現在地

スポンサードリンク

カテゴリー・目次

人気記事ランキング

最近記事リスト

逆アクセスランキング

相互リンク

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

RSSフィード

プロフィール

怖い話 不思議な話@2ちゃんねる

Author:怖い話 不思議な話@2ちゃんねる
2ちゃんねるの怖い話、オカルト板まとめサイトです。心霊スポット 心霊写真 超常現象 怖い話 恐怖体験 未確認生物 UMA 都市伝説 オーパーツなど、怖い 不思議&面白いと思った話を厳選して紹介しています。
ただ今相互リンク募集中です。ただし、心霊・不思議・ミステリー系に限らせていただいておりますのでご了承下さいませ。

ブロとも申請フォーム









管理ページ
最新記事 - 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_8 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_7 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_6 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_5 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_4 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_3 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_2 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_1 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?1 (09/01) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_6 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_5 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_4 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_3 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_2 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_1 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_5 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_4 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_3 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_2 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_1 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_5 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_4 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_3 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_2 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_1 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 




<<死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 196_2 重複スレ | ホーム | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 196_4 重複スレ>>

怖い話 不思議な話@2ちゃんねる オカルト板まとめ

スポンサーサイト


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ

心霊 未確認生物 UMA 都市伝説 ミステリーブログをもっと見る



不思議な話 怖い話の本↓
オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1/3 2/3 3/3


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ ⇒
心霊 未確認生物 UMA ミステリーブログ⇒
不思議な話 怖い話の本⇒オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍
<<死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 196_2 重複スレ | ホーム | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 196_4 重複スレ>>

怖い話 不思議な話@2ちゃんねる オカルト板まとめ

死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 196_3 重複スレ


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ

心霊 未確認生物 UMA 都市伝説 ミステリーブログをもっと見る



不思議な話 怖い話の本↓
オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍
207 精神病院について 1 sage 2008/08/13(水) 20:55:34 ID:rWJXm1190
何か前スレで外国の精神病院の話が出てて
やはり精神病院はそういうのが出るのかと確信したので
実体験を書きます

過去に俺は一度だけ精神病院に入院させられたことがあるんだ
別に気違った訳ではなく、学生の時に自動車とトラックの衝突玉突き事故の現場に居合わせて
もう車の窓からはみ出した血塗れの腕やら
フロントガラスに張り付いた茶色い何かと血とか
痛い痛い助けてと叫ぶ声、サイレンの音、燃え上がる車、集まる野次馬の声で
気がついたら家で寝てた
それからはフラッシュバックとか赤い色を見ると吐いたりとか
部屋から外にも出ないで、家の自分の部屋を暗くしてイヤホンで大音量の音楽を聞いて眠れないようにしたり
そんな生活が1週間くらい続いて、鬱病として郊外の大きな精神病院に入院する事になった
ただいきなり気違って暴れるとかではなかったし、気が晴れるだかで同じ年頃の奴と相部屋になった
ソイツはFって言って、時々友達が来たりメールが来たりするようだった
面会謝絶希望で友達からのメールにすらマトモに対応できないほど病んでいた俺としてはうざったかったが、それほどうるさくしてる訳ではなかったので我慢していた


208 精神病院について 2 sage 2008/08/13(水) 21:15:45 ID:rWJXm1190
2週間くらい入院して、多少気が楽になってきた頃にFの友達のHが
「せっかくこんな病院にいるんだから、夜中院内の散策でもしろよw」とFに提案していた
ある程度Hとの面識もできていた俺は、Hから頼まれて院内マップを貸した
それで、Fが今夜隔離病棟を回って生中継メールをする、という話になっていた
俺は内心面白そうだな思ったが、隔離病棟巡りに行くほどの勇気は無く、散策が終わって帰ってきたEから結果を聞いて写メを見せてもらおうと思っていた
それで夜中、Fが出ていく時まで一緒に起きていた
Fは懐中電灯片手に「見つかったらトイレの場所が分からないとでも言うわ」と言って部屋を出ていった
どれくらい耐えたか分からなかったが、結局俺は睡魔に負けた
翌朝、Fのベッドが空だった、トイレにでも行ったのかと思っていたが、朝食が運ばれてきても帰ってこない
朝食を下げる看護婦を呼び止めて聞くと「容態が悪化したため病室を変えた、引っ越しするからうるさくなるかも」と言われた




