現在地

スポンサードリンク

カテゴリー・目次

人気記事ランキング

最近記事リスト

逆アクセスランキング

相互リンク

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

RSSフィード

プロフィール

怖い話 不思議な話@2ちゃんねる

Author:怖い話 不思議な話@2ちゃんねる
2ちゃんねるの怖い話、オカルト板まとめサイトです。心霊スポット 心霊写真 超常現象 怖い話 恐怖体験 未確認生物 UMA 都市伝説 オーパーツなど、怖い 不思議&面白いと思った話を厳選して紹介しています。
ただ今相互リンク募集中です。ただし、心霊・不思議・ミステリー系に限らせていただいておりますのでご了承下さいませ。

ブロとも申請フォーム









管理ページ
最新記事 - 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_8 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_7 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_6 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_5 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_4 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_3 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_2 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_1 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?1 (09/01) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_6 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_5 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_4 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_3 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_2 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_1 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_5 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_4 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_3 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_2 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_1 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_5 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_4 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_3 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_2 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_1 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 




<<死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?170_1 | ホーム | 【非通知?】携帯電話にまつわる怖い話【メール?】>>

怖い話 不思議な話@2ちゃんねる オカルト板まとめ

スポンサーサイト


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ

心霊 未確認生物 UMA 都市伝説 ミステリーブログをもっと見る



不思議な話 怖い話の本↓
オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1/3 2/3 3/3


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ ⇒
心霊 未確認生物 UMA ミステリーブログ⇒
不思議な話 怖い話の本⇒オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍
<<死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?170_1 | ホーム | 【非通知?】携帯電話にまつわる怖い話【メール?】>>

怖い話 不思議な話@2ちゃんねる オカルト板まとめ

実話恐怖体験談 七談目


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ

心霊 未確認生物 UMA 都市伝説 ミステリーブログをもっと見る



不思議な話 怖い話の本↓
オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍
実話恐怖体験談 七談目
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1178169154/l50

1 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2007/05/03(木) 14:12:34 ID:pubtrxvp0
皆さんが実際に体験した恐怖体験、語って下さい。
実話なら何でもアリです。
創作、ネタは別スレにてお願いします。

前スレ
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1170688437/l50

--------------------------------------------------------

8 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2007/05/04(金) 12:08:12 ID:MhK7Hn7gO
お稲荷さんの話しかないですが母によく話を聞きます

親戚の叔母さん(他界されました)が山に登ってる最中に尿意を感じたので山の道の端でおしっこをしました。それからおかしくなってしまいました。夜中に抜け出して一週間くらい行方不明になるのです。
帰ってくると服は泥だらけで体も擦り傷だらけ。心配した家族は叔母さんを捕まえて話し合いをしました。
だがその最中に叔母さんの目が狐のようにつり上がり「コーン」と鳴いて人間では有り得ない高さでぴょんぴょん飛びながら逃げて行きました。
聞いてみると、叔母さんがおしっこした所は狐の通り道だった。それに怒った狐達は叔母さんに憑いて夜な夜な雑木林などで走り回らせていた。

何か母方の親戚は狐に関する話が多い。神隠しとか油揚げを盗まれる話とか。
母自体霊感が強く体験談を話してきます。
私はちょっとだけしか体験談ないから母の話を投稿しました。

--------------------------------------------------------

34 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2007/05/09(水) 11:41:55 ID:EKu+4jB6O
ある日、畳の上に缶コーヒーをこぼしてしまいました。
数日後、部屋の隅を見ると、まだシミが残っていましたが、よく見ると全部アリでした。東京と違ってゴチは沸かないけど、アリもビッシリ集まると、結構不気味です。
もっと不気味なのはムカデですが、お祓いして貰ってからはムカデは見かけません。ヤバい家にはムカデが集まりやすいんですよ。
知らなかったでしょう?

--------------------------------------------------------

40 名前: 本当にあった怖い名無し 投稿日: 2007/05/09(水) 15:05:01 ID:9QSSQUtz0
中学の頃の話
私はその頃、学校で色々あって不登校の状態だった
夜早い時間に眠って深夜3~4時に起きて深夜番組を見てシャワーを浴びるのが毎日だった
いつものように寝ていたんだけれど
突然目が覚めた
まだ1時か2時だった
何かに驚いて起こされた気がした
いやな夢を見て目が覚める事がたまにあったから、また何か嫌な夢を見たんだとすぐ思った
その頃私の部屋は寒かった
でも、潔癖症になっていたから汗をかく事に抵抗があって暖房はつけなかった
寒い部屋でいつも生活していたから寒さには慣れていていつも平気だった
それなのにその夜は寒さに耐えられなくて、暖房をつけた
この時の寒さは普通の寒さじゃなかった、布団にもぐっても寒かった

朝になって警察が来た
深夜に何か気づいたことは無かったか聞かれた
すぐ向かいのマンションで人が飛び降り自殺していた

その時、気づいた
私が「何か」に驚いて目が覚めたその「何か」は飛び降りて地面に落ちた時の音
深夜のあの寒気は室温じゃなくて、近くに人の死体がずっとあったから何か感じていたんだと思う

