現在地

スポンサードリンク

カテゴリー・目次

人気記事ランキング

最近記事リスト

逆アクセスランキング

相互リンク

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

RSSフィード

プロフィール

怖い話 不思議な話@2ちゃんねる

Author:怖い話 不思議な話@2ちゃんねる
2ちゃんねるの怖い話、オカルト板まとめサイトです。心霊スポット 心霊写真 超常現象 怖い話 恐怖体験 未確認生物 UMA 都市伝説 オーパーツなど、怖い 不思議&面白いと思った話を厳選して紹介しています。
ただ今相互リンク募集中です。ただし、心霊・不思議・ミステリー系に限らせていただいておりますのでご了承下さいませ。

ブロとも申請フォーム









管理ページ
最新記事 - 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_8 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_7 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_6 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_5 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_4 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_3 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_2 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_1 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?1 (09/01) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_6 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_5 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_4 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_3 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_2 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_1 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_5 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_4 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_3 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_2 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_1 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_5 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_4 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_3 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_2 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_1 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 




<<死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 196_3 | ホーム | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 196_5>>

怖い話 不思議な話@2ちゃんねる オカルト板まとめ

スポンサーサイト


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ

心霊 未確認生物 UMA 都市伝説 ミステリーブログをもっと見る



不思議な話 怖い話の本↓
オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1/3 2/3 3/3


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ ⇒
心霊 未確認生物 UMA ミステリーブログ⇒
不思議な話 怖い話の本⇒オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍
<<死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 196_3 | ホーム | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 196_5>>

怖い話 不思議な話@2ちゃんねる オカルト板まとめ

死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 196_4


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ

心霊 未確認生物 UMA 都市伝説 ミステリーブログをもっと見る



不思議な話 怖い話の本↓
オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍
243 本当にあった怖い名無し New! 2008/08/21(木) 04:47:09 ID:0Fq1mluNO
すみません、
連投します;

「白い顔」

これは1Kのアパートに一人暮らしをしている
ごく普通の女子大生の話。

私は部屋の隙間という隙間が嫌いだ。
ドアやふすま、カーテンも隙間が開いてると
すぐ閉めるようにしている。
何故ならば、私の目に映る隙間という空間には

白い顔が存在するからだ。
白い顔はいつも私を見ているような気がする。
もし白い顔を見てしまった時は、すぐ目を逸らすようにしている。

隙間をみるといつも
何かが見えるような気がしてならないのだ。

そんな暗示にかかりやすい私は、何度も嫌というほど
部屋で白い顔を見てきた。


ある夜のこと

突然ブレーカーが落ち、停電にあった。


244 本当にあった怖い名無し New! 2008/08/21(木) 04:51:18 ID:0Fq1mluNO
>>243の続き

暗くて何も見えない。
「パソコンと炊飯器しかつけてないのに?」と
一瞬パニックになりかけた私だったが
すぐに冷静になり、携帯のライトをつけようと携帯を探した。
しかし携帯が見つからない。
仕方ないので手探りで懐中電灯を探す・・

暗闇に目が少し慣れ始めた頃

ようやく普段滅多に使わない懐中電灯を見つけ
鏡の下に置いてある懐中電灯を手に取った。

そして私は何気なしに鏡を見つめた。

鏡は灯りの消えた、いつもの私の部屋を映しだしていた。

しかし私は気づいた。

台所に違和感があるのだ。

そこには

隙間にしか現れなかったはずの

白い顔がいた。
おわり


247 本当にあった怖い名無し sage New! 2008/08/21(木) 09:39:58 ID:Q7Uic8e0O
ある蒸し暑い夏の夜。
仲のいい友人三人と、隣町にある廃屋に肝試しに行った。
言い出しっぺのAいわく『そこってさ、ホームレスの幽霊が出るらしいぜ』
『首がへし折れてて、リヤカーに乗ってるんだってさ』
そんな嫌な説明を聞きながら、俺の運転する車は目的地にたどり着いた。
みんな心なしかビビってたがAはそうでもなかった。
廃屋は元ドライブインだったらしく、入口を入るとすぐに
お土産品でも置いてただろうガラスケースやレジが残っていた。
「いねーな」「やっぱただの噂だって」
そんなことを話しながら二階の階段を上る。

上ってすぐ見えた廊下の奥から物音がした。
キコ・・・・・・キコ・・・・・・


248 本当にあった怖い名無し sage New! 2008/08/21(木) 10:02:18 ID:Q7Uic8e0O
「なんだこの音?」「廊下からだな」
俺の後ろにいたBとCがそんなことを話している。
だが俺はそれどころではなかった。
「はう、はうう・・・」
言葉にならなかった。

キコキコと音をたててリヤカーを引く、人影。
暗くてあまりわからないが、こちらに近づいてくるにつれ
首が背後に反るように折れ曲がっているのがわかった。
「おい、どした?ホームレス幽霊でも出たか?」
そんなことを言いながら二人が上ってきて・・・
『!!!』
恐怖で動けなかった俺を正気に引き戻すほどの二人の大絶叫だった。

ドタドタと階段を駆け降りて玄関へと走る。急いで車で逃げねば。
外へ出ると車のそばでAが煙草をふかしていた。
「おいおい、どした?」
答える余裕はなかった。俺は急いで運転席に乗り、状況のわからないAを
BとCが無理やり乗せて発進した。