211 精神病院について 3 sage 2008/08/13(水) 21:35:06 ID:rWJXm1190
日曜日だったのもあって午前中にHが来た、Fが病室を変えた事を伝えると、部屋から出ていって少しすると戻ってきた
生中継が途中で途切れたこと、面会はさせて貰えなかったこと、携帯のデーターカードを貸してたことをでっちあげて携帯を借りてきた、と説明された
「ごたいめーん」と軽く言ってHがFの携帯をいじりはじめた
俺は「Fの親もきてるかもしれないのに携帯パクるなんて」とぶつぶつ言ってたが、とてもFの携帯の中身が気になっていた
ニヤニヤしてたHの顔が真っ青になった
いきなりガクガク震え初めてFの携帯を落とした
落ちた携帯を拾いあげのぞき込むと
多分作成中断をしたメールのフォルダ
宛先はH宛、添貼ファイルは写真
写真は病院の緑色の床と白い壁
そして気味の悪い茶色の、床につきそうなほど長い手を振り上げた大人くらいの大きさの何か、画質の悪い携帯の写真は確認できないが、口は無かったと思う
本文には「おまえのせいた」と書かれていた
Hが俺の手からその携帯をひったくった、暗唱番号を入力してそのメールを消す(俺のとは機種が違ったので分からないがFの携帯は操作ロック解除に暗唱番号がいるらしい)
そしたらHが狂ったように笑いだした




213 精神病院について 4 ラスト sage 2008/08/13(水) 21:45:58 ID:rWJXm1190
空き部屋はあっただろうに『面識がある』という理由から空いたFのベッドにHが来た
昼間はそわそわしている他には特に変わり無いが
夜中になるとナースコールボタンを押しまくる
そして看護婦や医師が来ると「Fがぁ!あああああああ!」と叫ぶ
毎晩そんな調子で、ついにHは隔離病棟へ移動させられた
Hが移動して夜中、ぐっすり眠れるようになり
3日くらいたったある日、朝携帯の電源をいれると何十通とメールが入っていて、全部Hからだった
どうやら俺一人に送られた訳ではなく、見たことのないアドレスが数個あった
本文は『鳴らない、鳴らない』
から『鳴らして助けて』
という感じの内容
最後は『F!Fがああああああ!ならなああ』だった

それっきりHについては何も聞かないまま退院した
その日のうちにすぐにアドレスを変えたが
いまでも『隔離病棟』という響きに恐怖を覚える
おわり

221 本当にあった怖い名無し sage 2008/08/14(木) 00:17:47 ID:yXP6pEUzO
ゲシュタルト崩壊って話あったよね。
それ関連の小技なんだけど。
あ、髪の長い人限定ね。

鏡に向かって自分の後ろ髪を自分で引っ張ってみる。
なるべく引っ張ってる自分の手が見えないように。
誰も居ないのに髪引っ張られてる…
みたいなほんのり不気味な気分が
お手軽に味わえてオススメ。
これ自体はあんまり怖くない。
むしろちょっと楽しいくらい。

しばらくして鏡を離れてるとき、
後ろ髪を引っ張られる感触がして
「え!!?」って振り向いたら
自分の手で無意識に引っ張ってた。
見るまで自分で引っ張ってるって
気付かなかったのが一番怖かった。
おわり

228 本当にあった怖い名無し 2008/08/14(木) 09:51:46 ID:ykfTmdq60
うちの患者さんで唯一、本格的な多重人格の人がいる。今は治療の結果1人になっているので、まあ寛解であろう。僕は全然治療に関与しておらず、他の医師の治療を受けている。

ある日、彼女が外来の廊下を歩いていたので声をかけてみた。僕はそれまで実はあまり話した事がなかった。どんな症状があるのかは看護師さんから聞いていたので、非常に興味深い人とは思っていた。だいたい多重人格なんてそうそうあるものではない。

