現在地

スポンサードリンク

カテゴリー・目次

人気記事ランキング

最近記事リスト

逆アクセスランキング

相互リンク

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

RSSフィード

プロフィール

怖い話 不思議な話@2ちゃんねる

Author:怖い話 不思議な話@2ちゃんねる
2ちゃんねるの怖い話、オカルト板まとめサイトです。心霊スポット 心霊写真 超常現象 怖い話 恐怖体験 未確認生物 UMA 都市伝説 オーパーツなど、怖い 不思議&面白いと思った話を厳選して紹介しています。
ただ今相互リンク募集中です。ただし、心霊・不思議・ミステリー系に限らせていただいておりますのでご了承下さいませ。

ブロとも申請フォーム









管理ページ
最新記事 - 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_8 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_7 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_6 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_5 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_4 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_3 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_2 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_1 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?1 (09/01) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_6 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_5 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_4 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_3 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_2 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_1 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_5 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_4 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_3 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_2 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_1 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_5 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_4 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_3 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_2 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_1 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 




<<死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 197_1 | ホーム | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 197_3>>

怖い話 不思議な話@2ちゃんねる オカルト板まとめ

スポンサーサイト


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ

心霊 未確認生物 UMA 都市伝説 ミステリーブログをもっと見る



不思議な話 怖い話の本↓
オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1/3 2/3 3/3


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ ⇒
心霊 未確認生物 UMA ミステリーブログ⇒
不思議な話 怖い話の本⇒オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍
<<死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 197_1 | ホーム | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 197_3>>

怖い話 不思議な話@2ちゃんねる オカルト板まとめ

死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 197_2


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ

心霊 未確認生物 UMA 都市伝説 ミステリーブログをもっと見る



不思議な話 怖い話の本↓
オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍
198 1/4 sage 2008/09/20(土) 21:35:00 ID:Xc6djnlE0
開かずの間スレと迷ったけど、開かずの間もそれほど出てこないし
自分としては恐いというよりすごく嫌な気持ちと言った方がいい感じなんですが
どこかに吐き出したいのでのでここに書き込みさせて下さい。

学生の時のバイト先の2階にあったのは多分開かずの間だったんだと思う。
弁当屋だったんだけど2階は休憩室と資材とか置いてた。

けど誰も2階で休憩しない。
デカイ窓あるのに昼間でも薄暗くてしめっぽい感じで、
資材取り行く時も絶対みんな一人で行きたがらない。
俺のだいぶ後に入った美大生の自称霊感持ちのかわいいけど
ちょっと変な女だけよく2階でタバコ吸ってた。

だから重くない資材とかはその女に頼むようになって、
かわりに休憩時間外の一服黙認みたいな感じにしてた。

店の資材在庫チェックのときも、当然その女面子にいれて
あと社員さんA、B二人とシフトだった俺とバイトのチーフの先輩五人でやる事になった。
社員さんBと先輩が電車の事故で遅れて三人で始めた。

おれがチェック表とか下でコピーしてたら、上から悲鳴が聞こえたので
あわてて階段をのぼってったら突然頭がびしょびしょに濡れた。
触ったら全然痛くないのに大量の血が出てた。


199 2/4 sage 2008/09/20(土) 21:35:29 ID:Xc6djnlE0
驚いたけど女がぎゃあぎゃあいってるが聞こえるので
とりあえず2階に上がったら、女は壁の方向いて分けの判らない事を叫んでいて
社員さんAは座りこんで漏らしてた。

女の指差してる方を見たら、これまで壁だと思ってたとこが引戸だった。
中は畳横に二枚並べたくらいの部屋で、小さな虫の死骸が2cmくらい積もっていた。
1カ所の角だけ三十センチくらい丸くなにもない。
壁はパッと見普通の和室っぽい壁に見えたけど、
土に長い黒い髪の毛みたいなのを混ぜて塗り込めてあった。
引戸の裏もおなじ感じになっていた。

訳わかんなくてぼーっとしてたら、遅れてた先輩が来て、
血まみれだったおれは即救急車呼ばれて病院連れてかれた。
病院ついたらもう一人の社員さんBがそっちに来ていて、
有給と見舞金出すから棚から物が落ちて怪我した事にしろと言われた。
正直金が欲しかったのと、恐くてもうバイト先に行きたくなかったのでいう通りにした。

