現在地

ホームページ

    カテゴリー:スポンサー広告
      └ スポンサーサイト

<<ひとりかくれんぼ
不思議な体験2>>ホームページ

    カテゴリー:恐怖体験・怖い話
      └ 死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?170_3

<<ひとりかくれんぼ
不思議な体験2>>

スポンサードリンク

カテゴリー・目次

人気記事ランキング

最近記事リスト

逆アクセスランキング

相互リンク

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

RSSフィード

プロフィール

怖い話 不思議な話@2ちゃんねる

Author:怖い話 不思議な話@2ちゃんねる
2ちゃんねるの怖い話、オカルト板まとめサイトです。心霊スポット 心霊写真 超常現象 怖い話 恐怖体験 未確認生物 UMA 都市伝説 オーパーツなど、怖い 不思議&面白いと思った話を厳選して紹介しています。
ただ今相互リンク募集中です。ただし、心霊・不思議・ミステリー系に限らせていただいておりますのでご了承下さいませ。

ブロとも申請フォーム









管理ページ
最新記事 - 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_8 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_7 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_6 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_5 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_4 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_3 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_2 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_1 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?1 (09/01) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_6 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_5 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_4 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_3 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_2 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_1 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_5 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_4 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_3 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_2 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_1 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_5 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_4 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_3 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_2 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_1 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 




<<ひとりかくれんぼ | ホーム | 不思議な体験2>>

怖い話 不思議な話@2ちゃんねる オカルト板まとめ

スポンサーサイト


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ

心霊 未確認生物 UMA 都市伝説 ミステリーブログをもっと見る



不思議な話 怖い話の本↓
オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1/3 2/3 3/3


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ ⇒
心霊 未確認生物 UMA ミステリーブログ⇒
不思議な話 怖い話の本⇒オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍
<<ひとりかくれんぼ | ホーム | 不思議な体験2>>

怖い話 不思議な話@2ちゃんねる オカルト板まとめ

死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?170_3


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ

心霊 未確認生物 UMA 都市伝説 ミステリーブログをもっと見る



不思議な話 怖い話の本↓
オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?170
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1185186584/
429 :本当にあった怖い名無し:2007/07/27(金) 05:33:23 ID:Z23gHdmk0
一人かくれんぼスレより

その日両親は親戚の家に行っていたので、一人になった俺は前から気になっていた
一人かくれんぼを実行。(両親は俺がオカルト系やると怒るのでこのときしかなかった)
手順どおり進めて隠れようとしたんだけど、ビビリだった俺は隠れると逃げ場所がないと思い
ある部屋の真ん中にうずくまっていた。
テレビの砂嵐がかすかに聞こえていたわけだが、特に何も起こらず1時間経過。
そろそろやめるかと思ったとき、砂嵐以外のなにか低い声みたいなものが聞こえた。
すっげえビビッて慌てて塩水を口に含んだよ。
んで立ち上がりながら前方を見ると障子の向こうに月光に映し出された影が見えた。
その影は俺が用意していた人形と同じくらいの背丈だったので、もう混乱して、もう一方の襖から
風呂場へ直行。
風呂桶をみるとまだ人形はあった。俺が出た襖からのほうが風呂場に早く着くので、あの影は
見間違いかと思ったのだが、人形のナイフが抜けていた。
慌てながらも速攻でナイフを刺しなおして塩水ぶっかけたよ。
処理後の人形は洗濯機に入れてそのまま風呂場でガクブルしてた。
以上です。