--------------------------------------------------------

51 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2007/05/12(土) 13:07:52 ID:hA2Eb1T80
小生、たまに金縛りに遭うくらいで霊感は乏しく、実際に霊を見た等の経験も無いのだが、
そんな中で「トイレ」にまつわる不思議な体験を2つばかり。

・繁華街の寂れた裏通りに面したその会社は、従業員数の割にはやけにだだっ広くて、
 1階が軽作業場で2階が事務所。昼間でも光が届かない薄暗い感じのする建物だった。
 聞くと、元は名画を扱う映画館とのこと。

 その2階のトイレを使っていたのだが、自分1人で用を足していると、背後から「カラカラ~」と音がした。
 そこは、トイレの入口にある電源をオンにしてから中に入るタイプで、
 自分が入る前は電灯が消えていたから、中に誰かが居たということもない。

 初めは昼間ということもあって全然怖くもなく、何かの装置が働く音だろう、くらいに考えて、
 ほとんど気にも留めていなかった。でも、あまり頻繁に音がするので、さすがに気になるようにはなったが、
 社員の誰かに改めて問い質すこともなく、理由は不明のまま。

 そこを辞めて数年たったある日、ふと思い出した。あの音はいったい何だったんだろう?
 ・・・・・・カラカラ・・・・・・カラカラ・・・・・・カラカラ・・・・・・
 ?   トイレットペーパーを引っ張る音だ!!!
 と気付いたとき、始めてゾーッとした、というお話し。

52 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2007/05/12(土) 13:08:34 ID:hA2Eb1T80
・その会社は大きな川沿いの7階建ての立派なビルで、トイレの設備も近代的。
 ドアはなく、ちょっとしたシティ・ホテルのように通路を奥に折れ曲がって進むと、
 そこがトイレ・エリアになっていた。
 そして男子用トイレの前に立つと、センサーが働いて自動的に水が流れる仕組みだった。

 深夜まで残業が続いたある日のこと。
 いつも使っている4階のトイレの入口から通路を進んでいくと、「シャー」と水が流れる音。
 先客が居るんだな、と思いながら中に入ると、小用の便器の前には誰も居ない。
 あれ? じゃあ大の方だ、と思って3つ並んだ個室を見るも、中には誰も居ない。
 ???
 そんなことが何回か続いたので、さすがに気味悪くなって同僚に尋ねても、誰もそんな経験はない、と笑う。
 後で聞くと、その場所は震災か空襲の時に(記憶が曖昧)焼けただれた死体を処理した場所だったとか……。

 あと、トイレではないが同ビルで深夜、エレベーター待ちしていた時のこと。
 到着してドアが開くと、誰も居ないのに4階のボタンが点灯していた、ということもあった。
 やはり4階には何かあったのだろうか?

--------------------------------------------------------

58 名前: 本当にあった怖い名無し 投稿日: 2007/05/12(土) 19:39:26 ID:HJHvHiGNO
友達と夜の公園でバーベキューをした時の事。
トイレに行きたくなった友達が一人では恐いと言うので、まったく霊感のない私は一つ返事でついて行ってあげる事にした。
トイレは100メートルくらい離れたところにあって、その横には何故かボックス型の公衆電話があった。
霊感のない私でも何故か薄気味悪い感じがしてあまりそちらを見ないようにしてトイレに到着した。
電気はまったくなしで真っ暗な状態。
慌てて携帯で照らすと、トイレにには個室が二つだけあった。
じゃあ待ってるから行っておいでと言うと、怖がりの友達は渋々個室に入って行った。
扉を閉めると、怖くなったらしく私に『ねぇちゃんといる?』と聞くので、『いるよ』と答えると、背中がゾクッとする。
あれ?霊感なんてないはずなのに…後ろを振り返ると…あの電話ボックスの電気がパカパカと二回光って止まる。友達がもう一度『ねぇちゃんといる?怖いよ…』
私は固まって動けなかった。友達の声に反応するように光が二回点滅する。
『よかったちゃんといるんだ』
私は何も言っていないのに友達は誰の返事を聞いたのだろう。
怖がりの友達には今だに話せないでいる。

--------------------------------------------------------

88 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2007/05/14(月) 14:56:37 ID:Lt+27/ch0
49日が過ぎるまで魂は現世に残るといいますが・・・

私の妻の父が亡くなって3年が経ちますが、3年前、私は風俗にはまってまして、
浮気なんかより、めんどくさくなくっていいや、ぐらいの気持ちで通ってたんです。
妻の実家は遠いので、義父の葬式も終り7日毎の法要も行かず、49日まで普通に生活してました。
さすがに自重して風俗通いはやめてたんですが、1度だけ49日までにいってしまいました。
風俗いくと名刺をくれる女の子が多いんですが、そういう証拠は残さないように、もらっても
すぐに外で破り捨てていました。その日もたしかに破り捨てたはずだったんです。

