現在地

スポンサードリンク

カテゴリー・目次

人気記事ランキング

最近記事リスト

逆アクセスランキング

相互リンク

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

RSSフィード

プロフィール

怖い話 不思議な話@2ちゃんねる

Author:怖い話 不思議な話@2ちゃんねる
2ちゃんねるの怖い話、オカルト板まとめサイトです。心霊スポット 心霊写真 超常現象 怖い話 恐怖体験 未確認生物 UMA 都市伝説 オーパーツなど、怖い 不思議&面白いと思った話を厳選して紹介しています。
ただ今相互リンク募集中です。ただし、心霊・不思議・ミステリー系に限らせていただいておりますのでご了承下さいませ。

ブロとも申請フォーム









管理ページ
最新記事 - 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_8 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_7 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_6 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_5 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_4 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_3 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_2 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_1 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?1 (09/01) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_6 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_5 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_4 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_3 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_2 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_1 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_5 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_4 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_3 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_2 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_1 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_5 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_4 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_3 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_2 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_1 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 




<<死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 197_5 | ホーム | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 197_1 重複スレ>>

怖い話 不思議な話@2ちゃんねる オカルト板まとめ

スポンサーサイト


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ

心霊 未確認生物 UMA 都市伝説 ミステリーブログをもっと見る



不思議な話 怖い話の本↓
オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1/3 2/3 3/3


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ ⇒
心霊 未確認生物 UMA ミステリーブログ⇒
不思議な話 怖い話の本⇒オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍
<<死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 197_5 | ホーム | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 197_1 重複スレ>>

怖い話 不思議な話@2ちゃんねる オカルト板まとめ

死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 197_6


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ

心霊 未確認生物 UMA 都市伝説 ミステリーブログをもっと見る



不思議な話 怖い話の本↓
オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍
766 あい 2008/09/29(月) 12:43:35 ID:F7ez38cmO
怖くはないけど。。。投下します。

これは、私がまだ七歳くらいの頃の体験です。
小さい頃はよく不思議な出来事が起こりました。

私が住んでいた所は横須賀市汐入という所でした。
長い坂が一本ある場所です。
その時も、その坂でかくれんぼしてました。
私はどこに隠れようかアタフタしながら友達宅の裏に隠れる事にしました。
走って裏に廻った瞬間景色が変わりました。
いつの間にか大きな草原にいたのです。
ドコ。。。? ココ。。。
あまりの出来事に唖然としてしまい不安に思っていると、少し先にお花が咲いていて、横に小さな瓶がありました。
私は何を思ったか、花を摘み、瓶に入れました。
すると、更にその先に何か盛り上がった丘を見つけたので瓶を持って丘まで行きました。

768 あい 2008/09/29(月) 12:45:40 ID:F7ez38cmO
その時。。。ココは誰かのお墓だって、小さいながらに感じ、花を入れた瓶を置き目を瞑りお祈りしました。(お祈りといっても、真似事みたいなモノなので、ただ目を瞑り手を合わせただけなんですけど。。。w)

その瞬間さっき走って行った、友達宅の裏にいました。
あまりの事にビックリし、呆けていると。。。『あいちゃん見つけ!』っという、友達の声が聞こえました。
なにこれ。。。夢?
なんて思ってました。それは夢だったのかもしれないのですが、この奇妙な体験から、更に不思議な体験をするようになりました。

