現在地

スポンサードリンク

カテゴリー・目次

人気記事ランキング

最近記事リスト

逆アクセスランキング

相互リンク

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

RSSフィード

プロフィール

怖い話 不思議な話@2ちゃんねる

Author:怖い話 不思議な話@2ちゃんねる
2ちゃんねるの怖い話、オカルト板まとめサイトです。心霊スポット 心霊写真 超常現象 怖い話 恐怖体験 未確認生物 UMA 都市伝説 オーパーツなど、怖い 不思議&面白いと思った話を厳選して紹介しています。
ただ今相互リンク募集中です。ただし、心霊・不思議・ミステリー系に限らせていただいておりますのでご了承下さいませ。

ブロとも申請フォーム









管理ページ
最新記事 - 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_8 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_7 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_6 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_5 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_4 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_3 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_2 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_1 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?1 (09/01) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_6 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_5 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_4 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_3 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_2 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_1 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_5 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_4 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_3 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_2 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_1 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_5 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_4 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_3 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_2 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_1 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 




<<死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?170_6 | ホーム | 実話恐怖体験談 七談目>>

怖い話 不思議な話@2ちゃんねる オカルト板まとめ

スポンサーサイト


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ

心霊 未確認生物 UMA 都市伝説 ミステリーブログをもっと見る



不思議な話 怖い話の本↓
オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1/3 2/3 3/3


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ ⇒
心霊 未確認生物 UMA ミステリーブログ⇒
不思議な話 怖い話の本⇒オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍
<<死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?170_6 | ホーム | 実話恐怖体験談 七談目>>

怖い話 不思議な話@2ちゃんねる オカルト板まとめ

不可解な体験、謎な話~enigma~Part39


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ

心霊 未確認生物 UMA 都市伝説 ミステリーブログをもっと見る



不思議な話 怖い話の本↓
オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍
不可解な体験、謎な話~enigma~Part39
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1183001742/

1 :本当にあった怖い名無し:2007/06/28(木) 12:35:42 ID:heE1/VY3P
ありえない場所、もう会えない人、今ではない時間、
幼い頃の不思議な記憶、見えるはずのないもの。
そんな、怖くはなくても奇妙な経験を書き込むスレッドです。

まとめサイト
http://enigma.ahoseek.com/
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Tachibana/7672/



9 :本当にあった怖い名無し:2007/06/28(木) 20:58:06 ID:/DByV71b0
今日も、いつものように通勤で自転車に乗ってたら、視界が急に、
自転車に乗ってる漏れを背後上方から眺めるポジションに変わった。
直後にハッとして元通りになったけど、平衡感覚を失いそうになって、危うく電柱に
衝突するところだった・・・

瞬間的に起こった事のようで、たぶん2~3秒の間の出来事だと思うが、かなり気味悪かった。
眠気もなけりゃ、朝食を取ってないという事も無い。
健康診断も、ずっと良好。



12 :本当にあった怖い名無し:2007/06/30(土) 09:28:14 ID:4DqTGG0O0
意味わかんないけど恐かった話しを。

昔夕刊配達のバイトをしていた、地理も覚えるしマンションの郵便受けから
はその人その人の生活感が解ってけっこう面白かった。
いつものように古いアパートを駆け上がりテンポ良く一部屋一部屋郵便受け
にスパスパと入れていく、たまにチラシが貯まっている部屋は無理矢理ねじ
込んだりする。
最後の部屋に夕刊を入れるとつっかえて夕刊がポトっと落ちた、チラシがた
くさん詰まっている様ではなかったから「あれ?」と思いながらもちゃんと
入れようと郵便受けを指で押し開くと

目があった…


郵便受けのあの四角い細い窓から人が覗いていた、恐くて逃げた…
人にぶつかって夕刊が入らなかったんだ!あの人と目が合うって事は中の
郵便受けの箱を取り除いたって事だ!
そう考えると背筋がぞわっとした。
速攻で辞めたからアレが何だったのかよくわからん…いまだにドアに付いてる
郵便受は恐い…恐くて覗けない。



18 :本当にあった怖い名無し:2007/07/01(日) 02:16:12 ID:u6rFNMzP0
今から20年位前、当時小学生だった俺は近所のワルガキ達と
しょっちゅう空き地で遊んでいたんだけど、2回だけ零戦らしき
ものを見たことがある。
日の丸つけた古臭い戦闘機が飛んでたんだよなー。
趣味人がそれっぽいのに乗ってただけなのかもしれないけど。
爆音で飛んでてかっこよかったなぁという思い出。



22 :本当にあった怖い名無し:2007/07/01(日) 11:18:12 ID:YZhetco40
ヲタでもない限り、航空機の種類なんて分からんからな。
自衛隊のレシプロ練習機を見て零戦と誤認するのも無理は無い。



25 :本当にあった怖い名無し:2007/07/03(火) 01:32:55 ID:uJpTdMEO0
飛行可能な零戦は結構いろんなところに現存していて、1978年と1995年には
国内飛行もしている。
20年くらい前というと、どちらも>>18の話とは十年前後ずれているから、
同一の機体とは考えづらいけど参考までに。

また、本物ではなく、映画撮影、その他の目的で作られた零戦orその他の
旧軍軍用機のレプリカは戦後、何度も飛ばされているので、そのうちの
どれかを見た可能性もあるかも。



26 :本当にあった怖い名無し:2007/07/03(火) 01:44:36 ID:FYO0jpkA0
子供の頃の記憶に必ず登場するおばあさんがいる。
誰だか知らないし喋った記憶も無い。
でも何回もそのおばあさんに出会っている。
一番古い記憶は幼稚園の頃、近所のどぶ川に石を投げ込んでいたときにじっと僕を見つめてきた。
そのおばあさんの片目は潰れていたのか、黒目はなく真っ白な白目。
今思い出すと、顔は中国の文化大革命に出てくる江青に似ている。
今の基準からすると古臭い格好だが、当時は違和感を覚えなかった。
それから僕が小学生の頃。
帰省をするために家族で広島駅のホームにいた僕を、ホームのベンチの横に立って僕を見つめてきた。
そのときにこのおばあさんはまえにもあったことがあると強く心に残った。
帰省先の大阪で、梅田か淀屋橋のホームで又出会った。
やはり何もいわず僕をじっと見つめていた。
その後小学生のうちに何回かいろいろなところで出会っていた。
そのうちに驚かなくなり、なんだか親しみすら覚えていたと思う。
大きくなるうちに合わなくなり、そのうちに忘れてしまっていた。
その後大きくなって高校生の頃。
あとにも先にもこれが最後だったが出会うことができた。
東京に住んでおり、井の頭線の下北沢のホームだったと思う。
向かいのホームにそのおばあさんは立っていた。
瞬時に幼少の思い出が呼び覚まされた。
でもそのおばあさんは僕を見つめてはいなかった。
そのすぐ電車がきた。
慌てて乗って、すぐにドアのところから向かいのホームを見たが、おばあさんはいなかった。



28 :本当にあった怖い名無し:2007/07/03(火) 08:44:24 ID:fJN6qx3m0
昔、そのバンドのスレや生活板のそれ系のスレにも書いたことあるんだけど・・・
中学の3年間、もんのすごく好きで好きで大FANなマイナーバンドがあった。
とにかく夢中で学校では友達とその話しかしなかった。ちなみに、校内でそのバンドのFanは私ただ一人だけ。

話は少し変わるが、私の苗字はすご~~~~~く変で物心ついたときから
いまもそうだけど苗字のことが物凄いコンプレックスだった。しかも珍しい苗字で校内私だけ。
小・中のときはそのヘンテコな苗字のオカゲで色んなアダ名付けられて苛められまくったし
学生時代苗字のことで何か言われない日はほとんどなかった。中3のとき病院で名前呼ばれた瞬間
小さいオンナノコに「やだ~~~●●●●さんだって~!(爆笑)」と大声で笑われたこともあり。
まあ、高校のときは分別のついた人が多いのでさすがに苗字のことで何か言う人はいなかったけど・・・。

