現在地

スポンサードリンク

カテゴリー・目次

人気記事ランキング

最近記事リスト

逆アクセスランキング

相互リンク

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

RSSフィード

プロフィール

怖い話 不思議な話@2ちゃんねる

Author:怖い話 不思議な話@2ちゃんねる
2ちゃんねるの怖い話、オカルト板まとめサイトです。心霊スポット 心霊写真 超常現象 怖い話 恐怖体験 未確認生物 UMA 都市伝説 オーパーツなど、怖い 不思議&面白いと思った話を厳選して紹介しています。
ただ今相互リンク募集中です。ただし、心霊・不思議・ミステリー系に限らせていただいておりますのでご了承下さいませ。

ブロとも申請フォーム









管理ページ
最新記事 - 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_8 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_7 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_6 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_5 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_4 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_3 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_2 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_1 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?1 (09/01) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_6 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_5 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_4 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_3 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_2 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_1 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_5 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_4 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_3 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_2 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_1 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_5 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_4 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_3 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_2 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_1 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 




<<死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 206_4 | ホーム | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 206_6>>

怖い話 不思議な話@2ちゃんねる オカルト板まとめ

スポンサーサイト


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ

心霊 未確認生物 UMA 都市伝説 ミステリーブログをもっと見る



不思議な話 怖い話の本↓
オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1/3 2/3 3/3


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ ⇒
心霊 未確認生物 UMA ミステリーブログ⇒
不思議な話 怖い話の本⇒オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍
<<死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 206_4 | ホーム | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 206_6>>

怖い話 不思議な話@2ちゃんねる オカルト板まとめ

死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 206_5


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ

心霊 未確認生物 UMA 都市伝説 ミステリーブログをもっと見る



不思議な話 怖い話の本↓
オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍
602 本当にあった怖い名無し New! 2009/02/08(日) 14:01:45 ID:CWISNAIB0
ちょっと長いですが記憶が鈍る前に中学高校と世話になった一個上の先輩の話をしようと思います。
怖くなかったらすいません。
住んでたところはかなり田舎で、オカルトだの何だのの趣味は何だか人に言えなかったのですが、
ひょんなことで同志であると発覚、よくつるむようになった人です。
先輩が中三の初夏のこと。

603 本当にあった怖い名無し New! 2009/02/08(日) 14:02:30 ID:CWISNAIB0
「お前、今日暇だら?」
と、藪から棒に聞かれた。
今日は金曜で、明日は珍しく部活がない。つまり、寝坊が出来るということ。
「暇ですよ」
短く答えると、先輩は嬉しそうに笑った。
「ほいじゃあ八時にお前んちに迎え行くで」
「どっか行くんですか?」
「首吊りあったとこ。アナゴつかみ取りの。行きたいら?」
補足で言っておくと、住んでた土地には静かに死にたいよそ者が
たまに自殺に来てた。
勿論行ってみたかったから二つ返事でうなずいて、うちに帰るなり親を説得。
星を見に行くと嘘をついたら案外すんなり許してくれた。
月の明るい日だったから、星なんてあんまり見えなかったかもしれないけど。

604 本当にあった怖い名無し New! 2009/02/08(日) 14:03:00 ID:CWISNAIB0
懐中電灯で先輩の来るほうを照らしていたら、ぐらぐらした光が坂を上ってきた。
懐中電灯をかごに入れてきたらしい。ライトくらい付けりゃいいのに。
何か言う前に懐中電灯と竹刀を手渡され、たいした挨拶もなくニケツで走り出した。
切れた電灯が並ぶ道をたらたら走っていくと、一時間弱で到着。
コンビニも閉まる時間だったから、歩いてる人には会わなかった。
舗装された道路にチャリを置いて、山ん中に踏み込んだ。
木がたくさんあって(山ん中だから当たり前だけど)どの木で吊ったかなんて解らないはずなのに、
先輩は竹刀で草をなぎ払いながらどんどん進んでいく。
横顔を盗み見ると、忙しなく周囲を見回して何か探しているようだった。
風のせいか、木が軋んでいる。奥に踏み入るたびにその音が大きくなる気がして怖かった。
ふと、一本の大きな木が目に留まった。
別に開けた場所に出たわけじゃないし、似たような丈夫そうな木はたくさんあったけど、
何故だかそれは目立っていた。
「あれだ」