長文駄文失礼しました。
おわり


769 1 2008/09/29(月) 12:48:00 ID:xscYmYIOO
いくつか話あるんですが初投下です。
かなり昔、小1夏のの話。
我が家の子供は22時迄に寝なければならず、両親も23時には寝てしまう。
その日もいつものように寝たんだけど、深夜になんとなく目が覚めた。
その時私が寝てたのは二段ベッドの下。ベッドには木枠の囲いがある。
この木枠には模様っぽい穴があって、ベッドで横向きに寝ると穴から部屋が見えるのね。
で、その時は仰向けで寝てて、寝相が悪いせいか頭から布団を被った状態で目が覚めた。
皆寝てるし怖いから寝なきゃと思ってじっとしてたら、なんか廊下から足音が聞こえるの。
トン、トン、トンって、規則正しい足音。
歩き方から親とか姉じゃないって何となく思った。
で、その時は泥棒だ!って思ったのね。体が硬直して変な汗がダラダラ出てきた。
じっとしてなきゃ、起きてるのバレたら殺される、どうしよう!
って思ってる内に足音はどんどん大きくなる。
はっと耳を澄ませたら、私が寝てる子供部屋で足音がするの。
もう怖いとかの次元じゃなく生死の境にいる心境で固まってたら、妙なことに気が付いた。
この足音、トン、トン、トン、トンっ一切止まらないの。
部屋をくるくる回ってるような感じがするだけ。
違和感を感じてからど



775 2 2008/09/29(月) 13:13:44 ID:xscYmYIOO
豆電球だけの部屋は暗くて、いつもと何も変わらない。
あれっと思ったら、スカートがチラっと視界に入った。
息を殺してそのまま見てたら、真っ白いフレアスカートに白くて形の綺麗な足が見えた。
明らかに大人の女性の足。
それが、トン、トンって歩いてるのが見える。
何か探してる訳じゃなさそうで、無目的にただ歩いてるだけな感じ。
規則的な歩幅で部屋をぐるぐる、規則的な円を描いて歩いてるの。
それで、あ、なんかこれおかしいって漠然と思った。
お化けだ!とか幽霊だ!とかじゃなくて、畏怖って言うのかな。漠然と怖いって思った。
そうこうしてたら、突然足がコースを離れて奥の廊下へ向かった。
やっとアップ気味のアングルから引いたので、数秒間その女性の上半身が見えた。

腰から上が無かった。

で、失神した。

顔見た訳じゃないし、夢と言われればそれまでなんだけど。
その後から足音とか音関係の変なことが起きるようになったお話でした。
携帯からで読みづらかったらすみません。
おわり


802 本当にあった怖い名無し sage 2008/09/29(月) 23:12:06 ID:zOb/WM+9O
ウチの親戚のおじさをが20年前に南国の島で潜水レースに出た
映画のグレートブルーに出て来る競技ね
で、自己新作りたくて深く深く真昼の太陽が届かなくなるほど深い水深まで潜水した
一定のポイントに着くとレスキューチームがいるんだけど、様子がおかしい
持っている海中電灯をしきりにあちこち照らしてパニクっている
おじさんも自分の記録を破りたかったけど、どうしても廻りの雰囲気の異変が気になる
で、二人いたレスキューチームの内、一人が一定の方向に海中電灯を向けて固まった
続く



803 本当にあった怖い名無し sage 2008/09/29(月) 23:20:18 ID:zOb/WM+9O

そこには巨大な目があった
大の大人をゆうに超えるグリグリとした目が
おじさんもそれを見てパニックになったけど、緊急浮上すると水圧で内蔵を痛める
でも逃げ出したい
三人とも暫くその巨大な目を見て硬直
するとふっと海中電灯の灯から目が消えた
その瞬間、強い海流もないのに廻りで凄い渦が巻いた
危うく命綱から身体が吹っ飛ばされそうになった
暫くしてからゆっくり浮上して、船で待機してるコーチに説明したけど
『魚の大群でも見たんだろ』
と取り合ってくれない
一緒に見たレスキューチームの人は巨大イカだ!と興奮していたけど廻りは真面に取り合ってくれない
それ以来おじさんはその島には行ってないけど
おじさんは今でも
『俺が見たのは神話とかに出てくるクラーケンだったんじゃないか』と言い張っている
それを聞いた俺はもちろん海に行けなくなりますたorz
おわり


