現在地

スポンサードリンク

カテゴリー・目次

人気記事ランキング

最近記事リスト

逆アクセスランキング

相互リンク

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

RSSフィード

プロフィール

怖い話 不思議な話@2ちゃんねる

Author:怖い話 不思議な話@2ちゃんねる
2ちゃんねるの怖い話、オカルト板まとめサイトです。心霊スポット 心霊写真 超常現象 怖い話 恐怖体験 未確認生物 UMA 都市伝説 オーパーツなど、怖い 不思議&面白いと思った話を厳選して紹介しています。
ただ今相互リンク募集中です。ただし、心霊・不思議・ミステリー系に限らせていただいておりますのでご了承下さいませ。

ブロとも申請フォーム









管理ページ
最新記事 - 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_8 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_7 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_6 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_5 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_4 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_3 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_2 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_1 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?1 (09/01) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_6 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_5 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_4 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_3 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_2 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_1 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_5 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_4 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_3 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_2 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_1 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_5 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_4 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_3 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_2 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_1 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 




<<死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 207_4 | ホーム | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 206_1>>

怖い話 不思議な話@2ちゃんねる オカルト板まとめ

スポンサーサイト


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ

心霊 未確認生物 UMA 都市伝説 ミステリーブログをもっと見る



不思議な話 怖い話の本↓
オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1/3 2/3 3/3


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ ⇒
心霊 未確認生物 UMA ミステリーブログ⇒
不思議な話 怖い話の本⇒オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍
<<死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 207_4 | ホーム | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 206_1>>

怖い話 不思議な話@2ちゃんねる オカルト板まとめ

死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 207_5


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ

心霊 未確認生物 UMA 都市伝説 ミステリーブログをもっと見る



不思議な話 怖い話の本↓
オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍
827 本当にあった怖い名無し sage New! 2009/02/24(火) 10:52:56 ID:ZdST33C40
俺は子供んとき結構な田舎に住んでたんだが、
そこに毎年、夏休みだけ遊びに来るヤツがいた。
東京に住んでて、夏休みだけ長期でじいちゃんの家に預けられてたらしい。
田舎で子供もあんまりいなかったから、
俺とそいつ(H)と、もう一人同年代だったSちゃんって女の子と、
3人でよく海で泳いだり、チャリで遠くまで行ったりして遊んでた。

あの頃、昼間みのもんたの番組で、
本当にあった怖い話って特集やってたの、覚えてる?
おも●っきりテレビの特番で、夏休みだけやってたんだ。
アレ見て何となく、俺らも肝試ししよーぜって話になって、
俺が「今から神社に葉書を一枚置いてきて、夜中にみんなで取ってこよーぜ!」
みたいなことを言って、みんなで葉書を置きに行った。

その日、確か地域の集会みたいのがあって、
大人はみんなそれに行って夜中までいなくて、
家から出ようと思えば出られる感じだった。
それで夜中にみんなでこっそり家を出てきて、置いた葉書を取りに神社へ行った。

Hは怖がっているのが見え見えで、
俺は実はSちゃんのことが好きだったから、
怖がらないでいいとこ見せようなんて張り切って、
ずんずん神社の中へ入ってった。
神社の賽銭箱の上においといた葉書は、まだそこにあって、
俺がそれを持ち上げたら・・・・・・
葉書が真っ赤に塗りつぶされてたんだ。


828 本当にあった怖い名無し sage New! 2009/02/24(火) 10:53:19 ID:ZdST33C40
俺らは悲鳴を上げて神社の外まで猛ダッシュした。
とにかく怖くて、早く家に帰りたかった。
境内まで走り出て振り返ったら、
Sちゃんが付いてきていなかった。
Sちゃんはまだ賽銭箱の前にいて、
変な風に体を折り曲げて、うずくまるようにしてた。

俺とHはでかい声でSちゃんのことを呼んだんだが、
Sちゃんは全然気がつかなくて、
そうしてるうちにHがSちゃんのとこへ走ってった。
俺は情けないことに、怖くて足がすくんでた。

HがSちゃんを助け起こそうとしてたんだが、
Sちゃんは全然動かず、Hが俺の方を向いて「何やってんだよ!」
みたいなことを言って、俺も慌てて走っていった。
Sちゃんは半分白目を剥いて、うげえええええとか言ってて、
俺は怖くなって、二人を置いて大人達を呼びに行った。

親たちが集会後の飲み会をいつもしてる飲み屋に行って、
泣きながらしどろもどろに説明して、
親父からは2発ぐらいゲンコツで殴られて、神社に連れて行かれた。
それで、親父たちと一緒に神社に戻ったら、
まだ二人はそこにいた。
でも、俺そこで変な物見ちゃったんだよ・・・。

