現在地

スポンサードリンク

カテゴリー・目次

人気記事ランキング

最近記事リスト

逆アクセスランキング

相互リンク

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

RSSフィード

プロフィール

怖い話 不思議な話@2ちゃんねる

Author:怖い話 不思議な話@2ちゃんねる
2ちゃんねるの怖い話、オカルト板まとめサイトです。心霊スポット 心霊写真 超常現象 怖い話 恐怖体験 未確認生物 UMA 都市伝説 オーパーツなど、怖い 不思議&面白いと思った話を厳選して紹介しています。
ただ今相互リンク募集中です。ただし、心霊・不思議・ミステリー系に限らせていただいておりますのでご了承下さいませ。

ブロとも申請フォーム









管理ページ
最新記事 - 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_8 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_7 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_6 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_5 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_4 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_3 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_2 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_1 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?1 (09/01) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_6 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_5 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_4 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_3 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_2 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_1 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_5 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_4 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_3 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_2 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_1 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_5 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_4 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_3 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_2 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_1 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 




<<死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 199_5 | ホーム | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 198_2>>

怖い話 不思議な話@2ちゃんねる オカルト板まとめ

スポンサーサイト


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ

心霊 未確認生物 UMA 都市伝説 ミステリーブログをもっと見る



不思議な話 怖い話の本↓
オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1/3 2/3 3/3


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ ⇒
心霊 未確認生物 UMA ミステリーブログ⇒
不思議な話 怖い話の本⇒オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍
<<死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 199_5 | ホーム | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 198_2>>

怖い話 不思議な話@2ちゃんねる オカルト板まとめ

死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 198_1


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ

心霊 未確認生物 UMA 都市伝説 ミステリーブログをもっと見る



不思議な話 怖い話の本↓
オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍
42 本当にあった怖い名無し 2008/10/03(金) 10:51:50 ID:Sn31HN9QO

小3の時だからもう10年以上前の話。
片田舎に住んでたこともあって、ゲームとかよりも外で遊ぶことの方が多かった。
特に小1から仲の良かった俺、A、B、Cの四人は、リーダー格だったCの家に隣接してる結構深い林でほぼ毎日太陽が沈むまで遊んでた。
何年も遊んでたお陰で、林の構造は熟知してたつもりだった。

ある日、いつものごとく林に入って遊んでいると、急にAが居なくなった。
もしかしたら迷子かな?とよくあることだったので、来た道を戻りながら探した。
五分もしない内にCの家から500mくらいの所でAの横顔を見つけた。
俺「何しよーと?はよ行くばい。」
A「んー、あんさ、こんな所に井戸やらあった?」
Aが指差した所に確かに今まではなかったはずの井戸があった。
蓋が被せてあって、屋根?みたいなものから桶がぶら下がって蓋の上に置いてあった。

A「な?なかったやろ?」
Aの言葉に少し恐怖を覚えたけど、さすがは子供、恐怖はすぐに興味に変わって、蓋を開けてみることにした。
井戸はたぶん直径1mくらい、底が辛うじて見えるからそんなに深くはなかった。

47 本当にあった怖い名無し 2008/10/03(金) 11:03:39 ID:Sn31HN9QO
C「なぁ、懐中電灯もあるし、誰か降りてみらんや?」
Cの提案に賛成して、一番小柄だった俺が降りることになった。
桶の縄にぶら下がって降りていくと、意外と井戸が深いことに気付いた。上から三人が覗いてるのが見えるけど、すごく小さく感じた。
井戸の底には落ち葉がいっぱい貯まっていて、何故かどれも乾燥してなくて真新しかった。

B「なんかあるー?」
手渡された懐中電灯の光で辺りを照らすけど、大したものは見つからなかった。

俺「んー、なんもないよ。」
そう答えようと上を見上げた瞬間、只でさえ暗かった井戸の中が真っ暗になった。
数秒何が起こったか理解できなかったけど、すぐに蓋を閉められたと気付いた。