871 本当にあった怖い名無し sage 2008/09/30(火) 05:39:22 ID:mZdF7E1w0
手紙が届いてた。
その手紙の内容はこんな感じ


「〇〇ちゃんへ
こないだはありがとう!
君と行った登山は楽しかったよ。
もっと僕という人間を知ってほしくなっちゃったな。
僕には夢があってさ、学校の先生になりたかった事も…(長いから中略)
寒くなるから〇〇ちゃんも体に気をつけてね。
笑顔を忘れずにね。」

心当たりが無い。
登山なんか中学以来行ってない。
最初は誰かと間違えてるのか?って思ったけど、私の名前がしっかり書いてある。
不思議に思いながら読み進めていくと、一番最後にゾッとする文章が。

「思えばおまえは俺の事何一つ知らないんだよな。」

それまでの文章では「〇〇ちゃん」「君」「僕」だったのに、いきなりおまえと俺になってて怖かった。
ノートの1ページを四つに折り畳んだ手紙だったんだけど、手紙の表紙(?)に鉛筆書きででかい猫が書いてあったのも怖かった。
おわり


876 本当にあった怖い名無し 2008/09/30(火) 10:42:38 ID:2AlV5t1tO
俺が学生の頃の話。
某レンタルビデオでずっとバイトしていたんだが、ある日新人君が客の免許証のコピーを
返し忘れたことがあった。
聞くと、コピー機のガラス面に挟んだままにしていて今気付いたとの事。
「その客が来たのっていつぐらい?」
「…えと…3時くらい?」
呆れた。
発覚したのは7時過ぎで、もう4時間も経っている。
マネージャーに相談すると、「大事なものだからお詫びして届けるように」と言われた。
新人君にメインで指導していたのが俺なので、俺が車で新人君と一緒に返しに行くことになった。
免許証は女性の物で、珍しくない名前だった。

不思議なのはそこからだ。
住所(一応申込書と照らし合わせて、免許証と同じだと確認していた)をカーナビにセットしたら、
山に向かうルートが示された。周りには住宅地なんかない。
おかしいと思いながらも取りあえず向かった。
「目的地付近です」
周りには鬱蒼とした森があるだけ。
「いやいや、有り得ないから!」
俺は恐怖を振り払うように笑いながら言った。新人君は何も言わず黙っていた。
よくわからないのでもう帰ろう、と提案し、急いで来た道を戻った。新人君は駅前で下ろし、
俺は友達の家に押しかけた。それでその日は終わった。


877 本当にあった怖い名無し 2008/09/30(火) 10:53:17 ID:2AlV5t1tO
続き。

次の日もバイトに行き、取りあえずマネージャーに報告した。
マネージャーは俺の顔をまじまじと見て、「え?は?」と言う。
忘れた免許証を返しに?何それ的に。
新人君にも同意を求めたが、しまいに「皆怖がってるからもう止めてください」とまで言われ
俺も引き下がるしかなかった。

それから暫くして、何故か俺はミスや言われのない中傷ばかり受けるようになった。
メインで入ったレジで、3万近くのマイナスが出たり。
名指しのクレームを立て続けに受けたり。
店内で女子高生に痴漢したという噂が流れたり。
そんなだから、それからすぐに辞めてしまった。

あれから3年経つが、いまだに不可解な出来事。

携帯からで、改行とか変だったらすまん。

901 877 sage 2008/09/30(火) 18:02:14 ID:2AlV5t1tO
免許証の行方はわからない。
新人君が封筒に入れて持ってたはずなんだが、翌日上記の通り知らん振りされたので…
実物は店の中でと、車の中でカーナビ操作しながら見た。
おわり


884 本当にあった怖い名無し 2008/09/30(火) 14:13:02 ID:etDiNUNdO
体験談なんで、そこまで怖くないけど書いておきます。

訳あって私が3歳の時まで住んでいた社宅に、家族でまた住むことに
なりました。しかし妹や弟が増えていた為、社宅では手狭で、
18歳だった私は近所のアパートに一人暮しすることになりました。

