない



37 :怖くなかったらごめんなさい:2007/08/01(水) 15:07:06 ID:owL8YKz1O
長々と落ちもない話をごめんなさい。
思い出しながら書いてたら思ったより長くなりました。
急いだので誤字、脱字、わかりにくい所があったらごめんなさい
洒落怖とかに投下される話に比べたら全然怖くないと思いますが
あの時は本当に怖かったです。
今でも海キャンプは行けないし
あれ以来その海に行けなくなったり
海自体に行けなくなった子もいます。
初めて2chで長文書いたので
誰か読んでくれる人がいたら嬉しいです。



45 : ◆feHIuvhK9. :2007/08/01(水) 18:26:14 ID:N6HF0/nEO
>>41
素敵な投稿ですね、ありがとうございます。楽しく読ませてもらいました。(@v@)
私もググッて来たのを紹介します。

【福岡県・犬鳴峠】
福岡県の犬鳴峠には怖いトンネルがあって,その中に入ると、何かしら不思議な現象が起こるのです。 すぐ近くには犬鳴村という無人の村があり,その昔,小人が隔離されていたという所です。
口では説明できないけど,そこに行けば必ず嫌な雰囲気を感じるはずです。 僕も実際トンネルの上から女性の声を聞きました。

以上
短いですがご紹介しました。(@v@)ノ ♪



51 :本当にあった怖い名無し:2007/08/01(水) 21:01:01 ID:WUEyAeGXO
怖い話…?なのかどうかは見る人の判断に任せますが…
昨日の夜中、今日閉め切りのレポート課題をやっていたんだけど、
知らぬ間に意識が飛んでしまい、気付いたら二時間くらい経っていた。


「やばい…寝ちゃったよ。」と慌ててパソの画面を見ると、
課題が出来上がっていて、しかも、内容的にもわりと良い感じだった。
けど、全然内容に心当たりがない………
自分で書いたという記憶がない…
って体験でした。



53 :本当にあった怖い名無し:2007/08/02(木) 00:00:04 ID:d9jg2AZv0
<手紙1>
もう7-~8年ほど昔になるだろうか…都内のある高校に、周囲の誰もがうらやむほど仲睦まじい女子生徒の二人組がいた――仮に一人を由美、もう一人を優子としよう。 
ある日、普段から病弱だった由美が心臓の病で入院することとなった。
母親の懸命な看護の甲斐も虚しく、彼女の寿命は尽きようとしていた。

そんなある日、親友の優子が由美の病床を見舞った。すでに自らの死を悟っていた由美は弱弱しい仕草で、見舞いに訪れた優子の手を握り、こう尋ねたという…
「ねえ、優子。これからもずっと友達でいてくれる?」
優子はためらうことなく応えを返す。
「当たり前でしょ! だから早くよくなるのよ!」
「ありがとう。 約束だからね…」 
最愛の友の快諾を得た由美は、やがて安堵の笑みを浮かべその日は眠りについた。



54 :本当にあった怖い名無し:2007/08/02(木) 00:01:09 ID:tl4VQUP90
<手紙2>
数週間後、由美は家族に見守られ静かに息を引き取る。 
その葬儀はしめやかに執り行われ、ひとしきり涙に暮れた優子も無論葬儀に参列した。 
そこで優子は、由美の母親から彼女が病床で自分宛にしたためた一通の手紙を受け取る。

かけがえの無い親友が、最期の最期に自分へ託した手紙……優子は激しい感動を覚えつつ、葬儀からの帰路、その封を切り手紙に目を通そうとする――かなりのスピードで背後から迫る一台のトラックに気づかずに… 
手紙に注意を奪われていた彼女は不運にもトラックにはねられ、親友の後を追う様に帰らぬ人となってしまった。

事故現場を検証した警察官は、遺体の手に握り締められた一通の手紙を発見したという。
ただ一言、短くしたためられていた手紙を…

― ねえ優子、早く来て! ―



55 : ◆feHIuvhK9. :2007/08/02(木) 00:46:03 ID:Q1+wjvMvO
栃木県の那須温泉郷にある殺生石のお話です。
那須温泉神社の近くにその石はあるのですが、昔の言い伝えによると近くに寄る者の生命力を奪うとか石の上を飛んでたり留まったりした鳥が急に死んだりするとか‥。
化学的な仮説からすると磁場や地下のガスが関係してる可能性がある、ということになるかも知れませんがただ一つ、何故殺生石のすぐ側に(那須温泉神社)神社があるのか‥‥。
以上、栃木県那須高原にある殺生石に纏わる話でした。