その時、ちょっと怖い話を聞いた。

彼女の部屋には夜になると女性が出てくるんだそうだ。その話を聞いた時、どうも心当たりがあるので、もう少し詳しく聞くことにした。

彼女によれば、その女性は全身が見えず、体の一部しか見えないと言う。例えば、長い黒髪だけとか、あるいは手だけとか。だから彼女はその女性の顔は見たことがないという。

怖すぎ・・

僕はすぐに誰かわかったのである。部分的な特徴を聞いた範囲では確かにその女性に間違いない。(かつて彼女の部屋で自殺した女性)

僕は気配は感じても、彼女のように実物を見たり変なものを聞いたりしないので相当に助かっていると思うよ。もしそんなことがあったら、たぶん精神が持たない。

解離という病態は、そういう不思議な霊感と深い関係があるのかもしれんね・・

そんな風に思ったのでした。
おわり

235 本当にあった怖い名無し sage 2008/08/14(木) 11:47:53 ID:pZ8dRoJq0
十年以上前の話。
我が家は毎年お盆休みに、父方のじーちゃんちに帰省する。
じーちゃんちは田舎にあって、家がとにかく古い。そして広い。
築100年くらいらしい。戦後の日本ですか?みたいな感じの家に住んでた。
(外人が写真を取ってく)
トトロに出てくるお化け屋敷な家の外見を日本風で陰湿にした感じ。
夏でも涼しくて、昼間でも暗いし、日当たりもよくない。
小学校の夏休みの宿題で「身近な昔のものを調べよう」というのがあって
じーちゃんちはまさにそれにピッタリだった。
蔵には千歯扱きががあるし、昔の金(五円玉みたいな形で紐に通してまとめてある)もあった。
「屋根裏部屋にはもっといろいろある」と、じーちゃんが言ったので、
宿題は終わったが、好奇心で兄と屋根裏に上がらせてもらった。
屋根裏に上がったのは、俺と兄(中1)の二人だけ。
古い家なので屋根裏は床(下から見たら天井?)が抜けたら怖いから大人は上がらないそうだ。
(ちなみにこの話の数年後に本当に床が抜けた)
懐中電灯を片手に、足元に注意しながらじりじり進んだ。
屋根裏はずっと人が上がってないせいで埃っぽかった。
床が軋んでも、まるで探検をしているようでわくわくした。
しばらく回りを物色し冒険気分を味わった後、埃っぽいし、怖いし(床が抜けそう的な意味で)
そろそろ飽きたな、という雰囲気になった。



236 本当にあった怖い名無し sage 2008/08/14(木) 11:49:27 ID:pZ8dRoJq0
ふと俺があたりをぐるっと懐中電灯で照らしたとき、部屋の隅に何か黒いものを見た。
屋根裏は真っ暗だが狭い。
懐中電灯で照らせば、そこになにがあるのかわかるはず。
ん?と思ってもう一度懐中電灯を当てた。
そこにいたのは、影だった。
壁をバックに黒い人型のシルエットが浮かんでいた。
兄は自分の後ろにいるから、ちがう。
人形か何かなら形がはっきり見えて、影のように真っ黒でぼやけて見えるはずがない。
小学生の自分に影の説明がだとか、科学的にありうる現象だとか
わかるはずがないが、、直感で「おかしい」と感じた。
俺は影自体を長く見なかった様に思う。
咄嗟に懐中電灯を下に向け兄の背に隠れるようにして抱きついた。
「兄ちゃん、あっちになんかいる」
兄に抱きつき目を硬く閉じながら言った。
「幽霊でも見た?それともネズミ?」
と笑いながら兄は言った。


