現在地

スポンサードリンク

カテゴリー・目次

人気記事ランキング

最近記事リスト

逆アクセスランキング

相互リンク

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

RSSフィード

プロフィール

怖い話 不思議な話@2ちゃんねる

Author:怖い話 不思議な話@2ちゃんねる
2ちゃんねるの怖い話、オカルト板まとめサイトです。心霊スポット 心霊写真 超常現象 怖い話 恐怖体験 未確認生物 UMA 都市伝説 オーパーツなど、怖い 不思議&面白いと思った話を厳選して紹介しています。
ただ今相互リンク募集中です。ただし、心霊・不思議・ミステリー系に限らせていただいておりますのでご了承下さいませ。

ブロとも申請フォーム









管理ページ
最新記事 - 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_8 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_7 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_6 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_5 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_4 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_3 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_2 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_1 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?1 (09/01) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_6 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_5 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_4 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_3 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_2 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_1 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_5 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_4 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_3 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_2 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_1 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_5 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_4 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_3 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_2 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_1 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 




<<死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 196_7 重複スレ | ホーム | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 196_9 重複スレ>>

怖い話 不思議な話@2ちゃんねる オカルト板まとめ

スポンサーサイト


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ

心霊 未確認生物 UMA 都市伝説 ミステリーブログをもっと見る



不思議な話 怖い話の本↓
オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1/3 2/3 3/3


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ ⇒
心霊 未確認生物 UMA ミステリーブログ⇒
不思議な話 怖い話の本⇒オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍
<<死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 196_7 重複スレ | ホーム | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 196_9 重複スレ>>

怖い話 不思議な話@2ちゃんねる オカルト板まとめ

死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 196_8 重複スレ


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ

心霊 未確認生物 UMA 都市伝説 ミステリーブログをもっと見る



不思議な話 怖い話の本↓
オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍
776 本当にあった怖い名無し sage 2008/08/22(金) 23:44:49 ID:m2SRd5P10
まとめサイトの「表に出ないやばい話」と「自己責任」読んでふと思い出した事がある。
これは心霊とかその類じゃなく、あくまで現実的な話。

日本が将来たどるであろう、最悪のシナリオの話なんだが、「最悪のシナリオ」と聞いて
どんな事を想像する?

まあ右傾向な人なら「日本が中国に攻め込まれた挙句戦争に負けて、中国に併合される」
左傾向なら「日本が中国相手に侵略戦争を始めて、それに惨敗して子孫まで罪が被る事になる」
右傾向なら「だからこそ、日米安保の結束を強めなければいけないんだ!」と
左傾向なら「だからこそ、憲法9条を守り続け、アジア諸国に謝罪を続けなければいけないんだ!」と
それぞれ思うだろうと思う。

だけど、今現実的に起きている事を全て繋げると、そんな生易しい話じゃないらしい。

前述の最悪のシナリオの件に関して、右左共に「中国」というキーワードを挙げると思う。
そりゃそうだ。日本が自主防衛する力がないんであれば、中国なんかよりアメリカに追従する方がマシだ。
だけど現実的に、日本の政治家、官僚、財界人は中国に対して何を行っているか。

政治家は、中国に対して無意味な謝罪を続け、官僚(特に外務省は)中国の意のままに動かされ続け
財界人は中国の利権を握ろうと必死になりつつ、日本人を貪り食い続けている。
それは、単に彼らが「中国からの脅威」を払拭しつつ、「金の亡者」に成り果てたから、という考え方も当然ある。
だけど、その最悪のシナリオってのもを考えたとき、彼らが「ある目的」に向かって動いている、という事が解るはずだ。

777 本当にあった怖い名無し sage 2008/08/22(金) 23:45:34 ID:m2SRd5P10
はっきり言うと、最悪のシナリオとは「無抵抗で日本国の主権を中国共産党に全面委譲する」
即ち「無血開城」。