HがSちゃんの両腕を掴んでゆすってて、
Hの背中には細い白い腕みたいのがぐるっと巻き付いてた。
最初、それはSちゃんの腕だと思ってたんだけど、
もう少し近寄ったら、Sちゃんの腕はだらんと地面についてたんだ。
だから、もう一組、誰かの腕がHの背中に回されてた。
それは、親父が二人の名前を呼んだら、ふーっと消えたんだ。
消えたっていうか、Sちゃんの中に入ってったように見えた。


829 本当にあった怖い名無し sage New! 2009/02/24(火) 10:54:27 ID:ZdST33C40
Sちゃんはもともと体が弱かったんだけど、
その後、学校に来なくなった。
中学ぐらいになってから、「気が触れて精神病院に入院してる」とか、
「あこんちの子はキツネが憑いた」とか、ウワサになってた。
でも、田舎ってそういうところ閉鎖的で、
実際のところ何が起きてたのかは、実はよく知らないままだった。

Hの方はそれ以来こっちの田舎に来ることがなくなったんだけど、
ちょっと事情があって連絡を取り合うようになって、
いつごろくらいだったか、Hが「Sちゃんから葉書が来た」と言ってきた。
真っ赤に塗りつぶした葉書に、教えてもいないのに住所が書いてあって、
毎年毎年送られてくるようになったみたいだった。
Hはちょっとおかしくなったんじゃないかと思うくらい、
電話をかけてきてはあの日のことを詳しく話したりしてた。

その後しばらくして、Hが「おはらいにいく」と言ってきた。
これまで届いた葉書を全部持って、それに憑いてる念(?)を落としたら、
もう葉書は届かなくなるとか言っていた。
「オマエ、これまでの葉書全部もってんのか?」と聞いたら、
捨てるのも気持ち悪くて一つ残らず取ってあると言ってた。

電話の様子がおかしかったから、一緒に行くか?と聞いてみたけど、
Hは「いや、他の人と行くから・・・」と言われたので、それ以上言わなかった。


830 本当にあった怖い名無し sage New! 2009/02/24(火) 11:04:40 ID:ZdST33C40
おはらいの後、Hから電話がかかってきて、
「これでもう大丈夫だ!」とかやたらハイになってたんだが、
結局しばらくたって、またHから「葉書が来た」と電話があった。
Hは取り乱して、「おはらいもしたのになんでなんだよう!」とか、
「なんで俺ばっかり」とか電話口で泣きわめいてた。

様子が変なのは十分分かったけど、俺も仕事だったんで、
「また後で電話する」つって、電話を切ってしまった。
でも、それ以降、Hとは連絡が取れなくなった。
携帯もずーっと電源が切られているし、会社にも行っていないようだった。

Hがそのころ付き合っていた彼女の連絡先を知ってたから、電話してみたら、
「ちょっと前に別れた。だってあの人、変だったじゃん。
どうせ、あの葉書の子にでも呪い殺されたんじゃないの?」
なんて言って笑ってた。
俺はなんだかその子のことが怖くなって、電話番号も消して、係わりを経った。

興味本位で肝試しなんか、しかも神社でするもんじゃねーなというか、
そんな話。終わり。


839 重複?スレよりコピペ① sage New! 2009/02/24(火) 14:21:17 ID:0zdZGyC90
161 :トンネルの話。1/3:2009/02/23(月) 22:58:25 ID:bBpoFXjC0

友達が、担当の美容師さん(男、仮にAとするね)から聞いた話。

Aさんは霊感なんかサッパリ無いらしいんだけど、ホラー系の話は大好きなんだとか。
美容師仲間や客から怖い話を聞くことも多かったらしいんだけど、
ある日、割と近くのトンネルに「出る」という噂を聞いた。
まあ定番の、「トンネル真ん中でライト消してクラクション鳴らしたら~」な話ね。

で、半分信じてなかったのと、近くだったってこともあって、行ってみたくなった。
でも一人じゃ怖いからって言うんで、霊感が強いって聞いてた先輩(男)も誘った。
はじめは「遊び半分でそういうのイクナイ!」って反対してた先輩も、
Aが「じゃあ一人で行きます」と言うと渋々OKしてくれたらしい(Aが本気だったかは不明w)。

そのトンネルは地元の人も夜は近づかない山のほうにある。夜なんか真っ暗。
そこに、Aが運転、先輩が助手席で本当に行ってみた、と。
先輩が本気でヤバイと感じたら即逃げる、肝試しのノリだったらしい。

