現在地

スポンサードリンク

カテゴリー・目次

人気記事ランキング

最近記事リスト

逆アクセスランキング

相互リンク

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

RSSフィード

プロフィール

怖い話 不思議な話@2ちゃんねる

Author:怖い話 不思議な話@2ちゃんねる
2ちゃんねるの怖い話、オカルト板まとめサイトです。心霊スポット 心霊写真 超常現象 怖い話 恐怖体験 未確認生物 UMA 都市伝説 オーパーツなど、怖い 不思議&面白いと思った話を厳選して紹介しています。
ただ今相互リンク募集中です。ただし、心霊・不思議・ミステリー系に限らせていただいておりますのでご了承下さいませ。

ブロとも申請フォーム









管理ページ
最新記事 - 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_8 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_7 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_6 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_5 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_4 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_3 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_2 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_1 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?1 (09/01) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_6 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_5 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_4 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_3 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_2 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_1 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_5 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_4 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_3 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_2 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_1 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_5 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_4 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_3 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_2 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_1 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 




<<死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 197_3 重複スレ | ホーム | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 197_4 重複スレ>>

怖い話 不思議な話@2ちゃんねる オカルト板まとめ

スポンサーサイト


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ

心霊 未確認生物 UMA 都市伝説 ミステリーブログをもっと見る



不思議な話 怖い話の本↓
オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1/3 2/3 3/3


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ ⇒
心霊 未確認生物 UMA ミステリーブログ⇒
不思議な話 怖い話の本⇒オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍
<<死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 197_3 重複スレ | ホーム | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 197_4 重複スレ>>

怖い話 不思議な話@2ちゃんねる オカルト板まとめ

死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 197_3 重複スレ


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ

心霊 未確認生物 UMA 都市伝説 ミステリーブログをもっと見る



不思議な話 怖い話の本↓
オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍
491 本当にあった怖い名無し 2008/09/10(水) 00:14:45 ID:EBFa474w0
私は姉の家でお世話になっており、その姉は夜勤なので、私は夜一人きりになるわけです。
最初は怖かったけど今はもう慣れてしまっていて、トイレやお風呂だって一人で行けるし、普通に過ごしてます。
ですが…昨晩は何かおかしかったんです。

その日、夕方頃に仕事に出かける姉を見送りました。朝まで帰ってこないので、私はそれから一人で家事などを済ませて寝るだけなんですが…。

まず初めに異変に気付いたのは、猫の行動でした。
普段はベランダから外に出かけていき、フンなどは済ませてくるのですが、昨晩は何故か布団の上に尿を撒き散らし、止めようとする私に引っかきかかってきました。
私は布団を畳んで様子を見てたのですが、やがて猫は落ち着き、何も無い壁際を見つめていました。
近所の野良猫と喧嘩でもして興奮しているんだろう。と、その時はそんなに気にしませんでした。

そして、家事を済ませて眠りにつきました。時間は11時頃。
ですが、いつもは決まって8時頃に起きる私なのに、夜中の3時~4時くらいに急に目が覚めた…いえ。起こされたんです。

ガァアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!

という凄まじい轟音が耳元で響いたのです。
飛び起きた私は電気を付けてあたりを見回しました。

次は気を紛らわそうと電源を入れたテレビ。時間が時間だけに、NHK総合以外どの局も放送を終了しています。
ですが、番号は覚えていませんが、ちょうど一局、放送を開始しました。
CMから入ったのですが…
明らかにおかしいと感じました。

冠婚葬祭の…多分ベルコという会社の、女の子が登場するアニメーションのCMが延々と流れるのです。3分くらいで気味が悪くなって、テレビを消しました。
消した。ちゃんと消したのに、まだあの音楽が聞こえてくるんです。多分隣の家から。かなりの音量じゃないとこっちまでは聞こえてこない筈。
怖くて怖くてしょうがなくなった私は、アニメDVDをつけました。