国民にも何一つ知らされず、自衛隊は防衛召集が行われるまでもなく、いつの間にかに「日本国」が
「中華人民共和国日本省」になってしまっている。
当然、自衛隊の中にはそのようなふざけた主権委譲を許さない熱血漢も多い。
ただし、反面先の大戦の反省というものを考える指揮官も多く、「軍独自の独断専行」を許さない人物も上層部には多い。
つまり独立戦争を考える人間も多く居るものの、上層部がそれ全てを握りつぶす事になる。
後に自衛隊は完全に消滅し、日本が再度独立するチャンスは完全に失われる。
以降、日本語を話す日本人は漢民族の奴隷と化し、日本人の血筋である日本人も、漢民族との混血が進んだり
日本語の使用が禁止され北京語を話すようになり、日本人という民族は消滅する。

政治家、官僚、財界人が行ってきた行動、それは「奴隷民族の中での、特権階級の地位を得る為の地固め」だ。

恐らく、北京五輪が、表向き大成功で終わってからその兆候は出始めるのではないかと思う。

これは、俗に「売国政党」と呼ばれる政党だけが問題ではない。
前回の衆議院選挙で、「この政党に入れなければ非国民」とまで言われた、あの政党が最も強く関わっている事でもある。
経団連は中国への投資をし続け、官僚は相変わらずハニートラップに対して無警戒のままだ。

因みに、今のところ日本の実質的な主権や日本の内需を最も重要視しろ!と、更に言うと
ソ連が強奪していった千島・樺太の主権を主張している政党が、日本共産党しかないということ
更に、自称ネトウヨと呼ばれる人種が、その事実を無視しつつ「アカに投票する奴は売国奴」と印象操作している辺り
俺は、もうこの国はダメなんじゃないかと思ってはいる。

778 本当にあった怖い名無し sage 2008/08/22(金) 23:49:20 ID:m2SRd5P10
因みに、なんで「自己責任」で思い出したか。

政治家・官僚・経団連の主張が「俺らの意向に従わない奴は、勝手に滅んでも自己責任だ。
俺らの意向に従う奴には、奴隷の特権階級を得る権利だけ与えてやるよwww」
という主張にしか思えないから。

俺は別に預言者でもなんでもなく、状況証拠だけならべて繋げてみただけの話。
そこら辺は勘違いしない欲しいな。
おわり

795 本当にあった怖い名無し sage 2008/08/23(土) 11:37:24 ID:VrXQ5uON0
知り合いが突然「400万の借金を残して夜逃げしてしまった」という事があった。
で、最も仲が良かったのが俺だったんで「お前ならそいつの行き先を知ってるだろ。早く教えろ
じゃないと、債権回収団体(まあヤクザだわな)がお前を訪ねて、痛い目に遭わせる」と言われたんだよ。

話が全然見えないし、そもそも俺は4日間くらい出張で地元を離れていたので、行き先どころか
何があったのかすら知らない。ちゃんと説明してくれ、と言った。

その知り合いは、随分と前から彼女と同棲していて、生活費とかも共同で支払う事になっていた。
ところが、半年前くらいだったかから生活費を払うどころか、家にも帰ってこなくなってしまった。
家にはそいつが残したと言われる大量のガラクタが放置されており、更にそいつは浮気までしていて
その生活費・迷惑料込みで400万払え、との事だったらしい。
それからそいつへの個人攻撃が繰り広げられていた。
個人情報や顔写真はうpされ、指名手配写真のようなコラ写真まで作られ、実家の住所まで晒されるわ
まあなんだってそうだけど、そういう祭りの時の2ちゃんねらーの熱の盛り上がり方って異様だわな。
そういった事が、どうやら俺の居なかった4日間に行われていたらしい。

だが、俺は知っていた。
奴の彼女が、虚言癖と妄想癖のあり、DV癖まで持ってるメンヘラであるという事を。
行方不明になる前に奴と頻繁に会っていたのだが、腕のあざを見られるのを嫌がっていたらしく
夏場だというのにずっと長袖のシャツを着ていたということも。

