現在地

スポンサードリンク

カテゴリー・目次

人気記事ランキング

最近記事リスト

逆アクセスランキング

相互リンク

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

RSSフィード

プロフィール

怖い話 不思議な話@2ちゃんねる

Author:怖い話 不思議な話@2ちゃんねる
2ちゃんねるの怖い話、オカルト板まとめサイトです。心霊スポット 心霊写真 超常現象 怖い話 恐怖体験 未確認生物 UMA 都市伝説 オーパーツなど、怖い 不思議&面白いと思った話を厳選して紹介しています。
ただ今相互リンク募集中です。ただし、心霊・不思議・ミステリー系に限らせていただいておりますのでご了承下さいませ。

ブロとも申請フォーム









管理ページ
最新記事 - 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_8 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_7 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_6 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_5 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_4 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_3 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_2 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_1 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?1 (09/01) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_6 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_5 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_4 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_3 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_2 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_1 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_5 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_4 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_3 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_2 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_1 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_5 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_4 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_3 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_2 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_1 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 




<<死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 207_3 | ホーム | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 207_5>>

怖い話 不思議な話@2ちゃんねる オカルト板まとめ

スポンサーサイト


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ

心霊 未確認生物 UMA 都市伝説 ミステリーブログをもっと見る



不思議な話 怖い話の本↓
オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1/3 2/3 3/3


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ ⇒
心霊 未確認生物 UMA ミステリーブログ⇒
不思議な話 怖い話の本⇒オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍
<<死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 207_3 | ホーム | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 207_5>>

怖い話 不思議な話@2ちゃんねる オカルト板まとめ

死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 207_4


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ

心霊 未確認生物 UMA 都市伝説 ミステリーブログをもっと見る



不思議な話 怖い話の本↓
オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍
588 本当にあった怖い名無し sage 2009/02/19(木) 22:48:44 ID:HBvAgcOK0
漏れが住んでいる町には妖怪の出没が多く、漏れ自身も見た事あります
以下に出現したことのある妖怪を紹介します。

【二つ目小僧】
一つ目小僧の眷属で目が二つの妖怪。一つ目小僧と違ってマイナーだが、うちの近所では路上などでしばしば見かける。
また特定の建物の中に集まってる場合もある。

【禿げ坊主】
近くの寺にでる妖怪
近所の子供が寺の境内で遊んでるうちはいいが、お堂の方に入ってくると「こぉ~らぁ~!」と、独特の抑揚のある声で叫んで威嚇する。
寺に住み着いているらしい。名前の通り禿げ頭で妙な貫ろくまである。

【三尺様】
別名「三尺童女」
三尺(90cmほど)の背丈の童女の妖怪。
出る場所や時間帯は大体決まっていて、公園や路上で出没し、夕方以降の出現は稀である。
この板でも有名な八尺様となにか関係があるのだろうか?
むかし三尺童女を捕まえて家に押し込もうとした男がおったが、気がついたら逆に自分が塀の中に押し込められて当分帰れなくなった
という伝説がある。
かなりの妖力を持った妖怪だ。

【時報ライダー】
この妖怪は出没条件が限定されている。
出る場所は漏れの家の前の田んぼの向こう側のT字路である。また出る時刻はきっかり午後10時である。
夜に窓を開けていると、突然バイクの音とともにB'zの曲が鳴り響いてくる。どうもバイクにラジカセを乗っけて大音量で流しているらしい。
曲のレパートリーは3~4種類だが、10時ちょうどに来るので、夜に曲が聞こえてくると10時であることがわかり、時報として使える。
一度どんなやつか確かめてやろうと窓からのぞいたが、ライトの光だけで姿が見えなかった。
音と光だけの妖怪なのかもしれない。

