現在地

スポンサードリンク

カテゴリー・目次

人気記事ランキング

最近記事リスト

逆アクセスランキング

相互リンク

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

RSSフィード

プロフィール

怖い話 不思議な話@2ちゃんねる

Author:怖い話 不思議な話@2ちゃんねる
2ちゃんねるの怖い話、オカルト板まとめサイトです。心霊スポット 心霊写真 超常現象 怖い話 恐怖体験 未確認生物 UMA 都市伝説 オーパーツなど、怖い 不思議&面白いと思った話を厳選して紹介しています。
ただ今相互リンク募集中です。ただし、心霊・不思議・ミステリー系に限らせていただいておりますのでご了承下さいませ。

ブロとも申請フォーム









管理ページ
最新記事 - 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_8 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_7 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_6 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_5 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_4 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_3 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_2 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_1 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?1 (09/01) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_6 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_5 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_4 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_3 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_2 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_1 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_5 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_4 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_3 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_2 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_1 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_5 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_4 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_3 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_2 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_1 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 




<<死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 195_2 | ホーム | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 195_4>>

怖い話 不思議な話@2ちゃんねる オカルト板まとめ

スポンサーサイト


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ

心霊 未確認生物 UMA 都市伝説 ミステリーブログをもっと見る



不思議な話 怖い話の本↓
オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1/3 2/3 3/3


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ ⇒
心霊 未確認生物 UMA ミステリーブログ⇒
不思議な話 怖い話の本⇒オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍
<<死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 195_2 | ホーム | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 195_4>>

怖い話 不思議な話@2ちゃんねる オカルト板まとめ

死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 195_3


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ

心霊 未確認生物 UMA 都市伝説 ミステリーブログをもっと見る



不思議な話 怖い話の本↓
オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍


224 本当にあった怖い名無し New! 2008/07/24(木) 11:14:55 ID:d1svRSOS0

ヤコという妖怪がいる。漢字で夜狐と書く。
狐の怪談は全国に広く、特に九州で長崎に多い。

8年前。学生時代。

当時、沖縄の大学に通っていた私。
沖縄の夏は暑い。
部屋にクーラーがない私は、涼みながら外食しようと、友人で唯一、車を持つ川野に連絡した。
川野は「すぐに迎えにいくよ」と電話を切る。

彼の家はここから車で5分と離れていない。私は仕度をし、川野の到着を外で待った。

夜8時。夏といえども辺りは暗い。覚えたての煙草をふかしながら待つ。

しかし…20分後…来ない…30分後……まだ来ない。
もう一度電話をする。電話に出ない。

何本目の煙草を吸ったか、もう1時間半は経つ。川野は真面目な奴で時間に遅れることはない。

おかしいと思い、待つことを諦めた私は歩いて彼の家まで行く事にした。
4~5分歩いたろうか、きび畑の畦道に差し掛かった頃、彼から携帯に連絡があったことに気付き、折り返した。
(続)


225 本当にあった怖い名無し New! 2008/07/24(木) 11:17:42 ID:d1svRSOS0
(続)
電話に出るやいなや、
「おい、ヤコに遇ったぞ、ヤコや」と、大きな声で叫んでいる。
「ヤコ? なんだいそりゃあ?」と私。
「ヤコやヤコ! お前知らんとや? やっと抜け出したからもう着くわ」
「今、きび畑の畦道前におるから…ああ、そこ。自販機のあるところ。そこまで来て」

ジュースを飲みながら待っていると、彼の黒い軽が見えた。

助手席に乗り込む。
「なんな? ヤコって。遅れたことの言い訳か」
笑いながら話しかけたが、彼の顔は真っ青。
声ばかりか手まで震わせ、こう言った。
「ヤコちゃあ狐のこったい。うちの家系はヤコ付きたい」
「ほうそれでそれがなんで遅れたことに関係ある?」
「そこのきび畑の一本道から抜け出せなんだ。ヤコに騙されてぇ」
「まあ落ち着けよ。煙草でも吸ってさ」