むしろ、その祭りに乗っかった人間以外、全員その事には気づいていたらしい。

特にオチとかそういうのはないけど、人間どういうきっかけで世の中から抹殺されるのか解らないって話。
結局、心霊とか呪いとか色々歩けど、一番怖いのは人間そのものって事なんだよ。多分。
おわり

797 本当にあった怖い名無し sage 2008/08/23(土) 13:24:35 ID:m5Sp02uX0
書いたらめちゃくちゃ長くなりました。お許しください。
僕の体験を聞いてください。

あだ名がミミズという小学校4年になる少年がいた。
あだ名の由来は彼の名前にもあったが性格にも関係していて、
引っ込み思案で弱弱しい少年だった。風貌も薄茶色のTシャツの日が
多く、目は重々しい二重で少しギョロ目の細顔。
春に転校してきて早速他の男友達になじられる存在になる。
別に嫌われていたわけではない。

そんな彼を人一倍なじっているのが僕だった。
その頃の僕はいい意味で素直な性格、悪く考えるとわがままな
性格だった。とりあえず自分が一番という・・大人になって
考えるといやなガキ。
僕のような性格のやつとミミズが仲良くなるなんて誰が想像
できただろう?周りには友達はいたし、別にミミズと二人で
遊ぶ必要もなかった。でも僕はなんとなくミミズが気に入って
いた。子供の時僕と似たような性格をしていた人にはわかって
もらえるだろうか・・・丁度いい子分になるような、決して
対等ではない友達。
よく話すきっかけになったのはやはり共通の趣味・ガチャガチャ集め
だろうか。とある漫画関連のガチャガチャだったわけだけど少しマイナーで
話が通じたのはミミズが初めてだったわけです。

こうして日々半分は他の友達と、半分はミミズと遊ぶようになった。
ミミズと遊ぶというと僕が勝手に提案したガチャガチャ競争が主。どっちが
先にシリーズを集められるか・・とかいいつつ、本当に嫌なガキの僕は
平気でミミズから欲しいガチャガチャを横取りしていた。ミミズは困惑した
表情をすると苦笑いでそれを容認してくれた。
僕はいろいろと彼にわがままを突き通して平気でいたのも、実は
”遊んでやってる”という気持ちをもっていたからだ。

798 本当にあった怖い名無し sage 2008/08/23(土) 13:26:49 ID:m5Sp02uX0
ミミズは自分から人の輪に入るのが苦手で、こっちから話しかけないと
来ないからしばしば一人になることが多かった。ミミズ自身も別に1人
でもよさそうだったけど・・

えらそうな僕はもらうだけじゃ悪いからとはずれのガチャガチャを
ミミズに押し付けたりもした。ミミズは目をキョロリと動かして
「ありがとう」ともらってくれる。満足する僕・・

僕「僕そろそろ家戻る」
他の友達「え?もう?」
僕「うん、ミミズが僕んちくる約束なんだ」
他「お前ほんとにミミズと仲よしだなーあいつ話しかけても
ギョロギョロしててよくわかんないよな」
僕「ミミズとは***(漫画のタイトル)の話ができるからさ」
夕方になって空が赤くなる頃玄関に戻るとミミズが待っていた。

部屋で話しているとき(僕がほとんど一方的に話してた)、
なかなかでてこないガチャガチャの話をしていると珍しくミミズが顔を
あげて話し始めた。
「僕の兄ちゃん・・それもってんだ」
「え!兄ちゃんも集めてるんだ!」
「うん・・今は受験のために集めるのやめてるけど・・かざってある、2個」
「!!」
興奮した僕は早速催促を始めた。「2個あるなら1個もらってこいよ!」
いつにもまして困惑したミミズだったが、僕は無理やりまるめこねて
彼を説得し、「じゃあ聞いてみる」といわせることに成功した。