「・・・・・・ってことだ」
国道沿いのコンビニに車を止め、俺達はAに事情を説明した。
全て話し終えたとき、Aはガタガタ震えていた。
「なんで・・・」

「なんでなんだよ。さっきの話はデタラメだったんだぜ。
おまえらをビビらせようと思って適当に考えただけなのに・・・なんで!」
おわり

272 本当にあった怖い名無し New! 2008/08/22(金) 12:24:58 ID:5pt1ONbW0
「瞬間移動」

俺は神奈川のとある団地に住んでいる。
生まれた時からそこに住んでいるんだが団地に奇妙な人間が住んでいる。

俺達の間ではNと呼んでいるが、魔物と呼んでいる奴もいるようだ。
俺が幼稚園児だったころからそいつは住んでいるのだがすごく奇妙だ。
Nは脳に障害があるらしく、近づくと唾をかけてきたりする。
そして、何より怖いのが逃げると追っかけてくる事だ。
Nはどんなところでも自転車で移動している。たとえ草原でも砂場でも自転車で追いかけてくる。

そして小学6年のある日、俺は友人と公園でゲームをして遊んでいた。
夕方の6時…暗くなって来たので帰ろうとしたらNが自転車で公園に入ってきた。
すると友人が、「Nを怒らせてみよう…」と言い、
Nに暴言を吐きまくりしまいには石をぶん投げた。
石はNの頭に命中。「うがあああ!」と声をあげその場に倒れこんだ。
当然Nはきれた。しかも相当ご立腹な様子だった。すごい形相で追いかけてきた。

追いかけられるのは慣れている俺だが、その時はさすがにかなりの恐怖を覚えた。



273 本当にあった怖い名無し New! 2008/08/22(金) 12:51:47 ID:5pt1ONbW0


暴言を吐いたのは友人だが、Nの場合は連帯責任だ。一緒にいた奴も巻き添えになる。
その公園はだいぶ団地から離れていたし、自転車と足じゃスピードの差が激しい。
全速力で団地に戻り、一息ついた。 が…

数メートル先にはすでにNの姿が…

確かに団地は入り組んだ地形で見られずに近づく事はできるだろうがさすがに回り込みが速すぎる…!
俺は怖くなって友人を置き去りにし、団地内にある公園に隠れようとした…
その公園は鉄の塀で囲まれていて、入り口からじゃなければ中を確認できない。
見えなければ襲われる事はない…と公園に向かった。
公園の周りにある高い鉄の塀に沿って公園に入った瞬間背筋が凍った…

なんとすでに公園の中にNがいたのだ…!
ニヤニヤ笑いながらこっちを見ている。

「うわああああ!!」

俺は叫んで無我夢中で走った。
そしてやっと自分の家がある棟にたどりつき…

「助かった…」と呟き階段を上ろうとした。
そして自分の家のドアの前にいたのは……………………

それ以降俺はNには近づいていない…
おわり

277 本当にあった怖い名無し sage New! 2008/08/22(金) 17:12:48 ID:nuc4ZgJq0
心霊というか、ちょっとした感覚の話。
ジャノメチョウって知ってる人いるかな?
漢字で書くと蛇の目蝶で、名前の通り目玉がいっぱいついてる蝶の仲間なんだ。
昔から親に連れられて虫取りに行っていたせいか虫が今でも結構好きで、
その時も雑木林に連れて行ってもらってた。
当時3才。親が野生児なせいもあって、何も恐れずに林に入っていった。
スズメバチを素手で殺したり、
家にできたアシナガバチの巣をバトミントンのラケットと殺虫剤で壊滅させる人と一緒だから何が起きても大丈夫だろうって。
で、散策してたら前からひらひらと飛んでくる物がある。
茶色いそいつは俺の胸に止まりやがったんだ。
胸に目を向けると、羽にぎっしりとある目玉模様と顔にある本物の眼と目が合った。
恐ろしくて目を閉じて泣き叫んだ。目を開けたらそいつは消えてたんだけど、今でも目に焼きついててトラウマ。
図鑑とかで目玉模様のやつとか見ると鳥肌立ったり吐き気がするくらい。
それからしばらくして、中学生ぐらいから変な感覚を感じるようになったんだ。
街中を自転車で走ってたりすると、何というか、頭にツーンと来るときがある。
「あ、いるな」
って思うと案の定ジャノメチョウ科特有の飛び方をする黒い影が。
霊感とは違うけど、経験で作られる(?)変な感覚についての話でした。つまんなくてごめんなさい。
霊感も経験とかで付いたりするのかな。
おわり

280 本当にあった怖い名無し sage 2008/08/23(土) 06:10:43 ID:dKcRnRO10
もう20年以上前の話です。
当時小学低学年だった私にはよく遊びに行く所がありました。
そこは大学生のお兄さんが住む近所のボロアパートの一室です。
お兄さんは沢山の漫画やラジコン等を持っていたので、私の他にも近所の子供が何人も
出入りする子供の溜まり場の様な所でした。
そんな場所で体験した出来事の話です。

ある冬の日の事です、いつもの様に近所の子供数人でお兄さんの部屋に遊びに行くと
お兄さんが部屋の片付けをしていました。
「お?、お前達か」
「何してるの?大掃除?」
「まあな、まあ上がれよ」
そう言うと私達にジュースを出してくれました。
そして、少し戸惑いながらこう言いました。
「実は春から働く事になったんだけど会社がここから遠くてな、引っ越す事になったんだ」
「えー!」
突然の事で驚く私達に続けて言います。
「もう少しで片付けも終わるんだけど、勿論手伝ってくれるよな?」
「手伝ってくれたら好きな物持っていってかまわないぞ!」
「え?、ホント!」
漫画本やラジコンが貰えるとあって大張り切りです。
そんなこんなで片付けの手伝いが始まりました。

1時間ほどして片付けもあらかた済んで一息ついた頃でした。
「うっ・・ふ・・うっ・・ふ・ふ・ふ・・」
どこからか低い男の声で薄ら笑いの様な声が聞えて来ました。
ん?・・・ 皆にも聞こえた様で、一瞬会話が止まりました。
「うっ・・ふ・・うっ・・ふ・ふ・ふ・・」 「うっ・・ふ・・うっ・・ふ・ふ・ふ・・」
今度は押入れの方から薄気味悪い笑い声が小さいながらもハッキリと聞こえました。
皆、無言でお互いの顔を見合わせます。