真っ暗な道、ゆっくりめに運転してくと、トンネルが見えてくる。
トンネルに入る前から、普段明るい先輩が無口になっちゃったそうで、
Aはしきりに「大丈夫そうですか?」と聞いたものの、先輩は「う~ん。たぶん大丈夫」と中途半端な返答。

怖くなってきたものの、噂に従ってトンネル中央付近で車を停める。
本当ならここでライト消して…と続くんだけど、先輩が「待って、ライト消すな」と止めたらしい。
山の中の細いトンネルで、電灯なんてついてないから、車のライトだけが頼りの状態ね。

先輩、「車、出して」



840 重複?スレよりコピペ② sage New! 2009/02/24(火) 14:22:21 ID:0zdZGyC90
162 :トンネルの話。2/3:2009/02/23(月) 22:59:22 ID:bBpoFXjC0

先輩、「車、出して」

Aは慌ててアクセル踏んで、車発進。
でもまあ何かが追ってきてるのが見えるとか、声が聞こえるとかいうこともなく。
そんなに思いっきり速度出すこともなくトンネルを抜けた。
でも、まだ先輩の表情は硬い。

片側は山肌、反対側は川の真っ暗な山道。
トンネル抜けても黙ってた先輩が、すぐ「もっと速度出して!」と。けっこう緊迫した声だったらしい。

そのあと飛ばしてなんとか人家があるあたりまで降りてきた。
で、先輩がもう大丈夫だろって言うのでとりあえずコンビニ駐車場に入った。
Aはもうビビリまくってたらしい。

どうなってたんすか?と先輩に聞くと…

トンネルに入る前、入り口の両側に男女がそれぞれ立ってたらしい。中年の男女。
車のほうを見てきたらしいけど、まぁ何かしてくるでも無し、
突っ立ってるだけの霊とかは時々いるので先輩もそう警戒はしていなかった。

が、トンネル中央で停車したあたりで、その男女がトンネル内までついて(追って?)来たのが見えた。
歩く速度だけど、車に向かってくる。こういうのはあまりよくないそうで、「車、出して」と。
それで諦めてくれれば良かったものの、その男女は走って追ってきてたらしい。
トンネル出れば(トンネルに縛られているようなモノなら)逃れられるかと思ったけど、
ずっと追ってきて、ついには車に追いつかれて「もっと速度だして」となったそうだ。

男女それぞれが何か言いつつ、助手席の窓、運転席の窓から中をじぃっと覗き込んでたらしいよ。



841 重複?スレよりコピペ③ sage New! 2009/02/24(火) 14:23:23 ID:0zdZGyC90
163 :トンネルの話。3/3:2009/02/23(月) 23:00:11 ID:bBpoFXjC0

Aは何も見えてなかったらしいけど、冷や汗と震えが止まらなかったそうだ。
先輩は、速度あげて振り切ったからもう大丈夫だろう、と。
ただ、「車に覚えの無い荷物とかゴミとかついてたらすぐ捨てろ、開けたりするな」と言われたらしい。

事故か天災かで亡くなったカンジの男女だった、たぶん息子さんか誰かを探している、
そしてたまたま自分達はその息子さんくらいの年齢だったんじゃないか?と先輩は言ってたそうだ。

その後、Aや先輩が病気に~なんていかにもな後日談は残念ながら無い。
翌日明るくなってからAが車に乗ろうとしたら、後部ドアあたりに小さなビニール袋がひっかかってたらしい。
中はよく見えないが、黒?だか茶色?だかの何かが入ってる。中身は一切見ず、Aは捨てたらしいけど。
開けていたらどうなっていたのか、
もしくはトンネル中央で噂通りいろいろ実行してて長居してたら、どうなってたんだろう。

たいした話じゃないけど、映像で想像したりもし自分だったらと想像したら怖かったので。
読んでくれた人ありが㌧!