俺「ふざけんなよ!開けんや!」
下から一生懸命叫んでも一向に開く気配がなかった。加えて運悪く、唯一の光源の懐中電灯の光が明滅し始めた。
泣きそうになりながら叫んでも、蓋は開かなかった。そして遂に、懐中電灯の光が消えて真っ暗になった。
どうすることもできない状況で狭い空間に真っ暗にされて閉じ込められた恐怖は創造に難しい。
頭が変になりそうになりながらも叫び続けた。すると、今まで消えていた懐中電灯がふと光を再び灯した。

50 本当にあった怖い名無し 2008/10/03(金) 11:16:55 ID:Sn31HN9QO
真っ暗だった空間に光がついたことで一気に安堵して、三人が蓋を開けるのをゆっくり待つことにした。静かにしてればきっと三人は開けてくれるだろうと考えた。

壁に背を預けて座ると、目の前の壁が照らされた。さっきは気付かなかったけど、取っ手みたいなものが少し上の方にあった。
縄を少し登って取っ手を引っ張ると、隠し扉?みたいに井戸の壁が開いた。恐怖というより、忍者みたいですげー!という興奮の方が大きかった。

すぐに縄を降りて穴を覗くと、一気に冷や汗が沸いた。
四畳くらいの大きさの穴の壁一面人形、人形、人形。
種類も大きさもバラバラで、全部俺の方を向いていた。

恐怖で動けずに居ると、一番奥に何やら大きなものがあった。少しずつ光を当てて行くと、徐々にそれは姿を現し始めた。
ぼろぼろになったズボンを履いた足、真っ暗な手とシャツ、胸まである髪、そして顔を照らそうとした瞬間、髪の毛をいきなり捕まれて転けた。
心臓が飛び出るかと思うくらい跳ねて、泣き喚いた。
手当たり次第に手足をぶん回すと、何かにうつ伏せに押さえ付けられた。

手から離れた懐中電灯が俺の胸に乗った人形を映したところで、俺の記憶はなくなった。

52 本当にあった怖い名無し 2008/10/03(金) 11:34:21 ID:Sn31HN9QO

次に目を覚ましたのはCの家だった。目を覚まして一番に俺はCを殴った。
俺「バカ!くそ!死ね!」
文句言いながら殴っているとCのお父さんに止められた。
AもBもCも、みんな泣きながら俺に謝ってきた。

事の顛末はこうだ。

俺が降りた後、案の定Cの提案でちょっとの間蓋を閉めることに。
すぐに開けるつもりだったけど、いざ開けようとするとさっきは二人で軽々開いた蓋が持ち上がらない。三人係りでもびくともしない。

何かやってしまったのかと思い、急遽Cがお父さんを呼びに戻った。その間もAとBは俺の叫び声を聞きながら開けようと必死だったけど開かなかった。

Cがお父さんを連れて来た頃には俺の声も消えて、AもBも疲れ果てていた。
開かないなら壊せ、ということで大きなハンマーをC父が持って来ていて、蓋を叩き割った。
底には俺の姿は見えなかった。
急いでC父が下に降りると、壁の穴の中で人形に取り囲まれて、胸に人形を抱き締めた俺が寝ていたらしい。引っ張り上げるのにBのお父さんも加勢に来たと。

そして今俺が目を覚ますまでAもBもCも1日中ついていた。つまり俺は丸1日寝ていた。

C父「ずっとここに住んどるけど、あんな所に井戸やらなかったはずやけど。」
C父が言ったこの一言に恐怖が再び沸いた。


そのあと、井戸は埋められた。
お坊さんも来てたからたぶんなんかあったんだと思う。
一番奥にあったのは誰かの死体だったのかも知れない。
今じゃもう分からない。
今でも井戸と人形には近付けない。マネキンとかでも冷や汗が出る。

長々とつまらない話にお付き合い頂きありがとうございました。


65 本当にあった怖い名無し 2008/10/03(金) 15:56:58 ID:p7XBwl/30
怖いかどうかは判らんが、俺が嫁さんと出合った時の話。

当時、俺は不動産の管理会社に勤めていたんだが、その会社で管理しているマンションに
24時間管理で、いつでも対応可能なマンションがあった。
営業時間外は、警備会社に電話が転送されるシステムの奴なんだが、ある日、その警備会社から電話がかかってきた。
「昨日の深夜にマンションの住人から電話があり、隣の空き部屋に誰かいるので見に来て欲しいと言われてので向かいました。」と
結局は見に行ったが誰もいなかったそうで戻ってきたらしいんだが、とりあえず、その入居者に連絡して欲しいと言われたので、
連絡してみたところ、本人はかなり怯えており、「実は前日にも同じことがあり、今晩見に来て欲しい」とのこと。
内心、めんどくせぇなと思いながらも、その晩その入居者の部屋に行ったんだが、深夜2時くらいだったかな、、、