後日妻が「○○ちゃんってかわいいん?」って聞いてきたので、誰のことかまじに考えてしまいました。
源氏名なんか憶えて無いんですから。そしたら妻が、
「車のなかに落ちてたよ」って、風俗店の女の子の名刺を出してきました。
「なんであるんや?」「知らんわ、ちゃんと捨てとかなあかんで」

義父さん、怒ったンやろうなあ。まあ、捨てたと思った俺の勘違いかも知れんけどナ。
妻にはなんか買ってやる予定です。

--------------------------------------------------------

114 名前: 本当にあった怖い名無し 投稿日: 2007/05/21(月) 03:32:01 ID:PvvecS6H0
作家という事で思い出した話。森村誠一さん(青山学院大学卒)は学生時代、
登山部に所属していました。そこで何度か奇妙な体験をしたそうです。

例えば、山道ですれ違った人に、こんにちは、と挨拶したのに、全く無言のまま通り過ぎ、
しかも先の無い藪に通じる道の方へと入っていく。
引き返して忠告しようとしたが、そこには誰もいなかった、という事。

もう一つ、森村さんは友人と2人で山に登り、降りる途中に日が傾いて暗くなったので、
見つけた山小屋で夜を明かす事にしました。しかし、その小屋は入った時から、
何とはなく異様な雰囲気を感じて、森村さんは落着かなかったそうです。

深夜、ふと目がさめると、小屋の中には明かりが付いていて、見ると
小屋の真中にある卓上に蝋燭が灯っています。友人はいびきをかいて熟睡中。
あぁ、きっと友人が消し忘れたのだろう、と思いましたが、よく見ると、
蝋燭は立った今、火を点けたばかり。
これはいかん、と思い、まだ外は暗いのに、友人を起こしてその小屋を出たそうです。

--------------------------------------------------------

125 名前: 本当にあった怖い名無し 投稿日: 2007/05/22(火) 13:41:53 ID:pCAc6tq0O
夜中に墓場に行った。墓場の中を歩いていると、あぐらをかいてびしょぬれになっている髪の長い女がいた。直感でヤバイと思い振り返り逃げようとした。瞬間俺の目の前にその女がいた。気絶した。

--------------------------------------------------------

134 名前: 本当にあった怖い名無し 投稿日: 2007/05/22(火) 16:34:36 ID:t3bchdEK0
口裂け女で子供の頃、死ぬほどビビったことがあった。
ウチの周辺に伝わってたウワサの一部は
・赤いセリカに乗ってる
・赤いロングコートを着ている
・常にマスクをしている
・黒髪でロングヘア
といったものだったのだが、近所で遊んでたところに
上記の特徴に完全一致した女が、まさに赤いセリカから降りてきた。
(車好きだったので、多少車の名前は知っていた。当然セリカも知ってた。
まずオレが「赤いセリカだ!」と叫んだ瞬間、みんなその車に大注目。)
そして、女が降りてきた瞬間、一緒に遊んでたみんなが「ギャー!」という
悲鳴とともにそれぞれ自宅に帰ってガクブルしてた。
2~3日は外に出るのがマジで怖かった覚えがある。

本物なんてありはしないが、今考えると、その女は仕込みか狙ってやってると
しか思えないほど、ウワサとイメージが見事に融合した「口裂け女」だった。

--------------------------------------------------------

152 名前: 本当にあった怖い名無し 投稿日: 2007/05/23(水) 13:27:30 ID:yzwEyPoS0

うちの家、周りは寺だらけで墓地もあるんだけど、
時折リビング天井の電気が全灯になったり半分の明るさになったりする
最初は夜型の自分だけが経験していたけど
この1年くらいは家族といるときも突然薄明かりになったと思ったら
またパッと点いたりして本当にいや~んな感じ
リビングには2つ同じシーリングライトがついてるけど、
両方同時に起きることは無く、いつもどちらか一方のみ
電気系統の不調だったら両方同時になるもんじゃないのかな…
リモコンの誤作動かとも思うけど、誰1人何も触ってない。

他にも、寝室のカーテンの左端の下側だけが風も無いのにユラユラ揺れてたり
リビングのスタンドライトが音をたてて小刻みに揺れることもある
ためしに手で大きく揺らしても音の出ない、
ライトのスイッチ部がカタカタ言っているのがモイキー

私はある霊能者から霊感体質と指摘されているが
本人自覚なし。

--------------------------------------------------------

155 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2007/05/25(金) 01:24:04 ID:rA+Hxmlq0
保育園に通っている年頃の時
1階の祖父母の部屋で寝ていた
その夜は雷が頻繁になっておりピカッ!としょっちゅう光っていた
そしたらまたピカッとなったかと思うと
雷が光ったまま?な状態で窓が真っ白にずーっと光っていた
え?なんで?ずっと明るいままなの?
起き上がり不思議に思いながらずっと窓を見ていた
流石に変だと思い祖母に「ねえ!窓がずっと光ったままだよ!変だよ!」
と執拗に声をかけたのに黙り込んで寝たまま動かない
同じ部屋に居た妹も黙って寝たままピクリともしない
数分後ふっと光が消えたので即効寝た