話は中3に戻ります。卒業間近、雑誌でその大fanのバンドのテレカの抽選があった。
抽選で2名だけど、バンド自体マイナーな部類だし応募してくる人もあまりいないだろう、と思い即応募した。
案の定、当選していて数ヵ月後、その雑誌に当選者名簿として名前が載った。それを見てビックリ!!!!
もう一人の当選者も、なんと私とおんなじ苗字!!!ヘンテコな苗字が2つ並んで掲載されてる光景はとても奇妙でおかしかった。
それを見た途端、「もしかして変な苗字の人が好きになる専用バンドなんじゃないのか!?」と顔がカァッ!と赤くなり、無性に恥ずかしくなった。
もう一人の当選者も「苗字の事でいままで嫌な思いしてきたんじゃないだろうか・・・」とかいろいろ考えた。
ホントに恥ずかしくなってそれ以来そのバンドを遠ざけるようになってしまった・・・。

私はいま25歳で10年前のその雑誌(P●TET●)、いまも持ってるけどその当選者欄見るたび
ものすごい鬱になる。恥ずかしくて居ても立ってもいられなくなる。
ちなみにそのバンド、もう活動してないけどいまは知名度はある。
変な苗字の人が好む音を作るバンドだったんだろうか・・・。考えてしまう、鬱。



29 :本当にあった怖い名無し:2007/07/03(火) 09:18:23 ID:NkZZVpeV0
>>28
違うな。
抽選した人、もしくは主催者が同じ名字で、同じように苦労してきたんだよ。
それで、自分と同じ名字を二つも見つけてしまい、思わず当選にしちゃった
ってわけだ。
で、名字推定だけど・・・・。
まず●の文字数は推測を阻むためのワナと見た。だから当てにはならない。
で、女子が恥ずかしがりそうな変わった名字をオーソドックスな中から探してみた。
そうすっと、いろいろ変わった名字はあるが、底まで直接的なのは御手洗さん
くらいじゃないか。
病院で呼ぶときは、普通「みたらい」って呼ぶと思うが、「おてあらい」
と読ませる人もいるから、フリガナでも振ってあったんだろう。

で、あなたは御手洗さんでFA。



31 :28:2007/07/03(火) 12:38:25 ID:9fe/hT3E0
>>29
いやいや、御手洗さんなんてもんじゃないです。つーか「みたらい」なんておかしくもなんともないじゃない。
私からすれば綺麗な響きの苗字のレベル。「腰巻」(こしまき)さんて苗字の知り合いもいるけど、私の苗字と比べたら屁でもない。
その苗字でいい、交換してほしいくらいです。

う~ん、「阿保」(あほ)さんや「鼻毛」(はなげ)さんよりはちょっとだけ(ほんとにほんのちょっとだけ)マシか、
同じ位ヘンかのそんなレベル。それぐらい本当に変な苗字。前者は「アボ」とも読めるからまだいいレベルだしさ・・・。
小学校のとき友達にハッキリ、「アンタ、なんで苛められてるのかわかる?その苗字のせいだよ・・・」と言われたこともあり。
中学のときの友達は「それは苗字だから結婚すれば変わるでしょ、だから仕方ないよ。そのときまで待ちなよ」と同情の言葉を
掛けられたこともあり。

>抽選した人、もしくは主催者が同じ名字で、同じように苦労してきたんだよ。
>それで、自分と同じ名字を二つも見つけてしまい、思わず当選にしちゃった
>ってわけだ。
わざわざレスしてくれてサンクス、だけどその説は絶対ナイナイ。悲しいけどそれは無い。

確か記憶では、はじめ3人当選枠のところを当時はマイナーなバンドなため
2人しか応募がなく、2人のみ抽選ということになった。
それがすごい確率で、目茶目茶変な苗字の持ち主の2人だったってわけ。
もちろん下の名前は違うけどね。

そのバンド名って知りたいですか・・・?



44 :本当にあった怖い名無し:2007/07/03(火) 22:13:45 ID:vmDeu19CO
スレチかも知れんが聞いてくれ。
今ワンワンの散歩で公園まで行ってたんだか
透明に薄い肌色が掛かったものが
すげえスピードで駆けていった。
ちなみにこの辺りには野良猫や野良犬はいない。
あれ絶対何か違う生き物!マジビビった。
大冒険の予感ktkr!!!!!!



81 :本当にあった怖い名無し:2007/07/06(金) 20:35:11 ID:94zmfbde0
そー言えば…

中学ん時の話。(もしかしたら小6の時かも)

夢か現実か分らない話。
自転車こいでて人気(ひとけ)の無い踏切を通って、通り過ぎた後
カンカンカンッと踏切が鳴った。
別に珍しくないしそのまま真っ直ぐ行ってたら…
また。 踏切を渡る前…
多分、それを4回位繰り返したと思う。
5回目位になって、電車が来た。
右手スレスレ。

勘で次は当たると思った。
また踏切の前。

当たった――― と思ったら
気付いたら、家。

右手が痛かった。 多分、泣いてた。

病院行ったら右手が折れてた。


コレが、自分自身に起きた不思議な話。



85 :本当にあった怖い名無し:2007/07/06(金) 23:41:22 ID:ixVkIGHo0
>>81
寝てる間に右手をぶつけて骨折したんじゃないかな?
右手が痛いことによって見た夢じゃないかと。
私の場合は、背中をナイフで刺されて激痛が走った。
気付いたら布団の中だったけど、背中痛くてまさぐってみたら、
寝る前にやってた知恵の輪が刺さっていた。



86 :本当にあった怖い名無し:2007/07/07(土) 00:10:30 ID:qNM1TecE0
>>81,85
それって、「フィードバック現象」って言うんだって。
寝ている時に身体に起きた事が、夢に反映される。
音や痛みが夢に出るのがその現れ。



90 :本当にあった怖い名無し:2007/07/07(土) 13:06:37 ID:mTuZI9i/O
夜、布団で寝てた。と、誰かが敷布団の上を歩いてる。
その「誰か」の重さで、足がある(はずの)所の布団がへこんでうっすら目が覚めた。
いつの間にかうつぶせで寝てたらしい。顔は左向き。
その、顔面のあたりから少しづつ足元に向かって歩いてる。
母親が部屋に入ってきたのかな?寝ぼけてたんで目も開けず様子をうかがってた。
その「誰か」は足元まで歩いていった。
すると突然、足の先からふくらはぎぐらいまでドサッと何かが乗ってきた。
足で踏まれたような、いわゆる点ではなく、面で。
重さはちょうど布団をたたんでドサッと置かれたくらい。
寝ぼけてたし、その重さが少し気持ちよかったんで無視してた。
するとその重い部分がどんどん上半身の方へ広がってきた。
あれ?って思ってたら、あっという間に全身に重みが。
重さは相変わらず布団3~4枚くらいだったが、いきなり耳鳴りがして耳がほぼ聞こえなくなった。
ヤバイと思って体を動かそうとしたら、急に重さが増してきた。
体や顔面が布団にめり込んでいくのが分かる。
なぜか恐怖感は無く、上の「誰か」との勝負(?)に負けた、判断が遅かったとくやしくてかなり腹が立っていた。
かなりの重さになり、このまま潰される、と思った瞬間、突然重さが無くなり、脳天の方向に「誰か」が飛んでいった(ように感じた)。
素早く身を起こし、「誰か」を取っ捕まえて殴り掛かってやろうとしたが、もちろん誰もいなかった。
逃げられた事にまた腹を立て、再び眠りにつこうとした時、急に恐怖を感じて電気をつけた。
気持ちを落ち着かせてタバコを一服し、さっきの事を整理したが、布団に押し付けられた感触が確実に残ってる。
結局訳がわからないまま、電気つけっぱなしで寝た。
俺の唯一の不可解体験。怖くなくてスマソ。



96 :本当にあった怖い名無し:2007/07/07(土) 21:48:32 ID:dhESrk1sO
今近所を散歩しに行ってたんだ
そしたら近くの公園のブランコ2つ揺れてやんの!
風でとかいうレベルじゃない…あれは何だったんだろう…



100 :本当にあった怖い名無し:2007/07/08(日) 04:27:16 ID:wJXiziq/0
こんなスレあったんだ。て、言うか誘導されてきた。

幼い頃に天狗らしきものに遭遇した事がある。天狗か知らんけど。
当時、鎌倉に住んでて、当時の鎌倉はだいーぶ未開発の田舎風味だったんだ。それで家すぐ近くにデッカイ山があって、そこに入り込んでドングリを良く集めて遊んでた。
で、ある日いつも通り友達とドングリ集めしてて、んでドングリを追ってひたすら拾い歩いてたら友達と逸れて、正しい道からも逸れちゃって、ガチで遭難した。