800 797 sage 2008/08/23(土) 13:28:30 ID:m5Sp02uX0
次の日、見事にミミズは幻のガチャガチャをゲットしてきた。乱舞してる僕を
見てミミズも満足してるようだったが、急にまた目をギョロッとさせて
「実は・・兄ちゃん昨日友達の家に泊まって帰ってこなくて・・
勝手に持ち出したから・・その・・」自分でも何をいっていいかわからないよう
だったし、僕もそっか正式に持ち出したわけじゃないのか・・と少し後ろめたさ
を感じたが、すべてはミミズとミミズ兄の間のことであって僕には関係ない
として、ただただガチャガチャをゲットしたことを喜ぶことにした。

1週間かしたか、ある日のこと。すごく暑い日だった。セミがうるさく鳴き始め
僕もイライラしていた。僕はセミの鳴き声は正直好きじゃなかったし、その後の
人生でも好きになることはなかった。忘れられない1日の始まり。

801 797 sage 2008/08/23(土) 13:30:16 ID:m5Sp02uX0
教室に入って席にドスンと座ると、ミミズが自分の席から立ち上がり、珍しく
僕のほうに自ら近づいてきた。「おはよ・・」言いかけたときにミミズの顔が
蒼白になのに気がついた。「○○くん・・あのさ・・兄ちゃんが気づいてさ・・」
「2個あるなら1個くらいくれてもいいじゃん・・っていっといてよ」
いつにもなく強気で無礼な僕。どうしてもそのガチャガチャを手放したくなかった。
「いや・・それが・・1個しかなくなっちゃって・・その。。」
「え?1個?2個あったんじゃないの?」
ごにょごにょ言うミミズからの説明をなんとか僕は理解した。
この間ミミズ兄がいない間にガラスケースからとったガチャガチャは僕用の
1個ではなく2個だった。ミミズもそのガチャガチャの中身をよくみたかったらしい。
しかしミミズはそれをなくしてしまった。なくしたのはなんとも早い次の日の
ことだった。ミミズ兄はしばらく気づいていなかったが昨日ついに気づいて
しまったらしくカンカンだという。なくしたことは告げてないものの、とりあえず
1個返せば機嫌を直してくれるはずだとのこと。

ただガチャガチャを返せばいい・・なのに・・僕はどうしてもどうしてもそれを
手放したくなかった。もとはといえばミミズ兄のものであるにもかかわらず。
僕は意味不明な理屈を重ねて断固拒否の姿勢をとった。ミミズはもう泣いてる。
ギョロ目が潤んでひどく気の毒な顔になっていたのに・・
「僕はお前にもらったんだぞ!お前の兄貴にもらったわけじゃないし!
なんでお前の兄貴に返さなきゃいえないんだよ!」
「おねがいだよぉ~・・兄ちゃんイライラしてて・・すごく怒られる・・」
「しらねーよ!あー・・だったらだせばいいじゃんガチャガチャいって」
「むりだよぉ・・そんなことわかってるくせに!」
キッとミミズが僕の顔をにらみつけた。(初めてミミズのこんな顔を見た・・
ミミズのくせになんなんだよ・・)僕は顔をそむけて知らないふりをした。
しばらくミミズは僕の隣でたっていたようだが、先生が入ってきて目線を
戻すとミミズは窓際に席に戻っていっていた。
「・・しらねーよ・・ほんと・・」
あの、ミミズが僕を睨みつけた目が・・それが僕が見たミミズの
最後の目、そして顔。

802 797 sage 2008/08/23(土) 13:32:03 ID:m5Sp02uX0
朝あんなに晴れていたのにものすごい夕立がきて、
車がスリップしミミズに激突した。即死だった。
ガチャガチャのある店の前で・・
僕に初めてとてつもない罪悪感がのしかかってきた。
葬式の時にもまともに写真を見ることができずひたすら心のうちで
謝るばかり・・ 

勘違いでもなんでもない。あの日僕が返さなかったから
ミミズは店のガチャガチャをやりにいったんだ。わらにもすがる思いで!
そのときはねられたんだ!それでしんだんだ!!
ミミズが死んだ!!!僕のせいで・・?