ちょっと宇宙人にさらわれるかもとガクブルだった

--------------------------------------------------------

164 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2007/05/26(土) 07:20:14 ID:uaeoFFO90
塾帰りにいつも墓の前通ってたからいろんなもの見たよ
深夜11時くらいだったからな

光る球体みたいなのが墓の周りにウヨウヨしてたり
お婆ちゃんみたいなのが真夜中に墓の周りをうろついてたり

それでも気にせずいつも墓の前通ってた昔の俺が勇ましい

--------------------------------------------------------

167 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2007/05/26(土) 23:21:13 ID:/VRHJx1f0
初めて書き込むので至らないところがあってもゆるーく流してね。
えーっと5年位前の話なんだけど、大阪に一人旅に出たときの話です。
私は福岡に住んでて、大阪であったチャットのオフ会に行く為に車で出発したんです。
んで、途中名前忘れたけど ○○スカイラインって感じの名前の有料道路走っててで一休みしようとパーキングに入ったわけなんです。
無人のパーキングに夜中自分の車だけポツンとある状況だったんですけど、眠気も強かったし事故っちゃいけないから仮眠を取ってました。
しばらくして、電話が鳴ってる音で目が冷めたんですよ。

公衆電話

公衆電話って実は固有の電話番号あるじゃないですか、もしかしたら間違い電話とか、さらにもしかしたら誘拐事件の現金受け渡しとか!!
変な期待を胸に電話取ってしまいました。愚かなことに

まぁ、受話器から聞こえてくるのはそんなモンじゃなくぼそぼそっとしゃべってる雰囲気だけがあったんですけど、とりあえず公衆電話ですよって事と切りますよーって事を伝えて受話器を戻そうとフックにかけた瞬間

「おまえじゃない」

って 耳元でささやかれたからモー大変!
ビビって車まで戻って有料道路制限速度無視で突っ走ってファミレス見つけて、そこで夜を明かしました。

もしかして有名なスポットとかなんですかね…
それより電話とった自分がバカだけど

でも、お前じゃないって 誰か探してるんですかね?

--------------------------------------------------------

169 名前: 本当にあった怖い名無し 投稿日: 2007/05/27(日) 14:12:54 ID:tID7K//T0
松本人志の体験談。
ある日、部屋のかぎをかけ忘れて寝てしまい、朝目覚めると、女が布団の横に座って、
寝顔をじっと見つめていた。
「な、なんやねん?! 何しとんねん?!」とあわてると、女は
「ファンです」と自愛に満ちた表情で言う。母が幼子を見守るかのような・・・

これがもっと危ない奴だったら、寝ている間に刃物突き立てて終わり。

--------------------------------------------------------

189 名前: 本当にあった怖い名無し 投稿日: 2007/05/30(水) 12:45:32 ID:TSGiRtps0
4年前、流産した日の夜夢を見た。
10代と思われる男子が座っていて、赤ん坊を抱いてあやしていた。
何故かそれが成長した長男と流産した赤子だと、直感的に思った。
彼は私に向かって
「お母さん、この子は僕が面倒みるから安心して」
と笑って言った。
私は自分の泣き声で目覚めました。

長男の死後2ヶ月のある日、私は5歳の長女を乗せて運転中、ミスって崖から落下。
数分気絶後目が覚めたら私と娘は車の外に投げ出されて谷底の浅い小川に。
車は川岸で大破していた。
崖の高さは50m、警察やレスキュー隊に『奇跡の生存』と言われた。
娘と同室に入院し、そこで警察の事情聴取。脱出状況を聞かれたが記憶にない。

すると隣のベッドの娘が突然
「車が飛んだ時に、ガラスが割れて、お兄ちゃんが引っ張り出してくれたよ。見たもん。」
と言い出した。
私はそれを聞いて泣いてしまいました。
何故なら警察の現場検証でも、我々親子の脱出経路がわからないと言われた後だったからです。

190 名前: 本当にあった怖い名無し 投稿日: 2007/05/30(水) 13:04:04 ID:TSGiRtps0
すると隣のベッドの娘が突然
「車が飛んだ時に、ガラスが割れて、お兄ちゃんが引っ張り出してくれたよ。見たもん。」
と言い出した。
私はそれを聞いて泣いてしまいました。
何故なら警察の現場検証でも、我々親子の脱出経路がわからないと言われた後だったからです。

長男の死後、長女がやたらと(事故の時以外も)
「お兄ちゃんを見た」
「お兄ちゃんの声が聞こえた」
と言いはじめた。
お兄ちゃん大好きな子だったから寂しくてそう言うのだろうと思っていた。
幼い子独特の幻だろうとも。

ある日娘が
「お兄ちゃんが、お天気の神様と仲良しになったって言ってたよ」
と言い、それ以来娘は『晴れ女』になった。

娘のイベントの日は必ず晴れます。
その晴れ女っぷりは半端ないもので、台風直撃中も娘のいる場所だけ雨が降らなかったり、
吹雪の日も娘がでかけようとすると雪が止んだりします。

