現在地

スポンサードリンク

カテゴリー・目次

人気記事ランキング

最近記事リスト

逆アクセスランキング

相互リンク

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

RSSフィード

プロフィール

怖い話 不思議な話@2ちゃんねる

Author:怖い話 不思議な話@2ちゃんねる
2ちゃんねるの怖い話、オカルト板まとめサイトです。心霊スポット 心霊写真 超常現象 怖い話 恐怖体験 未確認生物 UMA 都市伝説 オーパーツなど、怖い 不思議&面白いと思った話を厳選して紹介しています。
ただ今相互リンク募集中です。ただし、心霊・不思議・ミステリー系に限らせていただいておりますのでご了承下さいませ。

ブロとも申請フォーム









管理ページ
最新記事 - 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_8 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_7 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_6 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_5 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_4 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_3 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_2 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_1 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?1 (09/01) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_6 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_5 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_4 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_3 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_2 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_1 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_5 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_4 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_3 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_2 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_1 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_5 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_4 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_3 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_2 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_1 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 




<<死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?167_2[重複スレ] | ホーム | 子供のころの不思議体験>>

怖い話 不思議な話@2ちゃんねる オカルト板まとめ

スポンサーサイト


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ

心霊 未確認生物 UMA 都市伝説 ミステリーブログをもっと見る



不思議な話 怖い話の本↓
オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1/3 2/3 3/3


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ ⇒
心霊 未確認生物 UMA ミステリーブログ⇒
不思議な話 怖い話の本⇒オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍
<<死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?167_2[重複スレ] | ホーム | 子供のころの不思議体験>>

怖い話 不思議な話@2ちゃんねる オカルト板まとめ

太平洋戦争中の不思議な・怖い話


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ

心霊 未確認生物 UMA 都市伝説 ミステリーブログをもっと見る



不思議な話 怖い話の本↓
オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍
太平洋戦争中の不思議な・怖い話
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1185538278/


7 :本当にあった怖い名無し:2007/07/27(金) 22:40:15 ID:nnXW6+nY0
俺の住んでる地方(実際は隣の郡部なんだが)は当時海軍の飛行場があった所で
俺の婆様が子供の頃山越しに昼間なのに夕焼けのように真っ赤な空を見て
何だろうって思ってたら空襲だったんだと、1000人以上死んで川原一帯死体の山
怪我人がうめき声をあげてても外に出ると艦載機に見つかるから見殺しにしてたんだと
戦争とか他人事のようにしか思えんかったが自分のごく近い身内の実体験なのでガクブル
その割に戦災者の幽霊みたいな話は聞いた事ないんだけどね



14 :本当にあった怖い名無し:2007/07/30(月) 20:47:03 ID:bpexLtbaO
日本兵が東南アジアのどこかの洞窟でUMAに食われたって話あるね



17 :本当にあった怖い名無し:2007/07/30(月) 21:41:23 ID:Ixz7+vzS0
>>14
アメリカ兵が日本兵を追い詰めたときに恐竜が襲ってきた話をどっかで聞いたことがある
その恐竜はアメリカの軍艦の砲撃で倒れたらしい



22 :本当にあった怖い名無し:2007/07/31(火) 03:28:58 ID:+hwoj8Fx0
俺の爺さんの弟が、学徒出陣で南方へ出征したそうなんだが、
大人しいタイプってか物静かな性格だったんで、かなり心配してたんだと。

で・・・1945年の7月末頃、ものすごい土砂降りの日に、
うちの店先に薄汚れた兵士服を着た若者が突っ立ってたんだそうな。
小間使いの子供が「何やってんだあの人」と思って話しかけたら、
「ごめんなさい・・・」って小声で言って、そのまま雨の中を歩いていったそうだ。
その話を後で爺さんが聞いたら、なんかすごく嫌な気分になったんだと。

終戦後、弟の上官って人が汚い日の丸に包まれた小包を持って訪ねて来て、
「弟さんは名誉の戦死を遂げられました」って報告してくれたんだそうな。
小包の中には日記帳と戦地の海岸で拾ったらしい貝殻が幾つか入ってたそうだ。
海戦で戦闘機に乗ったまま撃墜され、爆発したもんだから遺骨もないんだとか。
だから墓にはその貝殻を弟の遺骨代わりに納めたんだと。

爺さんは、例の土砂降りの日に来た兵士は弟の生霊だと信じてたっけな。
弟は、おそらくあの日あの時間に撃墜されて死んだのだろうと。
用事で外出してたにしろ、あの時その兵士に会ってやれなかった事を、
爺さんは死ぬまで悔やんでたよ。