237 本当にあった怖い名無し sage 2008/08/14(木) 11:50:04 ID:pZ8dRoJq0
熱いせいか、はたまた邪魔なだけか、兄は俺を引き剥がそうとしたが、俺は必死でしがみついた。
「あっちの隅……影みたいなの」
怖くて怖くて目も開けられなかった。
ただ兄にすがりついていた。
兄は懐中電灯でそちらを照らしたようだった。
兄が息を呑んだのがわかった。
きっとあの影を見たのだ。
「ほんとだ……影みたいなのが、いる……」
兄は俺を痛いくらいに抱きしめた。
兄もあの影が異常なものであると感じたようだった。
俺は目を閉じていたからわからなかったが、
兄は懐中電灯を影に当てたたままでいたようだった。
俺を抱える腕は一本だったし、明かりを手放した隙にあの影が闇にまぎれて近づくのを
恐れたのかもしれない。
兄と一緒にじりじりと下りるための出口である梯子までゆっくり後退した。
この時は目を開けていたが、俺はつま先しか見ていなかった。
兄は光を影の方向に当てたまま、
「あいつは動いてこない、このままゆっくり戻ろう」
と、ものすごい力で俺の肩を抱きながら言った。
なんとか梯子の所までたどり着き、俺と兄は梯子から半ば飛び降りるようによう戻った。


238 本当にあった怖い名無し sage 2008/08/14(木) 11:50:41 ID:pZ8dRoJq0
降りた時の音に驚いたのか、隣の部屋にいたばーちゃんが顔を出して
「梯子から落ちたんか?古い梯子じゃけんねぇ。
それよか、早く洗面所行って洗ってきんさい、埃まみれよ」
と言った。

俺たちは震えながら、洗面所に向かい手と顔を洗った。
そして屋根裏での事をじーちゃん、ばーちゃん、そして両親に話した。
両親は「古い家だしお化けもいるかもね」なノリだったが
じじばばは真面目?に対応してくれた。
俺たちは呪われるとか祟られるとか、取り憑かれるんじゃないかとか心配した。
じーちゃんは
「お盆だからご先祖様が帰ってきたんじゃろう」
と言ったので、兄が、墓参りがまだだから催促に来たのかと尋ねたら
「お盆の墓は空き家だ、墓を空けて家に帰ってくるもんだ。
墓参りはご先祖様が墓に帰ってからしたらええ」
と言っていた。毎年お盆にじーちゃんの家に行き、
3、4泊するのに、墓参りが帰る前なのが何でかわかった。
先祖じゃなくて、悪い霊かも、と聞いたら
「何のために家に神棚があると思ってんだ」と言われた。
実際その後の俺と兄に不幸はなかったし、ぴんぴんしてる
じーさんばーさんは死んだが、影騒動のずっと後だし、関係があったようには思えない。
あの影はご先祖様だったのか、悪い悪霊だったけど助かったのか、通りすがりの幽霊だったのか。
なんだったのか、何故あそこにいたのかは、わからない。
幽霊ではなかったのかもしれないが、今となっては確かめる術もない。
おわり

243 本当にあった怖い名無し 2008/08/14(木) 13:50:06 ID:1+RjBbH20
一昨日の話なんだけど、エアコンきいた部屋で一日ボーッとしてるのも身体に毒だからさ。
インテリ気取って近所の川原で読書でもしようか、ってんで出かけたわけよ。
川原つっても、お子様が野球してたり、おっさんがゴルフの練習してるような場所じゃ落ち着かんからさ。
いい場所ないかな~、ってブラブラしてたら、御誂え向きにひと気のないとこ見つけてさ。
こりゃいいってんで、土手の中程に腰掛けて読書を始めたんだよね。
ちなみにその時読んでたのは、倉橋由美子の『スミヤキストQの冒険』。はは。インテリ。
でもさ、なんか知らんけど落ち着かんのよ。
少なくとも、目に入る範囲に人はいないのに、どっか近くから見つめられてる気がするんだ。
その視線がどうも気になってさ、文字は追ってるんだけど意味が頭に入ってこないの。
でも二、三十分は格闘したかなぁ。その内、イライラしてきてちゃってさ。もうや~めた、って後ろ手をついて暮れなずむ空を見上げたわけよ。
そしたらさ。ぐにゅ、って右手になんか当たったんだよね。 