それでその辺りが暗くなって、誰の声も聞こえないし見えない。月明かり程度しか無いしね。足元は不安定だから、幼心に滑り落ちたら死ぬって核心があった。
それでビニール袋一杯のドングリ抱えて、ワンワンとうずくまって、ずっと泣いてたんだ。

そしたら、目の前に誰かが立った。すげえデカイ脚。それだけは判った。あとはナンも判らん。今思うと、男の脚だってぐらいか。ごつかったし。
で、何も言わないから、親に言われた迷子の作法として、自分の名前を言って、迷子になった。と言った。それでも向こうは黙ってる。
おうちに帰りたい。集めたドングリをあげるから、一緒に来てくれませんか?ぐらいは言ったと思う。

こっからが本当に俺の記憶が正しいのか、今思うと不思議なんだが、俺の前の人は、「む」だか、「ん」だか判らないが少し唸って俺からビニール袋を受け取った。
すると、ひょいと馬鹿でかい手に尻を掬われた。猫を片手で抱く感じか。そんな調子。当時四歳児とはいえ、尻を鷲掴みにする手だぜ?恐ろしくデカイ。

それで、感触として、父親の肩車よりずっと高い位置に移動するのを感じたら、一回それが下がって急にまた上がった。
気が付いたら眼下に鎌倉全景が見えた。驚いたけど、俺の家は駅の近くにあったから、駅の方をみて、あっち。とか言った。
するとまた、天狗?は唸った。で、木々の上を跳ねてるのか飛んでるのか判らない様な感じであっという間に山の入り口あたり。街頭が見えた。
そこで下ろされて、ありがとうを言おうと思って頭を下げて上げたら、もう何もいなかった。家に帰ると警察は来てるわ親は泣いてるわで大騒ぎ。

その後、俺は山への出入りを禁止されたんだけど、しばらくはこっそり山に入って、お菓子とかを目印になりやすい木の所にお供え?してた。

まあ、そんな変な話。悪文すまん。



104 :本当にあった怖い名無し:2007/07/08(日) 06:23:39 ID:8H9qXq2L0
これは俺が中二のときに体験したはなしです・・・・・・・

その夜テスト勉強を8時間して、疲れて朝の4時半頃就寝しました。
しばらくして、寝苦しいというか何か妙な違和感を感じ、起きました。
するとどうでしょう、電気を消して寝たはずなのに豆球が付いてるではありませんか!!
疑問に思った俺は時計を見ました。
・・・・午前1時36分・・・・
???????となっていると、何やら人の気配を感じました・・・。
部屋のドアの方に目をやると、きちんと閉めて寝たはずなのに開いていました。
また????????となりました・・・。
すると突然!!玄関の方から真っ黒い人影が俺の部屋に迫って来ます。
怖くなった俺は怯えて、転んで目を瞑ろうとしました。すると急に金縛りに・・・・!!
汗を大量にかいて「う~、う~!!」と唸っていると、人の気配が消えました。
「良かった~」と思ったのですが、まだ金縛りはとけません。
腹の方に目をやりました。黒い物体が見えています。その物体は静かにスーッと上がってきました。
今でもはっきり覚えています・・・・まるで日本人形のような昔風の格好をした幼い少女の
あの冷徹なまでに鋭い残酷な目つきを・・・・・・・・。
・・・・・この現象は何だったのでしょか?ただの夢だったのでしょうか?
もう10年以上経ちますが、未だに謎でしょうがありません。
こういった現象に詳しい方、差し支えなければ解説をお願いします。



105 :本当にあった怖い名無し:2007/07/08(日) 06:24:33 ID:8H9qXq2L0
これは俺が小学校3年か4年のときに体験した話・・・・

ある町で何年か前から放置された巨大クリスマスツリーが邪魔だと問題視されていた。
俺の家はマンション経営していてその4階に住んでいた。
かなり離れた町なのに4階のベランダからでもよく見えるほどの巨大なクリスマスツリーだった。
そのツリーのせいで道路が見えにくく、交通事故が多発していたらしい。
市がどうにもしないので、みんな困っていた。

その日は1日中大雨で、その影響か夜雨がやんだ頃には空が一面ピンク色をしていた。
俺は空が気になっていたため、カーテンを開けっ放しにしていた。
水曜日だったので、ドラゴンボールZを見ていた。(ちょうど界王神界で悟飯がZソードを抜く話)
しばらく見ていると、突然TV画面がぶらつき映像が見えなくなった。
「何だよいいところだったのに~!!」とTVを叩いても直らない。
その時だった。ふと外を見ると妙な違和感を感じる。空がピンク色なのを除けば、いつもの
見慣れた風景なのに、何故か不自然さを感じる。
俺の住んでいるところは盆地なので、外を見渡すと山が連なっている。
山の前に目をやった。なんと巨大な人型の物体が歩いているではないか!!
一瞬目を疑ったが、どう見ても巨大な人間が歩いているようだった。
そして、その巨人の手を見るとあの邪魔だったクリスマスツリーを持っていて、どこかに運んでいるようだった。
30分くらい見ていたはずなのに、TVが直って続きを見ると、時間は1秒も経っていなかった・・・。

後日、例の町に行ってみるとツリーはもうなかった。近所の人に聞いてもツリーのことは初めからそんなものはなかったと言う。
??????????!!友達に話したら馬鹿にされた。・・・でも俺は確かに見たんだ!!

あれは妖怪「でぇだらぼっち」だったのでしょうか??未だに謎です。(映像に残せば良かった!!)



106 :本当にあった怖い名無し:2007/07/08(日) 06:26:43 ID:8H9qXq2L0
これは僕が小学生の時に体験した怖い話です。

当時、学校が終わるといったん家に帰ってまた学校に来てうんていや鉄棒などで友達と遊んでいました。
ある日、何回逆上がりができるかで友達と勝負になり、夢中になってしまい、気づいたら夜8時をまわってしまったことがあります。
鉄棒があるのは旧校舎の小さな運動場で、その隣には体育館があり、ちょうど鉄棒のあるところから直進したところには、
体育館と連結する体育館倉庫がありました。
その連結する廊下には夜になるとヤンキーの中学生のお姉さんがタバコを吸いに来ると有名でした。

夜8時をまわり、いっこうに勝負がつかないので友達は「○○君の勝ちでいいよ」と言って帰ってしまいました。
僕はそれでも納得がいかず、あと30分練習するつもりで、ずっと逆上がりの練習をしていました。
回転する途中、ぶら下がった状態でふと倉庫の前の廊下を見ると中学生のお姉さんが見えました。
地面に着地して、もう一度よく見るとお姉さんは一人らしく、倉庫のドアの前で倒れ込んでいます。
僕は心配になって、ちょっと怖かったけど声をかけました。しかし、気を失っているらしく返事がありません。
どうしようか・・・と思っていると倉庫の中で「ふふふ・・・」という女の子の声が聞こえたような気がしました。
倉庫に目をやると、さっきまでは気づかなかったけど、ドアが少しだけ開いていました。
「誰かいるの?」・・・返事がありません。勇気を振り絞って中に入りました。
中は真っ暗なのですが、ドアを開けた状態だと体育館の非常用出口という緑のランプがあるため、少しだけ見えます。
倉庫の中には、バスケットボールの籠やマットなどがあります。ですが、探しても誰もいません。

つづく



107 :本当にあった怖い名無し:2007/07/08(日) 06:28:15 ID:8H9qXq2L0
諦めて帰ろうとしたその時!!急にドアが閉まりました。僕はあわててドアを力いっぱい開こうともがいていると、
ドアの隙間から中学生のお姉さんが恐ろしい目つきでこちらを睨み付けました。
僕はびっくりして転んで、一瞬呆けていると背後から、「あそぼ・・・。」と誰かに囁かれました。
幼い少女の腕でしょうか、僕の首を思いっきり絞めてきて息ができなくなりました。
僕は力いっぱいその謎の少女の髪の毛を引っ張ると、ぶちぶちぶちっと引きちぎれ、「うぎゃーーーー!!!」と少女は奇声を上げました。
少女の手が緩んだため、僕はドアの方へ行き思いっきり開くと、今度は開きました。
早く家に帰ろうと思い、あせっていると中学生のお姉さんが突然肩をつかみ
「ど う し て あ そ ん で く れ な い の」・・・お姉さんは不気味に微笑み目から血を流していました。
僕はつかんでいる手を振り切り全力疾走で家に帰りました。