娘は「お兄ちゃんが自分が濡れないように守ってくれている」
と信じ続けています。
もちろん私も。

--------------------------------------------------------

197 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2007/05/30(水) 15:19:24 ID:mvqY1g280
ばあちゃんが死んだ日のこと

ばあちゃんが死んだ、ってじいちゃんから家に電話があった
俺以外の家族は病院に行ったけど、俺はショックで行けなかった
ベッドに横になってたら、いつの間にか寝ていた

俺は夢を見ていた。夢では、俺は寝転がっていた
それをばあちゃんが怒ったような顔で見下ろしている
ばあちゃんは横目で俺を睨めながら、俺の視線から消えた

夢の中で金縛りになった。夢での金縛りが解けた後、本当に金縛りになった
天井が渦を巻いている。視界はぼんやりしてる
金縛りが解けて、起きたのは夜中の1時か2時頃

--------------------------------------------------------

206 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2007/05/31(木) 12:30:59 ID:1Kxo9PZS0
1週間くらい前の、大学でのできごと

外のベンチで友達と話してたら、友達が「講義塔に行かない?」と言ってきた
俺は「開いてんのかな?」って言ったら、友達は「教室に人いるじゃん」と講義塔を指さした
俺はそれが全く見えなくて、友達は「お前目悪いからだよ」と言って、俺も「そうかぁ」って納得した

ちなみに俺の視力は右0.6左0.3で、コンタクトしてない。だからホントに居たのかもしれない
でも、その日ははしかの抗体検査で(はしか休講中)指定された建物以外は封鎖されてたんだよな...

怖くなくてスマソ

--------------------------------------------------------

209 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2007/06/01(金) 02:36:40 ID:bQT63K3w0
一月ぐらい前だっけかな、犬の散歩で夜10時ぐらいに近所の川沿いを歩いてたら、
急に犬が川の向こう岸の土手の方じっと見て、唸りだしたんだよね。
何だろうと思って犬が唸ってる方を見たら、土手に人が立ってる。
でも、なんか妙で、どうもその立ってる人間が妙に不鮮明なんだよね。
着てる服とか、性別すらもわかんない。
夜の川沿いといっても、すぐ横の歩道には街灯あるからそんなには暗くないし、
川幅も10~15mぐらいなんで、そんな事はあり得ないんだよね。
散歩のルートで、橋渡って向こう側の土手行かなきゃならないんだけど、
流石に気味が悪くなったし、犬はもう完全にビビリ状態(尻尾を股に挟んで唸ってる)なんで、
Uターンして即帰宅。
帰宅後、暫く犬が玄関の方に向かって唸ってたけど、怖かったんでシカトして寝たw

--------------------------------------------------------

229 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2007/06/05(火) 02:30:27 ID:LegxyKn00
電車に乗ってて、いつも通る病院を通った時に光が見えた。
蛍光灯とか、電灯の光じゃなくて、見たこともない光。
「苦しかった。痛かった。やっと楽になれた…。」
と、頭に響いた。
その直後、電車内で俺は倒れたらしい。記憶にない。
起きたら、そことは違う病院に運ばれていた。
頭に包帯巻かれていた。
記憶の無い時間帯の話を聞いたら、俺は
「まだ生きてる。痛みがない。」とか呟いていたらしい。
その上、何回も転びながら歩いていたと聞かされた。
最後に、電車の手すりに頭を強打してまた倒れたと。
その時頭に傷を負ったらしい。

その後何回も電車でその病院を見たがあの謎の光は見ていない。
まぁ、人魂はよく見るけどね。
意識乗っ取られたのは初めてだった。

--------------------------------------------------------

242 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2007/06/06(水) 11:30:12 ID:9p+ZlzVk0
子供の頃の夢だが
俺が部屋からリビングに降りてドアを開けると

そこには俺を包丁でメッタ刺ししている親父の姿があった。
自分が殺される姿を俺が見ていた。

自分が何者か分からなくなって泣き叫んだ。
目が覚めるとベットの上で夢と思いリビングに降りた。

普通通りの朝で朝食をすませて洗面所に行くと
親父がいた。
親父はすれ違いざまに

『痛かったか?』と小声で聞いてきた。
その瞬間俺は嘔吐し意識を失った。

長文スマソ

--------------------------------------------------------

266 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2007/06/10(日) 13:39:03 ID:jq+efKGIO
昨日の夜8時ぐらいは俺、自分の部屋でゲームしてたんだよ。
そしたらガラっといきなりトが開いて、姉貴が入って来やがった。

姉貴「アンタいい加減にしてよね…」
俺「え?なにが?」
姉貴「さっきからトントントントン用もないのにトォ叩きやがって!アンタなんなの?」
俺「なんなのっつわれても、知らねぇよそんなのw俺ノックなんかしてないよ?」
姉貴「嘘つけっ!!アンタしかいないでしょこんな事するのは!」
俺「やってな・いっつぅのに…俺ずっと部屋でゲームしてたんだぜ?」
姉貴「…ホントに?」
俺「ホント」
姉貴「…じゃあさ、アレなによ…誰よノックした奴」
俺「姉ちゃんの好きな幽霊じゃね?w」
姉貴「これは…友達に知らせなきゃ!」