63 : ◆feHIuvhK9. :2007/08/02(木) 23:21:27 ID:Q1+wjvMvO
何年か前に上野のビジネスホテルに泊まった時の話なんだけど‥‥
そのホテルに着いたのはもう深夜近くだった。
薄暗い廊下を係りの人に案内されて「こちらです。」と部屋の前まで来た時
全身に悪寒の様なものが走って『この部屋に入っちゃダメだ!』という想いも走った。
ちなみに、オレに霊感は皆無だ。
深夜だったし、係員はもうドアを開けて荷物を入れていたし、
今更部屋を変えて欲しいとは言い出せなかった。
それでやむなく部屋に入ろうとした、刹那、足先がピシピシピシっと、
入ってはならない領域に踏み込む音を立てた。もちろん音など聞こえない。
ドアは閉まった。
シャワーを浴びすぐにとこに入りまどろんだ頃‥‥壁から薄っすら声がする。
声はだんだん大きくなり、お経のようになった。
女だった。オレの首を絞めながら、真っ赤な口紅の口角を人間らしからぬ程に吊り上げ笑っていた。
金縛り‥ってやつ?体が動かない。
脳裏にさっき使った浴室が映る‥‥血染め!? 次に悲鳴!!
一階のフロントのざわつきに人々の只ならぬ往来の足音!!
‥‥そんな映像や音が終わった後、オレの首を絞めていた女は消えていた。
全身冷たい汗が滴ったが、再び浴室に行く気にはなれなかった。
眠れぬまま朝になり、オレは二階のその部屋を出た。
「ここで、女が自殺したのか?」とは聞けないまま、フロントの笑顔を背にした。
霊感が無いだけにかなりキツイ体験でした。。

【こちらはある方の体験談をコピーさせて頂いたものです、有難うございました。】



64 :本当にあった怖い名無し:2007/08/03(金) 00:12:21 ID:aySw6DACO
先日、近所のスーパーでの出来事。

私の近くに一人、ユニホーム姿の高校球児がいたんだけど、私に気付くと、いきなり
「こんにちわっ」と言って深々と頭を下げてきた。
(ちょwおまww誰w)と思い、
気味が悪かったので、すぐにその場を離れた。
今年進学のために越してきた地なので、この地には知り合いなんていないしなぁ…
私は年下のガキにバカにされたのか、それとも、何か霊的なものが…((;゜Д゜)



70 :本当にあった怖い名無し:2007/08/03(金) 10:45:52 ID:o1I8aDBrO
>>69楽しみにしてるよー
自分からも心霊レポートを一つ

新潟県のスキー場でバイトをしてた時の話だけど‥。
そのスキー場は夕方5時に滑走が終了になり、私はその後コースにスキー客が誰もいないかを確認するため、リフトで山頂近くまで昇りました。
麓の従業員にリフト停止の連絡を入れ、最後の見回りを開始する為 私はコースを滑り降りました。
そしてコースの中盤を少し差し掛かった時‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥、‥‥?自分とは違う滑走音が聞こえたような気がして私は止まりました‥‥、耳を澄ますと確かに上の方から聞こえてきます‥‥、
降りて来た時は誰もいなかったのに‥‥と思いその方向に目を向けると物凄い勢いで滑り降りて来る人がいました‥、ハッキリとその人物の全体像が見えた時、私は凍りつきました。
‥‥!!!!!!??
(首から上が無いっ!!!!!!!!!!)
その瞬間、それは私のすぐ脇を凄い勢いで通過し、直後周囲に響き渡るくらいの鈍い音がしました。
(例えるならトタン板の上に漬け物石を落としたような音とでも言いましょうか。)
驚いて振り向きました、が私の後ろにはコースの網が張られてありますが何ともありません、その先は森になっています‥‥、何事も無かったかのように回りは静けさが漂ってました‥‥‥‥。