家に着いたら夜10時をこえていて、親に叱られました。風呂に入れ!!と言われ、脱衣所で服を脱いでいました。
その時、ポケットに膨らみがあることに気づきました。手を入れて中の物を出すと、それはおびただしい程の女性の長い髪の毛でした・・・。

そういえば、この学校には昔体育舘で死んだ少女の霊が出るという噂があるそうです。
今でも、体育館の掃除中モップに大量の長い少女の髪の毛がからまっていることがあるらしい・・・・・・。


今思うとお姉さんの目はどこか寂しそうでした・・・。(実話)



117 :本当にあった怖い名無し:2007/07/09(月) 14:32:38 ID:Te1/vhlbO
最近亡くなった母方の祖父の話

祖母の真新しい数珠大破

父が車で通夜に行く途中急に走行距離のメーターが異常な早さで進み出す
時計が一時間半早く進み出す
対したことないけど…。



118 :本当にあった怖い名無し:2007/07/09(月) 18:18:24 ID:LjwKioU5O
これは春休みに体験した不思議な話。

その日は友達の家で3人で遊んでたわけですよ。
まぁDVD見たり喋ったりで夜中の3時くらいかなぁ…
(3時の時点で家主は寝ていたので友達と2人で喋っていた)

トイレかなんかで友達がおもむろに立った。

すると、「玄関のドア開いてね?」と言う。
ドアが開いたような音はしなかったので、そんなわけないだろうと俺も立ち上がって確認すると…。確かに開いてる。
まぁ開いてると言っても全開ではなく、外の街灯が中に入っている程度だ。しかしその光が、はっきりわかる程度に。――だ。
一旦玄関から目を離し、とりあえずテンパってたので
「え?マジかよ!?いつの間に?」「ちょ怖くね?」そんな風な会話をしてた。
そんでもう1回ドアの方に視線を戻すと…

閉まっている…?!

さっきまで漏れていた光が見えない。…暗闇に近い状態。
「なんで?!」
「…完璧に閉まってるよな?」
急いで電気を点けて家主を起こす。
しかしすぐにまた寝る。
明るくなって落ち着いたのと、玄関開けっ放しはまずいだろうということでドアの鍵をかけに行くことに。
鍵を回す。これで閉まったはずだ。
確認する。ドアが開く。…………?



120 :本当にあった怖い名無し:2007/07/09(月) 18:24:58 ID:LjwKioU5O
………?
ちょっと待てよ、おかしくない?
最初にドアを見たときは光が漏れていた。つまり開いている。
鍵は締まっていないということだ。
2回目にドアを見たときは閉まっていたけど、鍵までは誰もかけてない。
ということは俺が鍵を締めに行って初めて鍵がかかるわけなんだ。
普通、鍵って、ひねって開くし、ひねって閉まるものだろ?
だから俺は締めるために捻ったんだ。
しかし鍵を締めて確認したら……

――開いた。

締めたはずなのに―――――だ。
ということは俺が鍵をかける時にはすでに閉まっていたことになる。


―――いつの間に?
―――誰が?
………
………
………
ということがありました。


……いったい何だったんだろ?


その後は明るくなるまで起きてました。

マジ不思議だった…



126 :本当にあった怖い名無し:2007/07/09(月) 19:17:56 ID:ZEyUH9qW0
ネットゲームやっててひたすらアイテムを拾うわけだが
同じことの繰り返しでレアアイテムの出る確率なんて1%もない
3時間くらいぶっ通しでやっても1個でるかくらいのもんだから
ほとんどぼーっとしてやってる
ふと、あれこの敵はいい物出すぞと思う瞬間があって
そういう瞬間だけ意識を集中すると案の定レアアイテムが出る
見た目はまったく同じキャラの敵なんだけど何故かわかるんだよね
1度や2度じゃないしょっちゅうそんなことがある




130 :本当にあった怖い名無し:2007/07/10(火) 03:15:54 ID:tmDGJykt0
無精子症つったって中身はピンキリなんだから
かみさんをいきなり疑うのは失礼 とマジレスしてみる


131 :本当にあった怖い名無し:2007/07/10(火) 03:42:50 ID:p5U5b6oO0
精通もないような子供の頃のことだったら
誤診だったんじゃね?
昔の医療技術って以外といい加減



134 :本当にあった恐い名無し:2007/07/10(火) 15:59:20 ID:6shXDp/U0
幼少の頃の話し。
まだ小学校に入ったばかりの頃ぐらいだと思うけど
母の運転で買い物中妙な体験をした。
丁度信号で車が停止した時、後部座席に一人で座っていた私は
暑苦しくなったのかなんなのか(この辺曖昧)で
窓を全開に空けて首だけを外に出していた。
すると前方からなにやら太ったおじさんが歩いてくる。
そのおじさんは、よくお坊さんとかが着てる黒い袈裟?を羽織っていた。
ただ妙なのがそれが変にだらしなくはだけていて首や腕に金のアクセサリーを
つけていたのを覚えている。坊主頭で、顔つきはまるで七福神のエビス様
みたいにニコニコしてた。で、なんだか酔っぱらいみたいに顔全体が赤かった。
突然おじさんが首だけを出している私の前で立ち止まり
「お嬢ちゃん手出して」と言ってきた。
子供ながらにどこか胡散臭いと思う反面好奇心があったため
おそるおそる手を出すと、ポンと100円玉を手の上にのせてきた。
びっくりしておじさんの顔をみると「あげる。」と言って行ってしまった。
不思議に思いつつ100円を貰ったお礼を言わなければ!と思い
後ろを振り向いたのだけど、既におじさんは消えていた。
車が動き出したので慌てて窓をしめて、運転をしていた母に
変なおじさんに100円をもらったと話したが、母は全く気が付かなかった
様子で、「昼間からご機嫌な飲んだくれがいるんだね」なんて
言ってた気がする。
(飲んだくれ=酔っぱらい)
あんまり不可思議じゃないな。スマソ。



139 :本当にあった怖い名無し:2007/07/12(木) 23:06:32 ID:89/eiLncO
二十数年前、小学生の頃の話
その日激しい腹痛でお母さんに、
病院に連れてってもらい診てもらった
しかしどこも悪くないよ、と言われ
その日は家に帰った
夕方になるが、腹痛は止まずお母さんに再度言う
そしたら、神様と呼ばれている婆さんがいるんだけどそこへ行く?
と言うので、二つ返事で連れてってもらった
その婆さんが、まずいろんな話をした
本当に信じられない話ばかりをしだした
婆さんが治療した瞬間、口から青白いモノを吐いたりしたとか
ふ~ん、とか思いながら治療してもらう
婆さんお経みたいな言葉を発しながら、
俺の頭に手をそえている(隣にいるお母さん談)
お経みたいな言葉発して間もなく
頭のてっぺんに何か五寸釘でも刺してるのかと思う様な激痛が走る
そしたら腹痛は何もなくなってた
あれは何だったんだろうか
終わり



140 :本当にあった怖い名無し:2007/07/12(木) 23:28:09 ID:eTySftcZO
昔から何度も見る不気味な夢。

ずっと静止画像のように空き地が映ってるだけ。

登場人物も音声もない。リアルには知らない景色。

住宅地にありそうな空き地で、枯れた芝生が点々としてる。右には民家。左にはクリークがあり、視界のぎりぎりに学校?のフェンスらしきものが見える。

こんな静止画像が目覚めるまでずっと続いてる。

同じ夢を定期的に見る。



147 :本当にあった怖い名無し:2007/07/14(土) 20:50:20 ID:wQ/W5nBiO
ちょっと気になる事だけど
お腹に手を置いて仰向けで寝たら必ず金縛りに合う…体質でしょうか?