244 本当にあった怖い名無し 2008/08/14(木) 13:51:08 ID:1+RjBbH20
うわああああやっちまったああああああうんこ触っちまったああああああ。
って、右手どかしてみたらさ、うんこじゃなかったんだよ。
人の顔、だったと思う。多分、男の。首から下は地面に埋まってるんだか、そもそも存在しないんだか。
触った感じでうんこと間違えたのはさ、そいつが糜爛糜爛に腐ってたからだったんだ。
しかもさ、そいつ生きてる(?)んだよ。
俺が呆然としてたらさ、いきなり「×××××××××!」ってすげえ早口で喋りだしたの。
俺はその時点でヤバいってことに気付いて、走って家に帰った。
そいつがなんつってたかは全然聞き取れなかったけど、なんか女の名前みたいのが二、三出て来たと思う。
今日、これからその川原にもう一回行ってみようと思う。
なんか気になってしゃあないんだ。

長文スマソ。247 本当にあった怖い名無し 2008/08/14(木) 14:44:46 ID:kipm/8520
随分昔のことなので細かいところまで覚えていませんが、思い出しながら書いてみます。

家の近所に子供達に「ヤマキの墓」と言われている古い慰霊碑みたいなのがありました。
高さ1m位の自然石を石の土台に立てた感じでした。
随分古いものらしく、表面は苔むしていて何と書いてあるか読めませんが、薄暗い藪を少し入った所に有ることや、時々お供え物が置いてあったりと、子供ながらに畏怖を感じさせるたたずまいがあり、内容は覚えていませんが、怪談話とかもあったと思います。

249 本当にあった怖い名無し 2008/08/14(木) 14:50:38 ID:kipm/8520
さて、小学校五年生頃の事です。
仲間同士で、慰霊碑のある藪に秘密基地をつくり、マンガやお菓子とかを持ち込んで暇をつぶしていました。
ある日、また仲間同士で秘密基地に集まったとき、仲間のTが
「ヤマキの墓の下には瓶が埋まっていて、中には生きたナマズが入っている。」と言い出しました。
なんでも親戚の結婚式で帰ってきている叔父の話らしく、生きたナマズが地中の瓶なんぞに入っているなど仲間内では信憑性ゼロ。
もう口の悪い仲間からは嘘つき呼ばわりで、T本人は言い出したからには引っ込みがつきません。

250 本当にあった怖い名無し 2008/08/14(木) 14:54:25 ID:kipm/8520
それでTにお願いされて、日曜日にTと私とK、Bの四人で墓の土台の下を掘ってみることになりました。
ちなみに私やK、Bは霊感なんてありません。度胸の据わった強者って訳でもありません。好奇心にかられて何となくついて行きました(内心小判とか期待していた)。
一度、ヤマキの墓に近いKの家に宿題をみんなでやる名目で午前中に集まったあと、昼食をご馳走になってから、秘密基地に移動。
装備は誰かが持ってきた懐中電灯とシャベル2つとKが何故か持ってきた十手(祭りの輪投げの景品?)で、特に考えもなく墓に向かって出発。

252 本当にあった怖い名無し 2008/08/14(木) 14:58:28 ID:kipm/8520
墓についたのは多分2時頃だったと思いますが、少し雨が降りそうな雲が出てきて、蒸し暑かった記憶があります。とりあえずTはナマズを目指し、他3名は小判を目指して土台の前を掘り始めました。
土は砂利混じりでなかなか硬く、10分がりがり掘っても10cm位しか掘れません。自分たちは交代しながら1時間近くかけて50cm位堀おこしました。
まったく何も出てきません。子供なので飽きてきたところ、突然大雨が降ってきたので、近くの木下に避難しました。
今まで掘っていた穴にみるみる泥水が溜まっていくのをみて、面倒くささが倍増してきて、また今度掘ろうって事になり、一応今掘った穴が埋まらないように草か何かを詰る事を決めて、その辺の草や枯葉を皆でかき集めていると、穴から「ゴボ・ゴボ・・・」と音がしてきます。