25 :本当にあった怖い名無し:2007/07/31(火) 11:21:02 ID:MJe7pluFO
一年前くらい前に戦艦武蔵か他の戦艦の元乗務員が雑誌で証言してたけど、作戦行動中にUFOを見て、誘拐されてまた艦に戻されたとあったね。



29 :本当にあった怖い名無し:2007/07/31(火) 13:23:05 ID:iA0YpZFF0
太平洋戦争中よく怪我をした妖怪が目撃されたらしい。
あとうちのじいさんから聞いたんだが、当時じいさんはゼロ戦闘機のパイロットだった。
んで特攻する戦闘機を援護する任務のとき敵艦からの反撃が激しくて特攻隊はほぼ全滅。
じいさんたち援護隊も被害が甚大でもう駄目だってときに、
いきなり天狗みたいな奴や化け物がどこからともなく空を飛んできて敵艦からの集中砲火を引きつけてくれたらしい。
じいさんいわく、そいつらのおかげでなんとか生きて帰ることができたらしい。



31 :本当にあった怖い名無し:2007/07/31(火) 16:20:23 ID:iV0PhmRu0
心霊とかは無関係だが、俺は原爆とか空襲の話も怖かったけど、
原爆を輸送した帰りに日本軍によって撃沈されたアメリカ軍艦の
生存者が体験した話も怖かったな。

怖いのは人間なんかより自然だってこと。



32 :本当にあった怖い名無し:2007/07/31(火) 16:23:01 ID:goGSf7Rk0
>>31
ジョーズ?



33 :本当にあった怖い名無し:2007/08/01(水) 04:10:55 ID:n3T3mKK10
>>31
巡洋艦インディアナポリスの話ですな・・・
この事件がジョーズの話にも引用されているけど1200人(?)
くらいの乗員のうち300人が潜水艦の攻撃で死亡し残り900人の
うち救助されたのは300人くらいだったような・・・
救助活動が非常に遅れた(5日)ことを鑑みてもかなりの人数がサメの
犠牲になったことが推測できるがこの救助の遅れが基地の司令官同士が
不仲であったことに起因する説があるのがオカルト・・・



53 :本当にあった怖い名無し:2007/08/02(木) 12:52:44 ID:qLULJ2Z/0
じいちゃんのちょびっと不思議な話。
十数年前に聞いたから詳しく覚えてない。 

九州から船で東南アジアの方に移動する事になったらしいけど
じいちゃん、具合悪くなって外されたんだって。

すぐ出港したその船、撃沈されたらしい((((;゚Д゚)))

そのあと中国の北の方に行かされたらしいけど、激戦区でもなく全然銃器も使わなくてよかったらしい。
終戦後無事に日本に帰った。

徴兵された頃上官達の厳しい指導やイジメにあってたらしいけど、戦前の銀幕女優さんと親戚(血縁関係はないけどw)
という事が知れ渡ると皆妙に優しくなって気持ち悪かったらしいw


結論、祖父は運がよかったらしい。でも大砲の音で耳やられました。



64 :本当にあった怖い名無し:2007/08/02(木) 16:20:52 ID:oJBnd9aEO
知り合いのおじいちゃんの話。

その方は特攻隊の教官だったので、終戦後すぐ捕まって裁判受けるハメになり、
有罪となってシベリア抑留されたそうです。
あまりの寒さに仲間が毎日死んでゆく中、ある夜、こんな夢を見たんだそうです。
それは雲海からぽっかり頭を出した杉の木の先、そのバックには富士山の頂上付近。
なぜかハッと目が覚め
「大丈夫だ!俺達は全員日本へ帰れるぞ!」
とみんなを奮い起こしたそうです。
すると間もなく本当に生き残った全員揃って日本に無事帰国。
地元に戻って兄弟の経営していた会社に入り、寝食忘れてバリバリに働いていたそうです。
生きるために、禍まがしい記憶を吹き飛ばす為に、その頃は割りと荒々しい生き方をしてたそうです。
そんなある日静岡から山梨へ仕事で行ったとき、なぜかふと身延山に登りたくなったんだそうです。
信仰してる訳でもなく、なぜか富士山でも他の山でもなく、なぜか身延山へ。
その頂上まで登り着いたとき。
自分がシベリアで見た夢と同じ光景が目に飛び込んできたんだそうです。
雲海から一本にょっきり飛び出した杉の木の先っちょと、その向こうに富士山。
その時
「汝、判ったか?
汝は生かされたんだぞ」
と耳元で声がしたそうです。
その声で、初めて生きて帰って来れた事を痛感し、また、死んで逝った戦友や仲間、指揮官達を思って帰国後初めて声をあげてワンワン泣いたそうです。
それまで生きてきて後にも先にも「感謝」で号泣したのは、その時が最高だったそうです。
80歳超えた今でも大変にお元気な方で、リアルに戦争の話を知らない私達に会う度に
「自分が生きてるんじゃなかよ。
生かされとるんよ。
その事だけは絶対に忘れちゃいかんですよ」
と、優しく説いて下さいます。