430 :本当にあった怖い名無し:2007/07/27(金) 05:35:39 ID:9YKf0xnvO
怖くないかもしれんが俺的には洒落にならん話。明日が同窓会なんで急に思いだした
消防の時、Yという友達がいた(やすしとかノックで有名な名前)あだ名はノックでかなりのいじられキャラだった
夏休みにノックと俺を含む男女5対4でプールに行ってプール内鬼ごっこをしていた
みんな泳ぎ疲れて鬼ごっこがグダグタになった頃俺はプールサイドで、みんなとしゃべっていた
プールには飽きていて帰るノリだったんだが、突然プール内で女子の叫び声がした
何事かとプールを見てみると女子が溺れたようにもがき、すぐ横にノックがいる
みんなでプールに飛び込み女子を助けると、しきりに体を触られた!溺れさせられた!
と怯えながら訴えていた。近くにいたのはノックだけ。女子は触られたと言ってる
ノックはいじられキャラのせいもあり、その日から水中痴漢と呼ばれるようになった


431 :本当にあった怖い名無し:2007/07/27(金) 05:40:54 ID:9YKf0xnvO
ここまでなら単なる笑い話だけど俺は水中痴漢の時に見てしまったんだ
他のみんなは気付いてなかったけど、女子の体に黒っぽいもやのようなものが
まとわりついていて、もやの中に無数の手や顔があった
その手や顔が女子の体の自由を奪っているように見えた
ノックは女子に触っていなかったし、距離的に触れる位置じゃなかった
俺は中学に入ってからもプールで見た黒いもやを10回くらい見ている
それはいつもノックの体から出ていてプールの時のようにはっきりと人の顔がある時もあった
もやはノックの近くの人や触った人に移っていく。そして移った人は数日後に怪我をしていた
もやが移った次の日に、運動神経抜群の人が体育祭の練習で骨折したり
修学旅行の前日に大怪我した人は旅行中、体にもやがまとわり付いてた
移ったもやがずっと消えない人は慢性的な腰痛を抱えていたらしい
今思えばノックのクラスは怪我人が多かった気がする…
幽霊は全く見えないのになぜ俺だけにもやが見えるのかもわからん
俺は誰にも言えなくて、22の今になってもノックは痴漢の汚名を着せられている
明日ノックに会う正直怖い



434 :本当にあった怖い名無し:2007/07/27(金) 11:26:08 ID:TQgPgrDyO
Aさんは、夜遅く帰宅した時は、必ずクローゼット、風呂場、ベッドの下をチェックする。
『何か』が隠れてないか確認する為だ。

Bさんは、夜遅く帰宅した時は、決してクローゼット、風呂の蓋、ベランダへの窓を開けない。
『誰か』が隠れているのを見つけてしまうのが怖いからだ。

Cさんは、部屋に入ると、息を潜めてどこかに隠れる。
帰宅して部屋を確認して回る『彼女(彼)』を、確認せずに寝てしまう『彼女(彼)』を待ち構えているのだ。

包丁片手に。



436 :本当にあった怖い名無し:2007/07/27(金) 12:10:19 ID:2eJmIzf2O
サイトで怖い系動画見つけ見てたら行きなり1~3秒毎にポーズ状態になり、再生すると始めからになる…
だまってると繰り返しorz
ある一つだけの動画が見れない。



441 :本当にあった怖い名無し:2007/07/27(金) 13:04:53 ID:La5t5Era0
自宅のマンションに忘れ物を取りに戻る。
自宅のマンションでテレビを見ている。
オートロックを開ける。
テレビのチャンネルを変える。
エレベーターに乗る。
暑いので冷房をつける。
部屋の前に着く。
麦茶を飲む。
ドアを開ける。
ドアが開いた。
お袋か来てるのかな。
お袋が来たのかな。
居間のドアを開けた。
居間のドアが開いた。
俺が居た。
俺が居た。
目の前が暗くなった。
意識を失った。
目が覚めた。
意識が戻った。
チャンネルを変えた。
忘れ物を持った。
冷えたので冷房を切った。
部屋を出た。