281 本当にあった怖い名無し sage 2008/08/23(土) 06:13:58 ID:dKcRnRO10
[続き]

暫く沈黙が続きましたが何かを思い出したかのようにお兄さんが声を出しました。
「あっ、あれか?」
そう言うとお兄さんは押入れの中をガサゴソと探し始めました。
「おっ、あったあった!」
お兄さんが取り出したのはピエロの絵がプリントされた巾着袋でした。
お兄さんの話ではそれは袋を握ると滑稽な声で袋が大笑いする”笑い袋”という
オモチャで、以前付き合っていた人からプレゼントされた物だという事でした。
お兄さんは得意気にそのオモチャの説明をすると袋をいじりだしました。
ところが、袋は一向に笑い出しません。
「あれ、お、おかしいな」「電池でも切れたか?」
そう言うとお兄さんは袋から赤黒い歪な形の機械を取り出しました。
私は一瞬引きました、その機械が”腐った心臓”に見えたからです。
その時です!
「うぁぁっ・・・」
機械をいじっていたお兄さんが情けない声を上げて機械を落としました。
私達の目の前に転がってきたその不気味な機械には
始めから電池など入っていなかったのです。
おわり

293 逆吸血鬼と合わせ鏡 sage 2008/08/26(火) 23:00:29 ID:8wsG+YNT0
俺が小学生のときの話なんだが、昔「木曜の怪談」という番組があって、そのせいで暗闇を極度に恐れるようになっていた時期があった。

夜外に出れないし、自分の家だって行く先々の電気がついてないと進めなくて、電気のスイッチを求めて廊下を這っているような有様。

昼間ですら、暗い校舎の影や、人気のない路地裏には近づけない。で、ついたあだなが「逆吸血鬼」

しかも、家の近くには5年近く動いていない下水処理場の廃墟や、ペット墓場になってる森が存在してるから幽霊がでてもおかしくないと当時は本気で思ってた。

で、木曜の怪談で最初に見た話が合わせ鏡になっていたのが救えない。

当時「地獄先生ぬ~べ~」で鏡に潜む悪魔の話をやっていたこともあって、いつも鏡に幽霊がいないかとおびえる毎日。

風呂に一人ではいるのは、夏休みの宿題など生ぬるいくらいの苦行だった。

だって、髪洗っているときに鏡から自分が除いていたらすごく怖いよね?

洗面所で、「鏡の向こうのドアの隙間からもし人がにらんでいたら」と思うと死にそうになるので、ドアや隙間は必ず閉めて、壁際にたって歯磨きしていたくらい。

00時におきてるなんてとんでもない!

当時廊下の途中に鏡があったから、それまでに寝るか、00時になったら二階の寝室に行けず、一階で親が寝るまでがくがく震えていた。

そんなわけで、自分は21時になったらビビリながら二階に上がって、すぐ布団をかぶり目を粒って震えながら寝ていたんだが、

急に腹痛で目が覚めた。

時計を見たら23時半、もうすぐ00時。二階の廊下には鏡があり、しかも二階のトイレの真正面にある。

とてもじゃないが、行きたくない。しかし、一階にいくのはさらに嫌だ。

そんなこんなでで悩んでいるうちにも腹痛はひどくなっていく。


294 逆吸血鬼と合わせ鏡 sage 2008/08/26(火) 23:03:17 ID:8wsG+YNT0
このままではもらしそうだった。

すでに11時45分になっていた。

こうなったら速攻でトイレに行って、速攻で出して、00時になる前に速攻で戻るしかない。

そう決意し、布団から起き上がり、廊下の鏡を見ないよう目をつぶりながら、廊下の壁を手探りで這っていって、ようやくトイレについた。

すぐスイッチを閉めて、ドアを閉めて、パンツ脱いで、至福の瞬間を味わっていた。

ようやく腹痛が落ち着いた後、トイレットペーパーをとろうとしてふと置いてあった時計が目に入った。

後一分足らずで00時になろうとしていた。

ヤバイ!すぐにでないと、でもいまでたら間違いなく00時になっている。

ドアを出たら鏡がある。

合わせ鏡じゃないけど、手鏡程度で異次元の扉が開かれるなら、ドアの取っ手(真鍮)で合わせ鏡にならない保証がどこにあるんだ!?

と本気でなやんだあげく、篭城することを決めた。

合わせ鏡はたしか00時00分から00時01分までのあいだだから、その間、この中にいれば安全だ。

その後、トイレから出て鏡を見ずに速攻で部屋に戻ろうときめた。

ダンダンダンダンダン!!!!


295 逆吸血鬼と合わせ鏡 sage 2008/08/26(火) 23:04:50 ID:8wsG+YNT0
いきなりドアをたたかれた!

俺は、うわあああああ!!!って叫んだ。

考えても見てくれ、ただでさえ幽霊にびびってる小学生が深夜トイレに篭ってたら、いきなりドアを叩かれたんだから。

いまでも、ビビル自信がある。

でも怖いのはそんなところじゃない。

何が怖いかって、親は今二階にいない。

親は必ず00時30分以降じゃないと二階に上がらないから、わざわざ二階のトイレを使う理由が思いつかないし、第一下から来たなら足音でわかる。

まさに不意打ちだった。

じゃあ外にいるのは?