こういう語り部の方々には、いつまでもお元気でいて戴きたいものです。



92 :20代 ◆kaere/.i.2 :2007/08/04(土) 09:08:14 ID:0TM0WW+AO
戦艦陸奥ってデスシップのように海流に流されながらアメリカに向かってまだ彷徨ってるんだろうな
無数の白骨化した屍兵の怨念と共に



93 :20代 ◆kaere/.i.2 :2007/08/04(土) 09:12:55 ID:0TM0WW+AO
核をを落とされてもほぼ無傷だった戦艦長門の方が不気味なんだけど。
4日後に誰にも気付かれずに海上から姿を消したって幽霊艦のセンス抜群ですやん。



94 :20代 ◆kaere/.i.2 :2007/08/04(土) 09:23:50 ID:0TM0WW+AO
でさ、何故戦艦大和が有名なのか教えてくれない?
何か武勇伝があるの??
当時の最高技術を駆使して造られた戦艦ってイメージしか無いんだけど。。



95 :20代 ◆kaere/.i.2 :2007/08/04(土) 09:28:58 ID:0TM0WW+AO
大和って攻略されてて9時間ちょっとで真っ二つになって沈没したし、沖縄向かうのバレバレだし、暗号筒抜けだし、なんかねぇ。



96 :本当にあった怖い名無し:2007/08/04(土) 09:41:33 ID:Eo3w8Zn50
>>93
長門は核実験の時にエリア外じゃなかったか?
水柱が上がる外縁で揺れてただけだったろ
>>94
航空機によって沈められた初めての戦艦ってのもあるんじゃね?



97 :本当にあった怖い名無し:2007/08/04(土) 10:01:09 ID:WeCOVB7tO
>>96
長門は2発受けたうち、1発目はかなり離れた場所で爆発したけど
2発目は割と近くで爆発したけど、それでも耐えてたってんじゃないっけ?



98 :本当にあった怖い名無し:2007/08/04(土) 10:12:06 ID:LNCk6con0
うろ覚えだけど大和って戦艦ごとどっかの小さい島に突っ込んで要塞みたいにしようとしたんじゃなかったっけ?
違ってたらすまん



99 :本当にあった怖い名無し:2007/08/04(土) 10:36:35 ID:Eo3w8Zn50
>>97
当時の核の威力は知らんが、両方とも爆心地から1キロ近く離れてたんだろ?
93が言うように「核を落とされた」ってのは語弊があるよ



100 :20代 ◆kaere/.i.2 :2007/08/04(土) 10:39:07 ID:0TM0WW+AO
>>98
大和を島のどこかにわざと座礁させて、沖縄戦地に大和砲をぶっ放す予定だった。



105 :本当にあった怖い名無し:2007/08/04(土) 11:26:36 ID:/i6OQTNbO
戦艦陸奥は山口県周防大島にて沈没しました。陸奥記念館もあるよ。



109 :本当にあった怖い名無し:2007/08/04(土) 14:33:28 ID:J3f3xp0SO
長門は、一発目は上空から長門を目標に投下(目印として、艦体をオレンジ色に塗られている)
したが、ズレて他の艦の真上で炸裂したから、焦げただけですんだ。
2発目は、水中爆破実験で、炸裂時に艦体にでかい亀裂が発生するも、沈む気配が無く、
エンタープライズや酒匂が沈む中、長門は沈まないだろうと言われていた・・・
5日後の夜中に人知れず沈んだのは、長門の意地だったんだろうな
(´・ω⊂



112 :本当にあった怖い名無し:2007/08/04(土) 15:09:38 ID:cgWXWGwQO
ニューギニア島をほぼ食料なしで高速縦断した雪部隊の俺のじぃちゃんがオカルト

