現在地

スポンサードリンク

カテゴリー・目次

人気記事ランキング

最近記事リスト

逆アクセスランキング

相互リンク

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

RSSフィード

プロフィール

怖い話 不思議な話@2ちゃんねる

Author:怖い話 不思議な話@2ちゃんねる
2ちゃんねるの怖い話、オカルト板まとめサイトです。心霊スポット 心霊写真 超常現象 怖い話 恐怖体験 未確認生物 UMA 都市伝説 オーパーツなど、怖い 不思議&面白いと思った話を厳選して紹介しています。
ただ今相互リンク募集中です。ただし、心霊・不思議・ミステリー系に限らせていただいておりますのでご了承下さいませ。

ブロとも申請フォーム









管理ページ
最新記事 - 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_8 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_7 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_6 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_5 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_4 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_3 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_2 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_1 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?1 (09/01) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_6 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_5 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_4 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_3 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_2 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_1 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_5 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_4 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_3 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_2 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_1 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_5 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_4 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_3 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_2 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_1 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 




<<死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 198_4 | ホーム | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 197_2>>

怖い話 不思議な話@2ちゃんねる オカルト板まとめ

スポンサーサイト


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ

心霊 未確認生物 UMA 都市伝説 ミステリーブログをもっと見る



不思議な話 怖い話の本↓
オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1/3 2/3 3/3


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ ⇒
心霊 未確認生物 UMA ミステリーブログ⇒
不思議な話 怖い話の本⇒オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍
<<死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 198_4 | ホーム | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 197_2>>

怖い話 不思議な話@2ちゃんねる オカルト板まとめ

死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 197_1


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ

心霊 未確認生物 UMA 都市伝説 ミステリーブログをもっと見る



不思議な話 怖い話の本↓
オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍
23 本当にあった怖い名無し 2008/09/13(土) 19:47:48 ID:lRFuaR980
昔、悪夢を見た時は人に内容を話したほうがいいと言われて、
それ以来、その理由も解らず悪夢を見た時は朝のうちに親に話していました。

つい最近、近所の家に20年以上前に住んでいた幼馴染のAちゃんが帰ってきていました。
帰ってきたと言っても、昔過ごしたこの地域に着ただけで、
今ではAちゃんが住んでいた家は別の人が住んでいます。

でも私はそれほど女性に気軽に話せる男でもありませんし、
帰ってきたという話だけ聞いてから、「あっそう」という感じで受け流していました。
ですが、私の記憶にはかな~り嫌なものが、
Aちゃんが帰ってきたタイミングで思い出してしまいました。
何かの拍子に思い出す事はありますよね?

その思い出しついでですが、2chにその内容を書き込む事で、
悪夢を見た時は人に話せばいい、というジンクスを実行しようと思います。



24 本当にあった怖い名無し 2008/09/13(土) 19:48:54 ID:lRFuaR980


今から20年前の話になります。

私が住んでいるところは過疎化が進む農村の一つで、子供の数は年々減る一方でした。
そのせいか近所に住んでいる同級生など居ない場合も殆ど。今もそうなんですよね。
偶然にも私の近所にはAちゃんという女の子が住んでいて幼馴染でした。
いつ頃からどういうきっかけで出会ったのか解らないので、ほんとうに小さい頃からの幼馴染です。

近所にはどこかの土木関係の会社が廃材置き場として使っている場所があり、
そこでいつも二人で遊んでいました。
そこには石材、車、それにたまに本なども捨ててあり、まさに子供にとっては宝の山ですが、
そこにあった車らしきものに秘密基地だとか言って、陣取っていました。

小学校に入る前まではAちゃんしか友達が居ないので、「女の子」というのが
どういうのが普通なのかは解りませんでしたが、小学に入学してから、
Aちゃんという人間が少し他の人と違う事には気付いていました。
簡単に言うと、オカルト好きなのです。それと少し電波が入っています。