姉貴の言うノックってなんだったんだろ?
ちなみに俺はノックの音なんか聞こえてこなかった。
ゲームに熱中してたからか?w

--------------------------------------------------------

307 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2007/06/12(火) 13:43:11 ID:rWgBKEhqO
結構、昔の話になるんだけど
俺が某地方都市で就職して一人暮らしし始めた時の話

ギリギリで就職が決まった俺は、就職先のつてで不動産屋を紹介してもらい、
実際に部屋を見に行ったんだ。

現地に着いたら2階建てのまあ、普通のアパートで、その1階が空いてるとの事だった。
正直、俺としては2階のが良かったんだけど。

308 名前: 本当にあった怖い名無し 投稿日: 2007/06/12(火) 13:55:55 ID:rWgBKEhqO
続き

案内されて部屋に入ると、
まず、6畳位のキッチンで右手側にユニットバス、ガラス戸を挟んだ正面に6畳の居間って造りだった。

まあ、一人暮らしには十分かな、とか考えながら、ユニットバスを覗いてみる事にしたんだ。

覗いてみると、正面にバスタブ、右手側に洋式トイレ、鏡は無かった気がする。
ユニット初めてだった俺は、バスタブに入って、カーテンを何気なく閉めてみたんだが

309 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2007/06/12(火) 14:11:40 ID:rWgBKEhqO
下げ忘れた続き

目に飛び込んで来たのは、

カーテンに飛び散った 血 だ っ た。

こんなドス黒い赤色のシャンプーなんて悪趣味なもんねぇだろ!と思いながら、
不動産屋にパスを伝えたんだが、

「今、紹介できるのはここしかありません。」
との事。

だったらわざわざ見に来る必要ねーだろ、と思いつつ、契約する事に。

これが、転勤で引っ越すまでの5ヵ月間で数多くの不思議現象を体験させてくれた部屋との馴れ初めなんだが、その話はまた後日。

--------------------------------------------------------

315 名前: 本当にあった怖い名無し 投稿日: 2007/06/12(火) 20:16:53 ID:rWgBKEhqO
307です。
ここからは時間の流れではなく、要点のみをまとめて書いていきます。

【同居人】
結局、その部屋に住む事になり、引っ越しの荷物を片付ける間もなく、
社会人としての生活が始まった。

ほぼ毎日の残業と、初めての土地にも慣れてきた頃、それは大きな音と共に起こった。

「ガシャン」

居間でくつろいでいると、風呂場の方で何かが落ちる音が聞こえた。

カーテンの事もあり、少し陰鬱な気持ちのまま、風呂場のドアを開ける。

ユニットバスの中に置いていた、シャンプーや歯ブラシ、ご丁寧にコップまで、
ありとあらゆる物が床に散乱していた。

居間にいると、誰かが居る気配がする時があったが、歓迎されてないんだろうか。

316 名前: 本当にあった怖い名無し 投稿日: 2007/06/12(火) 20:30:32 ID:rWgBKEhqO
【来訪者】

職場の人間関係にも慣れてきて、ある日、先輩に晩ご飯をご馳走する事になった。

自炊は好きだったし、初めてのお客さんだ。

部屋に案内して、カレーをご馳走したが、何か様子がおかしい。

妙に慌ただしく帰った翌日、その先輩が真面目な顔で俺に言った。

「お前、よくあそこに住んでるな」

話を聞いてみると、玄関に入った途端に嫌な感じがして気分が悪くなったらしい。

それを横で聞いていた上司が一言

「〇〇の家はお化け屋敷だな」


あ ん た が不動産屋紹介したんだ!

317 名前: 本当にあった怖い名無し 投稿日: 2007/06/12(火) 20:36:03 ID:a3gMmXKtO
wktk

318 名前: 本当にあった怖い名無し 投稿日: 2007/06/12(火) 20:53:46 ID:rWgBKEhqO
【エアコンいらず】

住めば都とは良く言ったもので、3ヶ月も経った頃には、この部屋にも大分、慣れてきた。

相変わらず、台所の方に誰かの気配を感じる時があるが、
少なくとも悪意があるようには思えなかった。

なにより、7月に入っても、玄関開けたら寒 い ん で す け ど。

考えようによっては冷房いらずで助かるな。

この頃、何度か夜中に寝返りをうとうとした時に金縛りの様な感じになった。

寝起きの悪い俺は、その都度、何か文句を言っていた。


319 名前: 本当にあった怖い名無し 投稿日: 2007/06/12(火) 21:09:55 ID:rWgBKEhqO
【来訪者2】

ある日、いつものように部屋でくつろいでいる時。

「コンコンコン」

玄関のドアを誰かがノックした。

時計を見ると、ちょうど0時を回ったところだ。

なるべく音を立てない様に、玄関に向かう。

「コンコンコン」

誰かが確実に外に居る。
サイトグラスから覗いてみると、見知らぬ女性が立っていた。

だ、誰!?とか考えても心当たりは無い。

その内、
「ごめんなさい…」

とか、涙声で話しかけてきた。

意を決してドアを開けると、悲痛な表情の女がこう言った。

「2階の者ですけど、玄関にトカゲがいて、助けて下さい‥。」

俺ゃ、あ ん た が 怖えよ!

