現在地

スポンサードリンク

カテゴリー・目次

人気記事ランキング

最近記事リスト

逆アクセスランキング

相互リンク

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

RSSフィード

プロフィール

怖い話 不思議な話@2ちゃんねる

Author:怖い話 不思議な話@2ちゃんねる
2ちゃんねるの怖い話、オカルト板まとめサイトです。心霊スポット 心霊写真 超常現象 怖い話 恐怖体験 未確認生物 UMA 都市伝説 オーパーツなど、怖い 不思議&面白いと思った話を厳選して紹介しています。
ただ今相互リンク募集中です。ただし、心霊・不思議・ミステリー系に限らせていただいておりますのでご了承下さいませ。

ブロとも申請フォーム









管理ページ
最新記事 - 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_8 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_7 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_6 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_5 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_4 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_3 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_2 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_1 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?1 (09/01) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_6 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_5 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_4 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_3 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_2 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_1 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_5 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_4 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_3 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_2 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_1 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_5 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_4 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_3 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_2 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_1 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 




<<死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 195_7 | ホーム | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 194_1>>

怖い話 不思議な話@2ちゃんねる オカルト板まとめ

スポンサーサイト


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ

心霊 未確認生物 UMA 都市伝説 ミステリーブログをもっと見る



不思議な話 怖い話の本↓
オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1/3 2/3 3/3


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ ⇒
心霊 未確認生物 UMA ミステリーブログ⇒
不思議な話 怖い話の本⇒オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍
<<死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 195_7 | ホーム | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 194_1>>

怖い話 不思議な話@2ちゃんねる オカルト板まとめ

死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 195_8


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ

心霊 未確認生物 UMA 都市伝説 ミステリーブログをもっと見る



不思議な話 怖い話の本↓
オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍
839 本当にあった怖い名無し sage 2008/08/08(金) 04:18:44 ID:D671oOEeO
投下してやろう

蝦夷地開拓時代、本土の開拓民集落がいくつかできたそうだ
その一つ、確か道央の方の話

明治時代、政府の政策にで多数の有志が北海道の開拓のため入地した

開拓前の未開の地は開拓を拒む鬱蒼とした森林地帯、しかしそこに果敢に挑んだ人間は、食料も、医者も、なにもかも不足しているなか、少しずつだが畑や家、道を造った

その課程で開拓民はあるものに悩まされた、熊だ

道央の深地はアイヌすら立ち入らない地帯、熊は人間を驚異とはまだみなしてはいない、しかし人を襲うということはなかった、はじめの頃は

ある年の秋、夏に異常な冷夏になり、作物に甚大な被害がでた、山の植物に深刻な影響がでたらしい

その秋は鮭の遡上も少なく、開拓民も食料の確保にかなり困っていた

それは、熊も同じだった

ある日の夜、おばあさんが外の物音に気づき、鹿か何かが外に干していた大根を食いにきたのかと思い外に出た

ボキ!バタバタ!!という何かが折れる音と大根がたくさん落ちる音

おばあさんがおびえながら裏に回る


その日を境におばあさんは突然いなくなってしまった


840 本当にあった怖い名無し sage 2008/08/08(金) 04:37:34 ID:D671oOEeO
それ以来、月に2~3人度の程度で人が居なくなった

居なく人は老人、女、子供であった

夜、トイレに行ったものがいなくなり、朝気づくと家族が一人いなくなり、ドアが開けっ放しになっている
もちろん居なくなる度に大勢でそこらじゅうを探し回ったが見つからない、ひとの足跡すらないのだ

神隠しや人柱、いろんな噂が立ったが確証は何一つなかった

冬になり雪がしんしんと降り積もる中、また、一人子供が消えた、しかし、今回は痕跡が残っていた、雪に引きずられた後が残っていた

その後は山に向かっていた
人々はその後を追い深山に分け行った、一つ山を越えた岩屋に後が続いていた、そこには骨が落ちていた、乾いた骨、乾いた骨、何かの動物の骨かと思っていたしかし、その奥の生乾き骨には黒い毛の固まりと皮と肉片が付いていた