いまだにドアを叩き続ける何者かのせいで俺完全パニック。

必死にトイレの端に寄ろうとして、便器の上によじ登っていた。

そしたら、ドアを叩く物音がぴたりとやんだ。

かわりにガチャリと鍵をかけていたはずのドアが開いてゆく。

俺もうくぁwせdrftgyふじこlp状態、たぶん走馬灯が流れてたかもしれない、俺死んだと思ってたもん。

そこにいたのは、同い年の子、同じパジャマを着ている、というか俺だった。


296 逆吸血鬼と合わせ鏡 sage 2008/08/26(火) 23:05:53 ID:8wsG+YNT0
そいつと眼があいそうになったところで、自分の中の何かが切れた。

便器から飛びおりて、まずドアを蹴飛ばした。

ドアから体半分を除かせていたそいつは、その一撃で予想外にぶっ飛んだ。

まるで体重がないかのように、吹っ飛んだそいつはそのまま鏡の中に吸い込まれる。

すぐに、トイレのすぐ近くの勉強部屋に入り、目の前にあったランドセルからアルトリコーダーを取り出した俺は下半身丸出しで鏡に突撃していって、その鏡を叩き割った。

実を言うと、ドアを開けてそいつと眼があいそうになったあとの記憶は残っていない。

だから、鏡を叩き割ったや、そいつが鏡の中に吸い込まれたとかいうのは状況証拠からの推測である。

気づいたときには、騒ぎを聞きつけて二階に上がってきた親に羽交い絞めにされていた。

手にはアルトリコーダーをもち、地面には鏡の破片が散らばり、下半身丸出しだった。

当然、家は大騒ぎになり、こっぴどく怒られた上に、翌朝速攻で病院に連れて行かれた。

足をガラスで切っていたからだ。

しばらくは学校まで車で送り迎えされ、体育の参加もままならなかった。

それから、あの鏡は粗大ごみとして捨てられた。




297 逆吸血鬼と合わせ鏡 sage 2008/08/26(火) 23:07:15 ID:8wsG+YNT0
結局、あれが何だったのかはわからずじまい。

幽霊なのか、ドッペルゲンガーなのか、それともただの妄想だったのか・・・・・

あの鏡に何かいわれがあったのかもしれないが、親にきいても心当たりはないらしい。

その後、鏡のあった場所には鳩時計が置かれるようになった。

これも深夜に突然鳴ったりするので、それでまた怖い思いをしたがそれは別の話。

ただいまだに俺の中でしこりのように残っている気がかりなことがある。

それはたまに自分がトイレのドアから自分を覗いているという夢をみること。

そして自分が左利きであること。

はじめ、親に左手で箸を持っていることを咎められ矯正されたが、いまだに箸と鉛筆以外は左を使っている。

もう10年以上も前の出来事だから、記憶違いしているだけかもしれないが、どうも自分はあの事件が起こる前は右利きだったような気がしてならないのだ。

何故なら、あの事件以来足を怪我していることを差し引いてもしばらく様々な面で不自由を強いられたようなきがするからだ。

いまでも、鏡を見ると鏡の中の自分がにらんでいる、ような気がするだけの話である。
おわり

325 本当にあった怖い名無し 2008/08/28(木) 00:55:07 ID:/PTweP+z0
俺の両親の体験談
 田瀬ダムって知ってるかな? そこでの事なんだけど
 両親が若い頃に岩手に住んでて(実家があるから)
 大晦日に親父の妹が帰って来るってんで雪降ってる中、
 車で迎えにいったんだと

んで新幹線で来るから新花巻に行って妹(俺のおばさん)
拾って帰ってくる途中 ずっと電車が並走してるんだって
で両親達が「この電車で帰ってくればよかったじゃねえか」
とか言ってた時、親父が気づいた「ここに線路なんかねえぞ!!」
ダムの真上に電車が走る訳が無い。
 すると急に車がスリップし出してガードレールの切れ目に向かって
吸い込まれるように行ってしまったんだと
それでもう落ちる寸前(フロントガラスからは下が見えたらしい)
に親父が必死こいてハンドルを切ってギリギリのところで
助かった その時電車は空の方に上昇して行ったそうだ

でふと時計をみると丁度年が明けてたそうな
話し合った結果あの電車は年内の死者をあの世に送る奴で、空きがあったから
連れてかれそうになったんじゃないかと言う話になったそうです

宮沢賢治もその電車を見て銀河鉄道の夜を書いたんですかねぇ・・・

拙くてすいません、おわりです


326 本当にあった怖い名無し 2008/08/28(木) 01:11:41 ID:eQx5/Yh60
んじゃーちょっと不思議体験したときの事をつらつらと。

小生は、25歳。当時小学校5年の時の話です。
2歳くらいの時に引っ越して来た2階建ての借家で、もう7~8年経ったのかな。
んで、小生の部屋が2階に在ったんだけど、そこにはTVが有って、一人で番組観てたのよ。

っとその前に家の内容説明
家の中央に2階への階段があり、上った先の踊場は、1m四方程度の広さで、
左右部屋(各8畳位)があります。(左、父、小生部屋、右、母姉寝室)
左右の部屋移動は踊場からのみしか移動はできません。
1階は話に関係有りませんです。

TVは部屋の奥に有り小生とは、対角。つまり、端と端になってます。
で、部屋の中央に蛍光灯が有るんです。
そいで、トイレに行こうと立ち上がった時ふと気づいた。
TV側の壁に小生の影?が在るんです。
一瞬??てなってたけど、その異様さに徐々に気づいた。
形が違う。大きさは同じ、小生は動いていない、その影は動いている。
壁と壁の間へ。部屋が四方なのは説明した通りだが、その角に
ぬるんと入り込むようにして消えた。やっべ当時思い出した。

