現在地

スポンサードリンク

カテゴリー・目次

人気記事ランキング

最近記事リスト

逆アクセスランキング

相互リンク

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

RSSフィード

プロフィール

怖い話 不思議な話@2ちゃんねる

Author:怖い話 不思議な話@2ちゃんねる
2ちゃんねるの怖い話、オカルト板まとめサイトです。心霊スポット 心霊写真 超常現象 怖い話 恐怖体験 未確認生物 UMA 都市伝説 オーパーツなど、怖い 不思議&面白いと思った話を厳選して紹介しています。
ただ今相互リンク募集中です。ただし、心霊・不思議・ミステリー系に限らせていただいておりますのでご了承下さいませ。

ブロとも申請フォーム









管理ページ
最新記事 - 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_8 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_7 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_6 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_5 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_4 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_3 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_2 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_1 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?1 (09/01) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_6 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_5 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_4 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_3 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_2 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_1 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_5 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_4 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_3 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_2 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_1 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_5 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_4 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_3 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_2 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_1 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 




<<死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 202_4 | ホーム | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 201_2>>

怖い話 不思議な話@2ちゃんねる オカルト板まとめ

スポンサーサイト


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ

心霊 未確認生物 UMA 都市伝説 ミステリーブログをもっと見る



不思議な話 怖い話の本↓
オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1/3 2/3 3/3


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ ⇒
心霊 未確認生物 UMA ミステリーブログ⇒
不思議な話 怖い話の本⇒オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍
<<死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 202_4 | ホーム | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 201_2>>

怖い話 不思議な話@2ちゃんねる オカルト板まとめ

死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 201_1


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ

心霊 未確認生物 UMA 都市伝説 ミステリーブログをもっと見る



不思議な話 怖い話の本↓
オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍
22 本当にあった怖い名無し sage 2008/11/13(木) 09:40:04 ID:heU5aVFm0
もう十年近く前、家族で車で買い物に出かけた時の話。
国道は片道2車線で日曜ということもあって交通量はそこそこあったが
特に渋滞することもなく快適に時速60キロくらいで右車線を走ってた。
すぐ前には青いトヨタのRAV4がいて、自分はその後ろについてた。
信号を5つほど通り過ぎて、その先の信号が赤になったので速度を落とし止った。
自分の前には青い車を含めて5台くらいいたと思う。
すると止まってすぐに前の青い車がゆっくりとハンドルを右に切って右折車線に入ろうとしたんだ。
「ああ、右に曲がるんだな」と単純に考えて見てたんだが、
いきなりその青い車の前にいた黒いセダン(窓ガラス全面フィルムが貼ってあって中がまったく見えない)が
その青い車より先に右にハンドルを切ったんだ。
しかも右折車線に斜めに突っ込んで止まった。
当然青い車は行く手をさえぎられてその場に止まってしまった。
なんだろうなと不思議に思って見てたら、その黒い車から木刀を持った男たちが飛び出してきて
青い車を取り囲んで車体を足で蹴りだしたんだ。
コレはヤバいかもと思ったところで信号が青に変わったんで慌てて左車線に入ってその場を離れた。

その後青い車がどうなったかわからない。
数日は新聞やニュースを注意してみてたけど、そんなニュースもなかったし。

しかし今でも疑問なのはその青い車にいったいなにがあったのかだ。
ずっと後ろをついてたけど、煽ったり無茶な運転をしてることもなく
ほんとに普通に走ってただけに見えたのに。
ちなみに通り過ぎるときに気づいたんだけど黒い車の前にもう一台同じような車がいて
(多分二台でつるんで走ってたんだと思う)後部窓ガラスににまばゆい金色の紋が貼り付けてあった。


23 本当にあった怖い名無し sage 2008/11/13(木) 11:26:51 ID:aQmt9JBN0
最初はネタかと思ったんだが、実際に体験して信じざるを得なくなった話。