あのスキーヤーは過去にスキー事故で亡くなった方の亡霊だったのかもしれません。



73 :本当にあった怖い名無し:2007/08/03(金) 11:55:24 ID:tT5upOfqO
自分は小さい頃から霊感があるようで、誰もいない方に向かって話す自分を両親は気味悪く思い、お寺へお祓いに度々連れて行かれました。

一度、霊能力者の所へ連れて行かれその人に、「この子は、お亡くなりになった人達と会話が出来るようですね」(6歳ぐらいの時で記憶は曖昧)と言われた。

それからも、通学途中や遊びに行った時に事故で亡くなった人、寂しそうに電柱の影に座り泣いてる子供など見かける事があり、正直見えても気にしないようにしてました。

ある時、高校生になって二回目の夏休みに友人数人と肝だめしに行く事になり、自分は断りきれず行く事になりました。

その場所に着くと、友人はふざけてそこに祀られていた祠の中の菩薩を取り出し、何を思ったのか花火で燃やしてしまったのです。自分は、急いで火を消したのですが菩薩の表面は焦げ、無惨な姿になってました。



74 :本当にあった怖い名無し:2007/08/03(金) 13:05:30 ID:KfKuYlCa0
>>73、楽しみです。待ってる間に私もひとつ。
幽霊(?)らしきものに、からかわれた事があります。
夏の、丁度今時期の明け方。
やっぱり夢うつつに、もう起床している母と姉の話し声が何となく聞こえます。
「そろそろ起きなくちゃ」とぼんやり思いつつ・・・

突然、ドシッ!と、横になっている肩のあたりに奇妙な重みが。
と同時に、金縛りにあいました。
「あれ?あれ?」と焦る中、どこからともなくクスクスクスクス笑い声が。
それは、私の肩の上から聞こえます。
それは、クスクス笑いながら、私の肩の上に座り、眠っている私の顔を覗き込んできました。
「やばい!絶対目を開けちゃいけない!」
遠くから、相変わらず母と姉の声が聞こえます。一生懸命「たすけて!」と叫ぼうとしますが声が出ません。
目をつぶっていましたが、それの顔が、自分の顔のすぐ近くにあることがわかりました。
なぜなら、息遣いと長い髪が顔にあたる、リアルな感触があったから・・・。
女の子の様でした。当時の私と同じくらいの高校生だと感じました。
その子はしばらく、さも可笑しそうにクスクス笑っていましたが、ふっと気配が消え
と、同時に金縛りも解けました。

今度、耶馬溪と日本人形の話をします。耶馬溪って何かいませんか?
あ、でも自分霊感は一切無いです。



76 :本当にあった怖い名無し:2007/08/03(金) 13:27:28 ID:tT5upOfqO
>>73の続き

しかし、こればかりは修正が効かないので出来るだけ綺麗に拭き取り元の位置に戻し、その場を後にしました。

数日して、祠の近くを通る機会があり気になった自分はまたあの祠を見に行きました。中を見ると菩薩が無くなっていました。多分哀れに思った誰かが作り直しているんだろうとあまり気にもしてませんでした。

肝だめしからちょうど2週間後の晩、部活で帰りが遅くなり自転車で夜道を走っていたらポツンと立つ外灯の下に何かあるのが見え、自分は自転車を止めました。

自分の目を疑いました。あの友人が燃やした菩薩がそこに立っていたのです。恐る恐る近づき手に取ってみると拭き取った後があり、やはりあの菩薩でした。

でも、菩薩があった祠からはだいたい10km離れているのに何故ここにあるのか不思議でなりませんでした。とりあえず菩薩を自転車のカゴに乗せ、家に帰りました。

家に着き友人と連絡を取り携帯で写メを撮った後、近くのコンビニに集まり菩薩を見せました。



78 :本当にあった怖い名無し:2007/08/03(金) 13:46:41 ID:tT5upOfqO
>>73
>>76続き

友人は自分が祠から持って来たのだろうと自分の話を全く信じませんでした。そして、帰り際に友人はその菩薩を道路に投げたのです。

その瞬間、車が通過し踏まれてしまい腕と首が折れてしまいました。友人はそのまま帰り、自分は菩薩をどうしたらいいか分からず家に持ち帰り接着剤で修正して、気が付いたら寝ていました。