605 本当にあった怖い名無し New! 2009/02/08(日) 14:03:46 ID:CWISNAIB0
先輩は懐中電灯の明かりをその木に向けた。
強い風が吹いていて、山全体がごうごう唸っていた。
どうして先輩の言葉をすんなり信じたのかはわからない。
ただ薄気味悪いだけの木にしか見えなくて、ちょっと拍子抜けした。
「何か、やっぱり気味悪いですねえ?」
「気味悪い? それだけ?」
大袈裟な声にびっくりして先輩を見ると、楽しげに木を見ていた。
こっちのことなんて、ちらりとも見なかった。
何か尋ねようと口を開くが、先輩はさらさらと続ける。
「お前、見えん? はは、残念だやあ。ほら、そこにおるじゃん。すげえこっち見とるし。
ひひひ、悔しかったらこっち来てみろよ。おら、」
後半は何か別のものに話しかけてた。
自分だけ元の世界に置いてかれているのが恐ろしくて、必死に木のあたりに目を凝らした。
懐中電灯の明かりが揺れるだけで何も見えない。
木がごうごうと、ぎしぎしと鳴っている。
先輩はひたすらに何かと会話している。
不意に、先輩が「こっち」へ戻ってきた。
「鈍いね、お前。見えんくても聞こえとるだら?」
示し合わせたように風がやんだ。

606 本当にあった怖い名無し New! 2009/02/08(日) 14:04:23 ID:CWISNAIB0
はじめは揺れの名残で軋んでるんだと思った。
でも、大きな「ごうごう」が遠ざかって、やっと気づく。
目の前の大きな木が軋んでいる。
木が軋んでるだけじゃない、何か、なんかが軋んでる。
「ほれみん。おるだらあ」
得意げな声も耳に入らなかった。
意識を集中させると、木に何か当たる音も聞こえる。
何かいた。
「何ですか、あれ」
「幽霊?」
幽霊なんて言うと途端にきな臭くなった。
でも、そこにいる。
見えないから危機感が薄かったのかもしれない。
逃げる気はまだ起きなかった。そのときは。
「幽霊、何やってんですか?」
間抜けな質問だったと思う。
「うん? こっち来ようとしとるよ。縄切りそうな勢い」
ぷつんと頭の中で何かが切れて、先輩の腕を掴んで走り出した。

607 本当にあった怖い名無し New! 2009/02/08(日) 14:05:12 ID:CWISNAIB0
あっちゃこっちゃ引っかき傷を作りながら道路に出た。
先輩の手から懐中電灯をもぎ取り、散々急かしてやっと帰り道を走り出した。
「やばいんなら言ってくださいよ!」
「やばくないよ。多分」
多分。
「俺の自論ではさ」
立ち漕ぎしながら、先輩は言った。
「首吊り死体はこっち来んじゃんね」
首輪でつながれた犬、なんちゃって。だと。

中途半端で申し訳ない(方言、話、どちらも)。
文章下手ですが懲りずにまたなんか話しに来るかもしれないです。
ところで、実際首吊り死体ってどうなんでしょう?


617 本当にあった怖い名無し sage New! 2009/02/08(日) 15:26:33 ID:y7hdHHDV0
数年前から、階段がうまく上れなくなった。
だいたい十段上ったあたりで、必ず右足が躓いてしまう。
左じゃなくて右だけ。下りじゃなくて上りでだけ。
次の段に右足をつける寸前、突然足が強張って硬直してしまい、
そうするとガクッってなって、バランス崩して前のめりになる。
そういう時は手すりと掴むか、2,3段先に無理やり着地することになる。
だから階段上るときは、ゆっくり一段一段確認しながらじゃないと上れない。
早足できないから、急いでるときは足元確認しつつの一段抜かしで上ってるのね。
多分原因は、私は背骨や骨盤曲がっていて、その上足首の力が弱い?らしいので
(足の裏つけたまましゃがめない)そういう身体的なものなんじゃないかと思ってた。
この症状には地味に困ってたんですよ。
転倒したことはないんだけど、ラッシュ時とか超邪魔になるんでw