442 :本当にあった怖い名無し:2007/07/27(金) 13:15:48 ID:EERP47gR0
どっかの馴れ合いサイトで聞いた話

兄貴が死んだ 交通事故だった。
兄貴は俺なんかよりずっと頭も良くて勉強もできてなにより人格者だった。

なのにアホな未成年のDQNにバイクで跳ねられて死んじまった

何か泣けなかった。兄貴が死んだ気がしなくて ふりかえればまだそこに居るようなきがして…

兄貴が死んで二年後の夏。俺は何人かのサークル仲間と肝試しに行った。
無縁仏ばっかりあつめてろくに掃除もされちゃいないどっかの国営の墓地だったと思う。
開始時間はお約束と言っちゃなんだが丑三つ時 午前二時だ。

長いのでいったん切る


443 :本当にあった怖い名無し:2007/07/27(金) 13:26:33 ID:EERP47gR0
はっきり言えばべつに何もおこんねーだろ としか思っちゃいなかった。
家はクリスチャンの家系だし俺はもう洗礼もうけていた

それより眠気の方が強かった。

みんなで二人に別れて時間をずらして出発した。
俺は二番目だった。

一緒だったのは化粧と香水べったりのいかにも馬鹿っぽい女でべたべた引っ付いてきやがる。
相等ウザイが無視する方が賢明だと思ってさっさと墓地を抜けるべく早足で歩いた。

墓地はそれなりに広い。まっすぐ突っ切って出口で合流。ただそれだけ。

半分ほど抜けたころだろうか、頭でぼんやりそんなこと考えてたら何か固い物を思いっきりけっ飛ばしてしまった…

切る、キー打つの下手でさ…


444 :本当にあった怖い名無し:2007/07/27(金) 13:38:17 ID:EERP47gR0
俺が蹴ったのは…なんだこれ。陶器っぽい欠片の山と布…?

携帯のライトじゃ光量が弱くて何が何かよく分からん。目をこらして見ると布は小さな着物の形をしていた。
赤い帯の巻いてあるなかなか立派なやつだ。だが凄まじくぼろかった。

陶器…着物…

ああ、陶製の日本人形か。良く見れば髪らしき黒い糸も転がってた

多分お供えか、それともあの世へのおともか…とりあえず悪いと思ったから小さく十字を切って一礼

連れの女がやかましかったのでさっさと戻り、数分で墓地を抜けた。
出口には先発隊の二人が携帯をいじりながら待ってた。

それからは何もなく、フツーに家に帰って祈りを捧げて寝た

あ、いや。家の近くで小さな女のこっぽい影をちらっと見た。こんな遅くに親は何やってんだか…

すまん、また切る


445 :本当にあった怖い名無し:2007/07/27(金) 13:46:28 ID:EERP47gR0
最近やたら猫があちこちかぎまわってる。イタチでも侵入しているのだろうか。

夢をみた。普通だろと言われたら普通だが問題は内容だ

なんとなく夢だな~と分かるおかしな夢 場所は明るかったが肝試しをした墓地だった。
目のまえで小さな髪の長い女の子が俺に背を向けて泣いている。腕は胸の前で何か抱いているようで見えなかった。

小声で何かブツブツ言っている…

かえして かえして 

かえして?帰して?迷子か?

俺が声をかけようかと思ったとき、女の子が振り返って言った

私の…『  』返して

女の子の顔は覚えてない。ただ…恐ろしかったのをおぼえてる…

一旦切り



447 :本当にあった怖い名無し:2007/07/27(金) 13:52:56 ID:EERP47gR0
それからは毎日その夢を見た。ノイローゼーで死にそうだ

両親や友人に言うわけにもいかず。俺は悶々とした日々をすごした。

また 夢を見た。あの墓地だ。
俺は何かから必死に逃げている、何かはわからない。

ぱたぱたサンダルが地面を打つ音が聞こえる。多分あの女の子なんだろう

逃げに逃げたがついにバテ、追いつかれて強引にふりむかされる。凄い力だ

相変わらず顔は覚えていない

だが

かえせ!!!!!!!!