震えながら持った煙草は前後、逆。フィルターに火を点けようとしている。
煙が妙にきつい。おかしな吸い方をしているようだ。

ようやく落ち着きを取り返した体の彼に話を聞くと、ヤコに騙され、1時間もの間、この一本道をループしていたらしい。
どうやらヤコは幻を見せ、人を道に迷わせるらしい。
畦道はおよそ百メートル。きび畑の半分は工事中で整地されつつある。が、迷うような距離でない。

(続)

226 本当にあった怖い名無し New! 2008/07/24(木) 11:18:21 ID:d1svRSOS0
(続)
彼は長崎出身。彼の家系はヤコ付きという。ヤコ付きの家系に嫁ぐならライ病患者の家に嫁ぐほうがましだともいう。
彼の祖父もたびたび騙されるらしく、運転しながら祖父に電話をしている。
その奇妙な、私には分からない感覚が不安を与えた。

その後、幸なことに彼はヤコには遇っていない。
あのきび畑の畦道も整備され、味気ない道路になった。

ある民俗史によると、島の多い長崎では、島単位、島全体でこのヤコが付いている家系もあるという。
またヤコは力が増せば人を殺してしまうとある。
もしあのまま騙され、きび畑を抜け出せなかったら…。

おそろしやおそろしや。

ヤコから抜け出す方法は様々あるが…ここにいる方々は出遭うこともなかろうから、割愛す。(了)悠圃
おわり

235 本当にあった怖い名無し New! 2008/07/24(木) 14:34:06 ID:xdZVbzhs0
俺の家で実際にあった話なんだが……

深夜2時近く、もちろんのごとく爆睡中の俺。
んで、明日が休みって事もあって友達が家に泊まって蒸し暑くて寝れないって言ったんでそいつはずっとテレビを見てたんだが…
突然パンッって音がしてその友達が叫び声を上げた。
いままでマジな叫び声ってのを聴いた事がなかったんだけど、本気であせって叫んだらあんな声になるんだななんて寝ぼけた頭でぼんやり考えてたんだけど…
なんだよ、って悪態つきながらしぶしぶ体起こして友達の方を見た。
友達はこれ、これ…!なんて声を震わせて棚近くの床をずっと指差してた。
あぁ?まさかゴキブリ…?とか考えて見てみると、そこにあったのはCD。
ただ、そのCD-Rは粉々に砕けて床に破片が散らばってる状態だった。
「お前、どんな割り方してんだよ……?」
「だれがCD-Rなんか割るか!!急に割れたんだよ!!」
とにもかくにもこのままにしておくと危ないと思って破片を拾いあつめてて気づいた。
そのCD-Rは、ちょうど夕方ぐらいに古いCD-Rの中から出てきたので、友達とふざけて聴いたやつだ。
友達も気づいたのか、これ…なんてかなり脅えた顔でこっちを見てきた。
このCD-R、最初の方はフツウに俺が昔好きだった曲ばっかりはいってて、懐かしいなあとか言いながら聞き入ってたんだけど…
5曲目ぐらいかな?急にスローテンポになりだした。
なんてゆうか…曲を物凄く遅くしたらうめき声みたいに聴こえるじゃん?あんな感じに急に変わったんだ。

-続く-

236 本当にあった怖い名無し New! 2008/07/24(木) 14:52:29 ID:xdZVbzhs0
そんなもんが急に流れるから気味悪くなってすぐに聴くのやめて、すぐに捨てようかと思ってんだけど
ほかの奴らに聞かせてみようぜ、って話になってとりあえず棚の上にポイって置いといた。
あぁ、あのCD…ってことは棚から落ちて割れたのか…
よかった…あせって損したなんてことを言ってたらその友達は未だに青ざめた顔で