320 名前: 本当にあった怖い名無し 投稿日: 2007/06/12(火) 21:29:06 ID:rWgBKEhqO
【お別れの時】

9月に転勤が決まり、この部屋から引っ越す事になった。

荷物を段ボールに詰め込みながら、使いかけの使い捨てカメラがある事を思い出し、
部屋の中をパシャパシャ撮影してる時、それを見つけた。

居間にある押し入れの仕切りのふすま。
それの上から下まで、小さな子供位のサイズの手のひらの跡が、
ビッシリ残っていた。

下はともかく、上側は2メートル近い高さで子供には間違いなく届かない。

そ も そ も 、入居した時にふすまは張り替えしてたんだが。


この時、引っ越した先でも妙な事が起こるとは予想してなかった
長文、失礼しました。

--------------------------------------------------------

326 名前: 本当にあった怖い名無し 投稿日: 2007/06/13(水) 00:47:11 ID:Wr1O2fNwO
307です。

この際、書けるだけ書いておこう。
自分の記憶の整理の為にも。

【引っ越し先】

お化けアパートに別れを告げ、今度はマンションの4階に住む事になった。

…が、ここでも予想外の事に出会してしまう。
そのマンションは1階がまるまるうどん屋で、2階がうどん屋の倉庫になっていて、
3階から一般の住居になっていたんだ。

引っ越しして何日かして気付いたんだけど、
住人、俺一人だった。

まあ、それは別にいいや、と思いながら部屋の片付けしてたんだけど、
押し入れの上にある天袋?からそれは見つかった。

329 名前: 本当にあった怖い名無し 投稿日: 2007/06/13(水) 01:13:58 ID:Wr1O2fNwO
【相棒】

天井が結構、高めの部屋だったんで、その天袋によじ登る感じで覗き込んだんだけど

目に入ったのは桐でできた一抱え位の箱だった。

イメージ的に棺桶みたいなそれを見つけた時、
「ああ、やっぱりな」と、
まるでそこに何かがある事を知っていたかの様な気持ちになった事を、今でも覚えている。

中には古い着物が入っていた。

不動産屋に連絡し、引き取りに来てもらう事にしたが、いま一つ、不安だ。

住人が俺一人の特権をフル活用して、猫を飼う事にする。

貰い手を探している人があっさり見つかり、虎模様の子猫♂をいただいて来た。
お前の名前はハルだ。
よろしくお願いします。

334 名前: 本当にあった怖い名無し 投稿日: 2007/06/13(水) 02:03:39 ID:Wr1O2fNwO
【急展開】

それから何ヶ月かは平安な毎日が続いた。
御守り替わりの猫の効果は絶大だった。

ある夜までは。

11月だったと思う、ある日の事。

その日は霧みたいな雨が降っていた。
仕事中、道に迷った俺は少し焦りながら車を運動してたんだ。
地図持ってくれば良かったかな~とか考えながら、少し荒れた道に入った時。