一人暮しといっても社宅に近いので、洗濯物を親に頼んだり
夕飯をたまに食べにいったりしてました。

その日、いつものように夕飯を社宅に食べにいきました。
家族は社宅の8階に住んでました。普段通り1階の
エレベーターホールに行くと、ボタンも押してないのに
スッとエレベーターのドアが開きました。

つづく


885 本当にあった怖い名無し 2008/09/30(火) 14:13:47 ID:etDiNUNdO
一瞬ビクッとなったものの、余り気にせずエレベーターに乗りました。
8階へのボタンを押した時、最上階の12階へのボタンが既に
押してあることに気付きました。

え…これヤバイんじゃない…と思いました。背筋に寒いものも
感じました。ただエレベーターのドアは閉まってしまい、
結局降りるという判断には至りませんでした。

初めて心霊めいたシチュエーションに遭遇し、何か起こるんじゃないかと
ドキドキしました。しかし結局何も起こらず、8階について
しまいました。夕飯を食べながら、そのことを
母に話しました。初めての心霊めいた体験だったので、
話したかったのです。黙って話しを聞いていた母。
そしておもむろに喋り出しました。『そういえば
、このくらいの時期だったかも』

つづく


886 本当にあった怖い名無し 2008/09/30(火) 14:14:22 ID:etDiNUNdO
話しは15年前。私が3歳でこの社宅から引っ越す間際
の時です。母親は私の手を引きつつエレベーターに
乗ったそうです。そこには先客がいて、12階へのボタンを
押していたそうです。見知らぬ中年男性だった上に12階には
屋上への階段しかない為、母は不信に思っていたそうです。
しかし男は作業衣を着ていたので、工事が何かだろうと思い直したとのこと。

幼い私はエレベーターに乗っている間、ずっとその男を凝視していた
そうです。そしてエレベーターを降りる間際に一言
『このオジサン危ないよ』と言ったそうです。男は黙って
私を見つめ返していたそうです。母は『スイマセン』と頭を下げて、
気まずさから私の手を引っ張ってそそくさとエレベーターを
降りました。

その後、その男は屋上から自殺したそうです。

時期や時間、シチュエーションが当時をなぞっているようで、
凄く怖くなりました。その男が死ぬ前に見た最後の人間は
私です。15年ぶりに帰ってきた私にちょっかいを出しにきたのかと
思い、身震いしました。その日私は階段で帰りました。
おわり


897 本当にあった怖い名無し sage 2008/09/30(火) 16:41:31 ID:ArawnZgZ0
少し前の出来事で、誰にも言ってないんだけどここの住人になら話せるかと思ったので書きます。

親族の結婚式に出席することになって、一応既婚者なので留袖を着ないといけない。
着物は好きなほうだけど、留袖なんてそう何度も着るものでもないし着道楽でもないし、
あんまりお金かけたくなくて、レンタルとどっちが安いかなくらいの感覚でオクをのぞいてみた。

まあモニター越しにわかるいい品とかはそれなりにいい値段ついてるんだけど、
リサイクルはレンタル品借りるのとそんなに変わらないようなのもある。
で、柄がそこそこ趣味に合って家紋がうちと同じ留袖をみつけたので入札。
競合者もいなかったので、そのまま落札できました。

で、まあ一通り連絡とか入金とか経て留袖が送られてきました。
リサイクル品なんだけど、まあ着る機会が少ないっていうのもあるのか、
気になる傷みもないし状態はすごく良かったです。
何気なく留袖を羽織って姿見に映してたら、後ろからギュッと右袖をひっぱられる感覚がして、
「えっ」ととっさに鏡の方をみたら、しらない男の子が袖を引っ張ってた。


898 本当にあった怖い名無し sage 2008/09/30(火) 16:42:27 ID:ArawnZgZ0
振り返ったけど誰もいなくて、もう一度鏡を見たけどその子はもう映ってなかった。
怖くなって脱ぎ捨てるように着物を体からひきはなしたら、耳元で
「おかあさんは?」
って聞かれた。