次で終わり

237 本当にあった怖い名無し New! 2008/07/24(木) 14:56:12 ID:xdZVbzhs0
「お前さ、CD割ったことある…?」って聞いてきた。
割った事ない、って答えたら
「俺、一回簡単に割れるだろ、って思って割ろうとした事あんだよ。」
「でもさ、アレ、意外と力が要るんだよ。なんてゆうか凄い曲がるのは曲がるんだけど中々割れないんだ。」
中々割れないしムカついてきたんで割るのやめたんだけどさ、って。
だから何?何が言いたいの?そう聞き返した。
「結構な力加えても割れないCDがさ、棚から落ちただけで割れるか?それに…」
「このCDさ、明らかに爆発したみたいに割れてんじゃん。どんな割りかたしてもこんな粉々になんねぇだろ…?」
その瞬間、背筋がゾクッてした。
そうだ、そのCDはホントに粉々だった。細かい欠片を今自分で拾ってんじゃんか。
「じゃあ、なんでかってに割れんだよ?」
「そんなの知るか!でも、お前さ…」
「パンって音、聞こえなかった?」
聞こえた。確かに寝ぼけてたけど聞こえた。妙にはっきり聞こえた。
あぁ、あれは…CDが割れた音…?

その瞬間、2人して部屋を飛び出してコンビニに無意味に駆け込んだ。
とにかく人がいる場所に行きたかった。

オチとかゼロだがスマン。
多分そんな怖くないだろうけど、体験した俺にとっちゃかなりの恐怖体験www
うちの家結構古い一軒家でそうゆうのはたびたびあったけど
あんなはっきり?したかんじのは初めてで、本気でビビったwwww

なんだったんだろ、アレ?
おわり

241 本当にあった怖い名無し sage New! 2008/07/24(木) 16:03:01 ID:AD+P3kx80
1年前くらいの実体験なんだけど。

旅館にバイトしに行ったんだよ、
学生のバイトの主な動機なんて「割のいい小遣い稼ぎ」てなもんだから、
俺もご多分に漏れず条件にあてはまるの探しに探して、
やっと自給850円の小規模な民宿のベットメイクに目をつけたんだ。
体力使うっていっても大したことじゃないし、シフト制なのもぴったしだったからさ。

んで、一通り先輩方に仕事のやり方を説明してもらってたんだけど、
そこで変なルールつきの部屋の説明を受けたんだわ。
4階の奥の方の部屋なんだけど、絶対ドアを閉めちゃいけないって言われたんだ。
「開かずの部屋」じゃなくて、「閉まらずの部屋」なんだって。
その民宿は4階建てで、上から見たら下の部分が長い凹の形をしててさ、
問題の部屋はその左上の端っこにあるから、
4階に上がってもそっちのほうに行く人しかドアが開いてるかどうかは目視できないんだよな。
別段景色のいいところでもなかったから、4階に泊まる客自体も少なかったし。

244 本当にあった怖い名無し sage New! 2008/07/24(木) 16:11:22 ID:AD+P3kx80
でも一応毎回部屋のクリーンアップはしなきゃならないから、
実際他の部屋と同じようにポット代えたり軽く掃除したりはするんだ。
ただ、終わって出てもその部屋のドアは開けっ放しにするだけ。

俺は霊感なんかこれっぽっちもないけど、そういう話は大好きで興味あったから
実際にバイト終わった後トイレに行く振りしてその部屋に行って調べたんだよ。
でも掛け軸の裏や箪笥の奥に札なんてのは何一つなかったし、
窓の外の外壁とかまで注意深く探してみても変なシミ一つさえ見当たらなかったんだよね。

そんなもんだから他のバイトにも実際どう思うよ?って話したら、
ほとんどの学生バイトの見解も「迷信じゃね?」ってな感じだった。
Aってやつとは話があったバイト仲間だったんだけど、
そいつと2人でやる時にも一緒に入って色々見たけどなーんにもなくてさ。