253 本当にあった怖い名無し 2008/08/14(木) 15:03:19 ID:kipm/8520
ナマズ?
自分はそう思いました。みんなもそう思ったかもしれません。
穴の周りにみんなが集まり覗いてみましたが、泥水でよく見えず、ナマズが噛むかもしれないので手も入れられません。
時々「ゴボ・・」と泡がたち水面が動きます。Tが木の枝を取ってきて穴の中に差し込んでみました。
暫く適当に動かしていましたが、「ゴリ・・」と何かに挟まるような音がした後、木の枝は抜けなくなってしまいました。
巨大ナマズかも・・と思い、もう誰も穴にちょっかい出せません。
暫く呆然としていると、Kが十手を手にトコトコと穴まで行って、穴に十手を突っ込もうとしたとき「うわぁ!」とか言ってダッシュで逃げ出した。
怖いもの見たさもあって3人で近づいたところ、一番先に穴を覗いたTも「うぁ!」と悲鳴をあげて逃げ出した。
後は、自分も連鎖反応で秘密基地までダッシュで逃げていった。

254 本当にあった怖い名無し 2008/08/14(木) 15:07:39 ID:kipm/8520
秘密基地でKとTに話を聞いたところ、泥水の中でうっすらと血の気のない人の口が枝の先に噛みついているのが見えたそうです。
とりあえず、基地も同じ藪の中にあるので、Kの家まで避難してからそれぞれ家に帰ることにしました。
帰るときはTはばつが悪そうで、Kはちょっと自慢気な感じだったのを覚えています。
驚いたことに、Tは兄貴に頼み込んで、後日一緒に穴を埋めに言ったそうです。枝は先が噛みちぎられたみたいになって倒れていたそうですが、怖いのでサッサと埋めて踏み固めてきたそうです。
やっぱ、責任を感じたのかな?

255 本当にあった怖い名無し 2008/08/14(木) 15:10:03 ID:kipm/8520
その後、最初にTが、続いてTの兄貴が足の小指を強打する事件があり、「ヤマキの呪い」と言われていました。
Kもクラスで最初に毛が生えたので「ヤマキの呪い」と言われていました。ガキですね。

読んだ皆さんが足の小指を強打したり、毛が生えたら呪いかもしれません。

799 本当にあった怖い名無し 2008/08/23(土) 13:27:17 ID:NTC3Ds3D0
皆様乙!「ヤマキの墓」がらみの話を書いたモンです。

カキコの後で少し気になったので「ヤマキの墓」について地元の人に色々聞いてみたんですが、謂われが有るみたいなので、追加します。

昔あの墓がある辺りにやたら強い落ち武者か何かが住み着いて食い物やら女の人やら盗んでいたらしいです。そいつが「ヤマキ」らしい。
ヤマキの悪さは許せないが強くて敵わない。そこで、そいつを用心棒として雇って食事とか生活の面倒はみる代わりに女の人は返してくれって持ちかけたそうです。
ヤマキの方も、何時までも一人で強盗家業が続く訳でもないので、条件をのんで用心棒になったそうです。
でも、用心棒に雇うって言うのは口実で、娘や許嫁を傷物にされた恨みを油断させて晴らそうって事だったらしく、最後は酒で酔わせて皆で滅多切りにしたらしい。
だまし打ちですね。
そんな感じで「ヤマキ」は片付けたんだけど、死体は酷たらしいわ、だまし討ちの負い目はあるわで、一応死体の肉片をかき集めて坊主を呼んで丁重に葬ったらしい。

ってのが「ヤマキの墓」のスプラッターな伝説です。

掘り返したのに大した呪いが無いのが不思議だ。

711 本当にあった怖い名無し sage 2008/09/14(日) 19:44:44 ID:MTdc1HWP0
最近まとめサイトを読みに行って自分の知っている話と似ているのが有ったのですが、
少々内容が違うようなので、投稿します。
「ヤマキの墓」絡みです。