次の瞬間

『おとーさーん』小生号泣ダッシュww

あれはいったい…。
あとは、寝室で扇風機に『おいっ』って言われた時
号泣ダッシュしたのはいい思い出ww
おわり

329 ホントに sage 2008/08/28(木) 03:31:21 ID:B6Ck+8wl0
これは、聞いた話なんだけど・・・
ある少年が9月に季節はずれのカブト虫を学校帰りに見つけたんだって、
少年はそのカブト虫を家で飼うことに決めて、物置の奥の方から虫かごを持ち出し、その中に拾ってきたカブト虫を入れた。 
でも、どうも味気ない・・・
カブト虫は壁をよじ登ろうと、箱の端の方をガリガリかきむしるだけ、

少年は午前0時を過ぎていたにもかかわらず、カブト虫のために、枝を近くの林まで取りに行った。

林は薄暗くて物音ひとつしない・・・ 
それでも少年は「すぐ済むから・・・」と、林の中に入って行った、  
林の中には思ったとおり、たくさん枝が落ちていて、少年は手ごろの大きさのをいくつか拾って、すぐに帰ろうと立ち上がった。

その時、だ・・・ 

奥の方の木と木の間を、[白い何か]が横切った、
少年はビクンとしたが、あまりにも一瞬すぎたので少年は目を細め、それが何か見極めようとした。 
さっき見えたのはあの辺だったハズ!と、少年は林の奥から目を離さなかった。

だからだろうか、少年は自分の腕の中の変化に気付くのに時間がかかった。


つづく


330 ホントに sage 2008/08/28(木) 04:40:21 ID:B6Ck+8wl0


少年はゾッとした。
ゴツゴツしていたハズの枝の感触が明らかに柔らかく、なめらかになっている。 
温度はさっきより格段に冷たくなっていて、気味が悪い・・・
少年は暗い林の奥で固定されていた目線を、
おそる、おそる、下にさげていった。・・・・そこには・・・

[手]。

少年は顔を青ざめた、自分が枝を抱えてると思っていた両手には
人間の[腕]が丸まる一本よこたわっているのだ。 
しかも、その腕は只そこでそうしてる訳でもなく、
なんと・・ 

うごいた、 
・・・人間の関節じゃあり得ない方向に指を曲げてまるで虫のようにカサカサと上の方まで上がろうとしてきた。
少年は恐怖と驚きで思わず尻もちをついた。すると、次の瞬間・・・

腕は枝だった、なにが起きたか分かるのだが覚えてない。
不思議な感覚だった、「夢をみていた、」と言ってしまうような・・・
少年は枝を抱え家に帰った、違和感はあった、でもそれを異常とは思わなかった。 
枝を虫かごに入れた、カブト虫は狂ったように暴れだした、 少年は虫かごにフタをして過重なぐらいガムテープで固定した。
なぜか?・・・分からない、そうするべきだと思った、と少年はのちに語っている。 
つづく


331 ホントに sage 2008/08/28(木) 04:56:59 ID:B6Ck+8wl0


その日、少年は床についた。

そして次の日、
なにも起きず無事に朝を迎えられたことに、なぜか分からないが少年はホッとしていた。 
しかし、この後に少年の体は鳥肌でおおわれる。

少年は虫かごのガムテープを少しだけ破がした・・・すると、
・・・・明らかにカブト虫がつけたとは思えない、[5本のひっかき傷]が、虫かごの内側に深く刻まれていた。 
そして、カブト虫は、
死んでいた。・・・

・・・・ひきちぎりられたように。・・・

おわりッス

333 1 sage 2008/08/28(木) 07:55:36 ID:fjZofQAh0
ちょっと某漫画読んで思い出したから書いてみるわ

もう5・6年前かな?確か秋も過ぎて12月だかそんくらいの時期

前日に早く就寝したため、その日はやたらと早く起きたのよ
大体日の出の直後位だったと思う
起きたといっても頭に霞みがかってる寝ぼけた状態

んで寝起きに一服しようとしたのにタバコが無い
何故か無性に吸いたかったので面倒くさいけど買いに行くかーと布団を出たんだな

居間を見たら親父が既に起きていて新聞見ながら飯食ってた
「タバコ買ってくるわー」と声かけて靴を履いたときに親父の返事が返ってきた
「今日は おいgrmmでぃうf だから 気をtあうぇdrftgyhろよー」
・・・?
何か変なノイズっていうか聞き取れないけど言葉っぽいのが間に挟まったというか変な返事だったんだよね
というかそれ以前にいつもは「んー」とか「おー」位しか言わないのに何か変

けど其の時は大して気にも留めずに「あいよー」って返事して外に出たのよ


334 2 sage 2008/08/28(木) 07:57:07 ID:fjZofQAh0
相変わらず頭は寝ぼけているような感じなんだよね
やっぱ寒いなーとか朝焼け綺麗だなーとか思って自販機へ歩いてた

寝ぼけながらも掃除してるオッサンとかに「おはよーさんでーす」とか挨拶したんだが・・・
「おっ!rdyhjkl;・、;ねー!おはよー!」とかやっぱ言葉が変

でも其の時は気にも留めずに歩いて、程なく自販機へ到着
赤マルget

吸いながら帰るかーと1本取り出して火を着けた瞬間、今まで霞がかってたのが晴れた感じしたんだ
と、ソレと同時に周りが変だって事にも気が付いた

1つは自販機はタバコ1台・飲料系2台の筈なのに、タバコ2台・飲料系4台になってる
昨日とかに増やしたのか?と思ってもう一方のタバコ自販機見たけど訳分からん字で印刷してあるのばかり
しかもコイン投入口も札入れるところも無い
勿論飲料系の方も同じで極め着けに自販機の色が錆びだとかでマーブル模様になってる