880 本当にあった怖い名無し 2009/02/25(水) 03:37:44 ID:g3zjgNrQO
祖父から聞いた話し。

まだ祖父が20歳くらいの頃、ある山中の田舎に住んでいた。
仕事帰りに空き地の脇を通りかかると
野良猫に餌をやってるお爺さんがいた。


次の日もまた同じ場所でお爺さんが猫に餌をやっていたが何か昨日とは様子が違う。

良く見てみると猫に紛れて裸の人間(女の子)が
猫の様に身を屈め餌を食べてる。

祖父が思わず「えっ?」と声を出すと
裸の女が一瞬こっちを見た後に四つん這いのまま山がある茂みに消えて行った。
女の子の髪は異常に長くボサボサ。
目は獣のように見開いてた。

呆然と立ち尽くしているとお爺さんがこっちに歩いてきながら喋りだした。
「驚いたろ?さっきのは俺の孫だ」
お爺さんの話しによると
お孫さんが10才の頃発狂したまま家出したらしい。

警察に捜索願いを出したが見つからず、
3年程経ってから山に裸の女の子がいると噂が流れお爺さんは探しに来たそうだ。

祖父は黙って聞いてると
お爺さんは
「次は毒を食わしてやろうか…」
と言っていたらしい。

祖父は怖くなり逃げたしてそれ以降は何も知らないらしい。


888 本当にあった怖い名無し sage 2009/02/25(水) 16:37:48 ID:7ksfyXjHO
家族から離れてそこそこいいアパートで一人暮らししてた頃のこと。
人生初の便秘に悩んでいた時。
友達にはピンクの粒二倍飲みを勧められたがググッて何が起こるか知り、普通に頑張ることにした。
休日、昼飯代わりにプルーン大量に食ったら腹がぐるぐるしてきて、今日中にカタをつけてやろうと漫画やら携帯やら持ち込んでトイレに閉じこもった。
昼に入って漫画五冊読んだらもう夕方で、たらたらリラックスしてないで出さなきゃなーと思ってたら玄関のベルが鳴った。
いい感じに腹が鳴り始めてて、マジかよ今中断したくねえよ、って申し訳ないけど無視することにした。
しばらくしたらもう一度ピンポーン。
くそっと毒づいてトイレットペーパー巻き出して手に取った時、ガチャガチャって聞こえてキィッてドアの開く音がした。
あー、休みの日に来るって言ってた姉ちゃんだって思って携帯で姉ちゃんに「今ウ○コしてるからトイレいる」ってメール送信。姉ちゃんから「コーラック三倍飲み汁」って返事がきた。
アホかって送ったら「コーラック持っていこうか/(^O^)\」って。
姉ちゃん来てなかった。

889 本当にあった怖い名無し sage 2009/02/25(水) 16:38:38 ID:7ksfyXjHO
急に寒気して、外でごそごそやってんのは誰だろうって思った。
誰か連れてすぐ来てって言ったら、空き巣に遭遇して退治した経験もある姉ちゃん、信じて本当にすぐ来てくれた。
ピンポンピンポンってチャイム連打して入ってくる。俺は鍵閉めてたはずだったけど、あの入ってきた誰かかが鍵開けっ放しにしてたらしい。
部屋の奥からドタドタって足音みたいなのがして、
「外行った外!」「追いかけろ!」とか怒鳴り合う声が聞こえたあと姉ちゃんがトイレまで来てくれた。
落ちついて考えると、入ってきた誰かにトイレに逃げ込まれたりされてたら俺どうなってたんだろ…。
追いかけた姉ちゃんの彼氏の話によると髪の短い裸足の女だったってことしか分からなくて、警察に届けてパトロールまでしてもらったけど捕まることはなかった。
詳しく捜査って言われたけど、あとは管理会社に任せてすぐに引っ越したよ。
本当に怖かったんだ。俺もう便秘しない。


897 本当にあった怖い名無し 2009/02/25(水) 22:30:11 ID:awCFATit0
319 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/25(水) 22:29:42.94 ID:cRQMaZZq0
終電近く地下鉄のホームの端で酔っぱらいが線路に向かってゲーゲーやり出した。
しばらく収まったみたいだったが突然大きく線路に頭を付きだし口から噴水のような
げろを延々と吐き出し始めた。気持ち悪かったがあまりにもすごいので見続けて
しまった。

タイミング悪くその時カーブの先から電車がホームに入ってくるとこだった。
ああっつと思った瞬間パーンという音とともにそいつのつきだした頭が砕ける音が
響くと同時にあごから上だけに砕けた頭の固まりが横の柱にぶち当たった。
黒い髪の付いた固まりが柱の根本にまるでスイカをぶち当てたよう崩れ落ち灰色
した脳が真っ赤な血とぐちゃちゃに散らばった。頭蓋骨が割れたヘルメットそっくりだった。

ううっーと思った瞬間、頭が下あごだけになった体が斜め前のホーム中央まで飛ば
されていった。同時にこれを見た客達からのすごい悲鳴がホーム中響き渡った。
その体は、こちらに砕けた頭を向けるような位置で止まっていた。下顎の歯と舌だけが
首にくっついた状態だった。喉に当たる穴から空気が血と混じってゴロゴロ音を出して
吹き出していた。体はまだ生きていたのだ。膝を立てたように転がっていた体は足を
床に何度も何度もこすりつけ、砕けた頭を中心に円を描くようにぐるぐる回転しだした。
あれほど身の毛がよだつ瞬間はなっかった。脳がないのに断末魔の苦しみから逃げ
るように・・・