うちにはまだ子供いません。
どんな格好だったか覚えてないけど洋服だったと思います。
4、5歳くらいで、顔を見上げるようにこっちにあごをあげてたんだけど目を閉じてた。
口があーんと開いてて、そして片手でつまむように着物の袖を引っ張ってた。

気のせいかと思いたかったんだけど、その夜には寝ている私の胸の上に
ものすごい形相の女の人が正座して何かぶつぶつ言っていたので、
もうその言葉がはっきり何言ってるかわかったらヤバイと本能的に思って・・・

結婚式は洋装で出ることにしました。
申し訳ないけどその留袖は別IDで出品しました。買った人ごめんなさい。
元の出品者には良い評価つけてあります。
呉服屋とか貸衣装屋じゃなくて、リサイクルショップからの出品でした。
「遺品整理、わけあり品買い取ります。秘密厳守」とか、よく書いてあるでしょう。
こういうのかあ、と思いました。

おわりです。


905 本当にあった怖い名無し sage 2008/09/30(火) 19:19:19 ID:Bi5MguRqO
日曜の話。
私はホテルの宴会場でバイトしてて、つまりは主に結婚式なんだけど、普通に宴会とか法要とかコンサートも有る。
今日は時間的に結婚式じゃないから、会食か何かかと思って気楽に行ったんだ。
そしたら、建物内もロッカーも、誰もいない。
なんだろう、今日は暇な日なのかなとも思ったけど、30分以上誰もロッカー室に来ないのもおかしい。
まさか時間間違ったりしてないよね、と思いつつ宴会場に行った。
そしたら、やっぱり誰もいない。
なんとなくわかると思うんだけど、ホテルの裏って超怖いんだ。
誰もいないと表でも怖いのに、裏に誰もいなかったら本当に怖い。
前に誰もいない場所で声をかけられたり、誰か部屋に入ったと思ったら誰もいなかった、とか有ったから、必死で誰かいないか探した。
半泣きになりながら端から端まで走り回って人を探した。
なんか、速度を落としたりしたら何かに捕まるんじゃないか、その何かは何かわからないけど、そんな感じの恐怖感が背中からどろどろ追い掛けてくるみたいな。
そこで、違和感がして足を止めた。
洗い場にかけられてる時計を見て、おかしいと思ったんだ。
端から端まで隅から隅まで探したから、ロッカー室を出てから結構時間が経ってるはずなのに、時間が経ってない。
ロッカー室を出る時に時間は確かめたし、自分の腕時計を見ても、時間が経ってないの。
そこで「あ、なんかやばい?」って思って、とりあえず知ってる所を走り回った。
地下の食堂、喫煙所、事務所、二階の裏とレストラン、また五階の宴会場に戻っても、誰もいない。
五階に戻ったら、さっきまでついてた電気も全部消えてる。



906 本当にあった怖い名無し sage 2008/09/30(火) 19:20:10 ID:Bi5MguRqO
本当にじんわり涙が出て来て、どうしたらいつもの場所に戻れるのか、エレベータから出ないで考えようとした。
考えようとしたけど、恐怖でうまく頭が回らないんだ。
こうやって文にしたらそうでもないことだけど、一人で死にそうになってた。
とりあえず外が見たいと思って、表に出てテラスに出た。
そしたら、やっぱり誰もいない。
車も人も通ってないし、海には船も無い。
完全に無の世界って感じ。
ちなみに時間も経ってない。
どこの時計も止まってた。
怖過ぎて胃が痛いし、心拍数も半端ない。
私がしょうがなくまた中に戻ったら、六階で人の気配がした。
六階とは螺旋階段でつながってるから、人が来たらすぐにわかるようになってる。
あ、やっと誰かみつけた、とホッとしたんだけど、足音と気配が寄ってくるのが怖くてたまらないのに気付いた。
じゅうたんの床を歩く足音が、すごい怖くて、怖さで耳鳴りもしてきた。
こんな変な所で会うのなんて人間じゃないんじゃない?とハッとして、私はまた裏に戻ってエレベータに乗り込んだ。
そのまま地下まで降りて従業員入り口から飛び出そうとした。
そしたら、出た先に上司がいた。
まわりの音とか空気とかが私の知ってるもので、安心して本気で泣いた。
突然制服のまま飛び出してきて泣きだしたから、上司はびっくりしてたけど、とりあえず昼食に買ってきたらしいコーンスープをくれた。
時計を見たら、あんなに走り回って探してたのに、ロッカー室を出てから1分くらいだった。
実話だからオチとかは無いけど、私は洒落にならなかった。
落ち着いてから上司と中に入ったら、どの階も普通にみんないた。
あの空間と、六階にいたものはなんだったんだろう…
おわり