大学時代の先輩が「最近、よく上から物が落ちてくる」と電話してきた。
なんでも先輩の頭目掛けていろんなものが落ちてくることが、この数ヶ月で何度もあったらしい。
鳥のフンやら植木鉢やらボールやら瓦やら、それはもういろんな物が。
ついにはトンネル内で剥離したコンクリート片が走行中の車(屋根の部分)に落ちてきたそうだ。
幸い前後に車がいなくて他人を巻き込むような事故にはならなかったらしいが、修理で20万近く飛んだのだとか。
「偶然でしょう」とは言ったら「偶然にしても頻発しすぎだ!」とキレられた。

しばらくして先輩と会う機会があったので、シャレのつもりで工事用のヘルメットをプレゼントしたらメチャクチャ怒られた。
御詫びに飯をオゴる事にしたのだが、店に行く途中で事故に遭った。
ビルの窓ガラスにぶつかった鳩が死んで、その死骸が俺らの真上に落ちてきたんだ。
死骸そのものは命中しなかったものの、割れたガラスの一部が命中した。
俺は左肩を切って5針縫った(恥ずかしい話だが血を見て気絶した)。先輩は顔に小さな破片を受けたものの軽傷で済んだ。

俺を巻き込んでしまって、さすがにイカンと感じたのか神社で御祓いしてもらったそうな。
それ以来、あまり危険なものは落ちてこなくなったそうだが、車に鳥のフンを落とされることが多くなったんだとか。
原因は分からない。神主さんも「変なものが憑いてるようには思えないけどねぇ」と言ってたし、オカルトに傾倒してる人でもない。
雨の日に出歩いて、上から雷が落ちなければいいのだが。


28 1/2 sage 2008/11/13(木) 14:55:12 ID:gneMRpnKO
流れ読まずに書く
心霊じゃなくてすまん

小さい頃は無茶苦茶なガキだった
というより本当の意味でバカなガキというかね

幼稚園の頃は鉄棒で遊んでて、手を滑らせ拍子に右の目のまぶたを切って血塗れになり(三針縫ったかな)
またある日は姉と一緒に仏間(結構広い)をふざけて全力疾走してて
勢い余って窓ガラスを突き破り庭へ転がったり(ガラス全壊だったわりにはうちらは運よく軽傷で済んだ)、
小学生時代には粗大ゴミで捨てられてた小さいスケボーを腹の下に装備して地面を滑り(スーパーマンとか言って)
その際にローラーに砂利が絡まり、地面にもろ顔を突っ込んで顎の肉を削り取られたり(これまた血塗れ)
傾斜を自転車で周囲の確認もせず飛び出し、車にひかれかけたり、
また高校時代にはとうとう交通事故に巻き込まれ(こっち自転車相手は車、互いの不注意による接触事故だった)
そのわりには自分も自転車も無傷、むしろ相手の車、フロント左側が悲惨なことになっていたり。

29 2/2 sage 2008/11/13(木) 14:57:18 ID:gneMRpnKO
ふつうの人よりかなりバカな怪我ばっかしてるけど
幸い後遺症だとかの傷跡もなくもうすぐ二十歳を迎えます

あと未だに記憶が抜けてるんだけど
小学生のときに大層な怪我をしたらしく左足にギプスはめてた記憶がある
でも原因がさっぱり分からないというか覚えてない
その期間、家族旅行のスキーに行けなくて家でスーファミのドンキーコングやってたのは覚えてる

ここまで実話だけど、過去を省みるとほんと顔に関する怪我で痕が残らなくてよかった
私女だしさ、顔に傷残ってたら洒落にならんよ
ついでに今更ながら、私護られてるのかなと思ってる
先祖様か守護霊様か知らないけど感謝感謝
みんなも怪我には気をつけようね


319 1/2 sage 2008/11/17(月) 22:17:03 ID:V4MCOejy0
33 :毒男 ◆B.DOLL/gBI []:2008/01/24(木) 04:34:13.26 ID:PIsijR1X0 ?2BP(7578)
僕は喫茶店を経営していて、
とあるパートさんを雇ったときに聞いた話です。
そのパートさんは猫が好きで、
何匹も飼っているそうです。
そのパートさんから恐ろしい話を聞きました。