初めてづくしの一日だった・・初めて自分の行動を恥ずかしく思ったし
初めて自分の性格というものを考えた。そして何より
初めてミミズの立場になってみたのだ。

ミミズはなんであんなに僕のわがままを許してこれたんだろう・・
僕はあんなことされたら絶対怒るのに、蹴りいれてるのに。
いらないガチャガチャなんて渡されても困るだけだし、ずっと馬鹿に
されたら・・ 自己嫌悪になりながら寝床についてその日は電気を消した。

803 797 sage 2008/08/23(土) 13:34:47 ID:m5Sp02uX0
暗闇の中にガチャ玉が浮かんでた。中にはあの幻の怪獣が入ってる
ミミズの兄貴の・・でも今は僕のだ!
中の怪獣が叫び始めた。
小さい目のはずなのになんだか大きく見えてきた、おかしい、こいつに
黒目はないはずなのに・・  
キョロリと僕を睨んだのはミミズの目
「まっくらだ!ここはまっくらだよぉ!」

青ざめて目覚めるとすぐ横からコツリと音がしてガチャポンが
落ちた。夢の中のガチャポン・・ミミズから僕が奪った・・!
僕は幽霊はいると信じていたからこの偶然が偶然に思えなかった。
それから5日間ほど僕は似たような夢を見続け、ミミズがすぐそばで
睨みつけている感覚がどうしてもとれず日に日に食欲がなくなっていった。

家族はもちろん僕の周囲の人たちも僕の異変には気づいていたようだが
大切な友達が亡くなったショックだろうと思って当然だった。

「・・悪かったよ・・許して・・!」何をすれば許されるのか
考え続けていた。そしてふと気づいた、というかなんでそれまで気づかなかった
のか。夢の中でもガチャガチャがでてきてたじゃないか・・もしかして返せば
ミミズも無事成仏してくれるんじゃないだろうか・・と。
そんなことで許されるもんなのか・・でもとりあえずこれはもともと
僕のものじゃないんだ。返さなきゃいけないんだ。

804 797 sage 2008/08/23(土) 13:36:49 ID:m5Sp02uX0
ミミズの家に呼びかけるとミミズ兄だろう人がでてきた。意外とミミズには
似てない目をしていたが表情をギョッとさせた、というのも僕の顔が相当
やつれていたらしい。。
「僕××(ミミズの名前)くんの友達です。それで・・これ・・」
「・・あ、これか。あいつ。。君に渡してたんだね」
「はい・・あの、お返しします」
「いいよ。あげるよ。最後に君にわたしたんだろ?」
「返します お願いです・・お願いだから」
泣き崩れてしまった。もう子供の僕には限界で全て話してしまいたくなって
ミミズ兄に夢のことなど全て話してしまった。ミミズ兄は長い間黙っていた。
「そうか・・そんな夢を見ちゃったんだね 怖かっただろ」
「・・当たり前なんです。あいつにひどいこと沢山したし・・!」
「でもさ、○○くん。あいつはそんなたたるような性格してないよ。」
「・・・」ああ確かにミミズが人を恨んでたたるような性格には見えなかった。
「きっと夢とか××の気配とかもさ、○○くんが自分を責めるから見えたり感じたり
するんじゃないかな。」
「・・・でも・・」
「・・それに実をいうと、あんまり人には言ってないんだけど君には特別に
教えてあげるけどね」
「はい・・・?」ミミズ兄は声を潜めて話し始めた
「俺霊感あるんだ。親にも内緒にしてるんだけどね。今君の周りにはなんにも
いないよ。もちろん××も。」
「ほんとに?」
「本当さ。いいか、結構幽霊とかって人の勘違いが大半なんだよ。君は反省
してるんならそれでいいじゃん、な!」
僕は単純だったこともあって霊感があるという人が僕の周りに何もついて
いない、というその言葉だけでスーっと肩が軽くなっていった。

それからの2,3日して僕はすっかり元通りになっていた。好き放題に遊びまわり
食べまくりもした。変わったといえば少し前よりは思いやりという心が増えたはず

805 797 sage 2008/08/23(土) 13:38:25 ID:m5Sp02uX0
あれは何日後のことだったか。暑い晴れた日の放課後みんなで野原に囲まれた
土の上でサッカーをしていた。ミミズのことなど皆忘れていた。
僕も正直もう切り替えていた。これからは皆にあんなわがままはしない!