618 本当にあった怖い名無し sage New! 2009/02/08(日) 15:27:16 ID:y7hdHHDV0
なので先日夕方、職場近くの歩道橋を通る際、階段上る練習をしようと思ったわけ。
ちょうど通行人が誰もいなかったんで、ガクッてなっても誰にも迷惑かけなさそうだし。
下を向かず階段の一番上を見たまま、普通の人の早足程度の速度で足を動かし階段を上っていく。
こうすれば十段目くらいでガクッて躓くなるのが常なのに、その時は違った。
おおよそ十五段目まで、スムーズに上れてしまった。
この歩道橋は全部で三十三段。このまま全部いけるんじゃ、とwktkしてたんだけど
だいたい十八段目くらいで突然、ぐにょ、って不可解な感触がした。
驚いて足元を見る。何か落ちたもの踏んだか、まさか犬のフンを…。
でも何の変哲もないコンクリートの階段があるだけだった。それだけ。他は何もない。
「?」となりつつも、勢いがついてたからそのまま左足が十九段目に乗ってしまう。
ぐにゃ。やっぱり変な感触。
十八段目とは違うのは、やや盛り上がりがあるところ。なんだろ、潰れたアルミ缶を
踏んでるみたいな感じ?右端から左端まで足で確かめたところ、階段は不均一でところどころ節ばってた。
前にコタツで寝てた兄の手をうっかり踏んづけたことがあるんだけどw今思い返せば、それに近かったかも。
手だったのか?兄のよりもう少し柔らかくて、ぐにょぐにょしてたけど。……腐っていた?
とはいえ見た目は普通のまっ平らな階段。足の感触と見た目が余りにも違って、軽く混乱中。
手で触って確かめようかと、一旦十七段目に降りたところで、
後ろから人の気配がした。巻き髪でハイヒールの派手なお姉さんがカツカツ音を立てて上ってきてた。


619 本当にあった怖い名無し sage New! 2009/02/08(日) 15:27:52 ID:y7hdHHDV0
何もない階段の途中でうだうだやってるなんて、傍から見たら怪しい人じゃん。
急に恥ずかしくなって、もういいやこのまま頂上まで上っちゃおうと、再び十八段目に足をかけたのね。
したらいきなりポケット入れてた携帯からストラップが取れて、階段の下に落ちていった。
友人からもらったご当地キティのストラップが、下から三段目くらいに転がってる。
慌てて取りに行ったよ。途中で女の人とすれ違った。こっちのことは気にせず上っていった。
で、キティちゃん救出。紐部分が切れてた。ずっと使ってたからなー直るかなーと眺めてると
女の人の足音がしないのに気付いた。さっきヒール音すっごい響いてたのに。
振り返ると、歩道橋上のどこにも女の人の姿が見えなかった。
その歩道橋は階段が4つあるタイプじゃなくて、道路の両端に一つずつしかないやつ。
この短時間に階段上って、向こう側渡って、階段下りたとは考えられない。
上でしゃがんでいるか、倒れているのかも?どきどきしながら階段を上った。
急いでたのでいつものようにガクッと躓いたけど、手すり掴んで上った。
十八段目に差し掛かる。今度は変な感触がしない。十九段目も同様。
手でも触ってみたけど、ごくごく普通の硬いコンクリートの感触しかしなかった。


620 本当にあった怖い名無し sage New! 2009/02/08(日) 15:28:43 ID:y7hdHHDV0
結局、女の人は一番上にもいなかった。どこにもいなかった。
確かに自分の横を通り過ぎて、階段を上っていったのに。
通り過ぎる時、きつい香水の香りがしたのも覚えてる。見間違いじゃない。
でもヒールの音は……覚えてる限り二十回くらいで途絶えてるんだ。三十回は鳴ってない。
あの女の人はどこを上って行ったんだろう?
そしてあの十八段目の感触は何だったんだろう?