その後ニューギニアで行方不明w



117 :本当にあった怖い名無し:2007/08/04(土) 16:06:03 ID:et7piwHX0
俺の母親の実家には、今でも古い写真と小さな机が大切に飾られている。
写真には着物姿の女の人と学生服姿の男の人。机の中央にはインクの大きな染みがあった。
子供の頃、写真の人は祖母のお母さんとお兄さんとしか聞いていなかったが。
戦争中、祖母は名古屋にいた。
祖母のお父さんは海軍で早くに戦死。お兄さんは海軍の軍艦で戦地へ。
祖母の弟は工員として神戸にいたため
祖母とお母さんの2人で名古屋にいたらしい。
空襲で家を失い、もともと病弱な祖母のお母さんは
戦時中十分な医療が受けられず病院で息を引き取った。
お母さんが息を引き取る時、祖母に
「お父さんとお兄ちゃんと3人で○○(祖母)を守るからね、
○○(祖母の弟)を頼むね。」と言って息を引き取った。
祖母のお兄さんはまだ死んでないのに…と祖母は思ったらしい。
祖母のお母さんが息を引き取る時、病室でドカーン!て凄い音がして
一瞬お母さんの体が浮き上がって、直後
お母さんは亡くなったらしい。周りの人は全く反応しなかったようだが、
祖母は「あれは魂が抜ける音かもしれない、
お母さんは逝くのが無念で生きようとしがみついていたから。」と言っていた。

続く



118 :117:2007/08/04(土) 16:26:42 ID:et7piwHX0
お母さんが亡くなって、祖母は親戚の家へ疎開した。
疎開先は静岡県のお寺。
空襲で何もかも無くしたが、祖母は家の残骸の中から
お母さんが使っていた小さな机を見つけ、お母さんの形見として
机を持っていった。疎開先のお寺では自給自足のために
毎日畑作業をしていて、夏の本当に暑い日、祖母がふと気付くと
畑の隅の大きな木の横でお兄さんが笑ったような気がした…そうだ。
畑仕事が終わってお寺に戻ると形見の机の上に置いてあった
インク壺が真ん中から綺麗にぱっくり割れていた。
そこではっきり祖母はお兄さんの戦死を悟ったそうだ。
その日の夜、祖母は「○○、○○(祖母)」と呼ぶ声で起きたら
お兄さんが満面の笑みで立っていたそう。
「お兄ちゃん、ありがとう、○○(祖母の弟)と生きるね」
と言ったら満面の笑みで消えていったそうだ。
その頃、神戸でも空襲があり、祖母の弟は行方がわからなかったそうだ。

続けて良い?



134 :本当にあった怖い名無し:2007/08/04(土) 18:17:15 ID:hz2kT2J6O
海軍航空隊の少尉の話しだか、米艦隊の偵察に出掛けたんだと。偵察機は敵艦に発見されると撃墜される確率が非常に高いらしい。
と敵船団を発見したが、自分も見つかって集中砲火を浴びたらしい。これは駄目かなっと思った時、友軍機が一機傍らから
敵艦に機銃掃射をしながら突っ込んでいったらしい。偵察機は速度を優先で弾薬を積んでないので、燃料ぎりぎり
まで、追跡を避けるのにコースを変えながら帰艦したらしい。駆逐艦は狭いので別に偵察機が一機あっただけだが命令がなく誰かが発艦したらしく
騒ぎになっていたそうな。後に乗員点呼を行っても誰も欠員がいないんだと、で誰が機に乗ったのかは結局わからずじまい。
少尉はそのおかげで命拾いしたそうだ。後々までみな不思議がっていたそうだ。結局もう一機は帰ってこんかったとな。



135 :本当にあった怖い名無し:2007/08/04(土) 18:26:28 ID:YCE24QT9O
お盆に昼寝していてパッと目が覚めたら、体の上に人が浮かんでいた
まるで兵隊さんのような服を来て‥
色々と着ていた服を調べても陸軍が海軍か分からない
ある日、ローレライを見ていたら役所広司が着ていた服そっくり
母にそのこと話したら、母方の祖父の兄が兵学校出身の中佐で潜水艦の艦長だった
今年の正月に靖国神社の就遊館に行ったら写真が飾られていました
世の中不思議なこともあるのですね



136 :117:2007/08/04(土) 18:29:53 ID:et7piwHX0
続けます。>>120>>128嫌なら読まなくていいですよ。

戦争が終わり、相変わらず祖母の弟は行方がわからなかった。
戦後間もなく祖母は現在の祖父と結婚。
戦後2年位してからだと聞いたが、祖母が不思議な夢を見たそうだ。
疎開していたお寺のそばにトロッコの線路があったのだが、
その線路の脇で祖母のお父さん、お母さん、お兄さんが雨の中、笑顔で立っている夢。
お寺を出て嫁いでいた祖母は、夢の後気になって線路に毎日行ったそう。
雨が降った日、線路に行くと…神戸で行方がわからなかった弟が立っていたそうだ。
最初は2人ともびっくりしたらしい。
祖母の弟も同じ夢を見ていたそうで、更に前日にお兄さんの夢を見ていたそうだ。
戦時中、空襲にあった祖母の弟は工場で逃げ送れ工場に爆弾が落ちたが、
幸い丈夫な機械の脇にいたため、無傷。同じ作業場の人は全員即死だったらしい。