村へ急ぎ立ち返り、状況を説明した、事を政府の役人に告げるため早馬がでた、事態を聞いた役人は狩人をよこした、それにより住人は初めて熊の存在を知った
おわり

846 本当にあった怖い名無し sage 2008/08/08(金) 08:41:09 ID:6XL9gF8J0
乱暴に死に装束を解かれ、あらわになった従姉の身体は、俺よりも五つも
年上なのにも関わらず、子供のように貧弱だった
死に装束の上からは豊かに見えた胸も、実際には乳首とアバラばかりが
浮き上る薄いもので、腰にも柔らかさなどは欠片も感じられなかった
しかし、意味不明な衝動に駆られた俺は、ぐったりとして冷え切った身体を
無理矢理押し開くと、思いつく限りのあらゆる方法で貪りまくった

頭のどこかでは自分は、なぜ、こんな骨と皮だけの「モノ」に、衝動を感じて
いるのだろうという疑問が渦巻いていたが、欲望の前にそんなものは何の戒め
にもならなかった
何度目かの絶頂を迎えた俺は、ふと従姉の血の気を失った唇に目を留めた
まだ、キスは試していなかったことに気がついた俺は、従姉を抱き起こすと
その唇を自分の唇で犯し始め、やがて、緩んだ口の中へ自分の舌を滑り込ませた
口の奥からかすかに漂う腐臭が俺の鼻をついたのはその瞬間だった


847 本当にあった怖い名無し sage 2008/08/08(金) 08:45:12 ID:6XL9gF8J0
それが全ての終わりだった
その匂いが、自分のやったことのおぞしさとあさましさを俺に自覚させた
ありったけの謝罪を口にしつつ、泣きながら従姉の身体を拭い、死に装束を
再び整えた俺は、その後は葬儀が終わるまで半ば放心状態のままだった

中一の時、朝礼で、片思いで大好きだったRちゃんが、貧血で倒れて、どうしても起きない
担任が、当時クラス一大きくて力持ちだった俺に、M君、Rちゃんを保健室まで運びなさい。って言って
もうひとり手伝おうとしたけど、俺が持ち上げてみて、「ああ、ぜんぜん一人で大丈夫だ」って言って、運びはじめた
廊下に入ってから、パンツの横から手を入れて,生まれて初めての物をさわった
とちゅう、休むふりや,抱え直すふりをしながら、いっぱい触った
目をつぶってるRちゃんの顔を見つめながら、あそこを触るのは、最高に幸せだった
俺の心臓は喉で鳴ってた
保健室に寝かせてから、トイレに入って、指を舐めてみたら、本当に味がして、興奮した
本当に三こすり位で驚く程いっぱい出た
授業が終わった時、Rちゃんが俺の所に来て、「運んでくれてありがとう」って言って可愛い顔でにっこり笑った

848 本当にあった怖い名無し sage 2008/08/08(金) 08:55:18 ID:6XL9gF8J0
高校生の頃俺は、人の頼みごとを断れない性格だった
そして、近所のおばさんに肉体関係を迫られ、断りきれずにヤッてしまった
しばらくしてそのおばさんの娘ともヤッてしまった
その従姉妹ともヤッてしまった

・・・と言う風な文を作り、作者名を学校のある臨時教師にして、学校の生徒用のパソコンに
入れておいたら別の教師に見つかり、問題になってその教師は首になってしまった
おわり

852 本当にあった怖い名無し 2008/08/08(金) 09:23:04 ID:qeqPIMsP0
知人がいつも言ってるプラモ屋で体験した話 だから実話かどうかは不明

いつもの様に店の奥の戦車やら戦艦やら軍用の航空機のプラモを見ていたら
ノーネクタイにソフト帽の2人組の会話が聞こえてきたそうな

ほう ちょうかいという名前のフネは今もあるのか 主砲が1門とは
少し頼りないな

横からみると結構似ているじゃないか

でも平仮名だとなんだか調子が狂うな

みようこうにこんごうにきりしま 本当だな

その後も

なんだ戦闘機はアメリカ製かとか 120ミリの主砲の戦車か 大した物
ん ドイツの砲なのか 変だと思った

その店の近くには芸大があったので知人はそこの学生が演劇の練習を
してるのかなと思って特に気にしなかったらしい

レジで会計の時 店の人にその2人の話をしてみたら
大学生位の2人組 そんな人着ませんでしたよ 奥から話声は聞こえました
携帯で話してたんじゃなかったんですか と逆に質問されたとか
おわり