25 本当にあった怖い名無し 2008/09/13(土) 19:49:55 ID:lRFuaR980


私が銀球鉄砲(って知ってるかな?)やら爆竹で遊ぶ横で、
Aちゃんはいつも儀式めいた事をしていました。

子供のやることですから、何らかの儀式系の専門書を見るわけでもなく、
何かしらの目的があるわけではなく、ただ「儀式らしき事」をする事を楽しんでいたのでしょう。
ですが、子供であるがゆえに、儀式の内容も残酷なものでした。
おたまじゃくしやイモリ(ヤモリ?)などを捕まえてきては、残酷な方法で殺すのです。
そしてその死骸を使って何やら儀式めいた事をするという、
私の親がそれを知れば、「もうあの家の子供とは遊んじゃダメ」っていうぐらいのレベルです。
でも、当時の自分も、生贄を捕まえる役をしていましたから、
それを殺す事も躊躇していませんでした。

多分6月頃だったと思います。
Aちゃんが「儀式に使えそうな良いものを手に入れた」と言って自分にそれを見せました。
最初、イモリやカエルなどよりもランクアップしたネズミだとか蛇かと思っていましたけど、
それを見た時はさすがの私も驚きました。

人間の手です。
それは泥にまみれていて、ほんの少し前までは本体と繋がっていたと思われるほど、
色鮮やかだったと記憶しています。ピンクと白?の肉が切断面の手の皮を押しのけて飛び出ていました。
それは自分がイメージしていた人間の切断された手と違ってたと記憶しています。
どこで手に入れたのかと聞けば、拾ったと答えるだけでした。
Aちゃんはそれを儀式に使うかなりレベルの高い物として、
多分図工かなにかで作った簡単なカギ付きの木箱に保存しました。


27 本当にあった怖い名無し 2008/09/13(土) 19:51:07 ID:lRFuaR980


その日の夜、親が食事の時に、
近所に住むお婆さんが田んぼで作業中に機械に巻き込まれて亡くなったという話をしました。
機械に巻き込まれた際に身体の一部が千切れて、手だけ見つかっていないという話です。
さすがに馬鹿だった自分でも、Aちゃんが持っていた手とおばあさんの手が紐付きました。
が、親にはそれは言えませんでした。

当時、親に近所の廃材置き場で遊ぶことについて酷く怒られていたので、
それでまた怒られるのを避ける為です。

翌日、Aちゃんにその事を話したのですが、
貴重な儀式の材料を取られてはたまらないと、猛反発です。
しまいには、それを奪おうものなら全ての力を振り絞って呪い殺すと脅されたのが印象に残っています。

翌日、Aちゃんが手が無くなったと大騒ぎをしていました。
私が手を取ったのじゃないかと疑い、私の家の中も探して周っていました。
Aちゃんが鍵を閉めた例の木箱は秘密基地の中に置いていたのですが、
木箱には開けた形跡が無く、それはそこから消えてなくなっていました。

その時私は、多分たぬきか犬が取っていったのだろう、とAちゃんに説明したと覚えています。
まぁ、カギ付きの木箱をこじ開けて元に戻す器用なカギ持ち犬などが居ればの話ですが…。
当時、自分の祖父が飼っていた鶏が犬に食われた事件があって、
その鶏は羽だけ残して消えていたので、器用に鶏小屋をこじあける印象があったのです。
29 本当にあった怖い名無し 2008/09/13(土) 19:52:27 ID:lRFuaR980


それから5年後ぐらい絶ちまして、
Aちゃんと自分はもうそれほど一緒に遊ぶことは無くなっていました。
お互いに性別を意識し始めたからでしょうか。ただ好きとかの感情ではなく、
男と女が一緒に遊ぶのは変という理由だったと思います。
自分は遠く離れているクラスメート達の家にいって遊んだりしていました。