148 :本当にあった怖い名無し:2007/07/14(土) 21:03:37 ID:1DzjSRid0
病気



149 :本当にあった怖い名無し:2007/07/14(土) 21:35:38 ID:B/ANCEKj0
体質。
その体勢は金縛りになりやすい。



150 :本当にあった怖い名無し:2007/07/14(土) 21:52:38 ID:Jgo7B3IaO
>>147
基本的に、寝苦しかったり息苦しかったりするとなりやすいからね



151 :本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 01:04:20 ID:ImOkF5p40
>147
俺も胸に手を置いて寝ると金縛りになった。
金縛り中に体の一部分が動かせることに気が付いてから、(幽体離脱的な感じ)
金縛り状態をコントロールできるようになった。

その後、胸に手を置いて寝ると明晰夢を見られるようになった。
明晰夢を見ている時は夢の中で必ずチンポを触ることにしている。
これがとんでもなく気持がいいのだ。
胸に手を置いて寝た場合、夢の内容は怖いことが多い。
怖いが気持が良いので止められない。



154 :本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 03:17:44 ID:xw7okEFAO
夏、暑くて寝苦しい夜だったり、チビΤだったり…(締め付ける)
もしくは寒くて毛布をかけすぎたり、たんなる着込みすぎだったり…
腹の上・胸の上に手を組んで寝たりすると、金縛りになりやすいよ
まぁ、自分の経験上だけどね。誰かが上に書いた通り、明晰夢にも移行しやすいしね
わざとそういう状態をつくって遊んでたりするけど、寝苦しければ
寝苦しいほど解けるのも早かったりもするかな
ちなみに、金縛りは声を出すとか体を動かすとかいうよりも
指先を動かすようにした方がとけやすいよ。お試しあれ



155 :本当にあった怖い名無し:2007/07/16(月) 01:03:59 ID:9ieiRaAt0
子供の頃の記憶。
市営団地の一室っぽい和室の六畳間。
昼下りの薄暗い室内にいて、何かに物凄くおびえていた。
多分それはもうすぐここにやってくると確信していたんだ。
その団地の部屋は僕の家ではない。
和室に古臭い茶色い家具調のテレビと箪笥。箪笥の上にはガラスケースに入った日本人形があった。
玄関のスチールのドアがガチャガチャと音を立てて、その何かが入ってこようとしてきた。
慌てた僕は、押入れの一番上の段(天井に近い狭いところね)によじ登って隠れた。
何故かそこには何も入っていなかったので隠れることができたのだろう。
押入れの中が暗いので、ふすまを少し開けて部屋を見下ろしていた。
ガチャンと音がして女の人が慌てて部屋に入ってきた。
緑の柄物のワンピースを着た中年女性が逃げ込んできたようだった。
そこに白い白衣を着た初老の男が飛び込んできて、その女性を畳の上に組み伏せた。
女性は金切り声を上げているが男は無言。いとも簡単に女性の背中に馬乗りになって組み伏せ、ビリっとワンピースを破いた。
肩から腰にかけて背中を露出させると、注射器をその背中に突き立てた。
注射器が体に直角に突き立てられた光景は幼い僕には非常にショックだった。

その後の記憶が無いので夢を見たのかもしれない。

ただ、あの押入れの薄暗く蒸し暑い感覚、埃の臭い。
女性が組み伏せられた畳の日焼け。
剥き出しになった白い背中。
「ぐぎゃっ」と一声あげて動かなくなった女性。
部屋のレイアウト。

幼稚園児の夢にしてははっきりしすぎているんだよね。

夢ならそれなりのスレに書き込むべきなんだろうけど、どうもリアルすぎてこちらにきました。
長文とスレチ スマソ



162 :本当にあった怖い名無し:2007/07/16(月) 17:55:32 ID:YT/e/Pjg0
みんなすまん、ちょっと教えてくれ。
今、コインランドリーで洗濯してたんだが、漏れが乾燥機から洗濯物を取り出してると、
なぜか急に聴いていたiPodのボリュームが下がったんだわ。
「あれ?イヤホン、イカレたかな?」と洗濯物出す手を休めて自分のiPod触りだしたら、
それまで止まっていた別の乾燥機が、1台だけ急に回りだしたんだ。
その乾燥機は誰かが洗濯物を入れっ放しにしており、
漏れが洗濯してる間は他に誰もランドリー内には居なかった。
その乾燥機は30秒ほど動いて停止。止まるときにはブザーは鳴らなかった。
iPodはボリューム操作で復活。

何これ?



163 :本当にあった怖い名無し:2007/07/16(月) 19:29:37 ID:5kDV+v9/0
子供の頃、未だカセットテープが主流だった時代の話

ある日、テープを整理してたら、見た事も無いテープが一本あった
普通のタイプだけど、やたら古ぼけてる上、題名も張ってなかった。見覚えも無い
何だろ? と思って聞いてみた

「私は未来の貴方です。
 信じられないかもしれませんが、本当のことです
 未来の話は×××により話す事ができませんが、貴方にお願いがあります
 両親と妹を大切にしてください
 それだけでいいのです。お願いします」

 詳細は覚えてないが、なんかこんな感じの声が録音されてた
 怖くなってテープは捨てちゃったが・・・・なんだったんだろう。悪戯だとしても、誰が何のために・・・?
 ちなみにあれから十数年たってるが、両親にも妹にも、別に何もおきてない。



172 :163:2007/07/17(火) 08:18:45 ID:AkFMT5W10
とりあえず、声は大人の男の声だった。
多分というか、絶対両親ではない(声がまったく違う/親父はそういう事をする性格じゃない)
小学生ぐらいだっただけに、そういう事をしそうな大人の知り合いみたいなのもいなかった

×××の部分は、なんかよく思い出せない。
二回か三回だけ聞いて捨てただけに、詳細まで覚えてないんだ
(書いてある台詞もこういう内容を言っていたというだけで、言い回し辺りは適当)

ちなみに家族は宗教にも走ってないし、それなりに元気w
テープ聞いたからかどうか知らんが、一応人並みには家族は大切にしてきた自身はある

あと、テープがなんかとにかく古びていて、なんか本物? とか感じるような雰囲気だったのが印象に残っている



177 :長文だがすまん:2007/07/17(火) 16:34:05 ID:83rI3COy0
小学生の時に陽三ってやつがいた
俺がおぼえてる限りのことを話すと
陽三は同級生の由紀夫って奴に「水に気をつけて」と言った。
すると由紀夫はそれから四年後に友達と海水浴に行った時
深みにはまって死んだ

また陽三は当時担任だった女の先生に「先生、子供には気をつけてね」
先生はそれから三年後くらいに結婚し妊娠したのだが
出産の際に出血がひどかったらしく、子供を残して亡くなったらしい

陽三はほかにもクラスのいろんな奴に予言?をしていた。
しかも言ったことをすべて的中させていた。
陽三は小学校を卒業と同時に九州に転校していった
陽三は俺の地元じゃ今も伝説的に語り継がれている。



178 :長文だがすまん:2007/07/17(火) 16:34:51 ID:83rI3COy0
続き

話は変わるが俺は最近久しぶりに地元に帰り街をぶらぶら歩いていると
偶然に小学校の同級生だった浩之に会った。
懐かしさに二人で公園に行き語り合った。
そして話の話題は陽三になった              

ふと浩之は「俺も実は陽三に予言されたんだよ」
唐突に浩之は話始めた。
「陽三に集団には絶対気をつけるんだよって言われたんだ」

そんな曖昧なこと言われても困るなw・・・。と俺は言った。
「いやそうでもないんだ、俺実は今やばい仕事やってんだよ。
 なんつうか、人から恨まれるようなことをよ・・・。」
俺はその時何の仕事なのかを浩之に聞けなかった。
「集団だろ、たぶんリンチかなんかに遭って殺されるんじゃねぇかwハハハ」
俺は笑えなかった。
「不安か?」と俺は聞いた。
「大丈夫!策は練ってるんだ。返り討ちにしてやるよハハハハハw」

浩之は強気だ。




179 :本当にあった怖い名無し:2007/07/17(火) 17:05:10 ID:jR2y3nc70
そう言えば去年ぐらいに立ち読みした「ムー」に
「私は最新型のポータブルステレオ(ipodだったかな)を30年前に見た」
とかいう投稿文があったっけ。



183 :本当にあった怖い名無し:2007/07/17(火) 19:14:23 ID:s09gidBp0
群馬県の某所に住んでるんだけど小学生の頃にジャンボジェット機が
超低空(地上200~300メートルぐらい?)で飛んでるのを見た事がある。
もちろん周囲に空港などないし、30年以上の人生の中でジャンボジェット機を
間近で見たのは群馬県内ではその1度きり。

その約1週間後に日本航空123便の墜落事故が発生。
子供の頃は日にちもズレてるのであまり気にしなかったけど
冷静に考えるとかなり不思議な記憶・・。

ちなみに個人的に1985年というのはあらゆる事で物凄く記憶に残ってて、
特別な年だったと思ってる。
そんな書き込みを前に別のサイトでしたら同意見の人が
複数いたよ。