うちの近所は怪異で満ちていて本当に洒落にならんよ。


616 本当にあった怖い名無し 2009/02/20(金) 02:10:17 ID:w9dwzUIWO
別に怖くはないけど不思議な実体験

ウチの地元に「おころび地蔵」とか「おころびさん」って呼ばれるお地蔵様があって
登下校中にそのおころび地蔵の頭叩くと必ずこけるって噂があった。

当時小学生だった俺たちはその地蔵の頭をしょっちゅう叩て、その度に本当にこけてたw

でも不思議なことにケガをしたことは一切なく、俺達もそんなオカルト的な地蔵を怖がる奴もいなかった。
今考えると、なんかおころび地蔵は子供に優しいイメージを皆持っていたように思う。

そして小学校を卒業し、中学を卒業し、高校3年の秋。

その頃、受験の事もあって少しノイローゼ気味になってて、家から学校まで片道30分の道をフラフラと自転車で下校中…。

おころびさんの事なんて小学校以来すっかり忘れていたんだけど、ふと立ち止まった道の傍らには懐かしいあのお地蔵様が。



617 本当にあった怖い名無し 2009/02/20(金) 02:11:01 ID:w9dwzUIWO

受験のストレスか、はたまた何も考えずにはしゃいでいた小学生の自分を思い出してイラついたのか
おころびさんの頭をフルパワーで引っぱたいた。

「どうせガキの思い込みで転んでいただけだ。子供の勝手な幻想だ。」
とか思いながら自転車を漕ぎだした10分後、
前輪に何かすごい衝撃が!!
走りそのままアスファルトへ放り出された。

しばらく痛みに悶絶した後、そのまま仰向けになりながらアスファルトに寝そべってた
なんか泣けてきた。

自転車は壊れるわ制服は破れるわ
腕が折れるし受験にも失敗するしw

あれから何回かおころびさんを軽く叩いてみたけど何も起きない。
かといってフルパワーで殴るのも怖くてできないけど。


618 本当にあった怖い名無し 2009/02/20(金) 02:52:48 ID:ODYLEdLOO
これ俺が中1くらいん時の話

そんとき俺は家に独りでいて、なんだか気持ち悪い夕焼けだったんさね

で、たしかゲームしてたんだけど家電が鳴ったんだよね

当然電話に出るわけさ「もしもし」って具合に

でも相手、なんか「ゴソゴソ」「もぞもぞ」って物音しかしないのよ

もう1回呼びかけてもやっぱ物音しか聞こえないんだよね

面倒くさくなってちょっと不機嫌気味に「もしもし」って呼びかけたら


「………22、23」


っていう低い男の声が聞こえた


619 本当にあった怖い名無し 2009/02/20(金) 03:27:33 ID:KZsJFXMZO
夫婦でイギリスへ旅行に行った時の話し。
ホテルでくつろいでいると妻がピアスをソファの下に落としたと騒いでいました。
ソファの下を覗きこんだのですが良く見えないので
俺がソファを持ち上げて傾けている間に妻がピアスを探す事に。
いざソファを持ち上げると妻が悲鳴をあげ尻餅をついていました。
何事かと思いソファをひっくり返してみると
ソファの裏にびっしりと白いぶつぶつが張り付いていてワラワラ動いています。
良く見ると白いぶつぶつはウジでした。
急いでフロントに電話してみると
「最近その部屋で人が殺されたんですが、何か関係あるかもしれない」と
軽いノリで言ってました。
もちろん部屋は変えてもらいました。


621 本当にあった怖い名無し 2009/02/20(金) 04:11:36 ID:vh54dZWyO
一昨年の話。
友達数人と肝試しに行った。
肝試しと言ってもドライブ形式で目的の場所を車でうろつく程度の事だった。

目的の場所とは、人通りも少ないわけじゃない心霊スポット的な噂もたってない普通の道路。
ただ友達、友達の叔父さん、オレのバイトの先輩がそこでのっぺらぼうの女の幽霊を見た又は車に乗せた的な事を聞いたから、行く勇気もないのに心霊スポットに興味のある友達数人で行く事になった。

最初はみんなビビってたけどたまに使っている道路だから段々慣れてきて何往復もしたり、
車を停めて『のっぺらぼうとかなくね』とかしゃべってたり最後はオレのバイトの先輩が見たと言っていたカーブの所で車を降りてションベンまでして帰ってきた。