すみません、まだ続くんです、文章力ないもんで。



137 :本当にあった怖い名無し:2007/08/04(土) 18:33:09 ID:hz2kT2J6O
おまけ。
駆逐艦は狭い上に波で揺れるから発艦も着艦もすごく難しく失敗して海の藻屑になった人もいるらしい。
偵察機は敵艦隊に見つかると位置を知られるために、徹底敵に砲撃を受けるらしい。それに
万が一逃げられても逆に敵機の追跡を受け、味方の艦隊の位置を知られてしまう場合もあるらしい。だから偵察任務は
ストレスによる体力消耗で体重が3Kgも減ることがあるらしい。とのこったよ。



143 :本当にあった怖い名無し:2007/08/04(土) 18:42:18 ID:17iXts9k0
ばあちゃんがしてくれたうちの近所の話。若い夫婦がいたんだが、
夫が戦地(確か南方)に赴いて、しばらくしたら戦死したって知らせが届いた。
妻はもちろん悲嘆にくれたが、農家だし男手が必要になってやむなく再婚した。
やがて戦争が終わって一段落した頃に、死んだはずの(元)夫が帰ってきた。
戦死というのは間違いだった。もちろん双方は気まずくなり、しばらくしたら
夫は行方をくらました。
やっと戦争が終わって帰ってきたら自分の居場所がないなんて別の意味で怖いわな。



144 :117:2007/08/04(土) 18:43:08 ID:et7piwHX0
再開に2人でいつまでも泣いていたそうだった。
戦後すぐ祖母の弟は生き延びたものの、騙されてタコ部屋で働かされていたのだが
辛くも逃げ出して家のある名古屋へ戻ったが、空襲で家はなく途方に暮れたそうだ。
幸い近所の人が生き残っていて、姉が疎開先へ行ったことを聞き、静岡へ向かうのだが、
信じられないのは神戸から線路伝いに物乞いをしながら歩いてきたようだ。
2人とも健在だけど、2人ともいまだに言う
「お兄ちゃんのおかげ」と。

以降は戦後でスレ違いになるけど、俺にそのお兄さんが関わることがあるけど
まだ続けてよい?



148 :本当にあった怖い名無し:2007/08/04(土) 19:11:21 ID:hz2kT2J6O
おまけ。
艦の乗員で階級が低く、いまどきでいうイケメン中性的顔立ちだと否応なくカマ掘られるので、それがいやで不精髭を生やしたり、
いかつく振る舞うんだって。敵が恐いより、夜そんなことで涙を流す兵もいたし、上級兵には
絶対服従なので、シゴキに堪えかね頭が変になる兵もいたとな。



149 :本当にあった怖い名無し:2007/08/04(土) 19:15:44 ID:HSnnaC7+0
カマを掘る上級兵、そういう奴はもともとホモの気が多かった
んじゃないだろうか?「女不足で仕方なく男で」というのは
半分嘘で、もともとホモかバイの気があったと。



151 :117:2007/08/04(土) 19:19:33 ID:et7piwHX0
勝手に再開します。

その後、俺の母が生まれ、俺が母のお腹の中に居る頃。
妊娠した母が医者に「母体が危険だから子供はあきらめなさい」と言われた。
胎児(俺)の状態も悪かったようで、初孫を楽しみにしていた皆はとても悲しんだそうだった。
特に祖母は悲しんで、毎日お兄さんの遺髪と写真に祈り続けた。
ここからは母の話だけど、俺が生まれる前前日、入院している病院の病室で
深夜(ざわざわする)人の声を聞いて起きたら、扉の前で父ではない、やせた男の人
が立っていて、にこやかに笑っていたそうだった。そのままスッと消えたそうだが。
想像以上の難産で、ほとんど仮死状態で生まれた俺は、今元気で生きている。
その後、祖母のお兄さんが夢に出ることはなくなったそうだ。
俺は今でも祖母に言われる「あんたはお兄ちゃんの生まれ変わりかもしれないよ」と。
南方の海で戦死した祖母の兄、子供を案じ無念のまま逝ってしまった
祖母の父母、夢に出てまで家族を守ったと俺は思う。
そのお陰で今の俺があるのだから感謝せずにはいられない。

読んでくれた人ありがとう。



157 :本当にあった怖い名無し:2007/08/04(土) 21:43:53 ID:sS7NSVu/0
ガスパンまでコロールまで炎天下の中を行軍して、港に着くと今まで見たことのないボロ船がいた。
しげるが乗せられた船の舷側をいじると、ポロリととれた。「船員さん。舷側をさわったら、鉄がとれたけど。
こりゃどういうことですか」「ははははは。兵隊さん。この船は浮いているのが不思議な船なんだ。
あの日露戦争のとき始めてロシヤ艦隊を発見し、「敵艦見ユ」の信号を送った、「信濃丸」がこの船なんです」
「ああ。あの信濃丸がまだいたんですか」「この船は魚雷が通っただけでも沈みますよ。ははははは」