先輩にうまくからかわれただけだなw って結論を出した。

246 本当にあった怖い名無し sage New! 2008/07/24(木) 16:19:43 ID:AD+P3kx80
で、のらくらとバイト続けているうちにまたAと一緒に4階を回ることになって、
その時に堪え切れなくて言っちゃったんだな、
「あの部屋のドア別に閉めてもいいじゃん、何も変わったところないし。」って。

で、部屋のクリーンアップ終わった時に試しに閉めてみた。
立て付けが悪いわけでもなく実に自然に閉まった。風で変な音が出そうな気配も無い。
Aも「なんだ、壊れてるわけでもないのかよ」って呆れ顔だった。
んで、「どうせ俺ら明日もバイト入ってるんだし、閉めたまま様子見るのもよくね?」ってなったんだ。
俺もいけないとはわかってたけど、まぁ問題が起きても自己責任だしなって思って同意したんだ。
それよりなんで閉めちゃいけないのかがろくな説明も無かったから気になってさ。

248 本当にあった怖い名無し sage New! 2008/07/24(木) 16:35:46 ID:AD+P3kx80
んで、客はもういなかったから4階の廊下でシーツとかAと2人でまとめてたら、
その閉まらずの部屋のほうから突然、「出してくれええ!!」って男の野太い声が聞こえたんだ。

Aと顔を見合わせて、Aが「逃げるぞ!」って言った瞬間脱兎のごとく逃げ出したよ。
2階で仕事してた「入るな」の説明をしてくれた先輩にそのことを話すと、
ウンザリした顔で一緒に開けに行こうって言ってくれた。
大の男2人が女に連れられて部屋のドアを開けにいったんだが、もう体裁なんて気にしていられなかった。
自分たち以外人のいないとこからあんな声が出て本当に脂汗かいてたし、
泣いて許されるんだったら家に帰りたかったけど。

話によると、その部屋で持病の発作を起こして死んだ人がいるらしかった。
たまたま薬を持った人が小用で出てるときにそれが起こってしまって、ドアの前で絶命していたらしい。
それ以来、ときたま弱弱しくドアを叩く音が聞こえる現象が続いたらしくて、
もちろんその部屋は使用禁止+お祓いってことになったんだけど、結局消えなかったんだって。
けど、そのドア開けっ放しにしておくとその音はなくなるらしい。
その部屋の玄関口で倒れた霊がときたま出るから、なんだってさ。

もちろん俺とAは一端引き止められたものの結局バイトは辞めてしまった。
今でもその旅館は普通に営業してるけど、お札とかなくてもそういうのには気をつけなきゃいけないと本気で思ったよ。
長文+稚拙な表現ですまんかった。
おわり

250 本当にあった怖い名無し New! 2008/07/24(木) 16:56:04 ID:7ui1PNSH0
スレチかもしれないけど、どうしても忘れられない事があるから投下。

小学生の頃、俺の小学校は二時間目が終わったら少し長めの休み時間があったんだ。
児童はその時間の間に、学校周りのたんぼの間の小道でマラソンしなければいけなかった。
走るのが大嫌いだった俺は、たんぼで虫を捕まえたり、その辺に生えてる草で遊んだりしながら、
だらだら歩きながらコースを回ってた。
たんぼってさ、水をいれるために横に用水路が着いてるんだけど、その用水路に流れてる水がまた
きれいで冷たくて、俺は友達と水の中にいるザリガニとか捕まえながら遊んでた。
で、複数の用水路に水を供給するために、ちょっと深い水貯め場みたいなところがあったんだ。
いつものごとく遊びながら、そこの中をふっと覗いてみたら、なにやら白い物体が死んでいる。
それの体の形は鳥っぽかった。足とかもろ鳥だった。ただ鳥にしてはでかい。でかすぎる。
たぶん人間までは行かなくても、幼稚園生くらいの大きさはあった気がする。
正に鳥人間と言った方が分かりやすいくらいの物体だった。
その死に方なんだが、首から上がもぎとられてて、ちょうど人間が壁にもたれかかって座っている様な感じで死んでいた。
そのあきらかに見たことのないでかい鳥みたいな死体を見て、他の児童も何人か興味をもっていたが、
皆なにかの動物の死体だろうって事で特に気にも止めず、そのままマラソン続けてた。
俺からしたら、イヤ、お前らあきらかにこれでかいだろ!って突っ込みたかったんだけど、なんか
その死体の不気味さと、変わってるやつと思われるのが嫌で、俺も無視してそのまま帰ることにした。
俺はさっきの死体のことで好奇心が止まらなかったのだが、皆全く気にしてない様子だったので、誰とも
それについて話せなかった。次の日もマラソンがもちろんあったので、昨日の死体を確認しに行ったのだが、
その場所にはすでに死体はなかった。