傷はそんなに深くなかったから縫うだけですんだ。
バイトは2週間くらい休んでいい事になってたけど、
どうしても気になったから10日目くらいにのぞきに行った。


200 3/4 sage 2008/09/20(土) 21:36:01 ID:Xc6djnlE0
そしたら先輩は居たけど社員さんAは体調崩して長期休養、
女の方は学校も辞めて実家に帰るからって親と挨拶に来たっていってた。
女は店に一歩も入って来なくて全然しゃべらなくて、
薬が効いてぼーっとしてるみたいな感じだったらしい。
 
先輩が社員さんBを問いつめて聞いた話を聞かせてくれたんだけど、
店はもともと普通の古い民家だったのを、人が居着かなくて困った所有者から
格安で借りていた場所らしい。社員さんBも詳しい事は知らなかったけど、
『絶対いつか何か起こると思ってた』と言っていたらしい。

引戸見つけて開けたのは女の方で、中から頭がぐるぐる回る人形?が出てきた
と繰り返してたらしい。
社員さんAは何も話さなかったけど、ショックを受けた状態になっていて
内臓が弱っているのでまだ入院していて、家族の希望で多分近々退社するという事だった。

2階を見せてもらったら、その部屋は綺麗に掃除されて
引戸も外されて、壁も塗り直されてた。

けど2階の雰囲気は全く変わってなかった。
ものすごく嫌な気分になって、その日でバイトを辞めた。
大学のある駅近くの店だったがその日から卒業まで一度もそこを通らなかった。


201 4/4 sage 2008/09/20(土) 21:36:34 ID:Xc6djnlE0
しばらくして仕事でその駅に降りたとき、なんか思い出して店を見に行った。
そしたら弁当屋は無くなって今風のカフェになっていて、驚いた事に先輩が店長をしてた。
弁当屋はおれが辞めたすぐ後ボヤを出して潰れて、同じ系列チェーンのカフェになった。
社員さんBが最初そこの店長をしていて、違う会社に転職する事になった時に
先輩が店の権利を買い取ったということだった。
 
どうしても気になってた2階の事を聞くと、先輩はちょっと困ったような嫌そうな顔をして
やっぱり嫌な雰囲気があるので改装とお祓いをして倉庫にした、といってから
『これ多分あの子が見たって言ってたやつだよね』といいながら、
おれに葉書を見せてくれた。

あの女からの絵画展の招待状だった。宛先が昔の弁当屋の名前になっていて、
表側に、頭が変な風に横に潰れたでかくてのっぺらぼうで口だけが裂けて、
手足が異様に細い白いぬいぐるみが踊ってるみたいな絵が書いてあった。

はがきは二年くらい前に来たもので、場所が遠いので行けないし、と思いながらも
記載してあった画廊に問い合わせたところ、そんな展示の予定は無いと言われたそうだ。
『なんか捨てるに捨てられなくてさあ』と言いながら先輩はそれを引き出しにしまい込んだ。
その後先輩とはしばらく連絡し合ったりしてたけど、
今年の春、店が老朽化で立て替えになるので、この機会に両親の面倒を見るためいなかに帰る、
という電話が来た。

その後何度か連絡しようとしたけど携帯変えたらしくて通じない。
暑中見舞い出したけど宛先不明で戻ってきた。
結局なんだったのかわからないままだけど、おれはもうあそこには行かない。





247 198 sage 2008/09/21(日) 02:16:18 ID:YjzoXSFg0
上に書いたのは暑中見舞いが戻ってきてからすぐまとめたものです。
とにかく誰かに聞いてほしくてしょうがなかった。
書き込むかはずっと迷ってた。

バイト辞めてから、なんかずっと心に引っかかってて
ネットのオカルトとか調べてたけど似たモノの話が全然なかった。
色々考えてたけどおれが頭怪我した理由はおれだけ茶髪だったことくらいしか
思いつかない。先輩に見せてもらったはがきの絵のぬいぐるみみたいなのは
形は昔教育テレビでやってた番組のたっpくんに似てた。
けどもっと不愉快な感じの物。変な風にねじくれた印象だった。

先月の終わりにあの店の場所に行きました。
まだ店取り壊してなかった。
都合により閉店します、って張り紙がまだ貼ってあって
ウィンドウから覗いたら、中の什器とか全部残っててカウンターの上に
使った食器とか出っぱなしだった。
あの女から来たはがきはきっとまだカウンターの中の引き出しにあると思う。
先輩はあの女がちょっと好きだったみたいなので。