マンションに来た時に、隣の空き部屋は確認して鍵もしっかり閉めた。にもかかわらず、人が歩き回る音が聞こえる。
しかも、一人じゃなくて、足音からして複数の人間?の足音だった。
2人で壁に耳をつけて聞いていたんだが、俺も怖かったから、部屋を確認にも行きたくなかった。で、動けずにしばらくした頃
足音が消えた。その瞬間、今度は壁を引っかく?掻き毟るような音に、、、、しかもそれが次第に大きくなった。。。

で、ふっとそれが聞こえなくなったと同時に、「どーーーん!!!」って向こうから壁を殴られた。その瞬間、2人で逃げました。
結局、マジで怖かったから、その部屋の確認はできなかったんだが(新人にやらせたが何も無かったらしい。)
後日、同じ会社の人に聞いたら
「その部屋って、クロス張り替えても張り替えても、壁に長方形のお札みたいな跡が浮き出るんよねぇ。」と。。
その他にも、改装中にガラス窓に誰か写ってたとかいう話もあったり、入居してもすぐ出て行く人が多いとか
いろいろないわくつきの部屋だったみたいです。

まぁ、これがきっかけで嫁はもらえたが、「どーーーん!!」の瞬間、心臓止まるかと思った。
おわり


75 1/3 sage 2008/10/03(金) 17:14:07 ID:B+Lbb6SP0
亡くなったウチのばあちゃんに昔聞いた話

ばあちゃんは子供のころ、とても大きな家に住んでいたらしく
大きな蔵も2つほどあったそうな。
1つめの蔵にはガラクタを。
2つめの蔵にはお宝を。
ばあちゃん家ではそうしていたらしい。

でも、なぜかその蔵に「絶対にしまわれない」お宝があったんだって。

ひとつは、甲冑。
実際に戦国時代に使われたとかいう、それはリッパなものだったそう。
座している格好で置いてあったそうだ。

そしてもうひとつが、今の炊飯器ぐらいの大きさの木箱で、
鉄の縁取りがしてあって、
赤茶に錆びた鎖でがんじがらめ。
カギ(南京錠のことだと思う)も2個ついていたとのこと


76 2/3 sage 2008/10/03(金) 17:14:55 ID:B+Lbb6SP0
それらは、とても怖かったというばあちゃんの祖父の部屋に
常に並べて置いてあったそうで
ばあちゃんは、親祖父母から「絶対に触るな」とキツーく言われていた。
そもそもその祖父の部屋っていうのが、母屋じゃなくて離れにあって
常に立ち入り禁止くさいものだったらしい。

んで ある日ばあちゃんが、弟と庭で遊んでたときに
放った鞠が離れの屋根の上に載ってしまったそうな。
鞠が取れなくて困り、離れの中にいた祖父に声をかけたら
つついて落とす棒か何かを探しに行ってくれた。
祖父を待ちながらウロウロしていたら、いつの間にか弟が居ない。
探したところ、離れの祖父の部屋の中で見つけたそうだ。

ところがその弟の様子がおかしい。
あの鎖でがんじがらめの箱を抱えて、しきりになにかフガフガしているんだと。
慌てて駆け寄ると、薄く白目をむきながら鎖に噛み付いて
フガフガ言いながらそれを噛み千切ろうとしていたらしい。
弟の襟元も箱も畳も、よだれでビショビショ



77 3/3 sage 2008/10/03(金) 17:15:48 ID:B+Lbb6SP0
ばあちゃんは必死に弟を正気に戻そうと、ホッペタをひっぱたいたり
揺さぶったりしたようなのだが、弟は全く意に介さず鎖をかみ続ける。
そしてなによりばあちゃんがビックリしたのは、弟が抱えている箱。
中から声が聞こえるんだそうだ