ボールが僕の頭上を大きく飛んでいった「とってくる!」
野原をかきわけていくと最近は遊びに使わなくなった小川が見えてきた。
思えばその頃から川が汚くなり始めていて皆臭いといって近づかなかったのだ。
ボールは川の一歩手前で止まっていた。ボールを手にとると自然と濁った水面
の中にあるゴロゴロしたものが目に付いた。
大量のガチャガチャ。。僕らが集めてたシリーズの人気のないやつ、僕が
ミミズに押し付けた・・
後ろに冷たい気配と冷たい感触が襲ってきて振り向こうとした時、されるがままに
僕は川の中に突き落とされた。
川はあんなに日が照っていたのにひどく冷たかった。だがそれ以上に足元に
激痛が走る、そのとき僕の足にひびが入ったらしい。思ったよりも小川は
深くて仰向けにのんびりしていたら溺れてしまうから必死で身をおこして
いたが冷たいし痛いし、でも足が痛くて起き上がれなくてだんだん感覚が
なくなっていった。このままじゃ死んじゃう!「だっ誰かー!!たすけてー!」

808
813 797 sage 2008/08/23(土) 15:54:00 ID:Zd/SYbRu0

野原にはミミズが立っていた。僕の体温はさらに下がっていった、なんだ?
これも幻覚なのか?幻覚だからミミズの髪がそよ風になびかないのか・・
ふと僕は(僕はここにきちゃいけなかった)と悟った。ここはミミズの秘密の
場所だったんだ・・なぜか頭の悪い僕にもわかった。目の前に立っている
無表情のミミズの気持ちがよくわかる気がした
背中を押したのはきっとミミズだったんだろうけどそのときは必死だった
「助けて!たすけて・・足が動かない・・このままじゃしぬ!」
ミミズなら助けてくれるだろ・・

いつもよくみたミミズの顔だ、困ってるけど笑ってる顔、ギョロ目を
細くさせて・・今ではその目から涙をしたたらせて・・
「ぼくはそんないいやつじゃないよ・・」

ハハハハハとミミズが笑う途中で僕の意識は途切れた。

814 797 sage 2008/08/23(土) 15:55:57 ID:Zd/SYbRu0
病院で母に頼んであのガチャガチャをミミズ兄に渡してもらうよう頼んだ。
断れても絶対に渡すようにと。それからは夢の中でも現実でも彼に
会うことはなかった。
あれからミミズ兄とも会ってないが、思うに霊感があるといったのは
僕を落ち着かせるためについた嘘だったんだろうと思う
ミミズはやっぱりあのガチャガチャを返して欲しかったんだ。

あれから僕はだいぶ考え方がかわった。まあまともな考えをするようになっただけ。
その後もミミズのような人間に会うが、なんでもなさそうな顔をしている彼らも
恨むということを知っている。決して許してくれてるわけではないのだと。
僕自身も天狗にならないように気をつけている。

読みにくいところもあり申し訳ありません。それでは失礼しました。
おわり

807 本当にあった怖い名無し 2008/08/23(土) 13:56:56 ID:LL5EHTkN0
南洋の遺骨拾いがあるじゃないか。今も続いてるかどうかは知らないけど。
そのときに従姉の祖母の友達が回収した遺骨、それを従姉が大学院でDNA鑑定しようとしたんだけど
三○財閥のなんちゃらの血統どころか養豚の豚の核酸が丸ごと採れたらしい。
彼女は祖母に遺骨の回収について問い質したが、途中でそんなものが混入するはずもないし
豚骨はかなり前に野晒しになったものだ。もっとも、拾ったときに豚骨だったかが疑われているのだが。
親戚では、理系博士で未だに研究室に残っていて行き遅れから負け犬になりつつある従姉が
浅ましい動機と祖父や自分達(従姉自身を含む)へのとんでもない疑いから遺骨の鑑定なんか考えるから
骨が変質したということで落ち着いている。
test送信のときは、空鳴りもしなかったしタブーなことでもないようだ。
過去スレで、先祖の話を送信しようとして体調崩した奴とか居たからびびってたんだが。
おわり