もう行きたくないという気持ちと、もう一度あの絵を見たい気持ちが両方あります。
先輩の消息も知りたい心配な気持ちと、もう関わりたくないような本能みたいな
感じがあります。

書いておきたかったのはこれで全部です。
もうこれ以上は考えない事にします。
ありがとうございました。
おわり


240 本当にあった怖い名無し sage 2008/09/21(日) 01:48:11 ID:ME7C4SKB0
母親が実際に体験した話。
まだ母が5歳か6歳頃の子供の頃の話。
母が住んでいたのは広島県の山の中の村。
典型的な農家で、兄姉も上が3人、下が4人と7人兄姉。

学校は夏休みに入っていたが、両親や上の兄姉3人はいつものごとく
朝から田んぼ仕事。母は下の4人の弟妹の面倒を見るのが日課だったそうだ。

ある日、いつものように夕方になると両親や兄姉が家に帰ってきて、
普通に夕食を囲んでいたそうな。
そんな一家団欒の最中に、父親と親交のある役場の人が血相を変えて
玄関から飛び込んできた。父親が何事かと話をしようとすると、
「ここじゃ話せない」ってことで、庭に出て行って何事か話をしていた。

しばらくすると、今度は父親が血相を変えて家に入ってきた。
母親と兄姉3人は今すぐに村の公民館へすぐに行けと言う。
で、今夜は恐らく帰ってこれないから、
母は弟妹を寝かせるよう言いつけられたらしい。
何事か全く聞かされないまま、不審に思いつつともかく弟妹を寝かしつけ、
自分も床についた。

目が覚めたのは恐らく深夜の2時とか3時くらい。
尿意を覚え、仕方なく厠に行くことにした。
厠は一度玄関を出て、庭を通ってグルッと母屋を回り込んで裏手にあるので、
いつも夜一人で厠に行くのはそれは怖かったそうだ。
だが尿意には勝てず・・・結局玄関から庭へ出た。
灯りは玄関についてる裸電球一つとあとは月明かりだけ。薄暗い庭の中に出ると、
庭の真ん中で何か黒い塊が動いたのが見えた。と、同時に何とも言えない
吐き気を催すような臭いが周囲に立ちこめている。
玄関を出てすぐのところで、母は恐怖で身動きが取れなくなったらしい。
月明かりの中で、その黒い塊は時々ピクッピクッと震えるように動いていた。


241 本当にあった怖い名無し sage 2008/09/21(日) 01:48:47 ID:ME7C4SKB0
目が慣れてくると、その黒い塊はどうやら・・・人の形をしてることに
気付いた。こちらに向かってくる様子もなく、そこで母は恐る恐るその塊に近づいてみた。
1mくらいまで近づくと・・・・その塊は紛れもなく大人の女の人らしいことが分かった。
ただ・・・その異形に目をむいた。ボロボロの服を着て、露出されている肌は真っ黒に
変色し、足からは何かをひきずるような様相をしていたらしい。
そこまで近づくと、その女の人は何かうなされているような小声で喋っていた。
「み・・・みず・・・みずを・・・」と何度も言ってる。

このときは既に「すぐに水をあげなきゃ!」と家の中に取って返し、水をコップに汲んで
庭に戻ってくると、、その時には既にその女の人は既に死んでしまっているようだった。
それを見た母はまた怖くなって、厠のことも忘れて布団の中で一晩中震えていたそうだ。

夜が明けてきた頃に母親と兄姉が帰ってきたのが、足音で分かったそうだ。
あの塊を見つけたらどうするんだろう・・と思っていると、庭で母親が一番上の兄に何か叫んで、
その兄がまたどこかへ走って行ったのが気配で分かった。

母親が家の中に入ったのを確認して、飛び起きて外で人が死んでる、と。一体何が起きたのか、と
聞いてみると、母親は言葉少なげに語り出した。
広島市の中心で新型の爆弾が落ちた。
何万人という人が死に、生き残った人も酷い火傷を負ったまま市外へ逃げてきている。
外に倒れている人も恐らくそうしてなんとかここまで逃げ延びて来たのだろう。
今、村の公民館にはそうして逃げてきた人が数百人とおり、みな酷い火傷や
力尽きた人、とそれはもう見るに堪えないくらいの修羅場だ。
と聞かされた。