あけてくださいー とか、
あけて、あけてよう とか

悲鳴を上げるとちょうど祖父が走って戻ってきたそうで
なにしてる!と一喝するやいなや 弟から箱をふんだくり
甲冑の隣へドスンと置いて
弟は襟を掴んで水場へひっぱっていき、桶で何倍も水をかぶせたそうだ
続いてばあちゃんも水をかぶせられたらしい

弟はキョトンとしており、自分が何をしていたのか分からない様子で
祖父に「あの箱はなんなのか」と聞いても
知るな、と言われてなしのつぶてだったそうだ
そしてついにその謎を知ることがないまま
ばあちゃんは家を出て駆け落ちしたんだと(笑)

ちなみにその実家の場所は、長野の伊那?イナって場所だそうです
ご当地の方、ご近所にそんな屋敷ありませんか?
おわり


88 苗場1 sage 2008/10/03(金) 22:23:54 ID:lw9t5I2wO
長文で申し訳ない

これは新潟県の苗場にスキーをに行った時の話である。
去年の12月29日、俺と友人の浦田と梶川の三人でスキー場に向かって車を走らせていた。8時間ほど車を走らせて、やっと苗場まで来た。山道を走っていると長いカーブに差し掛かかった
その時である、車が止まった
「エンストか?」
と思ったが、どうやらエンジンは止まってない。タイヤがパンクしたのかと思い、車を降り確認したがパンクもしてなければ溝にはまったということもない
「おかしいな。どうしようかな」
と浦田と梶川に意見を求めた
浦田はとりあえず用を足したいと言いながら、道端の方に歩いていった。残った梶川と話し合った結果、とりあえず車の中で待とう、ということになった

それよりも浦田が戻って来ない。もう20分以上経っている。俺は梶川を残し浦田を捜しに行った。
「おーい!浦田!どこだ?」
その時、遠くの方から微かに返事があった。俺は声のする方へ歩いて行った。すると何か大きな建物みたいなところに浦田はいた。
「つるに絡まって動けないんだよ」
と浦田は言った。携帯の明かり照らすなり俺はその場に座り込んだ。それはつるでは無く無数の人の手だった。俺は浦田の手を引きその場から逃げた
息を荒げる俺をよそめに浦田はキョトンとしている。浦田は人の手に掴まれていたことに気付いてなかった。俺はこの事は言わず車に向かった
その時である。携帯が鳴った。梶川からである



90 苗場2 sage 2008/10/03(金) 22:25:06 ID:lw9t5I2wO
「俺、先行くわ」
「何でだよ!」
「みんな待ってるから」
「は?意味分かんねぇよ!ちょっと待てよ!今、浦田と一緒に行くから」

ツーツーツー

電話が切れた。俺は道路に出て車を捜した。するとスキー場とは逆方向に走る俺たちの車を見た。それを見て私はさらに驚愕した。遠目だが明らかに梶川の他に三人乗っていた

「梶川どこ行ったんだ」
浦田は言った。さらに
「俺も戻るわ」
と言ってまたあの建物に向かって歩きだした。すると一台の車がやってきた。車から運転手が顔を出して言った
「あのー、もしかしてこの人の連れの方ですか?」
助手席に乗っていたのは梶川だった
「来る途中、ガードレールにぶつかってる車があって、中見たら、気絶してたみたいなんで」
私は気を失った梶川を引き取り、俺たちの車まで担いでいった。車に着くと梶川も目を覚ました
「え?ここは?」
梶川は状況を飲み込めないでいた。梶川は俺が浦田を捜しに行った後、眠ってしまったと言う。俺が見たこを二人には話していない。
そして正確には浦田は今、話せない状態にある。あの時梶川のことでいっぱいだったため
『俺も戻るわ』
と言った浦田を引き止める事を忘れていた。建物の入り口の前で倒れていた浦田。そして浦田はそれがきっかけが精神に異常をきたし今でも通院を余儀なくされている。そして浦田の体には無数の手の後が今でも残っている
※後で聞いた話によると、その建物はいわく付きの場所だったらしい。遊び半分で行かないように。後、この場所を通るとたまに幽霊が車に乗り込んでくるらしいので決して話しかけないように…だそうだ
おわり