夜中にフッと目が覚めました。電気を付けたまま寝ていたので起き上がろうとしたら机の上から「カリカリ…カリ」と、何かを引っ掻くような音が聞こえ上体を起こし見てみました。

何か動いている。自分はすっと立ち上がり机の上を見ると、菩薩の回りに黒いススが落ちていて、手を見ると両手とも真っ黒でした。自分は恐怖よりも菩薩が何だか辛そうで、焼け焦げた部分だけ取り除き、枕元に置いて眠りました。

朝目が覚め、部活に遅れそうだったので急いで家を出ました。昼には部活も終わり、家に着いて菩薩の事を思い出し部屋に戻るとまるで消えたように菩薩の姿はありませんでした。



82 :本当にあった怖い名無し:2007/08/03(金) 14:01:54 ID:tT5upOfqO
>>73
>>76
>>78続き

結局どこを探しても見つからず、両親に聞いても知りませんでした。

それから二年後、大学に入ってから悲惨な事件は起きました。
菩薩を燃やした友人は鉄工所で働いている最中に、ガスボンベが爆発し上半身に大火傷をして全治3ヶ月の重症でした。

道路に投げてしまった友人はその事故の次の日に、バイクに乗っていて信号無視をした車に横から衝突され、両手を骨折、頭に亀裂骨折をして全治半年の重症でした。

それ以来、友人とは音信不通になり今どこで何をしているのか分かりません。


自分は、見えたりするけど祟りや呪いは信じてはいませんでした。

しかし、この事件を切っ掛けに信じるしかない気がしました。

長文失礼しました。



89 :本当にあった怖い名無し:2007/08/03(金) 15:14:37 ID:TEEgj/MPO
はじめまして。親に「宅配便来るから家で待っててね」と弱監禁状態で部活に行けず暇なので書きます。


僕は今高校生なんですが未だにファンタジーやオカルトが好きで一人ぼーっと想像してる、若干オタクな奴です。この体験をした時も学校の外階段でソフト部の掛け声をBGMに空を眺め、昨夜見た怖いTVを思い出して楽しんでいる時でした。

その怖い話って言うのが「この電話番号に電話をしたら死者と話せる」とか「心霊スポット巡り」とかそういう系のもので、邪魔されたくなかったからチャイムの線も家電の線も外して携帯の電源も切って番組に備えたんです。

勿論放送されたものでは「お客様がお掛けに~」になってて、少し怪奇現象が起こって終り。
そんなもんだったから軽く流してもよかったんだけどその時は多分暇を持て余してたんだろうな、掛けてみたんですよ。「死者と話せる番号」に。一つ一つのボタンを丁寧に押して。

で、案の定繋がらない。当たり前か、そう思って諦めたんですよ。



92 :本当にあった怖い名無し:2007/08/03(金) 23:11:07 ID:o1I8aDBrO
俺は3年程前から訳あって一人で二階建ての一軒家に住んどる その家は親父が買うてくれたらしいけど 値段はその時教えてくれなかった不審に思ったけどあまり気にもならなかった。
引越しが終わり姉貴が遊びに来た時の事 姉貴は二階に上がりたがらなかった。
訳を聞くと階段に知らんオッサンが座ってこっちを睨んでいると言う しかし俺は対して驚く事はなかった、
姉貴はガキの頃から霊感体質だったから別の日連れが遊びに来た時 風呂に入っていた連れが何故か一人でキレている 不自然だったので俺は様子を見に行くとドアを開けたり閉めたりうるさいと怒鳴られた
そんなん知りませんしか言われんかった(笑) この時に早く気付いておくべきだった。

長いのでまた今度



96 :ちんぽっぽ ◆wMyUu3vOaU :2007/08/04(土) 13:13:26 ID:l5mRgsESO
mixi友に心霊話の募集をかけたらこんな話をもらったお、 紹介するス。