この日は誰かに霊が取り憑いたとかオカルト的な事は何もなかった。



622 本当にあった怖い名無し 2009/02/20(金) 04:13:27 ID:vh54dZWyO
その日から何週間か後、親父が深夜に倒れた。

呂律は回って無いが何とか喋れる程度に意識はあり、救急車じゃなくオレの車で病院へ連れて行った。

病院での診断は何でもない(確かに診察中には自分で受け答えができるほど回復していた)とゆう拍子抜けする結果だったが
俺と、付き添いで来ていた母ちゃんは泣きそうになるほどホッとした。(次の日の診断で脳梗塞と分かり緊急入院したが)

安心しすぎて帰り道に自分が無意識にあの道を選んでいた事に気付かなかった。


623 本当にあった怖い名無し 2009/02/20(金) 04:14:44 ID:vh54dZWyO
例のカーブに差し掛かかり曲がる直前に道路の端に気になるものがあった。

曲がる直前だから道路の端が車の正面に見える感じだったんだが(説明下手でごめん。わかるかな)
とにかく正面に女(スカートかワンピースを着ていた)の腹から下の下半身だけが見えた。
車のライトで正面から照らしてるのに胸から上は影で見えなかった。

見た直後は『え?』って感じだったがその先の信号で泊まった時ありえない悪寒が下から登ってきて尋常じゃないほどの汗も出て、やっと自分が見たものが何なのか理解できた。

母ちゃんに何か見たか聞こうと振り返ったが母ちゃんは親父の事を気にかけている様子で余計な事は言わない方がいいと判断して何も言わなかった。

家に帰ると疲れが一気にきて汗で濡れた服を着替えて寝る事にした。
その日からオレの身体ってか顔に異変が起きた。


624 本当にあった怖い名無し 2009/02/20(金) 04:21:06 ID:vh54dZWyO
頬骨のあたりと眉毛の端のあたりいずれも骨の出っ張った所に痣らしきものができはじめた。

最初は小さいものだったが段々大きくなり中心の方は段々と膿がでてきたりと次第にひどくなっていった。

医者に行っても治らず完全に原因不明。
治すのは諦めて髪の分け目を変えたりして隠す事にした。

そして内容は覚えていないが悪夢にもうなされるようになって当時一緒にいた女もオレを気味悪がるようになった。

そんなオレに再び異変が起きたのはあの女を見てから何か月か後、友達十数人で飲みに行った時だった。


625 本当にあった怖い名無し 2009/02/20(金) 04:22:52 ID:vh54dZWyO
その時には顔も悪夢も耐えられない程になり半ばノイローゼ気味になっていたが事情を知っていた友達は何とかオレを元気づけようとみんなで誘ってくれたのだった。

最初は楽しく飲んでいたけどある親父集団が店に入ってきてから何故かオレは涙が出てきてそれを友達にバレないように必死で隠していた。

オレのごまかしが上手くいったのかみんなが気を使ってくれたのかみんなは変わらず楽しそうに飲んでいた。

その時急にさっきの親父集団の一人が『うるせぇんだよ』とこっちに向かって怒鳴りながら歩いてきた。

俺たちからDQN臭がするのかもしれないが他のDQNを呼んでしまう事がよくあったのでみんなまたかという感じだった。

オレは親父集団の事が気になっていた事もあり涙を拭いて親父の正面に立ち『なんか用すか?』と親父を至近距離から睨み付けた。



626 本当にあった怖い名無し 2009/02/20(金) 04:26:32 ID:vh54dZWyO
オレは親父の顔に何故か見覚えある様な気がした。

あれ?と思った瞬間に涙がすごい勢いで溢れ出てきて『こいつだ』と心の中で思った。

何がこいつなのかはさっぱり分からなかったがとにかく強く『こいつだ』と思った。

泣いてるのがバレると思って下を向いたら親父がオレの髪を引っ張って上を向かせてオレの顔を見た。

すると親父は驚いて手を放し明らかに動揺していた。

オレには殺意が芽生えていた。
が、何も出来ず、親父は何も言わず逃げる様に帰って行った。

その日から痣、悪夢だけではなく、時々あの女も見える様になった。


627 本当にあった怖い名無し 2009/02/20(金) 04:28:07 ID:vh54dZWyO
やっぱり見えるのは下半身だけだったけど鏡を見てるとなんとなく女の顔がわかるような気がした。
女への恐怖は何故かその頃には無くなっていた。