もう一度寝ちゃおう。と思って、DVDをつけたまま布団を被りました。
しばらくするとインターホンが鳴りました。
ピンポーン。ピーンポーン。
朝刊にはまだ早い。



493 本当にあった怖い名無し 2008/09/10(水) 00:16:07 ID:EBFa474w0
チャイムはだんだん小刻みになってきて、ついにはドアをガチャガチャしはじめたんです。
私は毛布を被って、包丁を持って玄関へ行き「誰ですか!」と叫びました。
するとドアの向こうに居た人は走り去って行きました。静かな廊下に足音が響いて……気のせいかもしれないけど、不自然な所で足音は止まりました。
もう何が何だかわからなくて、泣きながら実家へ電話したんです。「変な人が…」って。すると母が車で迎えに来てくれると言ったので、近所のコンビニで待つ事にしました。
服を着て、外に出ようとすると…まるで「行くな」とでも言うように、猫がにゃあにゃあ鳴くんです。
もう気味が悪くて悪くて、走って玄関を出ました。

自転車に乗って走り出し、全速力でコンビニに向かいました。
途中、信号で止まった時、変な物を見ました。
全速力で目の前を走り去っていく車…一瞬見えた後部座席には( ゚Д゚)って顔をした青白い少年。例えるなら、ちょっと違うけどジュオン君。
もう気を失いかけるほど怖くて、声も出ませんでした。フラフラしながらコンビニに到着。

無事に…って訳でもないけど、母と合流。
母の第一声は「何アンタ!!!?」
コンビニのトイレに連れて行かれ、「ちょっと待ってなさい」と閉じこめられる。
鏡を見ると、顔色が真っ青で…なぜかびしょ濡れの私。水からは花の香りがする。母に言われるまで全然気付きませんでした。
数分後、母は暖かい飲み物とシャツを買ってきてくれました。着替えてコンビニの外に出た後、塩を頭からかけられました。
本当は帰るつもりだったんだけど、ファミレスで夜を明かしてそのまま実家へ行きました。
そして実家に、仕事を終えて帰宅した姉から電話が掛かってきました。

「何で家中びしょ濡れなの?」「なんか花の匂いがするし」
ゾっとしました。何なんですか。本当。
おわり

511 本当にあった怖い名無し sage 2008/09/10(水) 15:33:25 ID:/uDaUn6z0
うちの爺さんの話。だいたい20年くらい前。

爺さんが夜中寝ていたところ、外から「ぶぇ…びぇ…」みたいな変な声がした。
最初は蛙かと思ったが、どうもくぐもった人間の声のようで、
外国語のような、よくわからない言葉を繰り返してる。