あのまま変な感触の十八段目以降をするする上ってったら、どうなってたんだろう?
そう考えると怖いんだよね。
階段で躓く症状は、もしかしたら誰かが躓かせてくれてるのかもしれない。
私がうっかり変なとこ上らないように。ちゃんと正しいところに足を下ろすように。
そういえば私は逆子で、右足から生まれたらしい。(結局帝王切開したけど)
ストラップくれた友人には感謝している。来週、また友人の墓参りに行く予定。花奮発してきます。
また変な感触したらどうしようと考えると、最近階段恐怖症になってきた。
しかも最近、更に左足でも躓くようになってきたんだよね……。


階段上るときには気をつけて、よく確認しつつ上るようにしている。
本当にここは上っていいところなのか、って。


637 本当にあった怖い名無し New! 2009/02/08(日) 18:41:40 ID:4zGUOZpH0
「ババアの踏切」ってのがあって、昔そこで電車にはねられて死んだ婆さんの幽霊が出るとか。
高校時代の友人がその踏切のすぐ近くに住んでいて、地元ではやたら有名なオバケ踏切らしい。

その婆さんの幽霊なんだけど・・・
電車が通り過ぎて遮断機が上がる時、立っていた婆さんが遮断機とともに上がって行くという、一見聞いただけでは「ギャグか!?」とも取れる話。実際俺もその話を聞いた時は、その婆さんの姿を想像して爆笑してしまった。

だいたい何で遮断機とともに婆さんまで上がって行く必要があるんだ?
上がっていった婆さんは何処に行ってしまうんだ?

その友人の話では、上がって行った婆さんは、遮断機が上がりきると同時に消えてしまうらしいとのことだが・・・

そんな笑い話か幽霊話がわからない変な踏切で、洒落にならないのはここからなんだけど、実はその婆さんを見てしまうと、運が悪いと憑かれる場合があるらしくて、憑かれた人は何らかの不幸に見舞われるらしい。
最近では近所に越してきた若夫婦の奥さんの方が夜にそこで婆さんの幽霊を見てしまい、気がおかしくなって入院してしまったとか。その後旦那の浮気が発覚して離婚してしまったんだと。
近所でも昔に何人か憑かれた人が居るらしく、それが原因で亡くなった人も居るとか。
お払いをして取り払っても、婆さんの幽霊はまた踏切に戻って留まり続ける。
そもそも踏切自体をお払いしても、婆さんが強いのかお払いの仕方がダメなのか、一向に居なくなってくれないらしい。

そんなこんなで、地元では夜になるとその踏切には誰も近寄らないんだと。
友人も夜になるとその踏切が使えないんで、えらい不便がっていた。

東京近郊の某私鉄線の小さな踏切。


716 本当にあった怖い名無し sage New! 2009/02/09(月) 08:27:51 ID:kaOHhJ0F0
人には怖く無いかもだけど自分は当時すごく怖かった実話。

当時勤めてた会社は忙しくて、9時に出社しても帰宅は22時とかザラだった。
会社がアパートを借り上げて寮にしてて、はじっこの一部屋に住んでたのだが
会社からは電車で1時間かかるうえ駅から遠いし、正直通勤だけでクタクタだった。

その日も夜遅く帰ってきて、ついコタツでうとうとしてしまっていたら
突然チャイムがピンポーンと鳴り、寝ぼけながら、はいはーいとドアを開けてしまった。

そこにはうつむいて、胸くらいまでの長さの黒髪の、Tシャツ短パンの女性が立っていた。
サンダルを履いてた気がする。顔は髪に隠れて見えなかった。映画で言うと貞子みたいな感じ。
つい「ど、どうしたんですか?」と言ったら「大丈夫ですぅ~」と返事が来た。
ここで急速に目が覚めて、急いでドアを閉めようとしたが、相手がドアに手をかけて
ドアのふちを手がカサカサ動き回りながら、力比べになった。

必死だったんで、この間何か言い合ったかどうかよく覚えてない。
指をむりやりはがして、なんとかドアをしめて、鍵をかけて一息つくと、
即始まるはげしいドア叩きとピンポン連打。
恐ろしさに震えながら部屋に駆け戻ってガクブルしてたが、しばらくして
よその部屋にピンポンしたりする音が聞こえて、だんだん静かになっていった。
だいたい夜中の2時くらいだったと思う。
朝になってこわごわ外をみたけど、いつもどおりだった。