93 本当にあった怖い名無し sage 2008/10/03(金) 23:24:12 ID:AuivlFsA0
オカルト仲間のMから「廃屋探検に行こう」と電話があった。霊感看護師のYさんも一緒とのこと。
夜勤明けのYさんと病院のロビーで待ち合わせる。
「“見える”人にとってはココもお化け屋敷みたいなもんやけどねー」
Yさんは私の隣を指して、ほら、Sちゃん(私)お婆ちゃんにぶつかりそう、と笑った。
(0感の私には何も見えなかった)
買い物して食事して、メインイベントの廃屋探検に向かう。そこは意外と街なかにあったけど、
まわりをうっそうと茂った雑木林が覆ってるので結構雰囲気あった。
田舎の古い日本家屋な感じの建物で、噂じゃ幽霊もでるとかでないとか。
木の引き戸をこじあけて入ると、雨戸が閉まってるんで昼間でもかな~り薄暗い。ふた部屋抜けた
奥に階段があったので上がってみる。一階はそうでもなかったけど、上の階はゴミ屋敷かってくらい
家財道具が散乱してた。ほこりもひどいし暗いしなので雨戸をちょびっと開けた。
Yさんはなにかピンとくるものがあったのか、床にちらばったガラクタを手にとって品定めし始めた。
私はなにもピンとくるものがなかったんで適当に家捜しした。っても2階はYさんのいる部屋の横に
書斎みたいな小さい部屋があるだけだった。


94 本当にあった怖い名無し sage 2008/10/03(金) 23:24:49 ID:AuivlFsA0
書斎の文机(って言うの?)に古めかしい電気スタンドがあって、紐をひくと明かりついたんで
そこいらに落ちてる手紙ひろって読んで見よう…としたけど昔の崩した字でなにがなにやら。
ちょっと飽きてきて携帯プレイヤーで音楽なんぞ聴いていたら、「やったー!」とYさんの歓声。
なによ何よ?と寄っていったMと私はギョッとなった。
「Yさん…それ骨壷じゃないとですか?」「ちょ、イカンでしょうそれは!」
しかしYさんはニコニコして「これ探しとったんよー」と凄くうれしそう。変、なんか変。いつもと違う。
まさかなんか憑いた?でもまだ時計は昼の2時さしてるしー
ここで自分の行動に違和感。 …あれ、私なんで廃屋の掛け時計なんかみて安心してんの?
もうとっくに停まったままだろうに。
ふと雨戸の外を見てもっかいギョッとなる。日が暮れかけてる。薄闇せまってる。
え?なんで?こんないつのまに何時間も過ぎてんの?1時間もいなかったはず。
「撤退!撤退しよ!Yさんそげなもん置いてこう!」
MがYさんの手から壷をもぎとった。抵抗するかとおもわれたYさんだが、ちょっと残念そうな顔を
しただけで私たちと一緒にきてくれた。点けたままのハズのスタンドはいつの間にか消えてた。
大体こんな廃屋に電気なんてまだ通ってたんだろうか。
「…あ、いけん、雨戸あけたままやった」階段下りたところでYさんがつぶやいた。
ちょっと閉めてくる、といい残してあがっていった。「戸締りしとかんと○○さんにがられる(怒られる)
けんねー」とかいいながら。 ○○、は聞いた事もない名前だった。


95 本当にあった怖い名無し sage 2008/10/03(金) 23:25:24 ID:AuivlFsA0
私とMはじりじりしながらYさんを待った、が、降りてくる気配はいっこうにない。
「ちょっと行ってみてくるわ」しびれを切らしたMが階段を登っていく。私はもう逃げ出したい一心で
出口の引き戸のとこまで後退した。はよ来い。はよ二人とも降りて来い。
だが降りてくるどころか2階からは物音ひとつきこえない。
もう駄目、トンズラこきます、外で待たせてちょうだい、臆病者でゴメン!
引き戸に手をかけ、一気に……あ、あれ?
「えぇ?開かんよ!?」 なして?多少はガタついてたけど入るときはちゃんと開いたのに!
そしてそれが合図だったみたいに、階段からミシリ、と音がした。
みしり、 みしり、 みしり、 ひとりぶんの足音がゆっくり階段をおりてくる。
コイツはYさんでもMでもない、と直感した。なぜだか○○さん、という言葉が頭に浮かんだ。
日が落ちて隙間からも明かりが入らなくなった一階はもうほとんど闇。手元もよくみえない。
その闇の奥のほうから足音がゆっくり、確実にこっちにむかってくる。
半泣きになりながら戸をひっぱる、お願い、開いて、あんなの会いたくない!開けって!たのむから!
だが「それ」は私の背後にすごく嫌な気配をともなって迫り、そして、肩に…