全身に今まで体験した事の無い位に鳥肌が立った。

俺はいつの間にか、廃寺に迷い込んでいた。

理由は分からないけど、ここに居たらマズい。早く引き返せ。

脂汗までかきながら、そこから逃げだした。


逃げだした筈なのに、まだ終わっていない予感がしてた。

…そして、その予感は的中する事になる。

--------------------------------------------------------

340 名前: 本当にあった怖い名無し 投稿日: 2007/06/13(水) 02:34:55 ID:Wr1O2fNwO
>>336
すまん。

【砂】

寺に迷い込んでからしばらくは、特に何事も起こらなかった。

と、言うか、学生の頃の友達の結婚式に出たり、
色々、用事が重なって家に居ない日が続けていた。

猫は戴いた方に預けさせてもらっていた。


何日かぶりに部屋に戻った時、ベッドの上に腰かけると、手に違和感を感じた。

砂だ。

その時は荷物か服にでも付いてきたんだろう、位にしか考えて無かった。
寺の事も忘れていた。

その日は疲れていた事もあり、そのまま眠った。

猫を引き取りに行かないと。

341 名前: 本当にあった怖い名無し 投稿日: 2007/06/13(水) 02:51:56 ID:Wr1O2fNwO
【砂2】


次の日、さっそくの残業で帰る時間が遅くなり、
猫はしばらく預かってもらう事にする。

コンビニで適当に晩飯を買い込み帰宅。

ベッドに腰かけると、また、手に砂が付いた。

昨日、掃除したはずなのに。

体をゴソゴソ調べてみるが、どこにも砂は付いていない。
結局、理由は分からないまま、晩飯を済ませ、テレビを見る。

突然、鳥肌が立った。
玄関のドアを挟んだ向こう側に何か、恐ろしい物が居る。

あの寺で感じた怖さと同じ気配だった。
絶対に開けてはいけない。


343 名前: 本当にあった怖い名無し 投稿日: 2007/06/13(水) 02:59:06 ID:fP5T33+l0
【砂3】


「コンコンコン」

玄関のドアを誰かがノックした。

時計を見ると、ちょうど0時を回ったところだ。

なるべく音を立てない様に、玄関に向かう。

「コンコンコン」

誰かが確実に外に居る。
サイトグラスから覗いてみると、見知らぬ女性が立っていた。

だ、誰!?とか考えても心当たりは無い。

その内、
「ごめんなさい…」

とか、涙声で話しかけてきた。

意を決してドアを開けると、悲痛な表情の女がこう言った。

「2階の者ですけど、玄関にトカゲがいて、助けて下さい‥。」

俺ゃ、あ ん た が 怖えよ!

344 名前: 本当にあった怖い名無し 投稿日: 2007/06/13(水) 03:04:52 ID:Wr1O2fNwO
【砂3】

その日はそのまま眠る事はできなかった。

ただひたすら夜が明ける事を待ち続ける事しか出来ない。

夜が明けた頃、会社の同僚に迎えに来てもらう様に電話する。

しばらくして、同僚からマンションの駐車場に着いたとの連絡があり、
玄関を開けて血の気が引いた。

俺の部屋の玄関先にだけ砂が散らばっていた。

昨日、帰った時には無かった筈だ。

352 名前: 本当にあった怖い名無し 投稿日: 2007/06/13(水) 03:23:28 ID:Wr1O2fNwO
【砂4】

気のせいだと思う事にした。

確か、怖がっていると、余計に妙な物を引きつける様になる。
とか聞いた事がある様な気がする。

今度来たらボコボコにしてやろうと誓った。

カラ元気だ。


その夜、予想外に早く、そのチャンスは訪れた。

シャワーを浴びている途中、例の異常な位の圧迫感を感じた。

ボコボコする余裕は無かった。

逃げる様に風呂場から飛び出した時、
俺の体に異変が起きた。

呼吸が出来なくなり、立っている事すら出来ない。

這う様にして、なんとかベッドに倒れ込んだ。

ドアノブの回っている音が聞こえていた。

354 名前: 本当にあった怖い名無し 投稿日: 2007/06/13(水) 03:37:00 ID:Wr1O2fNwO
【生還】

その後、なんだか分からないが、生き延びる事ができた朝。

引っ越しする事を決意した。

ひと気のある所に住もう。
いざとなったら助けを呼べる所がいい。

あの寺と砂の関係は未だに分からずじまいだが、調べようとも思わない。


後談になるが、その町に住んでいた俺の知り合いが、20代の若さで突然死した。

朝、家族が起こしに行った時には冷たくなっていたらしい。

砂があったかどうかは聞いていない。


--------------------------------------------------------

382 名前: 本当にあった怖い名無し 投稿日: 2007/06/17(日) 10:34:04 ID:7nA31c0O0
全く心霊話じゃないんだけど。

1年前の夏、私と旦那と私の姉とで実家から少し離れた島へフェリーで行った。
そこは父方の墓があるので墓参り後、海で泳ぐ予定だった。

墓参りも済ませ島をぐるぐる車で走りながら泳げるいい場所を探し、まぁここでいいかという場所をやっと見つけた。
近くに焼き場だった所があるのは知っていてが(十年以上前から焼き場として機能していないが)
昼間で明るかったので怖くはなかった。

383 名前: 本当にあった怖い名無し 投稿日: 2007/06/17(日) 10:40:04 ID:7nA31c0O0
382 続き

車を堤防脇に停めてから、3人で荷物を砂浜に移動させていた。数分後

姉が「ぎぃやぁああああぁぁっぁぁあああああああーーーー!!!』

と叫んだ。「その叫び声」に私はドキッとした。旦那も「わーびっくりした」と言っていた。
どうせフナムシか何かを見てビビったんだろうと思い、「うるさいなー、ビックリするやん」
と言い、相手にしていなかったのだが、直後私も思いっきり叫びました。

イタズラ?か肝試しでもしたのか不明だけど、流木の上に人形がポツンと置いてあった。
起したり寝させたりすると目がパチパチ動くやつ。
ボロボロの服だし、周辺に人気は無いし、子供だけで遊びにくるような場所じゃないし。

霊関係の話じゃないけどちょと怖かった話でした。
関連記事
1/3 2/3 3/3
(0)


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ ⇒
心霊 未確認生物 UMA ミステリーブログ⇒
不思議な話 怖い話の本⇒オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍
<<死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?170_1 | ホーム | 【非通知?】携帯電話にまつわる怖い話【メール?】>>

- コメント -

コメントの投稿


管理者のみ閲覧可


- トラックバック -


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

<<死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?170_1 | ホーム | 【非通知?】携帯電話にまつわる怖い話【メール?】>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。