その後2~3年寮に住んでいたが、あの女の人がまた来ることは無かったし、
近所に病院があったのと関係あるかなと今ではなんとなく思ってる。

728 本当にあった怖い名無し New! 2009/02/09(月) 17:52:31 ID:BDikB0ZB0
20歳位の頃厨房が3人くらいで一人を虐めてたから怒った
次の日に同じ場所にその厨房が居た
一度路地に三人が入って少ししたらデカビタって瓶のジュースで火炎瓶を作って投げてきた
近くに落ちたが勢いが足りなかったのか割れなかった
消して匂いを嗅いだらマジでガソリンだった
もし割れていたらと思うとゾッとする
しかも人間に向かって火炎瓶を平気で投げる厨房の神経を疑った


753 シュウ sage New! 2009/02/10(火) 00:26:32 ID:/smSeG5W0
自分では洒落にならないくらい怖いことがあったので投下させてください。
もしかしたら怖くないかも・・・

あれはほんの五日ほど前だったでしょうか、
一人で本当にあった呪いのビデオを観ていました。
観たら呪われるみたいな動画がムービーに2本ありまして、
その呪われる2本どちらも観たことがある。と記憶していた
のですが思い出せませんでした。
呪われるという動画観ていると突然悪寒がしてきました。
暗闇のどこかで何かが[いる]ような不思議な感覚、そして
魂が直接何者かに見られているという感覚。
鏡が右手上方にあるが見たくない、パソコンを枕元に置いて
うつぶせで寝ながら観てるのであるが、テレビの下に移る何かも見たくない。
呪われるビデオを見終わり、さっさとその日は寝て忘れることに。

次の日、何事もなく太陽は誰にも等しく昇り沈んでいった。
日が暮れ、俺は前日に起こったことなど全て忘れて眠りについていた。
……最初に見た夢は、ありきたりな夢。場所は学校だった。
黒い影がふと現れ、一度捕まると一週間以内に危ないことが
起こると告げられ、二度目に捕まると影が嘲笑気味に笑いながら何かを囁く。
一度捕まった、二度目は何とか逃げ切れそうなとこまできた…
というところで目が覚め暗闇の中、自分の部屋にいた。
(一度目を開け確認して目を閉じた、でもこれも夢の中…)

部屋には、多少の明かりもなかったように思う。でも囁く声が聞こえる、誰だ?
今思うと自分の声のようだった。その声は『パソコンを見るな』としきりに呟いている。
途端に頭の上、パソコンがある方から電源がついてブゥ~ン
という音が聞こえディスプレーも付いたように目の上方が明るくなる。
見たい、見たい、見たい…。見てしまったのかもしれないがその後の夢はもう覚えていない。
あまりの恐怖で今度こそ本当に目が覚めたようだ。

続く


754 シュウ sage New! 2009/02/10(火) 00:34:34 ID:/smSeG5W0
続き【呪い】

寒い…とてつもなく寒い。凍えそうだ、でも動けない。
意識を集中しろ、暖かさを感じるんだ、ここは自分の 部屋の布団の中だ。
心でそう呟いていると一瞬だけ暖かくなった。 でも暖かくなってすぐ、寒くなる。
意識を更に集中させて一体何が起こってるのか感覚を研ぎ澄ませる。
うぅっ…どこからか視線を感じる、 こで呪われるというビデオ観た時の感覚と酷似していることに気付いた。
動こうと思ったけど動けない、動いたら何かが起こると直感していた。
ヤバいヤバい、これはヤバい!完全に呪われてる。でも何だっけ、
確かこういう時の為に覚えた言葉があったはずだ、何だっけ!何だっけ!!
俺はひたすらその何かを思いだそうとしている。
冬も終わりに近付いて布団の中は暖かいはずなのに身体はとても冷たい
…いや、魂自体が冷えているという方が正しいのかもしれない。
やっと思い出した一つの呪文(お経?)、密教のお経か何かだったはずだけど、
オカルトにどっぷり浸かっていた高校2年の時に黒魔術・白魔術やらに手をだし、
もしも呪われた時の為にと覚えておいた呪文だった。
七年経った今でも死ぬ気になれば思い出せるようだ。呪詛返しの呪文だったかな、
それを何度か口ずさんだ。もう、それだけが頼りだった。
するとようやく身体に暖かさが戻ってきて何者かの視線からも解放された。