その頃、クラスでは心霊だとかこっくりさんだとかオカルトブームとなっていて、
学校の七不思議や、心霊スポットなど、色々と向かっている連中もいました。

連中の一人曰く、ある農家の納屋に、置き去りにされている作業用手袋があり、
その中に中身が入っているという話をしていました。まぁ、バリエーションは幾つかあります。
手袋の中に手が入っているのが見えた人が死ぬとか、不幸になるとか、
ある特定の時間になると手が入っているとか、ただ、この話の成り立ちが
お婆さんが農業用機械に巻き込まれて死んだというのが基点にある事は誰もが知っていました。
つまり、納屋とは死んだお婆さんの家にあるのです。



31 本当にあった怖い名無し 2008/09/13(土) 19:55:10 ID:lRFuaR980


すいません、ここから先の話は自分の記憶がかなり曖昧な部分で、
なんとか思い出しきった部分です。なんでそうなったのかは解りません。
かなり支離滅裂というか、つじつまが合わない部分はご了承ください。

その心霊スポットに向かうという計画にのり、私はクラスのみんなと一緒にそこへ向かいました。
肝がすわった大人じゃありませんから、学校の帰り、まだ明るいうちに行ったと思います。

お婆さんの家の納屋はその時もお爺さんが使っていましたから、
落ちている手袋がいつまでも片付けられないのも不思議な話です(今考えれば)
道路から見えるその納屋の中には、昔からそこにあったかのように、手袋が落ちているのです。
指はこっちむき。なので、背後に回らなければ中身が入っているかは解りません。

で、自分と友達の二人が中身を確めるために、手袋の背後へ。

そこまで記憶はあるのですが、それからは病院に居たという記憶しかありません。
なんでも私が手袋を見に行ったときに、叫びながら道路に飛び出したそうで、
そこで車に引かれたという話です。まぁ足の太ももを12針ぐらい縫う怪我で済みましたけど、
多分、叫んだ内容はこうでしょう。

「中身がある」



32 本当にあった怖い名無し 2008/09/13(土) 19:56:32 ID:lRFuaR980


それから、Aちゃんとこの事を話しました。
もう1年ぐらい口をきいていなかったと思います。
でもAちゃんは昔と同じ様に黙って私の話を聞いていた記憶があります。
Aちゃんは人間関係を細かく意識しない性格で、多分20年ぐらい口を聞かなくても、
20年前と同じ感じで話をしたと思います。

そのAちゃんは黙って話を聞いた後に、
お婆さんの手ならまだ持っていると言い始めました。
見慣れた、懐かしい木箱を取り出してきて、この中にあると言うのです。
見せて欲しいと言いましたが断られました。まぁ当然だと思います。
手が無くなった時に私と私の家族は全員Aちゃんに疑われたのですから…。

すいません、この話はここで終わりです。
私が体験したものをそのまま書いただけなので、オチもありません。
ただ、私にとっては、あの手だけは心の中から退けたい記憶です。
ホラー映画などは頻繁にみますけど、どんなにグロい印象があっても、
その手だけは常に頭の片隅に残っているのです。
おわり


63 本当にあった怖い名無し sage 2008/09/18(木) 00:05:12 ID:WOrxSGKe0
怖くないと思うけど・・・さっき終バスで帰宅したんだけど

結構過疎路線で客は俺以外数人でガラガラ
んであるバス停で止まったんだが誰も降りない
運転手が乗り口開けたってことは誰か乗ってくるのかな?と思ったんだが
5秒?ぐらい間あってすぐドアを閉めバスは発進してしまった
もちろん誰も乗ってないし今のバス停も誰もいなかった
???と思いながら暫くして俺の降りる停留所に到着、ちなみに終点
俺含め全客が降りたが降り口のドア閉まらず、バス内から声が聞こえてきた
運転手「お客さーん、終点ですよー・・・」