翌日、人手が足らないということで公民館に駆り出された母も・・・一歩足を踏み入れると
それはもうまさしく地獄絵図だったという。

以来、母は毎年8月6日の8時15分には黙祷を欠かさない。
そんな俺も母に言われてずっと同じようにその時刻には黙祷をするようにしている。
今となってはもう遠い昔のことのようだが・・・実際に母にこの話しを聞くと
決して遠くない昔に、想像もつかないことがあったと実感させられる。
おわり


258 本当にあった怖い名無し sage 2008/09/21(日) 03:17:19 ID:G0lBhYvz0
8歳ぐらいのときに体験した話。
俺の住んでいた近所に市営住宅があったんだけど、そこは
なぜかエレベータに二階のボタンが無かった。
なのに二階は存在していて外から窓越しに二階を眺めると
気の天井が目に入ったのを覚えている。
なんというか、子供ながらに気味が悪いと感じたし、寒気
がした。
その二階へは階段からも行けないようになっており、階段
の途中で二階へ通じる扉もなかった。
その住宅に住んでいた友達Aは「あそこにはルンペンがいる
らしいぞ!」って冗談で言いながら笑ってた。

ある日、そろばん教室の帰りで夕方6時ごろだったと思う。
例の市営住宅は帰り道なんだけど、前を通るときに誰かに
呼ばれた気がした。立ち止まって市営住宅に目をやると、
二階の窓が目に付いた。
中では白い人影が右へ左へと行ったり来たりしていた。
するとたまたまそこをクラスの友達Bのおばちゃんが通りが
かったので「おばちゃん、あそこに誰かおるで」って呼び
止めた。おばちゃんは「ええ?誰もおらんよ?」って俺が
指差したほうを見ている。
俺は少しイライラして「ほら!あそこにおるって!白い人影
が動いてるやん。よく見て!」と強い口調で言った。
おばちゃんは困った顔をして「ああ、ほんまやねえ。誰やろ
ねえ」と嘘を言いながらそそくさと帰っていった。
だって本当に見えていたらもっと凝視するはずだ。
その後も俺は白い影を見ていると、影はピタッと止まって手
招きみたいな動作をし始めた。


259 本当にあった怖い名無し sage 2008/09/21(日) 03:17:42 ID:G0lBhYvz0
俺が恐怖で硬直していると、人影が二人、三人と増えた。
一人は手招き、ほかの二人はこちらを直視している。
恐怖に震えた俺は何を思ったのか、その市営住宅に住んでいる
Aのところへ行こうとエレベータに乗った。
Aの部屋は4階だ!早く!早く!とエレベータの中で焦った。
1→3→4とエレベータが上がって行き、4階に着くと同時に俺は
転がるようにエレベータから飛び出した。
友達の住む部屋へ一目散に走った。

しかし、途中で俺は妙なことに気がついた。扉が無いんだ。
今までエレベーターから数十メートルは走ったはずなのに
通路には一つとして扉がなかった。
それに気付いた俺は叫びながら無我夢中でエレベータに戻った。
でもボタンを押しても1階からエレベータが動かない!

・・・くそ!こんなときに!


どうしよう・・・


どうしよう・・・・・・


・・・そうだ!階段で降りれば良いんだ!


俺はエレベータの右側を少し行ったところに階段があること
を知っていたので走った。
すると階段の扉が見つかり、俺は救われた気持ちで扉のノブ
に手をかけたがそのとき、扉にかかれた数字が目に入った。


260 本当にあった怖い名無し sage 2008/09/21(日) 03:19:54 ID:G0lBhYvz0
それは4でもない・・・2でもない・・・・。

42だった。

42階!?ここが?どういうことだ?
俺は動揺して、そのとき初めて外の風景に目をやった。
ところが外は真っ暗で何も見えない。
第六感がやばいことを告げている。逃げないと!