それから何故かオレは筋トレにはまり(おそらくあの親父を殺すため)ガチムチとは言わないがそれなりの身体付きになり何かをやり遂げる達成感に目覚めて勉強までやり出した。

一つ一つ目に見える成果をあげていく度に痣も悪夢も無くなり女も段々と見えなくなっていった。

二年以上経った今は何も見えない。
が、よく見えてた時は怖くなかったはずなのに今女を思い出すと怖すぎてトイレに行けなくなる。

霊感ゼロのオレが体験した唯一の不思議な体験。マジ話だったからオチがわけわからんくてごめん。


662 本当にあった怖い名無し sage New! 2009/02/20(金) 17:52:05 ID:bPKjHSt50
昔の事でどうしても思い出せない事や辻褄が合わない事がある。
中学2年の時の記憶が殆ど無いんだ俺。
昔から仲がいい友達Aってヤツがいるんだけどさ
Aといつ仲良くなったのか全く記憶がないんだけど。
俺はAと別のクラスだったって認識してたんだけど
Aに「クラス一緒だったじゃん」って言われて焦った。
友達の友達繋がりで仲良くなったってずっと思ってた。
中学2年の時に同じクラスだったらしいんだけどマジ記憶ねぇ。
確かに写真も残ってるんだけど全然現実味がない。
その話をAにしたら冗談だと思われたんだけどマジで覚えてない。

話は変わるが、幼稚園の時の話なんだが
帰宅のバスが来る時間が過ぎても友達と二人で
講堂に置いてあったピアノの後ろに隠れてて
俺らを探す先生の反応を面白がって見てた事があったんだけど
気が付いたら俺らそこで眠っちゃったらしくてさ、
先生に揺り起こされて目が覚めた。
俺が行方不明になったと思ってちょっとした騒ぎになったらしい。
だけど一緒にいた友達が何故かそこに居ないんだ。
で、「友達は?」って先生に聞いたら「誰それ?」って。
考えてみると俺はそいつの名前も知らなかったんだ。
「夢みてたんだね」って先生に言われたんだけど、
いや、夢じゃない。だってそいつとはいつも遊んでたんだもん。
寺の経営する幼稚園だったから境内に入ったりとかかくれんぼしたり。
だけどその日を境にそいつとは一度も会えなくなった。
俺はいったい誰といつも遊んでたんだ?


678 必殺たるみ人 sage New! 2009/02/20(金) 22:09:41 ID:CSCG4OBu0
俺が書くぞ

幼稚園時代からの知り合いにMというやつがいた。
Mは小さい頃から性格が乱暴で根性がねじ曲がっていて、顔つきまで憎たらしいやつだった
小2の時、同じクラスになったので話しかけたら理由もなく股間にパンチしてきやがった
とにかく徹底的に嫌われ者で、近所でも学校でも有名だったんだ(歌まで作られていたw)。
Mの母親はMのひどい性格について悩んでいたようで、有名な宗教関係者のところへ
相談に行ったのだが、その人が言うには
「Mにはとても強い因縁霊が憑いており、それがMの気性を異常に険しいものにしている。
このままでは彼の人生はどんどん悪くなる」と言われた。
しかも霊が強力で、すぐに祓う場合は、素人では死の危険がある荒行になる、という。
そう言われてMの母親は泣きながら、そんなことはとても息子にさせられませんと断ったそうだ
うちの母親はMの母親と昔から親しいのでこの話も母から聞いたけど、俺は「Mなら悪霊くらい
マジで憑いてそうだ」・・・と思った。
そんな事もあって俺はMとは極力距離を置いた(つーかMにはみんな距離置いてたけど)