■死者が呼ぶ街
東京都の北,荒川と接する板橋区の北西に位置するこの団地は, その規模の巨大さから「マンモス団地」として有名だが, 「自殺の名所」として,「飛び降り団地」「死に場所団地」とも呼ばれている。
入居が始まった1972年に,5人が飛び降り自殺をしたことから始まり, 1977年には親子3人が飛び降り心中をし,年間10人を超えるようになった自殺者は 1980年には20人を突破。1982年には累計で100人を超えるまでにもなったのである。
相次ぐ自殺者に,公団側は投身防止フェンスを設置。 この団地の3階以上の通路には,鉄の柵がはめ込まれ,屋上にも金網が張り巡らされている。
水田の中に建設された団地であるが,墓地が点在するなど,死体を埋めた場所も多かったと言われている。
=終わり=

皆これからもヨロピクだぴょーん。
たくさんの怖い話を是非待ってるお♪ヾ(・ω・)ノシ



99 :本当にあった怖い名無し:2007/08/04(土) 20:57:07 ID:n9D0QHkZO
今から十何年も前に北朝鮮の平壌の高麗Hotel(名前はちょっと違うかも・・・忘れた)に泊まった時の話
昼は観光地巡りして夜は高麗Hotelで飯食ってHotel内をうろうろすんのが日課だったのよ
外、出ても何にも無いのよ娯楽が
・・・んで、その日もいつものように平壌ビールと干し鱈買って友人とチビチビやってたのよ
北朝鮮のHotelの窓ってだいたいが二重なんだよ
アメリカみたいな
手前の窓は内側に引いて外側の窓は外側に押すって感じなのよ(意味通じてるか?)
旅行した時期は四月
昼は暑かった紫外線が凄かった
夜はいたって過ごしやすかったんだな
クーラーなんて無かったな
十二時頃になって、明日も早いからもう寝ようって窓閉めてベットに各々はいったわけ
窓側に友人のベット、その隣に俺のベットがあったのな
いつもなら昼歩き廻ってるから疲れて、即、爆睡すんのに
その日に限って中々寝付けなかった
友人も何度も寝返りしてた
もうちょい飲むかって友人に話かけようと窓側に体を捻った瞬間「バーーン」って窓が開いて、血まみれのライフル構えた朝鮮人民軍らしき、オッサンが「何とか何とか∽⊃◇¢£∞∴♂★☆≦」って喚きながら窓を乗り越えて、俺等の足元をダッーーーって部屋の入口の方に駆け抜けていった
生まれて初めて腰抜かしたよ。いや、横になってたんだけど、友人に話かけられるまで動けなかったよ。
人間って本当にビックリすると固まるんですね
駄文、長文スマソ



102 :章:2007/08/05(日) 10:49:06 ID:aZhGu3740

ある病院に残り三ヶ月の命と診断されている女の子がいました。
友達が二人お見舞いに来た時に、その子のお母さんはまだ、
その子の体がベットの上で起こせるうちに最後に写真を撮ろう
とおもい、病気の子を真ん中にして三人の写真を撮りました。

結局それから一週間ほどで急に容体が悪くなり、三ヶ月ともたずに
その子はなくなってしまいました。
葬式も終わり、多少落ち着きを取り戻したお母さんはある日、
病院で撮った写真の事を思い出しました。それを現像に出し取りにいって
見てみると、その写真が見つかりません。写真屋さんに聞いてみると、
「いや、現像に失敗して、、、」というそうです。不審に思ったお母さんは
娘の生前の最後の写真だからとしつこく写真屋さんに迫ったそうです。
写真屋さんもしぶしぶ写真をとりだし、「見ない方がいいと思いますけれど、
驚かないで下さいね。」と写真を見せてくれました。

そこには、三人の女の子が写ってましたが、真ん中の亡くなった女の子だけが
ミイラのような状態で写っていたそうです。

それを見たお母さんはとても驚きましたが、供養して
もらうといい写真を持ち帰りました。それにしても恐ろしい
写真だったため霊能者のところに供養してもらう時に
これは何かを暗示してしているのではないかとたずねました。
すると、霊能者は言いたがりません。やはり無理に頼み込んで
話を聞ける事になりました。その霊能者が言うには、
「残念ですが、あなたの娘さんは地獄に落ちました。」