そのとき、エレベーターが開く音がした。
恐る恐る覗くと、Aだった。


261 本当にあった怖い名無し sage 2008/09/21(日) 03:21:11 ID:G0lBhYvz0
俺は安心したせいか体の全身から力が抜けるのを抑えて
駆け寄った。するとAが一言言った。

「おまえ、何か見たんか?」

その顔があまりにも真剣だったので、いや見てないけど
って嘘を言ってしまった。
するとAは少し笑って家まで送ってくれた。
そしてバイバイした後にAがボソッと言った。

「嘘つきはいらん」

は?って思ったが、家の扉を開けると母親が
「あんた今何時や思ってんの!?」
って怒って来たので、時計を見たら9時だった。
え?三時間もあそこにおったんか?と不思議な気持ちになった。
次の日、学校に行ったら昨日家まで送ってくれたAが交通事故
で死んだと聞かされた。
事故があった日は昨日の9時過ぎで俺と別れたすぐ後だが、俺の家
と市営住宅とは逆方向の場所で車に轢かれたらしい。
ひょっとするとAは何か知っていたのだろうか。
あの白い人影と関係あるかは謎であるが、俺は関係がある気が
してならない。親に聞いても、あそこにはちょっと変わった人が
住んでるんや、としか言ってくれないし。
そして、この文章を打っていたら非通知で電話がかかってきたので
驚いて屁をこいてしまった。
おわり


298 本当にあった怖い名無し 2008/09/21(日) 21:33:39 ID:FkX22DpCO
流れ読まずに投下

昔オカ板に、祭り囃子が聞こえるって、あったよね。
確か釣りだったと思うけど。
それに似たことが実際にあった。

今年の5月。
当時私は体調を崩していて、休みの日曜日は夕方2時間ほど、自室で横になってる事が多かった。

家族が出かけて、家の中が静かになった日曜日。
一通り用事を済ませた後、いつものように自室で横になった。
確か4時ぐらいだったと思う。

少しすると微かに、遠くから、何が音楽が聞こえた。
祭りのお囃子みたいだった。

一度そう気づくとやたらと耳についた。
こんな時期に何かあった?と思いながら聞いていると、その音は大きくなったり小さくなったりする。
一時間ぐらいなって、音は消えた。

帰ってきた母に「こんな時期にお祭りなんかあった?」と尋ねたが、そんなものはないと言う返事だった。
大体家は、田舎の住宅街の端っこで、周りに神社は愚かスーパーも学校もない。
あるのは家と池と林ぐらいだ。
奇妙に思ったけどその日はそれで終わる。

翌週、同じ様に横になっていると、またお囃子が聞こえる。
その日は家に両親がいて、先週のように静かではないのに。


299 本当にあった怖い名無し 2008/09/21(日) 21:40:22 ID:FkX22DpCO


私は音が鳴る中部屋を出て、母に「お囃子が鳴ってるよ」と言った。
が、母は鳴ってないと言う。
聞き耳をたてたが、確かに音がしない。
「さっきは鳴ってたよ」と言っても、やはり聞いてないと言われ、釈然としないまま自室に戻った。

自室に入り少しすると、またお囃子が聞こえる。
窓を開け外をみても何もない。
どこから聞こえてるんだろうと、耳をそばだててた。

私は窓を慌てて閉め、布団をかぶり耳を塞いだ。
どこから鳴ってるのか、方向さえわからない。
ただ音が、段々大きく近づいているように聞こえたのだ。

翌週から、私は自室で横になるのを止めた。
ただ、用事があって夕方自室に入ると、お囃子は聞こえた。

6月になって体調も戻った頃には、お囃子は聞こえなくなった。

あれは何だったんだろう。
おわり


334 子牛 2008/09/22(月) 14:45:56 ID:CxP/3dYv0
今までずっとROMだったんだけど、今回初めて心霊体験っぽいのしたんで、書き込みする。
今までここに書き込まれたことに比べると、おそらく対して怖くもない話なんだが聞いてくれ。

おれと嫁は僻地で暮らしてるんだが、嫁のおじいちゃんが危篤だって、嫁の実家から電話が入った。
次の日に嫁の実家近くにあるじいちゃんの家に行ってみると、じいちゃんがほとんど動けない状態でベッドに寝ていた。
以前からガンを患ってたんだが、今回はいよいよヤバいとのこと。
じいちゃんがうっすら目を開けた時に、嫁と一緒に話しかけたんだが、手を握ると結構強い力で握り返してきたのが印象的だった。