単なる気のせいなのか…はたまた呪いのビデオが本物だったのか。
呪いだと思う理由がいくつかある、怖いビデオを観た恐怖から怖い夢を見たのなら
なぜ当日の夜見なかったのか、忘れてしまっていたのにその夢は納得できない。
それと、恐怖のあまりに目が覚めたのも理由の一つ。 これまでの人生で他には
一度しか経験したことがない、夢で事故したときの悪夢だけだった。その事故の夢は
正夢だったけど正夢にはならなかった。どう表現しらたいいか…
希望があればその話も書き込みます。
しかし、もし呪詛返しの呪文で返せたなら呪詛はどこにいったのか…
俺には知る由もないが…何か咳が止まらないのと咳の度に肺の下あたりが痛むが
気のせいだということにしておこう。

長文・駄文で失礼しました。以上が今回の体験です。


764 1/3 sage New! 2009/02/10(火) 04:14:46 ID:4oY6sBVW0
突然ですが失礼します。

さっき、PC見てて、ふと疲れて、PCの電源切らずにベッドにもぐったんですよ。
ちなみに、PCはベッドで横になっても触れるようにセッティングしてあんのね。
で、なんとなく目を閉じて、まぁ、部屋くらいんですが。

はっと気付いたら、体うごかねぇ。

え?
これって金縛りって奴か!?
わ!!冗談じゃねぇ!マジ金縛りだし!!


もう。
この部屋、ろくなことがありません。

去年もなんかラップ音酷い時会ったしなぁ。




765 2/3 sage New! 2009/02/10(火) 04:15:55 ID:4oY6sBVW0
本気で体が動かないけど、目だけは動いた。
手も足も、首も。
本気で身じろぎ一つ、声一つ上げられない。

でも内心は、あぁ。金縛りか。
なんて、また夢の中へ行こうとしたんですが。
(体質的にこれが心霊関係じゃないことだけは解った)

次の瞬間、天井に体がぐわっと引き寄せられる感覚がして、そのまま荒波にもまれるようにぐるぐると回転してる感じに…。

慌てて目ぇ開いたら、自分見えるし!!!

うほ!
幽体離脱!!!!www

喜んでる場合じゃありません。
もし本気で体と幽体が繋がってる糸が切れたら洒落にならん。
っていうか、幽 体 離 脱 初 ☆ 体 験!!

楽しいwww

で、体がまたぐんっと下に引っ張られて、目を開けると見慣れた天井。

どうやら無事戻れたらしい。
でもまだ金縛りの最中。
めんどくさいなぁ…と思ってたら、ふと、さっきまで左腕で頭支えながらPC見てたもんで、左手が痺れていることに気付いた。

おかしなことに、痺れてた部分だけ動く。
そう気付いた時、右足がベッドのフレームに触れたことに気付いた。

その瞬間、一気に金縛りがとけた。


766 3/3 sage New! 2009/02/10(火) 04:17:14 ID:4oY6sBVW0
正直に、この金縛りは疲れてるときにでるやつだとおもう。
なんか、足にベッドのフレームが触れてからだが動いた時、ほら、なんつーの。
プロレスんときのロープ掴んで仕切りなおしするルール。
アレかと思ったww

体が自由に動くようになって、安堵の溜息。
結構長い間金縛り&幽体離脱してたきがする。

そう思って、PCを見たら、ちょうどスクリーンセイバーが動き出した。

俺のPCのスクリーンセイバーは15分で動くように設定してある。
つまり、俺がPCを触り疲れてベッドにもぐった瞬間から、今の今まで、たったの15分の間の出来事だったことになる。
しかも、ベッドにもぐってから金縛りが始まるまで、しばらくうだうだしてた。

体感は30分くらい。
でも、実際は10分もそうなってなかったってことだ。

いやー。
実に面白い体験が出来た。

二度としたくないけど。

今は楽観的に見れるけど、金縛ってる最中とか、幽体離脱中はちょっと洒落にならんかったww
関連記事
1/3 2/3 3/3
(0)


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ ⇒
心霊 未確認生物 UMA ミステリーブログ⇒
不思議な話 怖い話の本⇒オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍
<<死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 206_4 | ホーム | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 206_6>>

- コメント -

コメントの投稿


管理者のみ閲覧可


- トラックバック -


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

<<死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 206_4 | ホーム | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 206_6>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。