飼っている猫たちが、ときおり何も無い部屋の隅、
天井などを毛を逆立ててじっと見つめることがあったそうです。
猫たちの視線は、何かを目で追うようにいっせいに動く。
猫や犬には人間に見えないモノが見える、と言いますよね。
これだけで充分怖い、絶対何かいると思いました。
そのパートさんは図太いせいか
特に何とも思わなかったそうですが。

ある日、傍らに寝ていた猫が毛を逆立て、
隙間を開けてある障子から突進するように
玄関に出ていったそうです。
そして猫がケンカするときのような声と、
どたばた暴れる音。
「泥棒?不審者?」
とそのときばかりはさすがに不安に思ったパートさんは、
布団の中で身構えたそうです。
そして、
「ギャーーーー」
という猫の悲鳴があり、
静かになったそうです。
パートさんは不安ながらもそれから物音もしなくなったので、
そのまま寝たそうです。(図太い)



320 2/2 sage 2008/11/17(月) 22:17:59 ID:V4MCOejy0
34 :毒男 ◆B.DOLL/gBI []:2008/01/24(木) 04:34:43.61 ID:PIsijR1X0 ?2BP(7578)
翌朝、その猫の様子がおかしい。
後足を引きずり、前足で這うように歩いている。
それで心配して動物病院に連れていったそうです。

レントゲンを撮った医者は・・・
「この猫は、生まれつきこうなのですか?」
パートさんは
「いえ、昨日までは元気に走り回っていたのですが・・・」
医者は怪訝な顔で言ったそうです。

「それはありえませんよ。だってこの猫、腰から下の骨が無いんですよ」

その猫は、今でも元気に生きてるそうです。
前足だけで体を引きずって・・・

いったい、何と出会って、
下半身の骨を丸ごと奪われたのでしょう。
そして、それとも人間が出会っていたら?
と考えると、とても怖い話です。

321 本当にあった怖い名無し 2008/11/17(月) 22:37:01 ID:Wp/CkFQU0

こんばんは。
ふと誰かに話したい衝動に駆られたので
今から私が若いころに経験した奇妙な話を書いていきたいと思います。
文才がない上に長くなると思いますので、
すこし読んで興味が湧かないようでしたら無視してくれて結構です。

小学校のころ、交通事故で妻を亡くした私の父親は、
祖母の家に私を預け、そのまま浮気相手と行方をくらましました。
その時に預けられた祖母の家は都会のはずれにあり、
もともとど田舎に住んでいたものですから、
新しく始まるおしゃれな学校生活に、恥ずかしながら、
胸を躍らせていたものです。
しかし、その時の私は太っていて、ボサボサの髪、
ださい服装、どこかあか抜けない雰囲気、
新しい小学校ではすぐにイジメの的になりました。
そんな私に唯一優しくしてくれたのが、近所の
マンションに住む、エリちゃんでした。
エリちゃんは優しくてかわいくて、そのうえ
頭もよく運動もできたので周りには友達がたくさん、
男子にも人気がありました。エリちゃんは私がイジメられていると、
いつもすっとんで来てくれて、「やめなよ!」とすぐに
私をかばって、いつも守ってくれました。
家が近所だったため、よく一緒に帰ったりもしました。
なぜエリちゃんがこんな私に優しくしてくれるのか、
いつも不思議に思っていました。

322 本当にあった怖い名無し 2008/11/17(月) 22:37:32 ID:Wp/CkFQU0

小学5年生になったころに、エリちゃんと私が公園で二人で
遊んでいると、小汚い中年男性の浮浪者が、ブランコで遊んでいる
私たちに近づいてきました。もう日も暮れてきていたので、
私たちは怖くなり、ブランコをこぐのをやめて降りようとしました。
すると浮浪者はエリちゃんに飛びかかり、茂みに連れて行こうとしました。
「やめて!助けて!●●ちゃん(私の名前)!!」
エリちゃんは泣き叫びながら私に助けを求めました。
私は怖くなって立ちすくみ、できるだけエリちゃんを見ないように
背を向けて一目散で走って逃げました。
後ろからはエリちゃんの声が聞こえましたが、口を塞がれたのか、
しばらくして静かになりました。
家に帰って、なにが起こったかも当時の私にはよくわからないまま、
祖母にそのことを必死で話しましたが、私の言っていることが支離滅裂
だったのか、相手にしてくれませんでした。
公園に行こうかどうか散々迷いましたが、あの浮浪者のことを考えると
また恐ろしくなって、そのまま布団をかぶってその夜は
震えながら寝付けずにいました。