夜中に人の家の前でうるせぇ、とは思ったが無視していると、呟いてる言葉に
「ぶぇ…○○○○…び…」と、自分の名前が聞き取れる。

起き上がると、いつの間にか窓に人影があって、声も間近に聞き取れる。


爺さんは木刀を持って外に飛び出した。
すると家の裏に男が立っていて、まだぶつぶつと呟いてる。
「てめぇ、ひとんちで何してやがる!」と叫ぶと、男は振り向いた。

男は口中血だらけで、喋るたびにぼとぼとと血が落ちていた。
口が傷だらけで、だからしゃべり方がおかしく聞こえたらしい。

さすがに異様な風体に驚いたが、男が逃げ出すでもなくぶつぶついっているので
爺さんはもう一度「てめぇ、ひとんちで何してやがる!」と叫んだ。

すると男は、そのときだけははっきりと「ここはお前の家じゃない、お前の墓だ」と答えた。
おわり

520 本当にあった怖い名無し sage 2008/09/10(水) 22:25:32 ID:FsQkdVScO
携帯からスミマセン。

はじめて投下します。心霊とか呪いとかじゃないので興味ない方はスルーしてください。
あ、俺的に今にして思えば怖かった話です。

小4の頃の話。近所のスーパーへお菓子を買いに行った。小学生なんで小遣いも少なく10~50円くらいのものをいくつか買おうと選んでいた。

夢中になってたんで気がつかなかったが、危うくぶつかるくらいの近くに中年男(メタボぎみ)がいつの間にか立ってた。

場所を変えて(と言っても横並びなので2mくらい離れて)またお菓子を選んだ。


気づくとまた横に中年男。しかも今度は俺の肩から背中にかけて奴の手?か何かが触れて気がついた。ぶつかったと言うより撫でられた感じ。

さすがに小4ながら何となく気持ち悪かったので、中年男が消えるまで店内を歩き回ることにした。

果物、野菜、惣菜、肉と買うはずのないコーナーなんで飽きてしまい魚を見てから戻ろうと魚のところへ。

一通り魚を見て戻ろうとした時、俺の隣の主婦の隣に中年男。

521 本当にあった怖い名無し sage 2008/09/10(水) 22:29:15 ID:FsQkdVScO
>>520の続き

図で表すとこんな位置
↓↓↓

俺・主婦・・中年男
┣━━━━━━┫
(約2m範囲内)


なんか、もう、偶然かも知れないけど、直感的に怖くなった。たしか当時話題となった某犯罪者が少女誘拐殺人で「食べた」とか供述したこととかいろいろ思い浮かんでパニクって、お菓子(うまい棒とか)をその場に置いて走って全速力で家まで逃げた。

家に誰もいなかったのでソッコー自分の部屋の布団の中でドラゴンボール読んだ。怖くて気を紛らわすために。

1時間くらいかな?経ってから母親が帰ってくる。なんかキレてた。俺が話す前に母親から話をされた。

「さっき帰りに○○(スーパー)に寄ったんだけど、駐車場で、変な男にいきなり『あのー、二の腕さわっていいですか?』って言われてさ。気持ち悪い!あんたなんか知らないよ!どこのどいつだ!って怒鳴ったら逃げちゃった。あー気持ち悪い」

と話をされた。
その後、俺のガクブルな話しをした。服装、体型、顔(メガネ)全て一致。

気の強い母親は「○○に行こう」とビビりな俺を連れて再度スーパーへ行った。しかし中年男は見つからなかった。

522 本当にあった怖い名無し sage 2008/09/10(水) 22:32:30 ID:FsQkdVScO

母親は地元民でなおかつ田舎なためけっこー顔が広かったが、後にも先にもこの中年男を見たのは初めてとのこと。

ちなみに当時俺9歳、母40歳。

あの中年男はショタ・熟女好きの変態だったのか?今にして思えば、もしあの時、俺連れ去られてたら、この世にいなかったか、トラウマ抱えた人生だと思うとかなり怖い。

端から聞いたら怖くないね。でも俺の中では最も怖かった体験の1つだ。
おわり

529 本当にあった怖い名無し sage 2008/09/11(木) 00:07:05 ID:CmgetwxVO

一つ、話そうと思う。

あれは19の頃、友達同士で免許を取り、毎日のようにドライブに興じていた頃の話だ。
その日は、一番最後に免許を取得したY(男)がハンドルを握り、この日参加する筈だったK(男)は都合が悪く来れなくなったので、俺と女友達のA・Iの四人で深夜のドライブを楽しんで居た。
最初はスピードも出さずに普通に運転していたYだが、車が少なくなり見通しの良い直線道路に出ると、徐々にスピードを上げて飛ばし始めた。
『法定速度を守れよ』
と俺が注意しても
『まぁ、空いてるし良いじゃん良いじゃん』
と言いながら尚もグングンスピードを上げていく。
女の子達は意気軒昂。
対照的に俺は完全に意気消沈。
免許取得した初めの内が一番危険な事も理解してたし、そもそも他人の命を預かりながら危険な運転をするYの神経が理解出来なかったからだ。
時速80kmを超え90kmになるともう付き合って居られない。
このまま乗ってても場の空気を盛り下げるだけだし『下ろしてくれ』と切り出した。
『なんでだよ?こんなとこで降りても帰れないだろ?』
等と引き止められたが押し切って下りた。



530 本当にあった怖い名無し sage 2008/09/11(木) 00:08:13 ID:CmgetwxVO

俺を下ろした車はまたスピードを上げて走り去った。
下りる間際に
『気を付けろよ』
とYが言ったので
『お前がな。慢心は死を招くぞ』
と忠告しといた。
我ながらお袋並みのウザさだ。