何かの話で首を切り落とした鶏がそのまましばらく走り回る話を思い出してしまった。
人間でもあるんだ・・・

ふと柱を振り返ると砕けた頭から飛び出した目玉がまるで遙か向こうの自分の体を見つめ
ているように床に付着していた。

もう気が狂うと思うほど凍り付いた瞬間だった。これが列車事故の現実なんだと思った。


968 本当にあった怖い名無し sage 2009/02/27(金) 00:11:47 ID:4gjI3FB9O
洒落怖じゃねーかもしれないねど、暇なやつ聞いてくれ。
俺のねーちゃんの話だ。
時折、俺はあの人が超能力かなん持ってんじゃねーかと思うことがある。
その理由って言うのが、異様なまでの捜し物の発見率の高さだ。
といっても、ねーちゃんが自分でなくした物を発見するっていうわけじゃない。
他の家族がなくしたものを、見つけるのが得意なのだ。
例を挙げると、ゲーム嫌いだった母親にDSと脳トレを買ってやったら
見事にはまったんだが、ある時ソフトの方を無くした。
母親はソフトは脳トレしか持ってなく、しかも結構気に入ってたからずっと捜してたんだ。
そしたら、紛失してから一週間くらいした土曜だか日曜だか、
とにかくねーちゃんがやたら遅く起きてきて、
「母、DSのソフトあるよ。車の中のいつも小銭入れてるとこ」って言うわけ。
母親はそんなところに入れるわけないって言い張ったんだが、
確かに探していない場所ではあったから見てみたんだ。
したらさ、あった。


969 本当にあった怖い名無し sage 2009/02/27(金) 00:13:14 ID:4gjI3FB9O
それ見た母親は、知り合いのおばちゃんが務めてるガソリンスタンドで給油中に脳トレしてて、
知り合いが珍しがったからソフトを出して見せたってことを思い出したんだよね。
ねーちゃんはもちろん、そんなこと知らない。
第一、そのころ仕事がテンパってたらしくて帰ってくるのが深夜1時とか2時とかで、
母親がそんな失せ物騒ぎをしてることすら知らなかったはずなんだよな。


970 本当にあった怖い名無し sage 2009/02/27(金) 00:14:07 ID:4gjI3FB9O
思い返せばそれだけじゃない。
恥ずかしい話、俺の部屋には着脱式になってるフィギュアがあるんだが、
大そうじの最中、そのうちの一つのパーツをなくした。
しかもブレストプレート(胸当て)。
だもんで上半身裸な美少女フィギュアになっちゃってちょっと困ってたんだ。
したら正月明け(ねーちゃんは三が日仕事)、またもねーちゃんが言う。
「おめー、廊下にこんなもん置いとくなよ、踏みかけたろ」といって手に
持っていたものを渡してくれた。まさしく俺のブレストプレート。


そんなことが度々あるから、ねーちゃんに、まさか自分で隠しておいて、
後からさも自分が見つけてやりましたって顔してんじゃねーの?
って聞いたことがあるんだ。ねーちゃんの答え「知らんがな」。

971 本当にあった怖い名無し sage 2009/02/27(金) 00:15:33 ID:4gjI3FB9O
本人曰く、夢に見るらしい。
脳トレのときは母さんがGSで誰かと談笑しながら車の内側をタオルで拭いてて、
手に持ってた脳トレを小銭ボックスに入れるのを。
俺の時は、ねーちゃんが夢の中で我が家の間取りらしい家の中を歩いていたら、
俺の部屋らしい部屋の前で何かを踏んづけて足の裏に刺さり、それが超痛かったから覚ていたそうな。
で、俺の部屋の前(洗濯物置き場になっている)でパーツを見つけたらしい。
他にもねーちゃんは色々見つけるし、怪現象を勃発させたりするのだが、
どうやら自分でなくしたものは見つけ出せないらしい。
変なの、と自分で言って笑ってた。
関連記事
1/3 2/3 3/3
(0)


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ ⇒
心霊 未確認生物 UMA ミステリーブログ⇒
不思議な話 怖い話の本⇒オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍
<<死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 207_4 | ホーム | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 206_1>>

- コメント -

コメントの投稿


管理者のみ閲覧可


- トラックバック -


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

<<死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 207_4 | ホーム | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 206_1>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。