水木しげるタン面白い。http://www.asahi-net.or.jp/~AN4S-OKD/private/manman/man003.htm



158 :本当にあった怖い名無し:2007/08/05(日) 00:11:28 ID:1pQZqTp0O
フィリピンとかそのへんの島で捕虜になった日本兵達が捕まっている洞窟に毎日夜になると「ドンドコドンドコ…」って太鼓の音と共に巨大な手があらわれて暴れ回って日本兵達は毎夜パニックに…。て話を耳袋で読んだ気がする。恐いとゆうより不思議な話。



171 :本当にあった怖い名無し:2007/08/05(日) 19:28:25 ID:zS1ydqsX0
>>17
恐竜を見たという話は、聞いたことがある。

夜中に、猛獣の咆哮が聞こえるので、外に出てみると、闇の中を恐竜が歩いていたらしい。



172 :117:2007/08/05(日) 20:27:06 ID:HTf/bGDJ0
>>168
ええ?続き??まあ、戦時中のはもう書いたけど、まあ書きます。
ちなみに俺の名前は、その祖母のお兄さんから一文字貰ったんだが、
よくある神主の姓名判断では、強い星の下に生まれてるけど、
人生半分まではつらい人生…とか言われたらしい。
俺は覚えてないけど、仮死状態で生まれた俺は、幼稚園の年齢まで
障害で歩けなかった(半身不随ってやつ)。両親が共働きだったんで
大半は祖父母に育てられたんだけど、例のごとく祖母は毎日祈ってたらしい。
まあ、それで歩けるようになったなんてのは、こじ付けがましいけどね。
気になると言えば、実家には猫がいて、
そいつが毎日赤ん坊の俺を勝手に舐めてたらしいけど…猫のおかげか?
まあ、そんなわけで普通に生きてきたよ。高校生までは…。



173 :本当にあった怖い名無し:2007/08/05(日) 20:35:46 ID:6IF80jIt0
>>14 亀レスだけどその話は、日本軍が収容所がわりに洞窟を使っていたら捕虜が減ったので逃亡したと思い奥を探索したら、湖から大蛇が出てきたので手投弾で殺した話じゃない?
たしかタイかビルマだったと思うけど。



174 :117:2007/08/05(日) 20:45:07 ID:HTf/bGDJ0
高校生の時、俺は職業高校の全国大会があるので、静岡から香川県に行った。
まあ優秀だからというわけでなく、ただクジ運が悪いだけで、大会中
「タバコ吸いにいこ」とフラフラ街中へ。タバコ吸ってたら
変な托鉢の坊さんが来て、「タバコを一服くれんか?」と。
暇なんで雑談したんだが、お礼に俺の守り神と宿命を教えてくれた。
何か「南無阿弥陀仏」ってマジックで着物に書いてあるから、胡散臭く思ったけど。
家の状況、体の状況なんかが全部当たってたから気味悪かった。
坊さんは「君と同じ位の人が君を守っている。」
「でも、彼はもう疲れたようだよ、休ませてあげなさい。」と言った。
どうすればわからないので聞いたら、小さなお札をくれて
「君の運命は変わらない、お札が君と一緒にいるから、君が正しいと思う所で
彼にお礼を言いなさい。」と言われた。正直変な壺でも買わされるかと思った。
そして静岡に帰ってから考えたよ。



176 :117:2007/08/05(日) 21:10:07 ID:HTf/bGDJ0
静岡に帰った俺は、祖母に全部話した。祖母は泣いていた。
「○○(俺)の好きなようにしなさい」と言われ、考えて
夏休みに、祖母に場所を聞いて祖母の疎開先のお寺に行った。
既に当時の住職は亡くなって代替わりしていたのだが、事情を話すと
快く受け入れてくれて「どうせなら泊まっていきなさい」とのことで泊まることに。
残念ながらトロッコの線路はなかったが、畑の木はまだあった。
祖母から「お兄ちゃんはサイダーが好きだった」と聞いたから、サイダーを撒いて
木に向かって「おじさんありがとう、ばあちゃんと神戸のおじさんもおかげで元気だよ。」
と言った。正直何も感じなかったけど、お寺に泊まって翌朝、朝食の時に
お寺のおかみさんが「おっさま(住職のこと)がゆうべ誰か見送ったよ。」と言っていた。
住職は昨夜縁側に座って見えない誰かと話していたそうだ。
最後に住職は「君の気持ちは通じたよ、苦しい時はまた来なさい。」と言った。
その後俺は苦しくても生きている、俺、実は今身体障害者だよ。
両腕が思うように動かない、治癒が見込めない現実。事故があって、その後
保証人で自己破産もしてる。色々あってどん底だけど精一杯生きてるよ。