そのまま俺は二時間半かけて徒歩で帰宅した。
家に着いた時には、時計の針は既に深夜3時を回っていた。
次の日、電話の音で目が覚めた。
昨晩の疲れからか大分寝過ごしたようで既に昼間だった。
電話に出ると
『○○?大丈夫か?生きてるか?どこに居る?病院?』
と矢継ぎ早に訊かれた。
Kからだった。
話を良く理解出来ないまま
『え?いま家だけど?』
と答えると
『一体昨日は何が在った?』
と訊かれた。
『え?昨日何か在ったか?』
『惚けるなよ。お前らが事故に遭ったって話で持ち切りだぞ』
『事故?俺が?』
『お前らだよ。俺もいま聞いたとこでよく把握出来てないんだが、YもAもIもお前も大学にも来てないし、電話も繋がらないからよく判らないし、一巡してやっとお前が出たとこだ。お前はあいつらと一緒じゃなかったのか?』
『いや、昨日はドライブの途中で別れたがら』



531 本当にあった怖い名無し sage 2008/09/11(木) 00:09:28 ID:CmgetwxVO
『そうか。兎に角お前は無事なんだな?』
『ああ…大丈夫』
『うん。なら良かった。また後でかけ直す』
そう言ってKは電話を切った。
正直俺は動転していた。
(事故?あいつらの乗った車が?俺を下ろした後に?)
と、また電話がかかってきた。
『もしもし○○君?』
Yのお姉さんからだ。
『はい。どうかしましたか?』
俺はYのお姉さんから事故の一部始終をきいた。
俺を下ろした後Yの車は街路樹にぶつかり大破してしまい、乗っていた三人は全員即死との事だった。
俺は正に九死に一生を得た形だった。
あのまま乗っていたらと思うと寒気がした。

バタバタと葬式を終え一段落した。
その後事故現場に花を供えに行った。
『お前ホント運が良かったな』
『お前もな』
『まぁそうだな(笑)』
『嫌な予感がしたんだよ落ち着かないって言うか』
『虫の知らせみたいなもんかもな』
その晩は、俺のアパートで二人で呑んだ。
夜も更け、Kが帰るとそのまま寝てしまった。

目が覚めると、俺は車に乗って居た。
そこには死んだハズのY・A・Iの姿があった。




532 本当にあった怖い名無し sage 2008/09/11(木) 00:11:35 ID:CmgetwxVO

『なに寝こけてんだよW』
後部座席の俺にYが声をかける。
あまり違和感はなかった。
寧ろ、今までの事の方が夢であるようにさえ感じられた。
『○○君イビキ凄かったよ(笑)』
Iが笑いかけながら腕を組んでくる。
『俺…寝てたのか…?』
携帯を見る。
日付はあの日。
(今までのは夢?)
夢か現かと言う状態で速度計に目を移す。
80…90…95…100。
スピードはグングン上がっていた。
『飛ばしすぎじゃないか?法定速度守れよ』
その一言で一瞬に車内が静まり返り、嫌~な空気が流れた。
スピードは依然落ちない。
『なぁ、下ろしてくれ』
その瞬間突然右腕に痛みが走った。
『だめだよぉぉぉぉ!!ダメ!ダメ!また一人だけ逃げる気!?』
Iだった。
物凄い力と形相でギリギリと腕を掴んで離さない。
『うわぁあぁぁ!!!』
思わず叫んで突き飛ばすと、ゴロリと足下にIの首が転がった。
『も゛う逃 がサない がラ』
時折ゴボゴボと血を吐き出しながら、転がった頭が語りかける。
気を失いそうになった瞬間、耳をつんざくような悲鳴が前の助手席から響いた。



533 本当にあった怖い名無し sage 2008/09/11(木) 00:12:57 ID:CmgetwxVO

『ギィヤァァァァァァ!!!』
『痛い痛い痛い痛いぃぃぃぃ!!!木が木がぁぁぁぁ!!』
Yがバックミラーを動かす。
そこには顔が半分崩れ、胸辺りに太い木の枝が突き刺さったAが映っていた。
血飛沫が飛散する。
俺は無我夢中でドアを開けようとした。
だが、鍵は開いてるはずなのにいくらガチャガチャとやってもビクともしない。
『ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい』
俺はガチャガチャとドアにしがみつきながら、ただただ謝っていた。
そうこうしている内にコンビニが見えた。
事故現場付近に在ったコンビニだ。