てところで汗びっしょりで目がさめた。あ、あはは、夢かよオイ驚かせやがって。
疲れてんのかなー最近、と朝食かっこんでるとメールがあった。
『廃屋探検のおさそい☆です』 Mから。
…外からながめるくらいなら、行ってもいいかな、と思っている。
おわり


120 本当にあった怖い名無し 2008/10/04(土) 01:48:27 ID:q4HMGYck0
ちょっと書き込んでいいのかどうか躊躇するのだが読んでくれ。

去年の今頃、連れと大阪に行った時の事。(俺は大阪在住ではない)
俺は大阪の梅田地下街を連れと二人で歩いていた。
丁度全面ガラス張りのデパートの入り口の辺り
(たしか公衆電話が数台並んでいたと思う。住んでないので詳しい
場所がわからん。すまん。)
で「何か」を見た。

その「何か」は背丈は160cmくらい、髪を頭頂部から上に向かって縛り上げ、
どてらを着ている。顔は豚の皮を貼り付けたお面のような感じで、
目に当たる部分は穴が開いて中は真っ黒。その中に眼球が見える。
鼻に当たる部分には穴が二つ。口は唇がなくて歯茎と歯がむき出し。
それでペンギンみたいにひょこひょこ歩きながら
ガラス越しにデパートの中を伺っていた。

その後ろには年のころは40-50位の痩せた女性。
日本髪を結っていて黒い着物を着て灰色の帯をしていた。
その女性はさっきの「何か」の着ているどてらの裾をそっちに
行くなといわんばかりに引っ張っていた。
(続く)


121 本当にあった怖い名無し 2008/10/04(土) 01:49:14 ID:q4HMGYck0
(続き)
その得体の知れない「何か」を見るなり、俺は思わず「げっ!」
っと声を上げてしまった。
俺の声に周りを歩いていた2-3人が俺の方を見たので、かなり大きな声を
上げてしまったのだと思う。
が、その俺の見た「何か」をみて驚くのは俺だけで、
誰も気付いていないのか、見慣れていて特に驚くことでもないのか
俺には分らなかった。
ともかく、あまりの異様さに俺は連れに「絶対そっちを見るな!」
といいながら連れの手をひっぱり、その場を離れた。

話はここまでなのだが未だにあれはなんだったのか分らない。
とうの俺ですらあれは夢だったのかと思うのだが、
今でも連れにそのときの話をすると、俺が余りにも驚いていて
顔面蒼白だったことを良く覚えているので事実だったのだと思う。

ちなみに俺はごくたまに見る方だ。
これまでの人生で2-3度ほど見たことがあるのだが、
あれほどはっきり見えたのは今までであれ一度きり。
いつもはぼんやりとしていたり、なんとなく透けていたりするのだが、
あまりにもはっきり見えたので未だにあの「何か」は実際にそこに
存在したものなのか、それともそれ以外のものなのか分らない。
俺が声を上げたとき、「何か」の後ろにいた日本髪の女性が俺の方を
ジッと見ていたことが未だに忘れられない。
誰かこの「何か」を見たやつや知ってるやついないだろうか?
時折思い出すとググったりしているのだが
今のところ情報がないので書き込んでみた。
何かしっているやつ、情報くれ。
関連記事
1/3 2/3 3/3
(0)


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ ⇒
心霊 未確認生物 UMA ミステリーブログ⇒
不思議な話 怖い話の本⇒オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍
<<死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 199_5 | ホーム | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 198_2>>

- コメント -

コメントの投稿


管理者のみ閲覧可


- トラックバック -


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

<<死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 199_5 | ホーム | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 198_2>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。