907 1/2 sage 2008/09/30(火) 19:29:33 ID:MWuM4AY20
うちの会社の上司から聞いた話。

上司の友人の木村隆司さん(仮名)が、すっごいパソコンに疎かったんだけど
パソコン買って、色々いじってたそうな。
そんで、だんだん慣れてきて自分のHP作ったんだって。

メインのコンテンツ置いて、掲示板置いて・・・

実はこの時、HPを作成してるどころか
パソコンを買った事も誰にも言ってなかったらしい。
散々、パソコンなんて・・・とか言ってたもんだからバツが悪かったんだろうね。

そんなわけで、作ったけど上司を含めて友人、知り合いはそのHPの存在をまったくしらない。

そんな状況でHPを公開してから3日目。
掲示板に1件の書き込みが。

ところがその内容は全部文字化けしてて全然読めないわけ。
ブラウザの設定を直したりとかで読めるようになるけど、面倒くさがり屋の
友人は調べるのも億劫で設定直す事もなく、不思議に思いながら
「文字化けしてて読めません^^;」
てな具合で返信したわけ。

908 2/2 sage 2008/09/30(火) 19:30:20 ID:MWuM4AY20
そんで次の日にも掲示板に書き込みが。
ところがその書き込みも文字化けしてるの。
またか・・・と思いながら
「また読めませんよ~」
って返信。

だけども次の日も、また次の日も同じように文字化けの書き込みが。

イラつくというよりも、初めて作ったHPの掲示板の書き込みを早く見たい!
って気持ちのほうが強くて、ここで初めて友人であるうちの上司に相談してきた。

上司は結局買ったのかよーと茶化しながらもそのHPを見ながらブラウザの設定をなおし
いざその文字化けしていた掲示板を見ると

「○○県○○市在住の木村隆司木村隆司木村隆司木村隆司木村隆司」
「○○県○○市在住の木村隆司死ね死ね死ね死ね死ね死ね」

それ以来木村隆司さんはパソコンさわってないそうです。
おわり


910 本当にあった怖い名無し sage 2008/09/30(火) 19:52:07 ID:UmVWziYd0
学生時代の話。

うちの大学は旧陸軍の師団があったところで、怪談には事欠かない。
兵舎をそのまま使っている箇所もあるくらいだ。
ある時、事務室に行く用事があり、一人で渡り廊下を歩いていた。
そこも兵舎をぶち抜いて造った渡り廊下で、昼でも暗くてあまり
通りたくない箇所だ。
嫌だなぁと思いつつ歩いていたら、歩を進めているはずなのに、
廊下の先がどんどん遠くなっていく。
「え?」と思って一瞬目を疑った。
更に歩を進めていくのに、出口がどんどん遠のいていき、そのうち
ザッザッザッザ・・・と、まるで大勢で行進するかのような足音が
後ろから聞こえてきた。
「やばい!」と思って、振り向きもせずに走り出したのに、どんどん
出口が遠ざかっていく。
もう半分泣きながら必死で走った。
すると、急に周囲が明るくなって、ようやく渡り廊下を抜けた事に
気が付いた。
同時に、あの大勢で歩く足音も聞こえなくなった。
それ以来、あの付近を歩く時は、渡り廊下を通らないようにしていた。
あの時、追いつかれていたらどうなっていたろうと今でも思う。