ものすごい勢いでそう怒鳴られてようやく目が覚めた…


448 :本当にあった怖い名無し:2007/07/27(金) 13:59:33 ID:EERP47gR0
汗だくでベットの上に転がってた俺を心なしか心配そうに我が愛猫が見下ろしている。
顎をなぜつつ上体を起こすと安っぽいメタルラックが目に入った。

メタルラックには写真を飾ってある。その写真のなかで一個だけ写真立てが倒れてた。
黒縁の小さな写真立て。起こすと写真たてのなかでお気に入りのダークスーツを着た兄貴が笑ってた。

兄貴……助けてくれよ…

ちょっと涙がでた

また…夢を見た…



452 :本当にあった怖い名無し:2007/07/27(金) 14:09:29 ID:EERP47gR0
相変わらずの昼間の墓地。だが、あの女の子は居なかった

代わりに、写真のまんまの…兄貴が居た。どこかあきれたような顔だった

「兄貴…」

「またえらいもん引っ付けたなお前も」

兄貴が何がいいたいかはわからないが、かなりあきれてるのは確かだ。

「まあ良い。もう馬鹿なまねはするなよ。あれは俺が連れって行くから」

連れて行く?どこに?

聞こうとした瞬間後ろで何か動いた。あの子だ…

背筋に悪寒がはしり汗がぶわっと噴き出す

振り返ろうと思った時に兄貴が何か言った。聞こえなかった。

そこで、目が覚めた

あれから変な夢はみていない。連れて行く その言葉の通り兄貴が助けてくれたのだろうか。
それとも俺の馬鹿さ加減に哀れみを感じた神が兄貴をこっちに寄越したのだろうか

どっちかはわかんないけど、死んでも兄貴はいいやつだった

終わり。怖くないか すまん



462 :本当にあった怖い名無し:2007/07/27(金) 16:18:49 ID:/MoFnJBdO
今年就職の工房ですが、幼少の頃の話しを一つ、


俺の家は団地で、遊ぶ時は年齢も性別もバラバラのメンバーだった
今の小さい子は家でゲームしたりするのが一般的らしいけど俺達は近くに森や川や沼があったので、外で遊ぶことのほうが多かった
何して遊ぶかは、近くの公園に行ってから遊具で遊びながら決める、決まらずに夕方まで遊んでることもあったwww

しかしこの公園、真っ暗くなる前には絶対に帰る…何故なら道路挟んですぐにお墓があるから!!最年少のだった俺は置いて行かれてよく泣いてたwww

お墓の次に怖いのが古墳、っても小さいもので古墳が何なのか分からなかった俺達はその上でアイス食ったりしてた

んで、古墳に調度木の影が被るのから友達と立ち話ししながらお墓の方を見ていると、真っ白な和服??(葬式で着るやつ)
を着た老人が見えた
ご近所付き合いMAXの田舎なのに見たこと無い人だったし、見たこと無い服(まだ葬式出たことなかった)を着てるしすっげー不気味だった

友達に変な奴がいる!!って言おうとした時、老人と目があってしまった…何ていうか生気??の無いというか虚ろというか…そんな感じの目だった
そしたら蛇に睨まれた蛙みたいに何も出来なくなった…変な汗が出るし、何も喋れないし、心臓の鼓動は早くなるし、何より目が離せない…だが、いつの間にか老人はお墓に向き直ってた

何かいけない物を見てしまったような気がして、友達にも親にも老人のことは言わなかった

このこと忘れていたけどこの前夢で見て思い出したwww
俺が幼少の頃、面識ない年寄りを以上に警戒してたらしい…今までは自分でも何故か分からんかったけど謎が解けたしwww夢ってすげーよ