184 :本当にあった怖い名無し:2007/07/17(火) 20:49:20 ID:aSj1c6qC0
>特別な年だったと思ってる

阪神タイガースが優勝した年だな。



185 :本当にあった怖い名無し:2007/07/17(火) 22:43:37 ID:s09gidBp0
>>184
他にも有名なとこを挙げると

科学万博
ディズニーランド
関越自動車道の開通
バック・トゥ・ザ・フューチャー
ネバーエンディングストーリー
グーニーズ
おニャン子クラブ
元気が出るテレビ
ニュースステーション
8時だよ!全員集合(終了)
スーパーマリオブラザーズ

調べてみたら「85年革命」なんて言葉もあるみたい。



186 :本当にあった怖い名無し:2007/07/18(水) 00:30:06 ID:Ubf5Ml8n0
夏目雅子が亡くなった年



187 :本当にあった怖い名無し:2007/07/18(水) 00:40:20 ID:qB1ZdNi20
ずっと昔の話だが、「1985年に米ソの前面戦争が勃発する」という85年危機説なる言葉もあった。



189 :本当にあった怖い名無し:2007/07/18(水) 09:25:47 ID:yw6MRHBD0
>>185
東京ディズニーランドは、1985年オープンじゃないぞ。それより前。
1983年、4月15日オープンだ。



191 :本当にあった怖い名無し:2007/07/18(水) 11:20:03 ID:mgITrDMtO
小学校の卒アルの後ろに「この年の主な出来事」があって
日航機墜落や阪神優勝があった。85年だったんだな。
でも卒アルに載ってんだから、卒業した年じゃなくて
6年生の時が85年だったのか。
マイケルジャクソン初来日…なんてのも載ってたような。



195 :本当にあった怖い名無し:2007/07/18(水) 17:15:27 ID:V9TjueDU0
匿名の気まぐれな予言は翌日には忘れられてるからな
で、99%の外れた予言はそのままスルーされ
たまたま当たった1%がなぜか脚光を浴びる



201 :本当にあった怖い名無し:2007/07/20(金) 04:13:42 ID:obV1qxKk0
映画板にも貼ったんだけど、映画『ダイハード』の鑑賞と
その日の朝に飛び込んで来たニュースのタイミングが
ちょっと不思議だったので報告させて頂きます。

7月16日(月)の夜に『ダイハード4.0』(レイトショー)を鑑賞。
『ニュース』→新潟県中越沖地震でライフラインが麻痺。
『ダイハード4.0』→サイバーテロでライフラインが麻痺。

7月17日(火)の夜に『ダイハード』(DVD)を鑑賞。
『ニュース』→赤城農林水産大臣が顔面ガーゼ姿で閣議に現れる。
『ダイハード』→テロリストのパスワード解析の場面で「アカギ=赤い城」。

7月18日(水)『ダイハード2』(DVD)を鑑賞。
『ニュース』→コンゴニャス国際空港で航空機が着陸に失敗炎上・乗員乗客全員死亡。
『ダイハード2』→ダラス国際空港映画で航空機が着陸に失敗炎上・乗員乗客全員死亡。

7月19日(木)の夜に『ダイハード3』(DVD)を鑑賞。
『ニュース』→ニューヨークのマンハッタン中心部で地中の蒸気用配管が破裂し爆発。
『ダイハード3』→ニューヨークのマンハッタン中心部での爆破シーン
        &マクレーンが噴水で吹き飛ばされるシーン。


ちなみに俺もスキンヘッドのオヤジですw



203 :本当にあった怖い名無し:2007/07/20(金) 13:51:19 ID:BRhd6MWNO
>>201
マクレーン乙w
でもそれは実際体験したら奇妙かも

俺も不思議?な話を一つ

去年の4月の終わりにある夢を見た。
その夢の内容なんだけど、実家の居間に、仏壇を頭に布団が敷かれていて、
そこにじいちゃんが寝ているんだ。
そしてその周りを囲むように家族みんなが神妙な顔つきで座ってる。
何故だかじいちゃんは動かなくなってしまったらしい。
でも死んではいないことは(これも何故だか知らないけど)わかった。
俺はじいちゃんの左脇に座り、じいちゃんの手を握りながら涙を流していた。
ずっとそうしていると、それまで無表情で目を閉じてたじいちゃんが、
ニコッと微笑んだんだ。まるで家族に別れを告げるかのような笑みだった。
そこで目が覚めた。

その時は縁起でもない夢を見ちゃったなーくらいにしか思わなかった。
数日後、GWだったので久しぶりに帰省した。
実家に帰ると、ばあちゃんが出迎えてくれた。



204 :本当にあった怖い名無し:2007/07/20(金) 14:05:22 ID:BRhd6MWNO
「おかえり」
「ただいまー」
軽く一言二言話して、疲れていたから部屋で休もうと思っていると、ばあちゃんが、
「それとねぇ、じいちゃんが・・・」
俺は嫌な予感がした。
「じいちゃんがねぇ、この前倒れちゃったんだよ、脳梗塞で」
俺は驚き(前の日に親に電話した時は、全然そんな話してくれなかったからw)と同時に、
この前見た夢を思い出した。
「とりあえず命に別状はないみたい。後でお見舞いに行ってやって」
その日お見舞いに行くと、じいちゃん夢と同じ表情で寝てて、やりきれなかった。

じいちゃんが倒れたのが5月1日、俺が夢を見たのが4月30日。
それまで予知夢なんて見たことは無かったし、霊感もなかったから不思議に感じた。
虫の知らせってやつなのかな?

駄文&長文&携帯からスマソ



214 :本当にあった怖い名無し:2007/07/21(土) 16:14:58 ID:RLsSkiMR0
数年前にも他スレで書き込みした話かもしれませんが…

私が小学校低学年か幼稚園くらいの頃、母の実家に数日お泊りに行ったときのこと。
母の実家はこじんまりとした料理屋で、旅館も兼ねていた。
私は子供心に、二階にあるという「布団部屋」へ続く階段が怖くてしょうがなかった。
布団部屋は一度だけ見たと記憶しているが、なんだか奇妙な部屋だった。
それはともかく、その階段が古びていたのと、仏壇が置いてある部屋(仏間ではない)に
階段があったせいもあり、毎年行っていた田舎なのに階段にはほとんど近づかなかった。
ある日、なにか用事があって仏壇がある部屋へ入ったら、階段の入り口を塞ぐように
大きな絵が垂れ幕のようにかかっていた。天井?にかけられていたのかな、それも
よくわからないけど、とにかく仏壇部屋の上から下、という感じで垂れ下がっていた。
白い布には、子供が書いたような大人の絵があった。等身大の絵みたいな感じ。
今でもうっすら覚えているが、青い背広を着た男性をクレヨンで書いたような絵だった。
頭の近くにはお日様の絵も書いてあったと思う。本当に子供の落書きみたいな絵。
なぜか異様に怖くて、慌てて部屋を飛び出して大人たちに絵が怖いと訴えたが、
「そんなのない」とか「○○君(同い年くらいの従兄弟)が書いたのかな?」とか、
とにかく関心ない返事をされたのをショックとともに覚えている。
その後時間を置いて、大人たちと一緒におずおずその部屋へ入ったが、絵はなかった。
「ほら、なにもないでしょ?」とか言われた気がする。
そんな田舎も、今は改築し、時々取材されるような小料理屋となっている。
結局、あの絵はなんだったのか全然わからないし、見たのはそれきりだった。
ただ、従兄弟が書いたにしても、あんな大きく書けるものなのかとか、まぁ書ける子は
書けると思うけど、今でも不思議、かつ、怖いイメージが残っている。



217 :ホペータにチュウ星人(♀):2007/07/22(日) 04:47:56 ID:BI2IoFYOO
うまく言えないんだけど
(; ・∀・)漏れんちに

生き物ではないただの物質なんだけど、そいつが
ナメクジのようにヌメッとしたものを出しながら移動したような跡がある。


もちろんその移動した時の足跡みたいなのは乾いてるんだけど
ナメクジが這った跡が乾燥しました的な独特のカピカピ感が
たまらない…。

っつうか
謎でつ。



219 :本当にあった怖い名無し:2007/07/22(日) 09:53:53 ID:Osq/i6WD0
よく知らない町を歩いていたら神社があったので迂回した
ちらっと横目で見ただけだが、戦没者を祀った神社らしかった
境内には立派な馬の銅像が見えており、軍馬を慰霊したものだろうかと納得
…で、その後帰り道同じ神社の近くを通りかかったから中に入ってみたら銅像なんてないんだなー
これが生馬だったら幽霊キタ━━━(゚∀゚)━━━!!なんだけど銅像だからなー
すげえ立派な銅像で(でも軍馬にしては裸で馬具とかつけてなかった)印象に残ってるんだけど