一緒に降りた客と目が合い(客は俺たちだけだったよな?という目線を交わしたw)
その人達と共にソッコー走って逃げたw
おわり


77 本当にあった怖い名無し sage 2008/09/18(木) 18:14:10 ID:2+WcHNhY0
あまり怖くないかもだけど、数年前に亡くなった漏れの婆ちゃんの話。

漏れの婆ちゃんは自称「霊感が強い」人だった。
一緒に住んでたのは9歳までで、当時は婆ちゃんの霊体験?の話を恐々聞いていた記憶がある。
漏れの母親は、漏れが7歳の時に他界したんだけど母親の霊ともよく会うって言ってて、子供ながらに母親の霊に会いたいような会いたくないような複雑な心境にさせられてたw

そんな婆ちゃんの得意技が疳の虫祓い。
漏れも何度かやってもらった事あるけど、今思い出してもあれほど不思議な事はなかった。
9歳くらいまでの子供にしか効果がないらしいけども、婆ちゃんが何やら呪文を唱えながら墨で子供の手のひらに文字を書くんだ。
数分後に指先から何匹?も、見えるか見えないかわからないくらいの白くて細長いミミズみたいなのがのたくりながら出てくる。
これが疳の虫、だそうで、指先から出す事で子供の疳の虫が治まるんだそうだ。

当時は指先からこれが出てくるとキャッキャ言いながら叩き落としてたんだけど、今思えば体内から一体何が出てきてたんだろうかとちょっと怖くなるw

ちなみに婆ちゃんの係累には高野山の高僧もいたそうだけど、この辺も何か関係あるのかもしれないな。


753 本当にあった怖い名無し 2008/09/29(月) 04:40:45 ID:TzxnDdDx0
>>77
その手の話を父から聞いたことがある。

それは父の姉が体験したもので、父がまだ生まれる前の話みたいだが
当時3、4歳だった伯母は、なにかと落ち着きがなく、ことあるごとにヒステリーになって暴れ出し、大人たちの世話を焼いていたんだそう。

それに困り果てた祖父母、つまり伯母の両親が、お払いを依頼。
昔は、暴れる子どもに虫がついているという考え方は普通だったみたい。

家族全員が見守る中お払いをしてもらうと、伯母が暴れ出し、大人しくなったかと思ったら、手の指と指との間から虫がたくさん出てくる出てくる。
一緒にいた伯母の兄弟がいうには、納豆のような糸をひいて、たくさんの虫が繋がって出てきたらしい。
まだ幼かった伯母には、黒い煙のようなものがもわんもわんと指からでていったと記憶されているよう。

それ以後は、暴れることもなく普通に生活していたそうだ。
自分も受験期にヒステリックになる度、よく親からお払いしてもらえと言われたっけなw


自分は実際に見たことも体験したこともないが、この体から虫が出る話は結構耳にするね。
そんな頻繁に虫が体に潜むものなんだろうか…
おわり


128 1/2 sage 2008/09/19(金) 20:23:02 ID:SAqecSWyO

駅のホームでベンチに座りふと向かいのホームを見ると、全身を黒い煙りに包まれている人がいました。
胸から上が特に酷く顔などは丸っきりわかりません。
煙は腰あたりからだんだんと薄くなり丈の長いスカートから女性だとわかります。
以前にも煙をまとう人を目撃したことがあり、知人などで私が確認できる限り必ず悪い事が起きています。
しかしこの女性ほどの黒く濃い煙を見たのは初めてでした。
人のまばらな時間帯。向かいのホームはたしか快速待ちで嫌な予感。

129 2/2終 sage 2008/09/19(金) 20:24:23 ID:SAqecSWyO
怖くなり女性から遠ざかろうとした時、向かいの女性はフラフラとその場で大きく揺れはじめました。
それを見て私が女性を人ではない可能性について考えはじめた時でした。
いつの間にか女性の背後に人影が。若いサラリーマンらしき人が揺れに合わせ女性の肩辺りへコソコソと手を動かしている。
痴漢?などと思いましたが何か様子が変。すぐに女性の揺れが小さくなり、表情が確認出来るほどに煙も薄くなりました。
その直後に目的の電車が到着。すっきりしませんでしたが、急いでいたために乗車。
向かいのホームではサラリーマンがまだ何かを女性にしていましたが、すぐに発車したのでそれ以上はわかりませんでした。