いったいあの時見た死体はなんだったのか。今でも異様な光景として俺の目に焼きついている。



259 本当にあった怖い名無し sage New! 2008/07/24(木) 20:00:22 ID:coJqEL0g0
>>250
中学生の時、田んぼ脇の幅1m深さ2mくらいある用水路の中に
犬がいたのを思い出した
その犬、上が覆われてて洞窟みたいになってる所にいたんだ
たまたまチラッと見えて、何かな?と思って中に入って犬だとわかった
出してやろうと思ったら、逃げていくんだけど何か様子がおかしい
後ろ足が二つともお座りした形のまま癒着してるみたいで
前足を使って引きずりながら逃げていくんだ
どうにか出してやりたかったんだけど、
その姿があまりにも悲惨だったし
洞窟みたいに真っ暗な奥の方へ逃げてしまって
結局、怖くて中に入っていけず助け出すことはできなかった
俺のトラウマ
おわり

267 本当にあった怖い名無し sage New! 2008/07/25(金) 03:45:09 ID:t/O11+0y0
俺の友人の話です。

奴は作家志望(というか印税生活志望)で、いろんな出版社に駄文を書いてはよく送り付けてました。
そして去年、この板にいる方は知ってらっしゃるかと思います、某実話怪談本の企画に応募するために
一編の話を書き上げまして。
まあその話自体奴の創作(この時点で規約的にはアウトなんですが)だったんですけど。
で、その日の深夜に奴から電話が掛かって来まして…なんだか凄く取り乱してる様子で。
「な、なあ○○(自分のことです)、今さ…どこにいる?」
「どこって、自分の部屋だけど」
「い、い、今から俺の家来てくれん?」
「やだよ。何時だと思っとるんよ」
「やばいんだよ…押入れからさ…押入れから白い女が…」
「それお前が書いた話やろうが。からかっとるんか?」
「い、いや、ホントなんだって!ほん…ちょっ…嫌だ…まっ…プツッ(電話切れた)」
その時は手の込んだいたずらかと思って放置しました。
そしてそれ以来、その友人は失踪してしまいました。

友人の部屋からは、あの話を書いた原稿は見つかりませんでした。
そして、それほどの事件だったにもかかわらず
確かにあの話を聞いたはずの俺の記憶にも話の内容は殆ど残っていません。
ただ、最後に友人が言った「押入れ」「白い女」というのが記憶に残るのみです。
創作であったはずのあの話、それのどこかが「あちら側」の琴線に触れてしまったのでしょうか?
もはや何も真実はわかりません。
おわり

270 本当にあった怖い名無し New! 2008/07/25(金) 08:05:20 ID:e2pfRhxaO
まとめの「ラジオ」を読んでたら、似たような体験したのを思い出した。

高校生の時、今よりかなりオカルト好きだった。
俺は遅刻魔だったんだが、朝の電車に乗り遅れると決まって駅のコンビニで怖い話の本を立ち読みしていた。
ある日、実話系の本が入荷されてきた。読んでみたらかなり怖い。
俺は1週間くらい、それを読み耽った。
そしてある夜。寝ている時金縛りにあった。