854 本当にあった怖い名無し sage 2008/08/08(金) 09:53:29 ID:RgLPjNzoO
宅配の仕事をしてた時の話。
とあるマンションの一室に配達することになったのだが
そのマンションが結構古びてて雰囲気のある感じ。
確か12、3階建ての最上階が配達先だったと思う。
音がでかくてスピードの遅いエレベーターで配達先を目指す。
その部屋の前までいったらドアが15cmほど開いてた。
無用心だなと思いつつ呼び鈴をおす。
反応がない。もいっかいおす。
開けっぱで留守かよと思いドアの隙間から覗いてみた。
椅子に寝そべるように腰掛けた素っ裸で人が殺されてる!!
よくみるとそれはマネキン(等身大で関節部が動く人形)の胸に刃物が三本刺さってる。
長髪で帽子を被った男の人形。
裸なのに何故帽子だけ?
部屋は薄暗く水槽のコポコポいう音だけが聞こえる。
気味が悪いけど仕事なので、もいっかいだけ呼び鈴をおし不在票をいれ帰ろうと思った。
不在票を書き終え前を向くとドアの隙間から女が覗いてた。
30~40くらいの異様に痩せたオバサン。
無言でじっとこちらを見てる。
「〇〇さんですか?私…」と定型文の挨拶をして荷物を渡し逃げるようにエレベーターに。
そんなことはないだろうと思いつつ荷物を渡してる間殺されるのでは?と怖かった。
おわり

857 本当にあった怖い名無し 2008/08/08(金) 12:40:22 ID:WeuSzEBc0
えっと、現在進行形の話です。
はっきりとは覚えてないんですけど、今年の2月位?
冷蔵庫とキッチンの間に5cmほどの隙間があって、そこに
グレーっぽいふにゃふにゃしたモノが動いてるんですよ。
初め見た時は、ん?何だろう?と思って目を凝らしても
はっきりと実態が見えなくて、恐る恐る近づいてガン見したけど、
物体はないんだけど、なんていうんだろう、有色のスプレーを撒いたような
ガスというか霧というか、グレーなんです。
飼ってる猫はあまり気にしてないようだから、怖いものではなさそうで(夫は見えないという)
でも、最近隣人に思想盗聴とかされた事もあって
なにか繋がってるのかと思います。
日よけと目隠しのためにと、すだれも利用しましたが
あまりにも効果がないので今は窓の内側から黒い紙を貼り付け
外から室内が見えないようにしました。
きっと中を覗く事ができなくなったから、グレーも関係あるのではないかと
思います。(偵察のための何か)
警察に来て見てもらったけど、変な顔をされました。当然ですw
グレーは今でも毎日ある(いる?)し、
心霊現象ではなく人間の思念のほうが怖いです(A^^;)
おわり

863 本当にあった怖い名無し sage 2008/08/08(金) 13:50:08 ID:FAIkDwaJ0
私がまだ小学校中学年くらいの頃のことでした。
私の親は麻雀が好きで、週末になれば近所のどこかの家に集まり、
大麻雀大会が行われていました。

その家々には同年ぐらいの子供たちがいたので、親についていき、
その家で夜遅くまで遊ぶのが楽しみでした。
その日も、いつものように親と一緒に近所の家に遊びに行きました。

その家は、以前は下宿生を受け入れていたことがあったので、
部屋の数が家族の人数よりもかなり多く、ある一室が物置として使われていました。

そこには、タンスや使われなくなった二段ベット、オルガン、洋服が山積みになっており、
子供たちには遊べる場所に適任でした。

家のうらはある施設の敷地と公園になっており、
窓から差し込む街頭で部屋の中はうっすらと明るくなっていました。
子供とは不思議な発想をするもので、そのまま電気をつけずにかくれんぼをすることにしました。

隠れてみつかって、鬼をやって皆をみつけて、また隠れて。
なんどかやっていた時のこと。
私はどこに隠れようか悩んでいると、二段ベットが目につきました。

『単純に上の段に隠れてもすぐに見つかる』
そう思い、下の段の更に下。床とベッドの間にもぐり込むことにしました。



864 本当にあった怖い名無し sage 2008/08/08(金) 13:50:56 ID:FAIkDwaJ0
足からズルズルと入っていき、あとは頭だけという状態になった時、
上の段に隠れる人がいるのに気がつきました。