465 :本当にあった怖い名無し:2007/07/27(金) 16:26:33 ID:+uJTsVm9O
母から聞いた話。
俺のおばさんがうちに来た時に、こんな話をしたらしい。
そのおばさんは、いかにも関西のおばちゃん!って感じの派手なおばちゃんで。
キレイな人だけど、いつもスナックのママみたいな派手な化粧に派手な服のおばちゃん。
おばちゃんは、地元のデパートに出かけた時に、そのデパートの中に中古の着物屋があるんだよ。本格的な呉服屋じゃなく、古着屋みたいな感じの店なんだけど、そこで中古の着物を買ったらしい。
そしたらその日の夜、夜中に目がさめたら、部屋の中で、かすかに人の声がするらしくて。よく耳をすましたら、着物から「お母ちゃん~お母ちゃん~」って泣き声がするらしい。
おばちゃんは、もう怖くなって、すぐに着物屋に返品しに行ったって。
母からその話を聞いた時、マジかよ!?ってかなりビックリしたよ。
俺、オカルトは好きだけど、ぶっちゃけ幽霊は半信半疑で、身近な人でそんな体験を聞くのは初めてだったから…



467 :本当にあった怖い名無し:2007/07/27(金) 16:38:11 ID:IpUxIkVU0
俺が通ってた中学校は2年生になると、扇○山に有る少年自然の家に2泊3日での研修があった。
結構歴史の有る山で、地元の豪族が後醍醐天皇を助けるために立てこもった山だとか。
ココからは先輩に聞いた話なんだが、
2泊目の夜、レクリエーションが終わり各班の部屋に帰ってくつろいでいたら、
遠くに車のライトのような光が見えた。普通なら何にもも感じない光景なのだがココは国道からかなり入った場所で、
宿泊施設を利用する人だけの道。部屋にいた友達をよんで
「なんだ、あの光は?」
みたいな話をしてた。その光はキラキラ光ながらまっすぐ近づいてきて、だんだん大きくなってくる。
キラキラ、キラキラ・・・・どれぐらい経ったのだろう急に光が消えた。
「やっぱり車のライトだったのだろう」
っと言って、外を見るのを止めた。数分後、今度は別の方角からさっきと同じ光が見えた。
さすがに車ではない、なぜならその光が見える方角は断崖絶壁なのだ。
怖くなり、窓を閉め部屋の済みで皆で固まりながらその光を見ていた。
キラキラ、キラキラ・・・光が消えたその瞬間、部屋の中央から
「バッ!」
という音と共に女性の上半身が飛び出したと思ったら、すぐにそのその姿は消えた。
大量の長い髪を残して。
先生の部屋に行き話したが信じてもらえず、「とりあえず部屋に来てくれ」と頼んで来てもらった。
さすがに大量の髪を見ると信用するしかなく、他言はするなと言われ髪を掃除した。
その後は何事も無く無事2泊3日の研修は終了。
次の年の俺達の時は何も無かった。
そしてその次の年も何事も無かったように見えた。
が宿泊施設をバックにして撮った集合写真に見知らぬ髪の長い見知らぬ女性が写っていた。
そう、あの部屋の窓から生徒を見下ろしていた。

マジ話。



483 :本当にあった怖い名無し:2007/07/27(金) 18:18:06 ID:Oypl2pPM0
小さいころ、団地の友達の家に遊びに行ったとき、
団地の間を自転車でなんどもグルグル回ってたんだ。
当たり前だけど同じ場所を回ってたはずなんだけど、
一回だけ変なところへ入り込んだんだ。
新宿の裏路地みたいなとこへ。
もう一度回って入ったんだけど、そこは同じ団地だった。
言葉変ですまん

1-300
308-351
関連記事
1/3 2/3 3/3
(0)


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ ⇒
心霊 未確認生物 UMA ミステリーブログ⇒
不思議な話 怖い話の本⇒オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍
<<ひとりかくれんぼ | ホーム | 不思議な体験2>>

- コメント -

コメントの投稿


管理者のみ閲覧可


- トラックバック -


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

<<ひとりかくれんぼ | ホーム | 不思議な体験2>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。