680 必殺たるみ人 sage New! 2009/02/20(金) 22:13:57 ID:CSCG4OBu0
しかし、小学校時代はともかく、中学に行くとMの状況が変わった。
小学校の時と違い、地域の公立中学は当時かなり荒れていてイジメが横行していた。
陰気でひねくれ者で人相まで悪いMは速攻でクラスのDQN連中から目をつけられた。
中でも俺やMもクラスにはEという中1にして身長180センチ近い凶暴ないじめっ子がいたのだ。
Eは彼の出た小学校では余りにひどいイジメをするため有名人だったらしく、マジで3人「転校」
させたらしい←本人がゲラゲラ笑いながら語っていた
このEがMのことを特に嫌いまくり、昼休みといわず放課後といわず毎日仲間のDQNと一緒に
Mを取り囲んでボコボコに蹴りまくっていた。
Eはひどく暴力的だったが、彼は親分肌で派手な性格でクラスで妙な人気があり、そのためクラス
では全員でMイジメを楽しむ雰囲気さえあった(今までの被害者もこうやって孤立したんだろうな)
しかしMの性格も相当なもので、Eやその仲間の持ち物を教室の窓から中庭に放り投げたりする。
当然、Eたちは激怒し、イジメはますますエスカレートする悪循環だった。
秋の球技大会の時にはチームリーダーのEへの当てつけで、Mは球が来る度にわざと敵チーム
にパスしてたので試合後エキサイトしたクラスの男子総出の袋だたきとなった。(担任激怒!)
中2以降はMと同じクラスにならず、その後のことはあまり知らないが、聞いた噂では
相変わらずの有様だったらしい。(げた箱でDQNが待ち伏せていたりして)




683 必殺たるみ人 sage New! 2009/02/20(金) 22:17:49 ID:CSCG4OBu0
その後、高校生になって忘れたころに町でMを見つけた。
なんとMは俺が知ってた頃とはうってかわって明るく、人当たりの良い感じになっていた。
あの憎たらしかった顔つきまですっかり変わっていた
実は中学三年の秋頃、Mの顔つきが急に明るくなり性格も素直になったので不思議に思った母親
が以前の宗教関係者の所へ連れていったところ、なんと因縁霊はきれいに落ちています、と言われ
たそうだ。
その人も驚いてこれまでどんなことをされましたか?と訊いたそうだけど、Mの母は特に何も覚えが
なかったという。
この3年間ほどでMに変わった事があったと言えば、Eたちに毎日イジメで袋叩きされていた事ぐらい
だが・・・
実はこの袋叩きがMに憑いていた霊を叩き出してしまったのかもしれない。
キツネ憑きとかで、霊に憑かれたやつを棒で叩きまくる修法があるが、あの3年間にわたる激烈な
イジメはすさまじい荒行に匹敵するものだったのだろう
Eに出会わなければMはあのまま嫌われ通しの人生で、どんどん不幸になるはずだったのかもしれない
こうしてみるとMはEたちに人生を救われたことになる。
いまMは家業を継いで近所の愛想の良い肉屋の主人である。


713 本当にあった怖い名無し New! 2009/02/21(土) 02:50:33 ID:MrO2IXk90
まずこの話に幽霊の類は一切出てこない。
だから、そっち方面が好きな人は華麗にスルーでもしてくれ。
俺が心理学部の学生だった頃に話好きなゼミの先生がゼミの合間に話してくれた話。
ちなみに先生の話がホントかどうかは保障しない。
確かめる術はあるがホントだった時が怖いので俺は確かめない。
以下、先生の話。