323 本当にあった怖い名無し 2008/11/17(月) 22:37:52 ID:Wp/CkFQU0

そのまま数週間、エリちゃんは学校を休み、
一か月くらい経ったころ、エリちゃんは引っ越しました。
私に会うとあの時のことを思い出してしまうからでしょう。
先生が転校を告げた日に、大急ぎでエリちゃんの住むマンションに
向かいましたが、すでにエリちゃんは引っ越した後でした。

それから中学に進みましたがイジメは続き、
エリちゃんとあの日のことを忘れられずにいた私は、日に日に
人間不信になり、最終的に精神科に通う日々が続きました。

中3の冬、祖母が他界し(祖父は元々他界しています)、
私は叔母の家に引き取られることになりました。
叔母の家は他県にあり、もともと不登校だったので、
私はそのまま引っ越すことになりました。
高校に行ったら、今度こそ楽しい生活を送りたい。
なにより、エリちゃんの記憶を、この脳味噌から忘れ去ることが、
その時の私にとってなによりの願望でした。
その当時、すっかりやせ細った私は、高校3年生だった明るい
いとこの手助けもあり、少しあかぬけ、人とのコミニュケーションも
前ほど苦手ではなくなっていました。
高校の入学式、さっそく隣の席の子に話しかけられ、
クラブもバレー部に入り、以前の私とは比べられない位
明るくなり、エリちゃんのことも徐々に思い出さないようになりました。

324 本当にあった怖い名無し 2008/11/17(月) 22:38:41 ID:Wp/CkFQU0
そのまま私は大学に進学し、デザイン系の会社に勤めるようになりました。
だいぶ仕事にも慣れてきたころに、お得意さんのところに届け物をする
用事がありました。そのお得意さんの住んでいる場所こそが、私が
昔住んでいた、あの町だったのです。
駅から地図を持って歩いていると、ああ、この街も変わったなあと
ひしひし感じていました。都会化が進み、街並みも大きく変わっていました。
新しい高層マンションの前で足を止めました。ここがお得意さんの住んでいる
ところでした。ふと、昔の思い出がよぎりました。
私はそれを無理やりかき消し、エレベーターに乗りました。
11階くらいだったのですが、在宅でなく、ポストに入れておきました。

そのままエレベーターに乗って降りようとすると、途中で少女が
乗ってきました。エレベーターの中には2人きり。
何か声がすると思ったら、少女が泣いているのです。
顔を覗き込もうとすると、バチ、と目が合ってしまいました。

おかしな感覚でした。以前にこの女の子とは会ったことがある。
でも思い出せない。時間がゆっくり流れていく。
その間もじっと私を見つめていた少女は、口を開きました。

「私、エリちゃんのこと忘れない。あなたも、友達を大切にしてね」

あっけにとられている私を少女は二度と見ることはなく、
開いたエレベーターの先に駆けていき、角を曲がって消えていきました。

あれは私だったのでしょうか?
彼女は小学生のように見えましたが、当時の私はもっと太っていて
あか抜けない服装だったはず。謎は多いですが…
確かめる術もありません。

長文を読んでくださってありがとうございました。
関連記事
1/3 2/3 3/3
(0)


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ ⇒
心霊 未確認生物 UMA ミステリーブログ⇒
不思議な話 怖い話の本⇒オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍
<<死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 202_4 | ホーム | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 201_2>>

- コメント -

コメントの投稿


管理者のみ閲覧可


- トラックバック -


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

<<死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 202_4 | ホーム | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 201_2>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。