104 :本当にあった怖い名無し:2007/08/05(日) 13:13:18 ID:LkSWBoJcO
中越沖地震(新潟県)
国道8号線を長岡方面に走り曽地峠のトンネルを越え しばらく下りが 続き見えて来るのは峠のホテル○ン!
ここは外見こそリフォーム済み だが 中身は昔のまま!空室の部屋には鍵が置いてありますが なぜか101号室だけは空室なのに鍵が無いんです。
いつ行っても…不思議に思い あるサイトで調べたら昔 この部屋で自殺した人がいて供養の為 部屋をそのままに してあるとか…今は どうだか知りませんが そんな事が あったそうです。
そんな事が わかってから怖くて行ってません(T-T)



107 :章:2007/08/05(日) 19:42:47 ID:aZhGu3740
怖いコピペ
私も父親から、躾とはいえない、
ただの感情的なものによる精神的、肉体的暴力を受けて、
高校生くらいまで育ちました。
暴力を振るっている時の、怒りながらも恍惚と自分に酔っているところが
ほんとに嫌でした。
しかし、その父親ももう病気で死んだ。

何年も会っていなかったが、死ぬ直前、まだ意識があるときに病室に行き、
「あんたが死ぬなんてこんなうれしいことはないなー!
 誰も悲しくなんかないよ、一人で死にな。
 だれもあんたの事なんて愛してないし尊敬もしてないし、
 単なる軽蔑の対象でしかないしね。
 早めに死んでくれてよかった。
 お前みたいなたちの悪い奴は長生きするかと思ってうんざりしてたんだけど、
 今まさに死のうとしてるなんて、なんてうれしいの?!!
 なにこっち見てんの?早く死ねば?誰も惜しまねーよ。ははは。」

と言って、顔面を靴でにじり踏んでやった。
しばらく血圧が異常に上がったが、その後死にました。

人間としてやってはいけないことかもしれませんが、
やらずにはいられなかったんです。
人生の汚点かもしれませんが、どうしようもありません。



111 :本当にあった怖い名無し:2007/08/05(日) 21:25:32 ID:HO7kBBDv0
夏休みに福岡の親戚の医者の家に2週間遊びに行ってたときのこと。

20時ころだったと思うんだけど「ブー」って病院兼自宅のベルがなった。
おじさんが、だれだろう、って言いながら外に見に行くと誰もいない。
戻ってくると、おばさんに
「誰かが挨拶に来たらしい。だれだろう。さびしいねぇ」と一言。
小学生だったんでよくわからなかったけど、先日その話をしたら
「かかっていた患者さんが亡くなる際によく挨拶にきたもんだよ」と
当たり前のように語っているのを聞いて不思議な感覚になりました。



112 :本当にあった怖い名無し:2007/08/05(日) 21:30:22 ID:3ZyNDMijO
学校の七不思議

一つ目
下駄箱の前に人魂が出る
二つ目
校長の像が夜中に動き出す
三つ目
学食のカレーが不味い

面倒臭いから終わり



120 :ちんぽっぽ ◆lpqtyNgeNY :2007/08/06(月) 21:00:44 ID:mhUDiSK6O
心霊サイトでこんな投稿を見つけまスた。。。
↓↓↓
投稿者:さだこ(青森県)

『みんな杉沢村がどうのって騒いでたりしてたけど、地元青森の東奥日報ではないと検証されました。しかし、その有ると言われていた場所はかの有名な八甲田山の麓にあったんです。あそこはヤバイから、行かないでください。行くなっ!』


杉沢村は「都市伝説」だとオモてたけど違うの?
(・ω・)?
関連記事
1/3 2/3 3/3
(0)


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ ⇒
心霊 未確認生物 UMA ミステリーブログ⇒
不思議な話 怖い話の本⇒オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍
<<実話恐怖体験談 七談目_4 | ホーム | もうすっかり夏ですね、ではとっておきの怖い話を_2>>

- コメント -

コメントの投稿


管理者のみ閲覧可


- トラックバック -


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

“草津 ビジネスホテル”で厳選した宿泊先をご紹介! !それは、『アーバンホテル草津』草津市街地に位置し、ビジネス・観光に便利。1階民芸茶屋「ひいらぎ亭」では料理長お薦め料理の数々が味わえます。電話番号:077-567-0606住所:滋賀県草津市大路1-4-31最寄駅:草津(滋

<<実話恐怖体験談 七談目_4 | ホーム | もうすっかり夏ですね、ではとっておきの怖い話を_2>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。