二人とも生きている人間だったと思いますが、あの時を思い返す度に二人よりも向かいのホームそのものに対する奇妙な違和感を覚えます。
おわり


134 本当にあった怖い名無し 2008/09/20(土) 01:30:02 ID:/P4AoUtW0

この前山形に旅行に行ったんだけど、めちゃくちゃ怖い出来事に遭遇した。

そこ、木造建築の古い旅館で、従業員全員がしわくちゃな顔してた。
嫁が一度伝統ある場所で一泊したいって言うから、山形の奥の方の小さな旅館で予約したんだけど、
人も全然居ないしガラガラで、こりゃ失敗したなって落ち込んでたよ。
飯は戦国時代のみたいな古いモノで、焼き魚に白米、味噌汁とタクアンとか。
何か時代が止まってるみたいだなって嫁と苦笑してた。
大浴場までほとんど木製、露天風呂は流石に石だった。
よぼよぼの婆さんに布団敷いてもらって、
それからは特に何も無く進んで、寝ちゃった。
夜中の二時ぐらいに目が覚めて、嫁はもう寝ちゃってた。
すごい便意が襲ってきて、こんな時間にこんな旅館で、しかも個室にトイレはついてない。
受付か大浴場の近くにしかトイレは無い。ものすごく行きたくない。
だがいい歳こいて大を漏らす訳にもいくまい。行くしかなかった。
駆け足で階段下りて、静まり返った暗い館内の中でトイレを探した。
大浴場の方が近い、ロビーじゃなくてそっちのトイレを使おう。
何か歩き回ってるだけで心臓バックバクで、早く帰りたい一心だった。
分かるだろ?ガキの時キャンプで一人用足しに行くみたいな感じ。
それと全く同じ感覚。何かに襲われそう、何かに見られてそうみたいな。
それでやっとトイレ見つけて、スリッパ履いてさっさと終わらせようとした。
トイレは全部で三つあって、どのドアも木製で染みだらけだった。
何か異様に怖くて手が震えちゃって、ドアノブがまともに掴めなかった。
一番目のドアに手を掛けたけど何故か鍵が掛かってる。
中には誰も入っていないので多分壊れているんだろう。
二番目のドアはすんなりと開いた。用が足し終わって外に出ようとした。
そしたら誰かがトイレに入ってくる音がしたの。
それだけの筈なのに、何故か俺はその場で硬直した。
それで、そいつが出てくまで便所の中で待とうと思ったんだけど、
いつまで経っても、出て行くどころか個室に入る音さえしない。
不思議になって外を見ようと思った


135 本当にあった怖い名無し 2008/09/20(土) 01:30:50 ID:/P4AoUtW0
ドアを開きかけた瞬間、外でカリカリカリカリカリカリって音がした。
しかも近い。さっきトイレに入ってきた奴が、ドアを爪みたいなもので擦ってやがる。
俺、めちゃめちゃ怖くて動けなくなって、ドアノブ掴んだまま扉をじっと見詰めてた。
カリカリカリカリカリカリカリカリカリ。
しばらくすると、音は収まった。
だが、外に居るそいつの呼吸が確かに聞こえる。
ドンドンドンドンドンドンドンドンドンドン!
ドン!ドン!ドン!ドン!ドン!ドン!ドン!ドン!
強く叩き始めやがったの。普通、誰かが気付く筈なのに。
『フーッフーッフーッフーッ!』
何か人間じゃないみたいな唸り声がした。犬がキレた時の声を人間の声質と合わせたみたいな。
バン!バン!バン!バン!
またドアが鳴らす音が変わった。蹴ってたのか体当たりだったのか…。
もうドアの金具が外れそうだった。
元から古い建物だったから色んな部分が緩んでるんだろう。
俺は死に物狂いで何かないかと探した。平凡なトイレだ。何かある筈が無い。
これはどうにかしないと、殺される気がした。
俺は勇気を出してドアを開ける事にした。
「おい!!舐めた真似してくれたな!今出るぞ!」
どうにか声を絞りだし、ドアノブを手放して、扉を思い切り蹴り飛ばした。
誰も居ない。誰も居ない。誰も居ない。誰も居ない。
俺はそう確認すると腰を抜かし、その場に崩れ落ちた。
落ち着くと、全力でそこから逃げ出した。