ちょうど、足がひっこむところ。

『あら、隠れ場所がかぶっちゃった。』
今更場所を変えるのも面倒なので、そのままそこにいることにしました。

「も~い~よ~。」
鬼がやってきて、一人づつみつけていきました。

私も見つかり、鬼がみんなを探す様子を見ていました。
『上の段には誰が隠れたんだろう?まだ見つかっていないなぁ。』

そして鬼が
「これで全員みつけたね」
と言うので、私は

「え?もう一人いるよ。」
と言うと

「みんないるよ~。」
っと言って鬼がみんなの名前を言い始めました。

「え?だって、上の段に隠れる人見たもん。
白い靴下履いている足がさぁ、入っていった・・・・」
ふと全員がみんなの足元を見ました。
そこにいた全員が裸足でした。

その家は、十数年後に建て直しをされ、あの部屋はなくなってしまいました。
思い出してみれば、あの足は明らかに子供ではなく、大人の男の人の足でした。
いったいなぜ、あの時に現れたのか・・・
おわり

908 本当にあった怖い名無し 2008/08/09(土) 02:16:09 ID:QfXEo0IMO
去年の夏、ある団地に宅配のバイトでピザを届けに行った。夕方5時ぐらい。
バイクを泊め、ドアの前に行くと、何故かピンク色の汚れた洗面器があって、その中に金が置いてあった。
少しおかしいとは思いつつ、チャイムを鳴らしたが、全然でてこない。

金がある以上、ピザを手渡さない訳にも行かないので、困ってしまった。
仕方なくゆっくりドアノブを回すと、ドアが開いてたんだ。
「すみません、ピザお届け・・・」ここまで言って、異変に気付いた。
部屋の中が見えない程、黒い煙?で充満していたんだ。

一瞬「火事か!?」と思ったが、そういった類いのコゲ臭い匂いはしなかったし、(何というか、海っぽい匂いがした)
団地の下では、さっきバイクをとめた場所に居た子供たちが遊ぶ声もする。
俺は「すいません、お届けものです。」もう一度言った。

すると、すぐ近くの下駄箱が、ドン!と派手な音を立てて倒れた。
ビクっとなったのもつかの間、黒いモヤの中にゆらめく影を見たんだ。
体の片方側だけに、腕が三つあった・・・。

909 本当にあった怖い名無し 2008/08/09(土) 02:17:23 ID:QfXEo0IMO

もう訳が分からなくて、怖くて、それでも必死に「ありがとうございましたー。」
とだけ言って、洗面器の中の金をひっ掴んで逃げるように階段を駆け降りた。

偶然なのか何なのか、何故か引き返した時には、
遊んでいた筈の子供たちも一人残らず居なくなっていた。

バイクに跨がり、発進する時、今行った部屋の窓を見上げた。
部屋自体には、特に異常は無いようだったが、
(と、いうか、カーテンが閉まっていて中は見えなかった)
その部屋の窓がある地点の壁に、黒い液体?が3本、下に向かって線状に垂れてて、
それは、下の階の窓のすぐ近くまで来ていた。

バイトに戻ってこの話をしても、誰も信じてくれなかった。
作り話上手いなあ、と笑われた。

・・・もし、ああいう先天的な障害を持った人だったなら、申し訳ない事したな、とは思う。
けど、不気味すぎて、あの時の行動を咎められてもどうしようもない・・・

そのバイトは、それから少しして、やめた。
おわり

945 1/5 2008/08/09(土) 18:45:06 ID:CiRpxVeD0
実際に知人が体験した話

初めは彩子が会社帰りにバス停から家まで歩いているときに起った。
小さな公園を横切り一人暮らしをしているマンションが見えた頃だった。
急に電柱の影から話しかけられた。
『あなたの部屋に姿鏡あるでしょ。』
突然の質問に心臓が飛び出しそうになりバッと身構えながら声の方向を向くと
全身黒や茶色の服装の地味な女性が若干前かがみの状態でたたずんでいた。
見たことのない女性だった。年齢はおよそ40代半ば程。
そのまま女性は続けた。
『あなたの部屋に姿鏡あるでしょ。このくらいの。』
指で形を書きながら続ける。
『その姿鏡捨てたほうがいいわよ。悪いことが起きるの』
『思い出なの?思い出なら仕方ないけど。でもしょうがないわよ』
彩子はその女性が頭のおかしい人と悟り、毅然とした口調で切り出した。
「はぁ?そんなものありません。失礼します。」
と、早足でマンションに向かった。