2つ目はさっきまで綺麗な朝焼けだなーとか思ってたんだけど、ドス黒い感じの紫色の朝焼けで綺麗とは程遠いんだわ


335 本当にあった怖い名無し sage 2008/08/28(木) 07:58:56 ID:fjZofQAh0
は?え?何コレ??と頭はパニック状態
しかも気が付いてみれば全ての家に明かりが着いてる状態
一瞬、夕方なのかと思って携帯見たけどやっぱり朝
でも何故か電波無し

とりあえず家に帰ろうと思い来た道を戻るけど、行けども行けども周りが自分の家付近の風景じゃない
さっきまで居た掃除のオッサンも居ないし生臭い臭いも漂ってくるしで混乱絶頂

家見付からないわ周りの風景違うわで呆然としてたら何時の間にか目の前に誰か立ってたのね
掃除のオッサンかと思って顔を上げてみたら、ってか顔ある場所に無い
見えたのはノッペリとした腹?だか胸で更に見上げてみたら顔があった

何て形容したら良いのか・・・幼稚園児が粘土で作った顔を3~4個ごちゃ混ぜにしたような感じだったよ
んで状況が掴めないで口パクパクさせてた俺にソレが「ここ くぁwせdrftgy ない」って言ったかと思ったら横薙ぎに衝撃が来た

凄い衝撃&痛みで(あー俺死んだな)とか変に冷静な事考えながら意識が途切れた
途切れる前、変な方向に曲がった俺の脚を持ってソレが俺を引きずってたのが分かったよ


336 4 sage 2008/08/28(木) 08:00:37 ID:fjZofQAh0
ふと意識が戻った時には目の前に掃除のオッサンが居て「あれ?さっき通り過ぎたよね?あれ?」とか言ってた
体は何も異常ないし脚も別に曲がっちゃいない
周りを見れば見慣れた自宅が目の前にあった

青ざめた顔で家に入ったら、いつもはとっくに仕事行ってる筈の親父が未だ居た
俺の顔見て一言
「・・・だから気をつけろって言ったろう?今日は紫なんだから」
ちょ、何か知ってるの?ってか何があったか分かってるのかと聞いてたら、遅刻ギリギリだから帰ってきたらなって出かけやがった


以下は帰ってきた親父に聞いた事
・うち(親父)の家系には朝焼けが紫色の時には出歩くなって家訓がある
・親父も若い頃、免許取りたてで夜明け前にドライブしてたら変なとこに迷い込んだ事がある
※戻ってきた時は朝焼け直後ぐらいだったらしい
・今日は紫色っぽかったから仕事の時間ずらして様子見てたけど俺が出かける様だったから一応「気をつけろ」と言ったらしい

以上、俺が体験した洒落にならん話
ってか親父よ・・・そんなんだったら事前に止めてくれとorz
おわり

339 本当にあった怖い名無し 2008/08/28(木) 11:49:04 ID:exPi/zgn0
幽霊とか出てくる話ではないですが、昔ホントにあった事を書かせてもらいます。
誤字脱字あると思いますがご容赦下さい。

私が昔バイトで働いていたレストランがありました。小さなレストランで、店長が料理をして、他にはバイトが3名と店長の奥さんで営業している店でした。
そこにバイトで接客兼レジ係のAさんという子がいて、結構可愛い方でハキハキとした感じの性格も良い子でした。
お客さんからも人気があり、看板娘といった感じです。
しかし、たちの悪い客に絡まれることもあり、ずっと同じ女性客がクレームを付けていることがありました。
その客は他のバイトとかには殆ど絡んできませんが、Aさんに対しては対応が遅かったり、ちょっとした言葉違い等で10分位ずっとブチブチ言っていました。
店長や奥さんが間に入って事情を伺ったり、その客が来たときは出来るだけAさんに接客させないようにとか気を使っていましたが、Aさんは自分に悪いところがあったから気をつけるって話したりして落ち込んでいました。
バイト仲間や店長夫婦も何かとAさんを気にかけて励ましていました。
しかし、幾ら周りが気にかけていても限界があり、その客はAさんの出勤シフトに合わせるように来店し、ほぼ毎回のようにAさんにクレームを付けて来ます。



340 本当にあった怖い名無し 2008/08/28(木) 11:50:10 ID:exPi/zgn0
続き

そんな事が一ヵ月ぐらい続いた時、Aさんは店長や皆さんに迷惑がかかるといってバイトを辞めてしまいました。
店長夫婦は慰めて引き留めようとしたようですが、Aさんは相当参っていた様で、引き留めることは出来なかったそうです。
Aさんが辞めた後、暫くは例の客は来店していましたが、1週間もするとぱったり来なくなりました。
そして、月末にバイト料計算が終わって、店長がAさんに未払いのバイト料を渡すために家に連絡を入れたところ、Aさんの父親がかなりの剣幕で話があるって言って一方的に電話を切り、その後レストランに怒鳴り込んできました。
丁度自分も居合わせたので話を聞いていたんですが、どうやらAはあの客を刺し殺した様です。
未成年でもあり、実名は出ていませんでしたが、確かに前の週当たりに刺殺事件があり、容疑者が未成年って記事がありました。それがAさんだったと知ってかなり衝撃です。
Aさんが持った恨みの深さと「店長や皆さんに迷惑がかかる」って意味がこの事だったとしたらゾッとします。
Aさんの名誉の為に書いておきますが、Aさんは怠け者とか要領が悪いわけではありません。ミスが殆ど無く、テキパキ仕事もするし、お客さんに横柄な態度を取っていることなど有りませんでした。

商売をしている人間にとってクレームは内部改善の情報源ですし、お客様有っての商売ですのでクレームにも誠意をもって対応するのが当然でしょう。
ただ、クレームを付けている相手が個人に立ち返ったときは怖いものがあります。

341 本当にあった怖い名無し 2008/08/28(木) 12:02:24 ID:WLlTWNii0
怒鳴り込んできた理由がよくわからないんだけど・・・職場のせいだとでも言いに来たの?