戦前の話です。

とある山を深く入ったところにある村で
「ヤマキ」という男と関わりのある3人の女性が死にました。

最初の一人は彼が強姦殺人犯とされた被害者の少女。
次は3年後に彼の母親が飢え死にしました。
その2年後に彼が仕えた家の妻が自殺しました。

その後、「ヤマキ」本人が死にました。これはめった切りの惨殺だそうで、
膾のように切り刻まれた死体の上にただ土をもって墓としたそうです。

「ヤマキの墓」には「生きたナマズ」って言うのがありましたが、
「膾(ナマス)」の事だと思います。

さて、不思議なことに「ヤマキ」は生前、この3人の女性を手厚く弔っており、
その間は何も無かったそうですが、殺害された後にそれぞれの祟りがありました。

712 本当にあった怖い名無し sage 2008/09/14(日) 19:45:32 ID:MTdc1HWP0
いずれも3人の女性の内誰かの霊を見た後に発狂して人を殺すといったもので、
鏡やガラス、水面といった反射するものを覗いたときに、
3人の内誰かが直ぐ後ろに立っているのを見た後に発狂するらしく、
彼女達に負い目のある家々は3人の女性を弔うようにしました。

しかし、発狂殺人は止まなかったようで、
何処かの偉い坊さんの薦めで「ヤマキ」の死体を掘り返して集め、
それを瓶に入れ直した後で丁重に弔ったところ、祟りは収まったそうです。

つまり、この3人の女性の祟りを避けるには、
生前にただ一人彼女らを弔っていた「ヤマキ」に頼らなければならないのです。

その後、女性達の墓は近寄るだけでも祟りがあると言われて誰も近づかない様ですが、
「ヤマキ」の墓だけは弔いをするようです。

以上が自分の知っている「ヤマキ」の話です。


262 1/2 2008/08/14(木) 17:33:48 ID:ZbF0JTFbO
死ぬ程洒落にならないと思ったのが事後だったが、お盆なので投下。

2年程前に知り合い含め4人でご飯を食べに行った後、カラオケに行った帰りのこと。
時間は夜中2時20分頃でした。

そろそろ帰ろうか、と大阪ドーム近くから日本橋に向かって車を走らせてた。
運転席は男、私が助手席、後ろ2人が女でした。

ちょうど○川から難波に入った所(ラブホや高速湊○の出入口があるあたりね)で
道路のど真ん中に子供?を抱えた真っ黒な女が横向きで立っていた。

ただおかしいのが、3車線あるのだがこのあたり(黒点のとこ)

対┃・┃┃歩
向┃┃┃┃道
車┃┃┃┃



だった。

続きます。


263 2/2 2008/08/14(木) 17:35:15 ID:ZbF0JTFbO
続きです。

自分達は対向車線寄りの車線(1番内側ね)を車で走ってたので、運転してるヤツも
同乗してるヤツも気付いてもいい筈なのに誰も気付かない。

車もそこに近付いてきてるのに皆気付かずそこを通り過ぎる時に、その女がいる所ピンポイントで車が
カクッ
と右に寄り、また元に戻った。運転してるヤツはそこで右にハンドル操作をしていなかった。

はっ!と後ろを見たらまだいたのですが、本当に誰も気付いてないし話題にもならない…。

あのあたりって何かあったのかなぁって後日霊感の強い知り合いに聞いたら
「お前が見たのは人じゃなく霊だけど、詳しくは視てみないと分からない。」

あのあたりで何があったかは分からないが、見たのはその日だけです。
おわり


264 本当にあった怖い名無し sage 2008/08/14(木) 17:38:44 ID:TZtF2IlG0
小学校5年生の秋口だった
夏休み明けの席替えで初めて隣になった女の子はなにかと手遊びが酷い子だった
ボーっとしているときに指を組んで親指をくるくる回したり
しゃべりながらペン回しをしたりするのは日常茶飯事
まったくの無意識の出来事らしく、注意されても全く直らなかった

そんな彼女とある日の放課後に話が盛り上がってしまい、3時間ぐらいぶっ通しで
その子とずっと喋っていた。
一通り喋り終わって何か違和感を感じたので、彼女の手をちらっと見ると親指がドス黒く変色していた。
驚いて小さく叫ぶと、彼女もそれで初めて気がついたらしく息を詰めた

彼女は喋っている間中、髪を留めていたヘアゴムで指をグルグルと巻く
手遊びを無意識の間にやっていて、とてもきつく巻いた状態で2時間放置したため
指の先端が壊死してしまっていたそうだ
彼女は親指の第一関節から先を切断することになったが
結局手遊びが直る事は無かった
おわり