271 本当にあった怖い名無し 270-2 New! 2008/07/25(金) 08:11:00 ID:e2pfRhxaO
金縛りくらいよくあったのだが、その日は違った。
金縛りになった直後、机の上のCDラジカセの電源が入り、ラジオ放送が流れ始めた。
スピーカーから聞こえるのは、俺が毎日読んでいた実話系怖い話の中の話だった。
暗い男の声で音読されていた。
俺はもがいて金縛りから抜け出し、CDラジカセの電源を切りに走った。
よく見たら、コードが入っていない。「?」と思うと同時に、謎のラジオもかき消えた。
それ以来、俺はそのテの本を読むのを止めた。
おわり

276 - 2008/07/25(金) 11:27:13 ID:pwTgS3wZ0
短くサクっと

結婚して数年、諦めかけていたがやっと子供が授かり
その息子も3歳になり何とか会話も出来るようになりました。
親なら誰もが聞く事だと思う事を聞いてみた

「ママのお腹の中の事覚えてる?」
「ウン、狭くてぷにゅぷにゅしてた。パパとママの声も聞こえたよ○○君って聞こえたよ」
「横にお友達も居たよ」
「お友達?お腹の中に?」
「ウン、女の子、もうずっとお腹の中にいるだって」
「それでねウンショウンショって出る時お友達がママに言ってて”ずーとここで待ってる”って」

「・・・ママにはお友達の事はナイショだよ、約束」
「ウン約束、でもいまでもママのお腹からお友達の声が聞こえるよ”痛いよ~助けてママ~”って」
おわり

284 本当にあった怖い名無し sage New! 2008/07/25(金) 15:04:41 ID:5DZfe9/f0
子供の頃と大人になってからでは、身長差と感受性の違いでモノの大きさが変わるって分かりますかね?
しばらく前の話なんですけど、思い返すと不思議だったかもという話。

1~5歳まで過ごしていた土地に、27歳になって初めて再訪した。
高速飛ばして2時間ぐらいのとこだからなかなか行こうとは思わなかったんだよな。

ついてまずびっくりしたのが、
車3台すれ違える幅と、300mぐらいの直線だとずっと思ってた借家の横の道が、
車1台ギリギリの幅と、30m程度の長さだったんだ。借家もまだ残ってたんだけど、これも想像より遥かに小さかった。
記憶の中では確かに車がすれ違ってたのに。
記憶って曖昧だなーなんてとしみじみ思ってた。

で、よく遊んでた神社(公民館かも)を見に行った。
近所の2歳上の女の子がお姉さん代わりになってよく遊んでくれてたところで、
5m幅ぐらいで15段ぐらいの石段を登った先に神社があるはずだ。
その石段の中腹ぐらいに腰掛けてママゴトをさせられた記憶がある。

そこが、なんと「3」段。幅も1mぐらい。
神社か公民館かと思っていた建物も、サザエさんのエンディングに出てくるような小さな建物だった。
中腹って、2段目??まさか!

途中で建て替えられたんだろう、と。
前述の道も宅地整備で狭くなったのかもしれない。

とりあえず帰ってからおかんに今日の話をしてみた。
(おかんはやぼ用で引越した後もその土地に何回も行っている)
すると、
「昔っからそうだよ。あのまんま」と…

人間の記憶って、結構都合良く書き換えられるみたいです
関連記事
1/3 2/3 3/3
(0)


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ ⇒
心霊 未確認生物 UMA ミステリーブログ⇒
不思議な話 怖い話の本⇒オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍
<<死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 195_2 | ホーム | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 195_4>>

- コメント -

コメントの投稿


管理者のみ閲覧可


- トラックバック -


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

<<死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 195_2 | ホーム | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 195_4>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。