342 本当にあった怖い名無し 2008/08/28(木) 12:08:32 ID:exPi/zgn0
父親曰く
「娘があんな状態になるまであんたは何をやってたんだ?」
だそうです。
その時は、娘があんなに参っているのにこいつは知らなかったんだな~って思いました。
おわり

343 本当にあった怖い名無し sage 2008/08/28(木) 12:20:40 ID:9Hy5Stpm0
今ここで昔のことを懺悔します。明日にでも死ぬのではないかと思うと毎日が嫌になります

ここに書こうと思った発端は一昨日のことでした。
「本当にあった怖い話」がやってましたよね。スザンヌとかがゲストで。
その時に「着信履歴」という話がありました。友達を置いていったら入らないはずのその友達の着信が…
というやつです。私は以前、それと全く同じことをしてしまいました。いや、それ以上に危ないことを。
ここに書けば「パクリ乙」だとか煽られるのでしょうが、私はそれを望んでいます。
私はあれを幻だとか気のせいだと思いたいのです。不可思議で、どう考えてもおかしいことが
立て続けに起こったのですから。私はそれを信じたくないのです。
前置きが長くなりましたが、今から懺悔したいと思います。




345 本当にあった怖い名無し sage 2008/08/28(木) 12:31:49 ID:9Hy5Stpm0
そうですね、あれは5年ほど前のことでしょうか。
私は「着信履歴」と同じことを、同じ場所でしたのです。
私と友人A,B,友人Aの友人であるC(ほぼ赤の他人です)がAの車であるセレナに乗って
地元の山の方へ行っていた時のことです。
山の方、と言っても歩けば30分程度で麓の自宅に帰れるほどの距離で、そこには心霊スポットがありました。
あんまり大きく噂は流れていないのですが、知人達の間では結構流れているのです。
そのトンネルの中に入ると女が追いかけてくる、だとかありきたりな話でしたが
そこの近くの林では地元の自殺数の90%を占める自殺者が首を吊って死んでいる、というのは知っていました
私たちはそこへ行き、「着信履歴」と同じことをBにしました。
そのトンネルの入り口にそこそこ大きな石があり、それに触れると祟られる、という噂があったので
私たちはそこへ行くようBをけしかけ、置いてけぼりにしたのです。
今思い出すととてもひどいことをしました。私たちは麓へ徒歩でも歩いていけることに安心したのか
Bを車の中へ入れず、そのまま家に帰ってしまったのです。
「今度会ったら謝ろう」と言って、私たちはその日解散しました。

次の日、Bの家に近かったAから電話があり、「Bが帰ってきていない」みたいでした。
家には鍵がかかっており、Bは家にいるときは絶対に鍵をかけない人間だったので、まだ帰ってないと判断したみたいです。
私はCに連絡し(電話番号は聞いていました)、Bの件を話して、あそこへ行こう、と言いました。
Cは罪悪感もあったのか、すぐにokの返事をし、Aの家まで行くことになりました(Cと私は家が近所でした)



346 本当にあった怖い名無し sage 2008/08/28(木) 12:43:32 ID:9Hy5Stpm0
自転車でAの家に向かい、車であの場所へ。
ついた時、異変を感じました。あの石が無くなっていたのです。
私たちは首をかしげ、周りを見渡してみると、林へ続く獣道に石が転がっていました。
まるで誰かに投げられたかのように。
林の奥の方へ行くと、微かに腐臭がしました。その林は結構入り組んでいて
見つからない死体もあるそうです。
私たちはあまり木を見ないように(林だから無理なのですが)進んでいきました。
もしかしたら、と私は木を見て歩きました。Bが自殺しているかも、という万が一を考えたのです。
ですが私の目には薄暗い林の木しか見えなく、私たちは戻ることにしました。
とりあえず、Bの部屋に行くことになりました。大家さんに事情を話して鍵を貸してもらい、大家さんと一緒に部屋へ。
鍵をあけて入ったとき、微かに、ほんの微かにですが、あの林の臭いがした気がします。
玄関を抜け、リビングに入ったとき、私は腰を抜かしそうになりました。
Bが首を吊って死んでいました。さらに、顔はとても笑顔で、しかし目だけは笑っていませんでした。
ニヤニヤ、という表現が合うのか合わないか、という顔で私たちを見下げていたBは、今でも目に焼きついています。
大家さんはわれ先にと家から出ていきました。私たちは「通報しないと!」と思い、電話を探しました。
玄関の近くにあり、Aが受話器をとって電話をしました。
その時、ふとAを見ると、そのAの背後に、リビングに居たはずの首吊りをしたBが、その状態で立っているのです。
立っている、という表現はおかしいですね。吊るされていたのです。
私とCは声を上げられませんでした。あの目だけが笑っていない笑顔がとても怖かった。
Aの首にロープがかかるのを見た瞬間、私とCは脱兎のごとくかけだしました。
その間Aの「どこに行くんだよ!待てよ!」という叫びを背にしながら。