めちゃくちゃ怖かった。本当に怖かった。今でも思い出しただけで鳥肌立つ。
何か触れちゃいけないような、よくわからん感じだった。
記憶が怖さで少し曖昧。二週間ぐらい前のものの筈なのにあまり覚えてない。
書き殴りだから分かり難い所もあるかもしれない、すいません。とにかく古い旅館って怖いよね…。
おわり

152 本当にあった怖い名無し sage 2008/09/20(土) 09:41:45 ID:dw/KNwsa0
怖い話。。。俺文まとめんの下手糞だから概要だけ書くかな。
 今から丁度3年前の話だ。
高2の時からネトゲにはまってて、高3の時に所属していたギルドのメンバと
とあるきっかけでオフ会することになったわけ。
 んで4人で集まってそのうちの1人の家で今後の敵対クランへの戦略会議
とかしてて何気に楽しかった。
 そんな中ちょっとメンヘラ気味のみうちゃんって子がいて
自分でみうちゃん霊感あるんよってほざきだしたわけ。
ほっときゃあいいのに「え?みえちゃん、見えちゃうくち?まじでまじで」って
からかう奴がいてみうちゃん大激怒。 けどいま思えばOE運はよかったよなぁ(って関係ないな
 んでからかってる奴がほんまに霊呼べんのかよ?っていう話からこじれて
家の近くに心霊スポットあるからもっかいそこいこーぜって話になったんよ。
もっかいっていうのは、昼間の明るいときに車でそこ通ったから。
 んで実はみうちゃん敵対クランのスパイなんじゃないのかって噂あって
それをはっきりさせようとして今回のオフ会があった感じだからまぁ
からかってる奴は快くおもってなかったのかもしれん。

153 本当にあった怖い名無し sage 2008/09/20(土) 09:47:05 ID:dw/KNwsa0
 んで深夜関西超有名心霊スポットに到着
いかにもでそうって事なんで車から携帯で写メとりまくり
酒はいってるせいで大声だしまくり
クラクション鳴らしまくり
 みうちゃんがもうやめてよーって泣いても止まらん。
さすがにやりすぎだろって俺がいって間もなく地震が・・・
 地震ではなく、車がかなり揺れてたというか揺さぶられてた
さすがに車内全員顔面蒼白。ミラーにはいつのまにか大量の手跡。
 遠くからお経の声。
慌てて車を走らせるとタイヤらへんから女性の断末魔が
んでみうちゃんが、みえもしねーのにタイヤに、毛がからまってるよ。。。
って言い出した。
俺はじめておしっことうんこちびったわけよ。
 運転手の手がめっちゃガクガクしてて寒くも無いのにガクガク震えて
呼吸がおかしいんよ。 逃げ出して5分ぐらいかなほんまに
あっというまに気づいたら獣道走ってて前輪が沼に飲み込まれて運転不能 車内はパニック 俺くつぬいでて裸足だったけど、
一人で逃げ出し近隣の住民に助けてもらった
俺の状態が尋常じゃあない為真夜中にもかかわらず警察の捜索が始まったが
さっきの場所を捜索しても車輪の跡は見つかるがそのさきをたどっても車がみあたらない。
 あれから悪夢に魘される俺は鬱によるダウン症を診断され精神安定剤を処方されてる。