数時間ぐらいいたあと、じいちゃんの家から嫁の実家に移動して、そこでその日は泊めてもらうことにした。


335 子牛 2008/09/22(月) 14:52:09 ID:CxP/3dYv0
嫁の実家にいる、嫁のお父さんとは結構仲がいいので、嫁の実家に行くたび一緒に飲むんだが、その日も例外にもれず、12時ぐらいまで飲んでいた。
トイレに行きたくなったので、席を立ち、数歩歩いたところで、なんだかにおいがした。
直感的に、じいちゃんの家で使っていた蚊取り線香の匂いだと思った。
じいちゃんのいえは、今時珍しく、緑色の渦巻き型の蚊取り線香を使っている。
嫁の実家では、そんな従来型の蚊取り線香を使っていないので、おかしいなと思って、嫁のお母さんに「蚊取り線香つけました?」と聞いてみた。
嫁のお母さんは、きょとんとして「つけてないけど?」と怪訝な顔で答えた。
(おれの勘違いかな・・・酔っぱらってるし)と思い、トイレを済ました後、また嫁のお父さんと飲みなおした。


336 子牛 2008/09/22(月) 15:00:49 ID:CxP/3dYv0
その後、じいちゃんがちょっと状態が安定したと聞いて、おれと嫁はいったん僻地に帰ることにした。
その時にはもう、蚊取り線香の匂いの事など、おれも嫁も忘れていて、他愛もない話をしながら、帰宅した。

その次の日の朝、おれが起きると、嫁が目を真っ赤に泣き腫らして、じいちゃんが亡くなったことを教えてくれた。
「きのうの12時**分に亡くなったって」とのことだったが、その15分ぐらい前に不思議な体験をしたらしい。

おれは疲れて寝てしまって、嫁だけが起きていたんだが、じいちゃんが死ぬ15分前ぐらいの時間に、せき込むほどの蚊取り線香の匂いがしたということなんだ。
最初、バッグや服にいおいが移ったかと思って、匂いをかいでみたんだが、そんなことはなかった。
そのあとも、数分蚊取り線香のにおいがしていたらしいんだが、突然スッとにおいがしなくなったらしい。



366 本当にあった怖い名無し 2008/09/22(月) 22:03:49 ID:InbvlA010
>>334
そうゆう事って結構ありますね。。。

私もそうゆう体験ありますよ!
香取線香では無いですが線香の匂いがします。
家には仏壇もないですし線香類は一切ないです。

一番初めに匂いがしたのは大好きだったお祖母ちゃんが丁度亡くなった時刻・・・
私は危篤と聞いていたんですが行く事が出来なくて・・・っていうのは私は
産婦人科の分娩台に居たんです。 実際 産まれたのはその5時間後だったんですけどね。。。
付き添いの旦那に「線香の匂いする~」って言ったけど旦那は「そんな匂いはしない」
と言ってました。

あれから6年経ちますが毎年同じ日、長男の誕生日になると
フワ~と線香の匂いがします。
ずっと見守ってくれているんだな~と私は思っています。



372 本当にあった怖い名無し sage 2008/09/22(月) 23:51:57 ID:2jJXHxkF0
>>334
おれは線香の匂いじゃないけど、似たようなことはあったよ。

ガキの頃から十年間一緒に過ごした愛犬が膵臓ガンでやられて死んでしまってから、
しばらくの間突然犬の臭いが何でもないところから漂ってくるということが度々あった。
予備校で受験勉強してる最中とか、駅のホームで電車を待ってる時とか、自宅に戻って
家の廊下を歩いてる時とか。

ああきっとあいつが顔出してくれたんだなぁ、と切なくなること数度、数ヶ月もしたらそういう
ことはなくなった。徐々に薄れていくあいつの臭いが、あいつがもうここから去ろうとしている
という事をおれに告げているような気がして、無性に寂しかった。

それから数年ほどたってから、ある日自転車で走ってたら、急に後ろが気になって一瞬振り
向いたんだ。そうしたら後ろに白い犬が見えたんだよ。
何の気なしにブレーキ踏んでもう一度振り返ったら、何もいなかった。
背格好は生前のあいつそっくりだった。
やっぱりあれはあいつだったのかなァ。
自転車こいでて後ろが気になって振り返ったのはあれっきりだ。
関連記事
1/3 2/3 3/3
(0)


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ ⇒
心霊 未確認生物 UMA ミステリーブログ⇒
不思議な話 怖い話の本⇒オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍
<<死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 197_1 | ホーム | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 197_3>>

- コメント -

コメントの投稿


管理者のみ閲覧可


- トラックバック -


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

<<死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 197_1 | ホーム | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 197_3>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。