946 2/5 2008/08/09(土) 18:45:46 ID:CiRpxVeD0
ところが、彩子の言葉がまるで聞こえていないのかのように
彩子を追いかけながら女性は続けた。
『私は知っているのよ。お隣だもの。お・と・な・り。』
『ねぇ。捨てなさいってば。思い出なの?形見とかなら可愛そうだけど・・・。
しょうがないわよ。明日捨てたほうがいいわ』
彩子は無視し続けるもエレベーターを待っている間もずっと続けているので
「いいかげんにして下さい!本当にそんな姿鏡持っていません!」
とやや声を荒げてお隣だという女性に言うも
『嘘よ。嘘。だって知っているもの。あなた教育が悪いわね』
『隠しても無駄なの。あなたの部屋に姿鏡あるでしょ。このくらいの』
また指で形をつくりながら言う。
もちろんエレベーターの中にもついてくる。
彩子は呪文のような台詞にうんざりし、無視することにした。
ずぅっと同じような言葉を続けている中、エレベーターが彩子の部屋がある7階に到着した。
扉が開くと彩子の部屋である一番奥の708号室まで駆けだし、すぐさま鍵を開けた。
追ってはこなかったが、大声で『姿鏡を捨てなさい!思い出なの!?』と
エレベーターの前からこちらを向いているのが部屋に入る前に見えた。

947 3/5 2008/08/09(土) 18:46:34 ID:CiRpxVeD0
翌朝、昨夜の出来事が頭から離れずほとんど眠ることができなかった彩子は
寝不足のまま会社へ出勤すると、同僚などに「二日酔いかぁ?」などとからかわれた。
なんとか仕事を終え帰宅すると、やはりお隣の女性はマンションの前で待っていた。
そこからは昨日の繰り返し。
『あなたの部屋に姿鏡あるでしょ。このくらいの』
から始まり『思い出なの?思い出なの?』と・・・。
彩子は終始無視を決め込んだ。
そのまま彩子の部屋の前までついてくる。
鍵を開けると彩子は振り返り。
「いいかげんにしてください。これ以上続けるなら警察呼びますよ。」
と言ったが。やはり聞こえていないかのように女性は言った。
『ほら。見せてみなさいよ。私が一緒に捨ててあげるから。思い出でもしょうがないわよ』

948 4/5 2008/08/09(土) 18:47:07 ID:CiRpxVeD0
寝不足でイライラしていた彩子はとうとうキレた。
「なんなんですか!!あなたに関係ないでしょ!」と言うと。
淡々とした口調だが、今までよりも大きな声で
『鏡っていうのはね、光だけじゃなく悪い気も跳ね返すのよ
悪い気があなたの部屋を通ってるんだけど、姿鏡が反射して
私の部屋にくるの。』
「はぁ!?頭おかしいんですか!」
『だからマァ君がね、事故に遭って今入院してるの。このままだとマァ君が死んじゃうでしょ?
だからあなたの部屋の姿鏡捨ててちょうだい?思い出なの?』
もう駄目だと思った彩子は勢い良くドアを開け、滑り込むように部屋に入って鍵をかけた。
外では女性の大きな声が続いている。
『思い出なの?それでもしょうがないのよ?』と。


949 5/5 2008/08/09(土) 18:48:20 ID:CiRpxVeD0
部屋の電気を付け、彩子はすぐさま管理人に連絡をした。
一方的に変な隣人に困っていることを半分パニックになりながら伝えたが。
管理人はあまり真剣ではない様子。
ふいにチャイムが「ピンポーン」「ピンポーン」と鳴る。
「ほら!まだ居る!早くすぐ来てなんとかしてください!頭がおかしくなりそう!」
管理人はう~んと唸りながら答える
「その、隣人なんですけどねぇ。― 」
すると玄関のチャイム音の奥から不思議なことに男の声が聞こえてきた。
「《ピンポーン》すいませーん!すいませーん!」
管理人は続ける
「 ―お宅の隣の707号室は携帯の基地局として機材が置いてあるだけで
誰も住んでいないんですよ。」
管理人が言い終わるころ、外の男の声が告げた。
「さっき口論してた人!飛び降りちゃいましたけど!」

彩子は失神してしまった。
関連記事
1/3 2/3 3/3
(0)


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ ⇒
心霊 未確認生物 UMA ミステリーブログ⇒
不思議な話 怖い話の本⇒オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍
<<死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 195_7 | ホーム | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 194_1>>

- コメント -

コメントの投稿


管理者のみ閲覧可


- トラックバック -


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

<<死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 195_7 | ホーム | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 194_1>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。