832 本当にあった怖い名無し sage 2008/08/24(日) 20:27:36 ID:l3tfdxbK0
今近所の学校で盆祭りをやってるんだが、俺は盆祭りに良い思い出がない

7年前の今頃の話だ。そう、今日みたいに近所の学校で盆祭りをやっていた。
俺の近所には坂を挟んで小学校と中学生があって、盆祭りは毎年その小学校でしてる。
小学校のころよく行っていた思い出がある。太鼓の音や、ガヤガヤとした雰囲気が俺の家の中に響いていた。
久しぶりに行ってみようかな、と俺は思ったんだ。
50円を入場料の形で取られた思い出があったから、俺は部屋から財布を取った。
その時目に入ったカレンダーを見て、俺は一つあることに気づいた。
小学校でやってる盆祭りを今やってるのはおかしいんだ。何せやる日はその日から8日後なんだから。
それに気づいた俺の背筋は凍ったね。
まだ8時だったが、俺は塩をまいて寝ることにした。台所から塩を取りに行く途中、俺は重大なミスをしでかしてしまったんだ。
家中の窓が開いている。俺はクーラーをつけると気分が悪くなるから、扇風機と自然の風だけで夏をすごしてたんだが。
今から窓を閉めにいって何が起きるか分からない。俺は塩を持って自分の部屋に入った。
入った時に、なんていうんだろう、形容できない寒気、言い知れない恐怖がさ、つま先から頭までのぼってくるわけ。
声を出そうとしても、喉に穴があいたようなヒューという掠れた空気の音しか口からは出なかった。
ひょっとこが居るんだよ。祭りのとき売ってる面のあのひょっとこだよ。
そのひょっとこがさ、どんな踊りかは覚えてないが、踊ってるんだよ。まだふしぎなおどりでMP吸われる方が良かったね。
でさ、そのひょっとこさ、よく見るとね、顔中真黒に変色して腫れた人間の顔なの。
腫れてるからさ、口があの口みたいにひん曲がって、三日月みたいな目になってんの。
そいつが踊ってる間、俺は全く動けなかった。金縛りとかじゃなくて、怖くてだと思う。もう目の前が真っ暗になりそうだった。
動けない間も、外の聞こえるはずがない祭りの音が聞こえてて、そいつ、それに合わせて踊ってる感じがした。
で、そいつがさ、スゥーってそのままの格好で俺に近づいてくるのね。俺の心臓が破裂しそうになる寸前、そいつは俺の耳元で何か囁いた。
何言われたかは覚えてない。思い出したくもないしね。それで俺の目と耳からそいつらはいなくなった。俺はその場に崩れて動けなかった。

833 本当にあった怖い名無し sage 2008/08/24(日) 20:30:48 ID:l3tfdxbK0
ちょっと続きがある。
毎年、そいつらがやってくる。その日にね。祭りの音とひょっとこ。で、あの日みたいに消えていく。
でもね、最近変化があるんだ。ひょっとこの声がちょっと聞こえるようになった。
「あと4回」って囁くのね。あと4年したら、一体何があるんだろう。今日も、7回目の盆祭りの音が聞こえるよ。
関連記事
1/3 2/3 3/3
(0)


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ ⇒
心霊 未確認生物 UMA ミステリーブログ⇒
不思議な話 怖い話の本⇒オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍
<<死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 196_7 重複スレ | ホーム | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 196_9 重複スレ>>

- コメント -

コメントの投稿


管理者のみ閲覧可


- トラックバック -


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

<<死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 196_7 重複スレ | ホーム | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 196_9 重複スレ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。