私の友人にカウンセラーがいるんだよ。しかも、結構腕のいいカウンセラーが。
まだ、歳も若くて30そこそこかな。彼についての話をするよ。
君達も心理学なんて学問を専攻したくらいだから人の中身だとか、心の内側を知りたくて
こんな潰しの利かない学問を専攻したんだろうな。
中には太郎君(俺のこと)みたいになんでココにいるのかが不思議な奴もいるが。
まあ、そのカウンセラーの友人もそんな一人で、あまつさえそれを職業にしたわけだ。
彼曰くカウンセラーってのは、患者の精神を共有して補強する仕事らしい。
未使用の鉛筆を真ん中から削るんだ。カッターでね。
そうすると、真ん中だけ木の部分が削れて、芯が剥き出しになるだろう。
その鉛筆にちょっと力を入れれば、簡単に真ん中から折れちゃうだろ。
カウンセリングに来る患者さんの精神はそんな状態なんだそうだ。





715 713 New! 2009/02/21(土) 03:03:09 ID:MrO2IXk90

そんな状態の患者さんから話を聞いてあげて処置するのがカウンセラーのお仕事なんだと。
患者さんの精神はさっきの鉛筆みたいな状態だから下手しなくても簡単に折れてしまう。
だから、鉛筆の削りカスがあるだろ。それを綺麗にして芯が剥き出しの部分にあてて補強してあげるんだ。
もちろん一度壊れたものは完璧には元に戻ることはない。
だからなるべく芯が折れないように、鉛筆が壊れないようにそーっと補強してあげるんだ。
カウンセラーができるのは底まで。後は患者さん自身が補強した削りカスと芯の部分を補強していかなくちゃならないんだよ。
例えが分かりにくかったかな。でもそう言う事だそうだ。


716 713 New! 2009/02/21(土) 03:14:17 ID:MrO2IXk90
でな、初めに言ったけど友人は腕がいいんだ。
神経尖って、疑心暗鬼の塊みたいな患者さんをリラックスさせて、安心させて、少しずつ
話を聞いて、患者さんの心を補強してあげるんだ。とてもスムーズにね。
彼なら時間を掛ければどんなに症状の重い患者さんからでも話を聞き出せるだろう。
言葉通りにね。そう話を聞き出せるんだ。どんな話でも。
友人は腕はいいんだけど、かなりサディスティックな人間でね。
しかもSMみたいなサディスティックじゃなくて精神的にサディスティックなんだ。カウンセラーなのに。
普段は抑えてるみたいだけど、たまに抑えられな区なっちゃうみたいなんだ。
で、友人は抑えきれなくなった時どうしたと思う?
患者さんの心を折っちゃたんだ。真ん中からね。
折ったって言うのは正しくないのかもしれない。

719 713 New! 2009/02/21(土) 03:25:29 ID:MrO2IXk90
さっきの鉛筆を思い浮かべてみてよ。
真ん中だけ芯が剥き出しで、その周りを削りカスで補強してある鉛筆を。
友人はねせっかく自分で補強した削りカスをゆっくり時間を掛けて剥してくんだ。
芯が剥き出しになるまでね。
そして芯が剥き出しになったら今度はカッターで滑らすようにしてその芯を削ってくんだ。
ゆっくり時間を掛けてね。
芯はどんどん薄くなっていくだろう。そうやって真ん中の芯が薄くなっていった鉛筆はどうんると思う・
ある時点で両端の重さに耐え切れずに自分から折れるだろう?
そうやって回復してきた患者さんをゆっくり狂気の世界に戻していって、最後には患者さん自ら「ポキン」。
それをずっと見てるんだよ。最初から最後まで。な、サディスティックだろう?


720 713 New! 2009/02/21(土) 03:31:18 ID:MrO2IXk90
でも、友人はいい奴だよ。
折れちゃった患者さんのアフターフォローも忘れないんだから。
今日もきっと自分を抑えながらカウンセリングをしてるんだ。
彼がポキンとしたくなるような美人ちゃんを待ちながらね。
でも、自重を支えきれなくなって折れちゃうなんて、
やっぱ人間なんて脆いもんだ。了
<<717
ごめん、夜中だし、いいかなって思ったんだ。
また書く時があったら気をつけるよ。