278 本当にあった怖い名無し 2008/08/14(木) 23:02:17 ID:nPXia2dz0
名古屋があるから、俺も小学校時代の怖い話を。
地名もハッキリ出すよ。おいらが小学生だった頃だから、もう24~25年前
岐阜県岐阜市の某小学校でキャンプをやった。
キャンプの場所は岐阜畜産センターというところでまあ、
家畜を飼っていて自然は豊富でアスレチック的な施設もある、今で言う
千葉のマザー牧場みたいな場所。

まあ、学校の修学旅行的なもので、バスに乗っていくものだ。
ただ、その当時(今は全く知らないけど)、ここはやばいものが出るところで
噂されていた。

280 本当にあった怖い名無し 2008/08/14(木) 23:14:22 ID:nPXia2dz0
で、まあ、あまり覚えてないけど、昼間は晴れてたかな、みんなで
わいわい騒いで遊んで、豚や牛を見て楽しんでいた。

夜、就寝した後に急に雷雨になったことを覚えている。なんで急に雷と
台風みたいになるんだろう?と不思議に思ったことは覚えてる。
それから、女の悲鳴と叫び声が聞こえた。周りは騒ぎ出した。「何アレ?、
いやだー。」でも、その当時おいらはあまり怖い気がしなかった。
だって、ドリフの「8時だよ!全員集合」のコント、志村ケンがやっていた
金田一探偵のお化け屋敷コントに出て来る叫び声みたいだったから。
だからお化けもドリフの真似してるんだとその頃は本気で思ったんだ。

282 本当にあった怖い名無し 2008/08/14(木) 23:29:28 ID:nPXia2dz0
まあ、朝も無事に迎えて、小学校に帰ったんだけど、不思議だったのは
誰も昨晩の話をしなかったこと。ちょっとおかしいなと、思ったことだけ
覚えてる。学校の先生が言わないのはいいけど、友達も誰もそんな話題はなし。
この辺は今じゃ記憶があいまいなので何ともいえない。おいらは今関東に住んでるし、
現在の仕事が忙しくて、小学校の知人〈田舎に残ってるんだよな)
とも合う機会もほとんどないし。
ただ、その時とった記念写真だけはハッキリ覚えてる。
キャンプでとった写真公開されて、皆が騒ぎ出した。

283 本当にあった怖い名無し 2008/08/14(木) 23:48:40 ID:nPXia2dz0
その写真は、学級委員が先頭にいて周りをクラスメートが囲んでる写真で
後ろは森というか林。1枚だけ巨大なドクロがうっすら笑っていて、額に
人間の顔がハッキリ映ってる。しかも後ろの木々に併せて緑色。よく見ると
何か顔らしきものがいっぱい木々に写ってる。同じとった他の写真にそんな
ものはなし。今見たらフォトショップで加工した物だろうといわれるくらい
ハッキリ移っていたのを覚えてる(今仕事で、マスコミ関係のデザイン
やってます)。さらにもっと嫌なのはなぜかみんな拝んでるように
手を合わせてお辞儀してる瞬間のように写ってる。
とにかく、あんなにハッキリして、気味の悪い写真を見たのは今の所ない。

その後、霊症があったのかいわれるとない。まあ、嫌なことや人並みの
不幸も体験したけど、あの写真が原因かといわれると違うと思う。
周りで不幸にあったやつはいるけど、やはりその写真が原因の奴はいないと
思う。その当時、そんな気味の悪い写真を買った奴は誰もいないと思うし。

まあ、今元気においらは暮らしてる。
関連記事
1/3 2/3 3/3
(0)


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ ⇒
心霊 未確認生物 UMA ミステリーブログ⇒
不思議な話 怖い話の本⇒オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍
<<死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 196_2 重複スレ | ホーム | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 196_4 重複スレ>>

- コメント -

コメントの投稿


管理者のみ閲覧可


- トラックバック -


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

<<死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 196_2 重複スレ | ホーム | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 196_4 重複スレ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。