その後2時間ぐらいしました。私とCはBの家に行くことにしました。
Aの安否を確かめなければ、と思ったのです。


347 本当にあった怖い名無し sage 2008/08/28(木) 12:55:05 ID:9Hy5Stpm0
Bの家の鍵は開いたままで、私たちはおそるおそる入り、電気をつけ、後悔しました。
Aが首を吊っていたのです。Bの、あの笑顔と一緒の顔で。
私たちは家を飛び出しました。翌日Bの部屋の前をとおりかかると、警察がきていました。
警察に「何かあったんですか」とシラを切って聞くと、「通報があってきたら、通報したと思わしき人物が死んでいた」
と言いました。Aのことだと思い、「その人だけだったんですか、死んでいたのは」と聞くと
「そうだよ。その人だけだった。君、何か知っているかい」と警察が私を好奇の目で見るので
私は何でもありません、と言って、私は家に飛び込みました。
Bは、一体どこに行ったのでしょう。そう考えると、私は鬱になりました。
もしかすると今も首にロープがかかっているのかもしれない、と、私はどんどん神経質になります。
首ばかりを気にして、首に何かが当たると、私はBが来たと思い、それが杞憂だと知ると、安心するのです。
それを繰り返していまして、それから3年、今から2年前ですね。
Cが死んだ、ということでした。あの林で。
私はBのプレッシャーで自殺したのかとも考えましたが、なんだか違う気がします。
最悪のことを思いました。CはBに殺されたのだと。
次は私の番だと思うと、いてもたっても居られなくなり、地元を離れ、今の家に住んでいます。
それから1年私は家から出られませんでしたが、今はなんとかアルバイトをしています。
ついこの間、あの警察官が亡くなったことを知りました。見た感じ結構お歳だったので
多分病気か何かだろう、と思っていましたが、その人、首を吊って死んだみたいです。
あれから5年。私の身のまわりで首吊り自殺者は10人を超えました。事件の関係者や、A,B,C,私の身近な人。
あの時の大家はまだ生きているみたいですが、次は私かその人のような気がします。
最近呼吸がちょっとし辛くなりました。何かが巻きついている感じです。鏡を見ても何もありません。
病気かな、と思いながらも、来た、と思うと、私は夜も眠れません。
私は、罪を償いたい。でも、どうやらそれは殺されるしかないようです。


348 本当にあった怖い名無し 2008/08/28(木) 13:05:45 ID:vbKhvENA0
>>343
これは怖いですね。
ところで、Bの家族は捜索願い等は出されたのでしょうか?

とりあえずはお祓いじゃないですか?


349 本当にあった怖い名無し sage 2008/08/28(木) 13:16:05 ID:9Hy5Stpm0
>>348
捜索願いは出しましたがいまだに行方知れずみたいです。
首吊り自殺とか地元では林のこともありますから、そう珍しくないようで
地元の新聞にすら載っていませんでした。

昔妹が自称霊能者に騙されて金をふんだくられてから
霊能者とかは信じないので、行く気にはなれません…

ほんこわのパクり乙、の煽りレスをひたすらに待ち続けます…


350 本当にあった怖い名無し 2008/08/28(木) 13:22:26 ID:pM0GW0BI0
ほんこわのパクり乙


351 本当にあった怖い名無し sage 2008/08/28(木) 13:26:49 ID:P5M5Ez0v0
でもそれだけ関係者が死んだのならもっと大騒ぎになりそうな気も・・・
それと警察官が死んだのを知ったのはどーいう経緯でしったんだ?


352 本当にあった怖い名無し sage 2008/08/28(木) 13:36:19 ID:9Hy5Stpm0
>>350
ありがとうございます。
何とかあれは気のせいだと思いこみます…

>>351
私たち4人の親類の死因が全員自殺ではありませんでしたし
私が母子家庭でしたが、母は体が少し弱かったので病気で逝きました。
それに、前にも書きましたが、自殺者が多いのでよくある話、ということになります

その警察官は、事件から1年ほど経った後知ったのですが、私の母の友人の夫さんだったようで
あの後一部始終を話し、(勿論信じて貰えませんでしたが)少し連絡をとっていたのですが
疎遠になってしまい、この間母の友人から警察官が死んだということを知りました。
死んだ人の親族に死に方を聞くのは失礼だと思い、自分で解釈するにいたりましたが…

私の少なからず縁を持ったこのスレを見ている人達に被害がいかないことを祈りながら
私の最後のレスとさせて頂きます。
おわり

361 本当にあった怖い名無し sage 2008/08/28(木) 16:05:49 ID:dJS+ou3I0
去年の冬に体験した話です。

私は一緒住んでいる彼氏とドライブするのが趣味みたいなもので、
「何か見るかな~」程度の軽い気持ちで、心霊スポット巡りというか、
山や田舎などへドライブに行く。

その日も山などをドライブして帰宅して、さぁ寝ようと先に二階の部屋で一人布団に入っていた。
寝転がりながらDSをしていると、一階から彼氏の声で「○○○ー!」と私の名前を呼ぶのが聞こえた。
結構大きな声で、その声がした瞬間に心臓が潰れそうなほどドキッ!として、言いようのない恐怖が襲ってきた。
確かに彼氏の声と似ていたけど、何かが違う感じがした。
何かがおかしいその声に「返事をしてはいけない」そんな気がして、ドキドキしたまま黙っていた。
その声は、私の名前を二度ほど読んだ後、何かブツブツ言いながら玄関の方へ移動していた。

次の日、昨日帰ってからのことを聞いてみた。
「昨日の夜さ、帰ってから私のこと呼んだ?」返事は当然「呼んでない。」
彼氏は寝る前にトイレに行くのが癖で、昨日の晩も私が二階に上がってからトイレに入っていたらしい。
「結構大きな声で名前呼ばれたんだけど、聞こえてない?」とも聞いてみたけど、
やっぱり返事は「聞こえてない。」本当にゾッとした。

もし、あの声に返事をしていたら・・・・・どうなっていたんだろうか・・・・
おわり
関連記事
1/3 2/3 3/3
(0)


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ ⇒
心霊 未確認生物 UMA ミステリーブログ⇒
不思議な話 怖い話の本⇒オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍
<<死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 196_3 | ホーム | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 196_5>>

- コメント -

コメントの投稿


管理者のみ閲覧可


- トラックバック -


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

<<死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 196_3 | ホーム | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 196_5>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。