728 実際にあり得る怪談話 ◆tSDGPew1Hw New! 2009/02/21(土) 05:22:07 ID:loOPV2DP0
霊感胆試し:実際にあり得る怪談話 第00章『ヒッチ ハイク』。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
これは、本当にあった出来事(事件)を基にして作られた、実際にあり得る怪談話である。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
私はとある仕事を終え、夜中に道中を歩いていると、一台のタクシーとすれ違う。
スクランブル交差点を出て駅の方へ向かうとそのタクシーは私を出迎えるかの様に待っていた。
真っ白の服を着た運転手が乗っている。私は目を合わせない様そのタクシーの前を通りかかる……と、
後部ドアが開き……「お乗りになりますか?」と声をかけてきた。
彼はなんだか怖くなって「いいえ。歩いて帰りますので……」と答えてその場を立ち去ろうとした。

ところがそのタクシーは後をつけ私にこう尋ねる。「お客さん……家、遠いんでしょ?」
私は金縛りにあった如くその場から立ち去れない様な感覚に陥る。
結局私は断れないままそのタクシーに乗車する事に……。
乗車して暫らく走行してると、何だか見慣れない風景が目に入る。
その瞬間異様な寒気に襲われた。それはまるで夏着で真冬の氷点下にいるかの様な感覚だ。
私は意を決し運転手にこう言う「ここで降ります!止めてください!」しかし止まる気配が…“ 無い ”
私は焦ったが、その瞬間タクシーは急停車した。「お客さん、そういう事は前に言った方がいいですよ」

私は我に返って運転手に謝る。「す、すみません…」
「お会計は~万何千円になります。」“!?~万何千円?”私は不振に思った。
此処までの距離は幾ら高くても壱万円は超えない金額だと。
私は不意にバックミラーを見た。その瞬間、言葉にならない異様な光景を目の当たりにする。
しかし、運転手を見ると白い服のまま。そしてこちらを見てニコりとして言う。
「お会計……払えますか?」払える金額だったので私はすぐさま払いこう言い返す。
「お釣りは結構ですから」すると扉が開いたので、私は逃げる様に降車した……が、
その後タクシーを見ると、其処には何もいなかった
あとでニュースを見たがそれは数週間前に殺された車上強盗事件で、その車は“タクシー”だったと言う。
“……私はそれっきり 二度とタクシーには乗っていない……”


729 実際にあり得る怪談話 ◆tSDGPew1Hw sage New! 2009/02/21(土) 05:33:41 ID:loOPV2DP0
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
霊感胆試し:実際にあり得る怪談話 第00章『ヒッチ ハイク』。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
噂によると
それは2009年関西区で実際に起きた『タクシー強盗殺人事件』で、
殺されたタクシー運転手が夜中犯人を捜して徘徊しているらしい。
会計の金額はその時殺された金額のメーターで、
「払えるなら」無事に帰れるけど「払えない」となると、
山中で見るも無残な姿で発見されるという。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
ちなみに作り話よりも、実話の事件や事故を基にした怪奇話の方が怖さを強調できると思い
“実際にあり得る怪談話”として投稿しました。


740 本当にあった怖い名無し sage New! 2009/02/21(土) 13:30:10 ID:lxWc0PhEO
あのな、俺が体験した話なんだけどな、

俺が学校から帰ってきてすぐに眠くなって寝たんだ。
そんで夢を見たんだけど、その夢がヤバかった。


夢の内容は、妖怪らしきものが十匹くらい体内に入り込んで体が思い通りに動けなくなったんだ。
その感覚と苦しみは現実そのものだったよ……


んで、入り込んだ妖怪一匹一匹手掴みで取り出してぶん投げたんだが

最後の一匹がまさに絵に描いたような鬼だった。

そしたら顔の横にあった携帯の画面が真っ赤になって、文字と鬼の絵が出た。

【そいつには手を出すな!】

って書いてあったからジッと待ったよ…

そしたら目が覚めたんだけど、夢で金縛りにあっていた体制(膝を片方立てていた)と同じで、携帯の位置も同じ。

これマジな…ただの夢だったなのかな。


767 本当にあった怖い名無し New! 2009/02/21(土) 16:24:30 ID:7cQbQ4kD0
688 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2008/02/19(火) 23:52:03 ID:cORtzJ3a0
連騰ですまんが、書かせてくれ。