すみませんね。泣けてきたからここらで終わります。



177 :本当にあった怖い名無し:2007/08/05(日) 21:11:44 ID:gCTEb74CO
戦争末期、ニューギニア戦線で敵軍の死体を食べてもいいが友軍の死体を食べた場合、厳罰に処す という旨の命令が出た。

これに違反して死刑にされた奴が何人かいる。



178 :本当にあった怖い名無し:2007/08/05(日) 21:15:43 ID:ZlYU+PciO
カニバリズムか…。



179 :本当にあった怖い名無し:2007/08/05(日) 21:42:41 ID:gCTEb74CO
あとはアリューシャンから撤退する時に存在しない艦艇が米軍なレーダーを混乱させたりしている。

神風かは知らないがフィリピンで米機動部隊を台風が直撃。艦載機200以上、駆逐艦数隻を損失。



180 :本当にあった怖い名無し:2007/08/06(月) 00:06:52 ID:6PMU9N070
>>179 キスカ撤退作戦な。レーダーで捕捉した艦隊に米軍が射耗するほど発砲。
でもそこに日本艦隊はおらず、米軍が補給のため離脱したすきに突入して作戦成功
って事件だね。その後、米軍は無人の島に艦砲アンド上陸して同士討ちで何人か死んでいる。
湾内で撤収作業中にだけ晴れ間が射して終了時にまた濃霧とか、日本艦隊も蜃気楼の艦隊?
見たいなものを目撃したりと不可思議な事が多かった。



182 :本当にあった怖い名無し:2007/08/06(月) 00:36:46 ID:j8Fw6FXu0
キスカ撤退作戦が運命の成功を成し遂げ、本国に向かう途中、数週間前守備隊が
玉砕し全滅したアッツ島近海を通った。 その時すでに友軍はいないはずの
アッツ島から「万歳!!」の声が聞こえてきた。 キスカ撤退作戦はアッツ島の
兵士達が成功に導いてくれたんだと、助けてくれたんだと、
俺この話聞いてすごく胸が熱くなった それだけだ



184 :本当にあった怖い名無し:2007/08/06(月) 02:36:52 ID:rIvstjUq0
私の祖父は殆ど戦争体験について話してくれる事はありませんでしたが、
一度だけ幼い私にお菓子を食べさせながら、話してくれた事がありました。
祖父はビルマで戦っていたそうで、食べる物が無くて本当に辛い思いをしたそうです。
敵のイギリス軍は飛行機を用い、上空から陣地内へ落下傘で食料を落としていたのが見えたそうです。
ある時、その落下傘が敵と味方の陣地の中間点に落ち、
祖父は戦友3~4名と共に決死の覚悟で奪いに行き、その食料を貪り食べたそうです。
祖父は中にあったキャンディをなめ、自分は特別な存在だと思ったと
しみじみ語っていたのを覚えています。
その時なめてたキャンディーはもちろんヴェルタースオリジナル。
なぜなら彼もまた、特別な存在だからです。



185 :本当にあった怖い名無し:2007/08/06(月) 03:21:23 ID:kU/LxRcy0
はいはいおもしろいね



186 :本当にあった怖い名無し:2007/08/06(月) 04:11:48 ID:fnLCmN1m0
>>184
このコピペはその相手のイギリス兵とかち合っちゃって、
にらみ合いながら後ずさりする下りが入ってないと



187 :本当にあった怖い名無し:2007/08/06(月) 07:28:47 ID:WmAR5ZHWO
そうそう。かちあって、びびりながら銃を撃とうとして『馬鹿!やめろ!』って言われながら後ずさらなきゃ



188 :本当にあった怖い名無し:2007/08/06(月) 09:12:52 ID:yRYVPeAW0
これは旧軍人の手記(タイトル忘れた)に書いてあった話だが、
イギリス軍と日本軍の最前線で真夜中に5人くらいで夜間警備してたそうだ。
で、草むらかき分けて移動してたら4~5人のイギリス兵がそれこそ3,4mくらいの至近距離に居た。
もちろん向こうも気付いて固まっている。撃ち合えば確実に半分は死ぬだろう。
そこで隊長格がわざと気付いていないふりをしてイギリス兵から距離を取り始めたら
イギリス兵も気づいてないふりをして自分の陣地の方に戻って行ったそうだ。
敵同士でも互いの考えてることが分かったりするんだな。