現在は落ち着いてきて安否確認の為家までいっても逆に行方を聞かれるし全員行方不明
 集まるきっかけとなったネトゲは今も新規キャンペーン中
車の行方はだれもしらない
おわり


175 本当にあった怖い名無し sage 2008/09/20(土) 16:00:58 ID:eWbBaBfp0
自分としては死ぬほど洒落にならなかった話。
幽霊とかは出てきませんが。


私の父は不動産屋を経営していたのだけれど、私が小1くらいの頃はピークに
景気が悪かったようで、子供の私の目から見ても父は憔悴しきっていた。

そんなある日の夕方、私が居間でテレビを見ていると、玄関でガタガタッ!!という
音がして、中年の女性のものすごいわめき声が聞こえてきた。

びっくりして玄関に出てみると、包丁をもったおばさんがわめきちらしていて、
父は一生懸命とりなしていた。
「あんたのせいで私はめちゃくちゃになった!!!」
「あんたの家族を皆殺しにして私も死ぬ!!!」
おばさんは本で読んだ山姥のようで、目は血走っていて髪もぐちゃぐちゃで、この世の人じゃない感じだった。

あまりのおばさんの形相に私は泣いてしまい、私に気がついたおばさんは
「お前が娘か!!あんたの親父のせいでわたしは○×△○~~~~(まったく聞き取れない)」
父「あっちいってろ!!!」

私はすぐ居間に逃げて、騒ぎがおさまるのをじっと待った。そのうちわめき声が聞こえなくなって、
もう大丈夫かな…と思い安心した私は、顔を洗おうと洗面所に向かった。


176 本当にあった怖い名無し sage 2008/09/20(土) 16:09:24 ID:eWbBaBfp0
顔を洗ってタオルで顔を拭こうとした時、ふっと人の気配がした。
タオルで顔を拭いて鏡を見ると

おばさんが私の後ろに立っていた。


驚きと恐怖のあまり声も出せず身動きひとつとれなかった私に、

「あんた、よく見るとかわいい顔してるじゃない。でも、いざとなったら
あんたにも死んでもらうからね。」

と呟き、包丁を握り締めていた。

私はあの時のおばさんの顔を、声を、一生忘れないと思います。
おばさんはその後帰っていったが、ほんとしばらくトラウマでした。
どうも父の仕事関係の話で揉めていたようで、おばさんは不動産で大損したらしく、父を殺そうとやってきたらしい。

幽霊よりも、やっぱり人間が怖いです…。
お目汚し失礼しました。

304 175 sage 2008/09/21(日) 23:09:39 ID:uPcfj84BO
レス遅くなってすみません、携帯からですが…

おばさんは普通に玄関から洗面所へ来たようでした。
玄関から洗面所は目と鼻の先で、おばさんは私の顔を確認したくて来たんだと思います。

父はその時何をしていたかというと、おばさんが包丁を持って私の所へ行ったのを普通に見ていました。

多分おばさんが表面上落ち着いていたので、私には何もしないと思ったのでしょう。


ちなみに父は、アル中の叔父と小学生の私を二人っきりにしたりするなど、皆さんの想像の遥か斜め上をいく危機管理能力ゼロの香ばしい人なので、


皆さんから尋ねられるまで、父がその時何をしていたかなんて考えもしませんでした。
関連記事
1/3 2/3 3/3
(0)


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ ⇒
心霊 未確認生物 UMA ミステリーブログ⇒
不思議な話 怖い話の本⇒オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍
<<死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 198_4 | ホーム | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 197_2>>

- コメント -

コメントの投稿


管理者のみ閲覧可


- トラックバック -


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

<<死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 198_4 | ホーム | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 197_2>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。