夜行列車に乗って東海道を走ってたとき、うとうとしてたら電車が駅について目が覚めたんだ。
俺は窓辺の席。三時くらいだと思う。駅は名古屋駅のような感じだった。
駅の表示をみると駅名のところに「月の宮」って書いてあるんだ。
でも、なんだか雰囲気が不思議な感じだった。現実のものとは思えないような、
ちょっと薄暗くて、別に怖い感じはないんだけど。で、よく見ると
背の高い(2mくらい?)の黒いひょろひょろの人がホームを歩いていたんだ。複数名。
影を立体化したような感じ。なんとも書きづらいんだけど、でなんだこりゃと思ってたら
座席間の通路を同じような人が二人、歩いて電車から降りて行った。
隣でいびきかいて寝てたおっさんは別に普通の人間だったし、まわりも別に普通の人。
で、電車が動き出して離れていきながら街を眺めてたんだけど、
暗闇の中に東京タワーくらいのビルが摩天楼みたいにそびえ立ってて幻想的だった。

夢にしてははっきりとみてるし、お茶も飲んだ記憶があるから何なんだろうなぁって思う。
金縛りのときの現実っぽい夢なのか、何だったのか。

月の宮っていうのは徳島に知名あるらしいけど、違う。名古屋ではない。


795 本当にあった怖い名無し sage New! 2009/02/22(日) 03:58:34 ID:fYcpG/5B0
>>「サラリーマン」
亀々

「未来の人」、私も会ったことあります。近所に在った空き地、今ではマンション建ってるけど。
溶接網フェンスに有刺鉄線の完全防備で、子供心に「ここに入れた奴は勇者」って話になって。
私は土建屋の娘だったから、こーゆーのの「抜け方」知ってた筈なんだけど、残念ながらそこは
それも閉じられてて。建設予定だけはハッキリしてたから、まあ、ソレまでは完全に閉め切るんだろうなー
と思ってたある日、更地に女の人が立ってた。フェンスに開けられた気配は無い。
私「あの・・・どうやって入ったんですか」
女の人「私ね、未来から来たの」
私「???」
女の人「分からなくていいわ、分かる筈もないことだから」
私「あのー、立ち入り禁止、なんですけど」(施工はウチが主体になってやることになってた)
女の人「大丈夫、私、ここに住むことになるの」
私「そうなんですか! あの、私、お家建てるとこの・・・」(マンションのオーナーさんの娘さんかな、と思った)
女の人「知ってる。○○建設のお嬢さん。ふふっ、こんなに可愛かったのね」
私「へっ?」
女の人「なんでもない。会いましょうね、きっとまた」
ふと、何かに気を取られて、視線を逸らし、戻した時にはもう、女の人は消えてた。

7年後、ウチが建てたマンションで飛び降り自殺があった。
第一発見者は私。当時私は両親の離婚と、親父の間断無い再婚にグレてた。
夜遊びの帰り道、数歩先でその音は響いた。グシャ、と。
落ちてきた『モノ』。半分に潰れた『顔』。その、眼らしきものは何故だか私の方を向いてた。

数日後、未だに落ち着きを取り戻してなかった私はニュースを見て絶叫した、らしい。
あの日見て、それ以来「よく知らないけど、憧れの綺麗なお姉さん」だった顔が、画面の中央を
占拠していた瞬間を、恐らく一生忘れられない、と思ったが、次の日には忘れてた。
今日、このスレを見て、ふと思い出したので書く。
関連記事
1/3 2/3 3/3
(0)


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ ⇒
心霊 未確認生物 UMA ミステリーブログ⇒
不思議な話 怖い話の本⇒オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍
<<死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 207_3 | ホーム | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 207_5>>

- コメント -

コメントの投稿


管理者のみ閲覧可


- トラックバック -


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

<<死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 207_3 | ホーム | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 207_5>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。