193 :本当にあった怖い名無し:2007/08/06(月) 12:28:41 ID:c2P0yusHO
日本は太平洋戦争時点ではジュネーブ捕虜条約に加盟してないから処罰無しで問題無い。
条約に沿った処置をとるということを東条英機あたりが明言はしていた気がするが。
それに伴う法整備がなされたかというと、わたしが知らんだけかもしらんが知らん。



199 :携帯:2007/08/06(月) 15:28:36 ID:tRIRHR08O
スレチで申し訳ないが…NHKのドキュから。日雇い労働者が建設現場の火事で亡くなられたんだけど身元不明で家族いないか調査したら三人人いた上の兄達は皆戦死。東京大空襲で親と残りの兄弟亡くし、天涯孤独。相当、苦労されたんだろうな、最期は焼死なんて救いがないよ…



200 :のぞみ:2007/08/06(月) 15:38:13 ID:82j6TD1SO
特攻隊で沖縄に向かう時、爆装の零戦で、丸腰だわな。その際、VT信管の高角砲弾よりも、アメリカ艦載機による被害が大きく、沖縄上空にまでたどり着かないのが現実だったんだ。 
で、その日も出撃したんだが、護衛戦闘機も少なく。。。 
ごめん、仕事中なんだ。また書きます。すみません。



202 :本当にあった怖い名無し:2007/08/06(月) 16:23:24 ID:G1UspNHF0
祖母がまだ子供の頃、祖母の兄が出征してフィリピン方面へ行ったそうです。
ある夕飯時、家族で食事中、玄関が開く音とともに
「母さん只今帰りました。」と大きな兄の声…
驚いて玄関へ向かうがだれもいない…
そして隣近所の人たちも兄の声を聞いて「○○ちゃん帰ってきたのかい」と集まってくる。でも兄はいない…
それから後、兄ののった輸送船がフィリピン近くで撃沈され戦死したとの報を受けたそうです。



206 :本当にあった怖い名無し:2007/08/06(月) 17:38:43 ID:Nr1gAxAe0
キスカ撤退作戦時に、撤退する日本兵がしたお茶目ないたずらって何だっけ?
そのいたずらのせいで同士討ちで疲弊した米兵がさらにパニックに陥ったというが…



208 :本当にあった怖い名無し:2007/08/06(月) 18:20:48 ID:yRYVPeAW0
>>206
放棄した施設に「結核(別の伝染病かも)患者収容所」とかって看板掲げて脱出したってやつかも。
米軍がその施設で休息したあと看板を翻訳して大パニックになったとか。



209 :本当にあった怖い名無し:2007/08/06(月) 19:06:47 ID:IJLUFunD0
ペストだべ



210 :本当にあった怖い名無し:2007/08/06(月) 19:27:06 ID:yRYVPeAW0
>>209
あーペストだったかも。トン



211 :本当にあった怖い名無し:2007/08/06(月) 20:02:55 ID:E8iKZ3aq0
オカルトではないけどずっと不思議に思ってたことがあるんだよ。

うちのばあちゃんが甲府で空襲に合い、逃げ回っている時に、
赤々と燃える火のせいで布団を被って逃げてくる人の目ん玉が
透けて、真っ赤に見えるんだそうだ。

祖母は当時既に成人していたし、この話は私が子供の頃から
(祖母が60代の頃から)何度も聞かされてきたし、
「そうだよ。川の中から見えたんだ、昼間のように明るくてね、
 夜具をかぶったおじさんの目が見えたよ。」
と80歳を超えた今でもちゃんと説明してくれる。

そういう現象あるのか、原理はどうなのかと疑問なんだけど、
どこに聞いたらいいかも分からんので誰か教えてくださいませ。


ちなみに祖母本人にとっては、不思議な話はそれではなかった。
自宅付近は燃え続けて近づくことが出来ず、数日後やっと
入れるようになって行くと、家が建っていた場所は何もかも
きれいさっぱり燃えて無くなっていた。
それなのに、何故か台所だった部分の地面に、入れ物も何も
なくなった状態で、梅干だけが焼けて転がっていた。
「もう誰にいっても信じてくれないんだろうけど、残ってたんだよ。
 H(祖母の実妹)が居なきゃー誰も信じてくれないだろうけどね」
梅干SUGEEE!と思ったわ。
関連記事
1/3 2/3 3/3
(0)


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ ⇒
心霊 未確認生物 UMA ミステリーブログ⇒
不思議な話 怖い話の本⇒オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍
<<死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?167_2[重複スレ] | ホーム | 子供のころの不思議体験>>

- コメント -

コメントの投稿


管理者のみ閲覧可


- トラックバック -


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

<<死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?167_2[重複スレ] | ホーム | 子供のころの不思議体験>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。