(ヤバい殺される)

『許してくれ!許してくれ!』
『下ろしてくれ!頼むから下ろしてくれぇぇぇぇ!!!』
次の瞬間ガチャリとドアが開き空中に投げ出された。
その時、同時に後ろからYの声がした。
『しっかり見とけよ』
地面に激突する衝撃を覚悟していたが、不思議となんともなく、目を開けると歩道に立っていた。
道路の先に目をやると、車が物凄いスピードで蛇行しながら走りスリップしながら弧を描き街路樹に向かうのが見えた。


534 本当にあった怖い名無し sage 2008/09/11(木) 00:15:16 ID:CmgetwxVO

その時、俺は見た。
Yの運転する車のタイヤに大量の腕が絡みついていたのと、車が街路樹に激突する間際、そのライトに照らし出された少女を。
少女の左肩からは三本の腕が生え、それぞれ上下に手招きしていた。
少女は街路樹の横に立ち、車はそのまま街路樹に激突した。

気付くと俺は布団に寝ていた。
枕は涙でグッショリ。
敷き布団も大量の汗で濡れていた。
(夢?だったんだろうか?)
ふと右腕に目を移すとお約束のように手形がクッキリと浮かんでいた。

結局彼らは何を伝えたかったんだろうか?
単なる夢なのか?
俺を道連れにしようとしたのか?
事故の真相を語りたかったのか?

俺には何も判らないままだ。
おわり

558 本当にあった怖い名無し 2008/09/11(木) 01:42:42 ID:dGVrFHGC0
エレベーターの話。誰かに喋って怖さを共有したいから書く。

ドアに小窓がついたタイプのエレベーターは皆知ってるよな?
乗ってくる人が見えるやつ。
うちのマンションのエレベーターがまさにそのタイプなんだが、
あれって上がってる時も下ってる時も、「フロアとフロアの間は
窓の外が暗くなって、乗ってる自分の顔が窓に反射して見える」んだ。
わかる人はわかると思うが。

俺はその現象を利用して、出勤前は身だしなみのちょっとした確認を
したり、帰宅時には自分の疲れた顔をぼんやり眺めたりしてたんだが、
あるときから、帰宅時、上がっていくエレベーターの中で、俺の後ろに
顔が崩れた女の姿が見えるようになった。当然、後ろには誰も居ないのに。
俺の部屋は15階にあるんだが、上がっている間じゅう、フロアと
フロアの間の暗がりの中でぐちゃぐちゃの女の顔が俺を睨んでるのが見えた。
しかも、階が上がっていくにつれて、どんどん俺のほうに近づいてくるんだ。

きまって、俺のすぐ背後まで来たぐらいのところで、15階に辿り着く。
ドアが開いた瞬間、俺は逃げるようにフロアへ出て、部屋までダッシュで
帰ってた。

最初は幻覚か、疲れのせいかと思っていたんだが、毎日のように続いたんで
もうノイローゼ気味になってしまって、仕方なく別の場所にある引越し荷物
用のエレベーターを使うようになった。こっちは窓がついていないから
反射するものもなく、今のところ幸いなにも起こっていない。

ただ、これからずっと引越し用のエレベーターを使う気はない。
いずれ落ち着いたら、また例のエレベーターに乗ってみようと思っている。
幻覚なのかそれとも心霊的なものなのかを確かめたいのと、もうひとつ、
あの女が俺の背後に付いたら、その後どうなるのかを確かめてみたい。
関連記事
1/3 2/3 3/3
(0)


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ ⇒
心霊 未確認生物 UMA ミステリーブログ⇒
不思議な話 怖い話の本⇒オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍
<<死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 197_3 重複スレ | ホーム | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 197_4 重複スレ>>

- コメント -

コメントの投稿


管理者のみ閲覧可


- トラックバック -


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

<<死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 197_3 重複スレ | ホーム | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 197_4 重複スレ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。