校内では時々、昼間でも白い塊が移動している事があった。
サークル棟でも、夜中に子供が階段の所で泣いているという事が
あったり、昔大勢の遭難者を出したワンゲル部の前を通ると、
冷たい澱んだ空気が滞留しているし、新歓の肝試しの時には
足首だけ歩いているのを見たり、桜の木の陰からどす黒い顔だけが
こちらを見ていたのを見つけたり。
あの頃は本当にいろんなものを見たなと思う。
ちなみに、今は親族の誰かに不幸が起きる時に夢を見るくらいで、
そういった類のものは見なくなった。
おわり


950 本当にあった怖い名無し sage 2008/10/01(水) 12:54:33 ID:2Au52GhJ0
最近あった怖い体験を書いてみる。

数ヶ月前に突然子供の頃の記憶がよみがえったんだ。
3歳くらいの俺が、じいちゃんの家の茶の間で、一人で泣きながらご飯を食べている記憶。
外は良い天気で人の話し声も聞こえるのに、家の中はひんやりとしていて薄暗く静まり返っている。
自分だけが全ての世界から隔離されてるような、物凄い孤独感があったと記憶している。
俺の頭と左足には包帯が巻かれているんだけど、痛みは感じなかった。

とにかく物凄い孤独感と言うか喪失感があって、「ごちそうさまでした」と言った途端に大声で泣いてしまった。
そこにじいちゃんが走ってきてくれて、ちょっと安心すると言う記憶だった。

何気なく母親に「子供の頃こんな事あったっけ?」と聞いたら、それはたぶん家族で事故に巻き込まれて
じいちゃんの家に泊まっていた時の記憶だろうと。
母親は入院して、父親は怪我が軽かったから仕事に行っていて、俺は学校を休んでじいちゃんの家に
預けられて居た事があったようだ。

言われてみればそうだったような気もしたので「良くそんな小さい頃の記憶が残ってたなぁw」と話したんだけど、
母親は面白がったのか「その頃の記憶って他にもある?」と結構しつこく聞いてきた。
他には何も思い出せなかったから「いや、他には何も。」と言うと「思い出したら教えてね」で話は終わった。

ただ、最近になって思い出した事があるんだ。
確かに事故はあった。
でもその事故で、俺の母親は死んでしまったんじゃなかったっけ?

じいちゃんの家で葬式を出した記憶もある。
子供の頃の記憶だから、ばあちゃんが死んだ時と記憶が混じってしまっただけだとは思うんだけど・・・
母親がなんであんなに子供の頃の記憶についてしつこく聞いてきたのかって言うのもすごく気になる・・・
おわり


960 本当にあった怖い名無し sage 2008/10/01(水) 15:04:58 ID:yIcBCVjTO
死ぬほどじゃないけど…

こないだ電車に乗ってたら横に小柄で可愛いセーラー服の女子高生が座った
香水の匂いとかに暫くドキドキしてたんだけど、なんか一心不乱にケータイ打ったり、ニコニコしたりしてたから何してんのかなと思ってちょっとケータイ画面を覗いてみた
そしたら2ちゃん?の書き込みのページ開いてて、こんな可愛い女子高生が2ちゃんかよwと思ってたら、いきなりその子が死ねって打ちまくりはじめた
打つ速さが尋常じゃないほど早くて、しかもなんか口が喋ってるみたいにぱくぱくしてるんだよ
字数制限一杯まで打ったら画面をじっと見つめてにこにこして、それからまた全部消して最初から打ち直してんの
俺が降りるまでそれを五回くらい繰り返してた
本当にぞっとした
関連記事
1/3 2/3 3/3
(0)


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ ⇒
心霊 未確認生物 UMA ミステリーブログ⇒
不思議な話 怖い話の本⇒オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍
<<死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 197_5 | ホーム | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 197_1 重複スレ>>

- コメント -

コメントの投稿


管理者のみ閲覧可


- トラックバック -


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

<<死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 197_5 | ホーム | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 197_1 重複スレ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。