227 :本当にあった怖い名無し:2007/07/23(月) 07:49:15 ID:BTsSgTMX0
(1/2)
俺の友達二人と妹は見たことがあるらしい
それはそれとして、俺は怖い話は好きだけど信じないタイプだったし
今でも覚えてるけど、気のせいだったと思ってる
友人らの話に比べるとどうって事ないんだけど
いままで体験した2つだけ不可解な出来事

それは俺が大学生になりたてで、一人暮らしをし始めていた頃の話。
仕送りの日が来て浮かれていた俺は、「うーし、今日は寿司じゃー。
一人で全部食う!」と今まで家で出来なかった
ちいさい事を満喫していた。
寿司をでデカイおり買って、350mlのビールも1本買い込み
ガツガツとむさぼり食って「ウへへへ、ウメーぜ!」と食い終わって
得意げになっていると、ふとこんなことが頭におもいついた。
なぜそんな事を急に思い浮かんだのかは、わからない。
多分、怖いTVかラジオでも近い日にやってたのだと思う。
「そういえば、祟りとかってねーよな~。好きな子には振られるし神様とかも
いるわけねーよ。ハハハハハ!いるならかかって来い、コノヤロウバーカ!」
と調子ずいていた。
寿司だけでは無く、鉄火丼も買っていた俺は思わず調子こいて割り箸をつき立てた。
そう、いわゆる仏様のごはん状態。
すると・・・



228 :本当にあった怖い名無し:2007/07/23(月) 07:49:47 ID:BTsSgTMX0
(2/2)
すると、テレビの前に置いてあったちいさいゴミ箱から
ポーーンと紙くずを丸めたが直径5cmぐらいのゴミが、2mぐらい垂直に飛んだ。
その瞬間怖くなった俺はものすごい勢いで「ごめんなさい
ごめんなさい、もう悪いことはしません!」と、あやまり倒した。
何分たったか覚えていないけど
「まてよ・・・、単純に跳ねただけか?」と思いゴミ箱の中を覗いてみた。
ゴミ箱の中には、その飛んだ紙の丸めたゴミの他にタバコの箱とか
どう考えても飛ばす勢いのあるゴミは無かった。
だって全部合わせても、底からのゴミの厚さは2~3cmしかなかったから・・・。


これが1つ目の俺の不可解な話。
大して怖くなくて、スマソ
他はまたそのうちにでも



231 :本当にあった怖い名無し:2007/07/23(月) 14:32:40 ID:KOiVyMWx0
>>227
俺も同じような経験がある。

パチンコでボロ糞に負けた日の事、家に帰ってからも
怒りがおさまらなくて、ゴミ箱を蹴り飛ばしたり、
大事にしてた財布を破り捨ててしまった。そしてふと、

「神がいるんなら今すぐ天罰を与えてみろ!」
「もし与えられなかったら神とかいったたぐいのものは、今後一切信じねー」
と心の中で強く思った。

そしたら2~3分ぐらいたってから急激に腹痛に見舞われた。
意識をしてないのに腹が何度も波を打って息が出来ない程に苦しい。
そして猛烈な吐き気とともに、窓の外に顔を突き出して口を開けたら「シャーー」っと
まるでオシッコをするかのように2~3メートル先へ胃液が勢いよく出た。
朝からジュースしか飲んでなかったので食あたりなどの可能性はないし、
とにかく腹が今でも信じられない動きをしたよ・・。

「ごめんなさい、ごめんなさい、もう悪いことはしません!信じます」
>>227と同じように、ひたすらあやまり倒したらすぐにおさまった。



250 :マメ:2007/07/24(火) 19:52:33 ID:nVS9lV/90
人生でたった一度だけ体験した不思議な出来事です。
適当に書くんでだるい人は読まなくていいです。

仕事の昼休み、飯を食い終わっていつものように車に乗り寝ようと思い目をつぶったその瞬間、
パッと見たこともない景色が現れた。

一瞬何が起きたがわからなかったが、とにかく状況を把握しようと周りを見まわした。
そこは神社らしく、鳥居と前に賽銭箱がある祠があり、そばにヤクザ風のおっさんが15人位立っていた。

「やばい、ヤクザだ!」と思い、気づかれないように立ち去ろうとすると、
「おいコラァ!!そこで何してるだわりゃあ!!」というドスの利いた声が聞こえてきた。
「うわぁ~、気づかれちゃったよ」と思い恐る恐る振り返ると、その中のおっさん2~3人が罵声を発しながら近づいてきた。


251 :本当にあった怖い名無し:2007/07/24(火) 19:59:35 ID:t2OofIqV0
やな予感



252 :本当にあった怖い名無し:2007/07/24(火) 20:15:06 ID:nVS9lV/90
「何だわりゃあ、どこのもんだ!?」と聞いてくるヤクザ。
「○○市の××です。」と本名を答える俺。
「カタギかぁ?カタギのもんがこんならとこにいるじゃねぇ!!」と怒鳴りながら
何故か携帯を取り出し、どこかに電話をしだすヤクザ。
「自分す。××××入りました。○○お願いします。」
聞いたこともないような言葉で誰かに何かを伝えたその瞬間、
景色が元に戻り、自分の車の中だった。

時計を見ると一分も経っていない。

異世界か霊界のようなところに入り込んでしまったのか、未だに謎な話。



266 :本当にあった怖い名無し:2007/07/26(木) 15:04:29 ID:+kFqYwYS0
仕事に車で行く途中すごい眠気で信号でも一瞬夢を見る状態だった。
車を止める時間もないしで、守護霊さんに「このままじゃ事故してしまいます。
どうか目を覚まさせてください!」ってお願いした。
そしたら一瞬でさーっと目が覚め眠気がなくなった。

それを子供に言ったら
子供は学校の試験中、答えが分からないので守護霊さんに聞いたら
頭の中に答えが浮かんだそうだ。



267 :本当にあった怖い名無し:2007/07/26(木) 15:33:43 ID:YKxg5lI00
たいしたネタじゃないけど1つ思い出したのでカキコ。

中学2年生の時に美術の時間でのこと、絵を描く授業だった。
パレットに絵の具を出し、それを筆で取りながら使ってたわけだけど
ふと、パレットを見たら一色絵ながら、残った絵の具の跡によって
見事な人物絵が出来上がってた。
もうなんとなくそう見える・・というレベルでなく、ハッキリとまるで音楽の教科書にでも
載ってるような、斜め横を向いた人物像が出来ていた。
ビックリしてすぐに筆に水をつけて消してしまったけど勿体無い事をした・・。



269 :本当にあった怖い名無し:2007/07/26(木) 21:50:40 ID:calmhSfJO
今朝の話
自分は2ヶ月に一回ぐらいの頻度で金縛りにあうんだが、
今日もなんだか体に重さを感じながら目が覚めた。
ズシッと人間ぐらいの圧迫感にあぁまたか…となかば諦め
寝ぼけながら薄く目を開けるが…
なんだかぼやけた感じで良く見えない…
しかも心なしか息苦しい
目を擦ろうとしたが何かに手をがっしりと押さえつけられているようで動かない…
うぅぅ息苦しい…鼻がなんだかくすぐったい

「ハックション!んあぁぁ?」

「あは!?」女の声


一気に体の呪縛が解けた俺は必死に目を擦って、自分を苦しめていた物の正体を見極めようとした…


「おはよう…」

朝立ちした俺にまたがり、必死に乳首を俺の鼻の穴に入れようと奮闘している嫁だった…

アホな長文をスマン
誰かに聞いて欲しかったんだぁ!
リアル金縛りより怖いうちの嫁



273 :本当にあった怖い名無し:2007/07/26(木) 22:58:53 ID:+kFqYwYS0
朝立ちしたのはどうなった?



274 :本当にあった怖い名無し:2007/07/26(木) 23:11:22 ID:BSTZspQFO
新宿から電車にのったのに次の駅も新宿だったことがあるよ。



275 :本当にあった怖い名無し:2007/07/26(木) 23:11:50 ID:calmhSfJO
嫁だと気付いた時には既に合体してました…

何で鼻の穴に?と聞くと
合体してるのに起きないから妙な事して起こそうと思ったらしい

以前に本気で金縛りにあってて、必死に「あうええうえぇー!」(助けてくれー!)って何度も叫んでも、隣でテレビ見ながら笑ってるような嫁です…org

スレ違いなので下ネタはここまでで( -_-)



277 :本当にあった怖い名無し:2007/07/26(木) 23:28:02 ID:AJkmoTR50
小さい頃、親戚んちの棚あさってたら、笑うセェルスマンの絵がかいてある折り紙くらいの
大きさの紙が出てきたマジでこし抜けたのを覚えている



279 :本当にあった怖い名無し:2007/07/27(金) 19:24:51 ID:0pUgeVtfO
自分が厨房の頃、交通事故にあって首を怪我したんだ。(傷自体はそこまでたいしたことない)
その日の夜壁の方を向いて寝てたらふと何者かが背後にいる気配で目が覚めた。
母親が心配して覗きにきたのか?と思って起き上がろうとしたその瞬間、人生初の金縛りにあった。
マジで声も出ないし一切身動きもとれず、怖くてパニくってたらその何者かがいきなり怪我をした部分を撫でるように触ってきた。
これはヤバイ!!と思って必死に声を出そうと力を振り絞ってたらなんとか金縛りが溶けた。
当然部屋には誰も居ないし、誰かが出ていった形跡もなく家中シーンと静まりかえっていた。

ちなみに母親は看護婦なんだけど、その日は夜勤でまだ帰っていなくて、家族中に聞いても誰も部屋には行っていないとの事だった。
怖くてその日は明るくなるまで寝れなかったよ…
その日以来金縛りに会う事も不思議な体験をする事もなく平穏に生きてます。
一体あれはなんだったんだろう…(´・ω・`)



285 :本当にあった怖い名無し:2007/07/27(金) 23:51:42 ID:hwl+kqiHO
大した話じゃないんだけど気がかりなので書いてみる。

ここ数年の間に全く違う場所で3、4回だけど会う人がいる。
全く違う場所って言うのも東京と大阪くらいの距離があった事も
その人は目立つ様な不審な人じゃなくて本当に普通の男の人
(ちなみに親戚や知人では無く全く知らない人です)
別にその人は一人な訳でも無く話したりも無いしすれ違うくらい
自分だけが意識してるだけなのかもしれないけど今後同じ様な事が有るのかと
思うと不安と期待に似た気持ちが有る。



290 :本当にあった怖い名無し:2007/07/28(土) 16:21:27 ID:xaBbaY9+O
小2の頃の話。
うちの母は所謂嫁姑問題でかなりまいってた。
ある日、学校からうちに帰ると母と弟が居なかった。
極限までストレスが溜まったらしい母が2歳の弟を連れて、実家に帰ってしまったのだ。
取り残された私は毎日のように泣いた。
父が迎えに行っても、電話口で「帰ってきて」と懇願しても母は帰ってきてはくれなかった。

気がつけば夏休みに入り、友人が両親と旅行や海に出かける中、私はひとり。
中庭でひとり遊んでいると、最近姿を見なかった寝たきりの曾祖父が杖をついて近寄ってきた。
他愛もない話をしている時に唐突に
「お母ちゃんに会いたいか?」
と聞かれた。
「会いたい。私もうすぐ誕生日なのにお母さん忘れたのかな」
と言うと、そうかと呟き何処かへ行ってしまった。

曾祖父はそれから三日後、私の誕生日の前日に亡くなった。
母は曾祖父の訃報を聞き、久しぶりに帰ってきた。
私の誕生日当日に…。

結局、嫁姑問題は解決せず話し合いの末別居することになった。

元々寝たきりで90歳だったのでただ単に寿命が尽きただけかもしれないが、あまりにタイミングが良すぎたのでもしかしたら…と未だに思うことがある。



295 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2007/07/29(日) 02:46:13 ID:ZBdMBxuMO
まったく不思議じゃないし、ただの偶然だろが、すげーと思った話を。
先日京都へ旅行に行った。
せっかく京都へ来たんだし、といろんな神社をまわったんだ。
まずは清水寺へ。そこでおみくじ引いたらなんと「凶」
マジかよ~と思いつつ次の八坂神社へ。
名誉挽回とばかりにそこでもおみくじ引いたらまた「凶」なんだよ。
まー 2回くらい続くことはあるわな。
でも次の神社でも「凶」だったんだ。
次の神社でも「凶」…
結局5回続けて「凶」だった。
俺なんだか怖くなってさー そこでおみくじ引くのやめたんだけどさ
続けてたらまだまだ「凶」は続いたんだろか…



296 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2007/07/29(日) 02:55:41 ID:EMAhfQ2/0
>>295
私は子どものころ田舎の小さな秋祭りをハシゴして、
行く先々の神社で引いたくじが全部ホウキ×6だったことがある。

今、気を抜いたら汚部屋化しがちな自分の戒めに忘れないようにしてるw


297 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2007/07/29(日) 03:14:38 ID:1f+Aco0s0
2002年から2年ほど付き合っていた彼。
その彼と付き合っているといままで遭ったことの無いトラブルにしばしば
見舞われた。
1、彼と買いに行った家具を運んでもらったが家具が輸送トラブルで破損していた
&部屋に運び込んだ際床を傷つけて修理。
2、PCを宅急便で発送して事故る。業者がおっことしてHDD破損。
3、彼と買いに行ったPCははずれ品でわずか2年で調子悪いーアボン
この彼と付き合っている間、PC関係、物を運ぶ、郵便、
宅急便、のトラブルが多かったんだよね・・

自分が下げマンなのか?と思ったが、
別れたら宅急便や郵便の事故トラブル無くなった。不思議だ。



299 :白帯:2007/07/29(日) 14:02:24 ID:jHqiqFpj0
今さっき昼飯をかたずけおやつのバナナを食べながら
自分の部屋に戻ろうとしたとき黒い猫ではなく黒い犬が
家の中にいて何か物欲しげな目で見つめていて、俺は驚いて
3秒ほど固っまてしまい何で犬が家にいるんだと驚いたら犬
も驚いて逃げていきました。
つい先ほど【錬金術】次の日と答えて55人目【黒魔術?】に
レスたばかりだったので心底ビクッリ!!しましたこれてやぱっり
不吉?



304 :本当にあった怖い名無し:2007/07/30(月) 00:16:39 ID:/1Qgjaqg0
小4ときの話です。
学校から帰る途中、なんか視線を感じて周りを見渡してみたけど誰もいなく
視線を感じながら1人で歩いてたとき、家に着く前にふと空が気になり見上げてみると
雲が人の顔をしてめちゃくちゃ自分を睨んでました。
怖くて慌てて家に入ったのですが、なんか気になり、すぐ外に出てみると
その雲はなくなってました。
あの顔?雲?はどこへ行ってしまったのか謎です。



306 :本当にあった怖い名無し:2007/07/30(月) 00:58:40 ID:/1Qgjaqg0
>>305う~ん。 鬼のような形相だったような。
   小さいころだったから怖かったけど、今見たらまず写メだね^^
5年前も謎な事ありました。
夜中、いつも車で通ってる道じゃなく、たまには違う道とおってみようと思い
曲がるところを通過し直進、すると見慣れない道へ。
1時間たっても畑。不思議におもい、車を止めて友人に電話し道聞くと、
まっすぐ行くと川にあたるとの事。その言葉を信じ車を進めると大きな道へ。
そのまま大きな道から家に帰りました。
後日、明るいうちに同じ道を直進すると5分もしない内に川があり、行き止まりに。
謎です。ちなみに友人にその事話したら、笑って信じてもらえませんでした。
関連記事
1/3 2/3 3/3
(1)


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ ⇒
心霊 未確認生物 UMA ミステリーブログ⇒
不思議な話 怖い話の本⇒オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍
<<死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?170_6 | ホーム | 実話恐怖体験談 七談目>>

- コメント -

2007/08/01

不思議ですね

友達は信じないひとですか?
自分は良く話を聞いたり体験もたまにしてるので(こわくないですが)当たり前のように思っています。

コメントの投稿


管理者のみ閲覧可


- トラックバック -


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

<<死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?170_6 | ホーム | 実話恐怖体験談 七談目>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。