現在地

スポンサードリンク

カテゴリー・目次

人気記事ランキング

最近記事リスト

逆アクセスランキング

相互リンク

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

RSSフィード

プロフィール

怖い話 不思議な話@2ちゃんねる

Author:怖い話 不思議な話@2ちゃんねる
2ちゃんねるの怖い話、オカルト板まとめサイトです。心霊スポット 心霊写真 超常現象 怖い話 恐怖体験 未確認生物 UMA 都市伝説 オーパーツなど、怖い 不思議&面白いと思った話を厳選して紹介しています。
ただ今相互リンク募集中です。ただし、心霊・不思議・ミステリー系に限らせていただいておりますのでご了承下さいませ。

ブロとも申請フォーム









管理ページ
最新記事 - 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_8 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_7 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_6 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_5 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_4 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_3 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_2 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_1 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?1 (09/01) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_6 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_5 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_4 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_3 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_2 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_1 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_5 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_4 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_3 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_2 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_1 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_5 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_4 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_3 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_2 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_1 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 




<<死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 209_2 | ホーム | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 209_4>>

怖い話 不思議な話@2ちゃんねる オカルト板まとめ

スポンサーサイト


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ

心霊 未確認生物 UMA 都市伝説 ミステリーブログをもっと見る



不思議な話 怖い話の本↓
オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1/3 2/3 3/3


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ ⇒
心霊 未確認生物 UMA ミステリーブログ⇒
不思議な話 怖い話の本⇒オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍
<<死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 209_2 | ホーム | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 209_4>>

怖い話 不思議な話@2ちゃんねる オカルト板まとめ

死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 209_3


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ

心霊 未確認生物 UMA 都市伝説 ミステリーブログをもっと見る



不思議な話 怖い話の本↓
オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍
433 本当にあった怖い名無し 2009/03/29(日) 02:49:17 ID:Bgb4w129O
うちは夫婦ふたりして酒好き。
週末は奥さんも一人で飲みに行って、帰宅が深夜になることもよくある。
先日も別々の店で飲んでいて、俺が先に帰宅し、1時くらいに眠くなって奥さんの帰宅を待たずに寝室へ。
寝ていたら、玄関のドアをノックする音で目がさめた。
ドアごしに「○○(奥さんの名前)?」と聞くと、「あーけーてー」という女性の声。
不審に思って「誰?」と聞くと、再度「あーけーてー」と繰り返された。
うちはオートロックのマンションで、内部の者がエントランスのドアを開かないと、部外者は中に入れない。
もちろんエントランス、自室のドアのインターホンはカメラ付き。
でもそのせいか、ドアには覗き窓がない。
だから、相手がインターホンを使わない場合、ドアを開けないと姿を確認できない。

435 本当にあった怖い名無し 2009/03/29(日) 03:04:19 ID:Bgb4w129O
確認のためにもう一度「○○?」と聞くと、「わたし、わたし」の返事。
怖くなって一度寝室に戻り、携帯で奥さんに電話してみた。
奥さんは俺の行き付けでもある店で、共通の友人と飲んでる最中。
電話で話してる間、玄関はさっきより強く叩かれてた。
「また後で連絡する」という旨を早口で言って、すぐ電話を切った。
かなり怖かったけど、玄関に行って「やめて下さい、警察を呼びますよ」と、ドアの向こうに強めの口調で言った。
そうしたら、ノックがやんでちょっと間が空いた後、ドーンとドアを蹴るような衝撃があって、その後は何もなし。


436 本当にあった怖い名無し 2009/03/29(日) 03:31:32 ID:Bgb4w129O
もしかしたら内部住人またはその関係者が泥酔してたのかなと思って、耳をすませていたんだけど、マンション内でドアが開く音も、人の声もしなかった。
5分くらい聞き耳を立てて、何もないんで寝室に戻った。
これは管理会社に報告して、一応防犯ビデオを確認してもらおう。
そんなことを考えてたら、寝室の真上から物音がした。
小さい音だけど、さっきのノックと同じリズム。
でもうちは最上階で、しかもマンションには屋上がない。
そもそも、管理会社が特殊な梯子を持ってこないと、屋根には昇れない。
音は多分2~3分でやんだ。
それっきり音はなし。
すぐに奥さんに電話して、異常事態を報告。
ついでに、友達のうちに泊めてもらうこと、昼まで帰ってこないことを約束させた。
俺も飲みに行っちゃいたかったけど、玄関のドアを開けるのが怖くて、部屋から出られなかった。

以上が2週間くらいまえにあった話。
7月には契約更新だから、部屋は気に入っているけど引っ越すつもり。
引っ越すとき、管理会社にそれとなーく話してみるけど、多分正式には報告しない。


442 本当にあった怖い名無し sage 2009/03/29(日) 13:23:07 ID:hLGVl7mrO
 携帯からスマソ。10年以上前の話。
その頃は福岡の築城町にある古ぼけたアパートに住んでいた。
アパートの正面には踏切があり、日当たりの良い場所だったが、外から見ると、いつもそのアパートだけ暗く沈んで見えて不気味だった。
(室内も電気を点けているのに薄暗かった)

ある、寝苦しい夜のこと。
水を飲もうと起き上がり、電気を点けた瞬間、真後ろの襖がガタガタガタガタ!と激しく揺れだした。
窓は全て閉めたから、風のせいで揺れるのはあり得ないし、今、この家に居るのは私と、隣で寝ている姉の二人。
地震なら部屋全体が揺れるはずなのに、揺れているのは、その襖だけ。
まるで、裏側から誰かが襖に引っ付いて揺らしているような。
(襖を揺らしているのは変質者とかではない、という事は何となく感じていた。)
 「今、この襖を開けたら何が見えるのだろう」
恐怖より好奇心の方が勝り、襖に向かって、おそるおそる手を伸ばした。
その瞬間、嘘のように襖の揺れは止み、激しい耳鳴りに襲われた。
耳鳴りが止んだ直後、悔しくなって、思い切り襖を開けると、同時に部屋の電気が消えたので、慌てて布団に潜った。

今思うと、あの状況で好奇心が勝った事が怖い。昔から怖がりだったのに。
今もそのアパートはあるが、怪現象が起こっているかは分からない。


446 本当にあった怖い名無し sage 2009/03/29(日) 18:24:48 ID:MnDD8kUm0
大した話じゃないが
この前、時間潰しに公園のベンチに座って本読んでたら
一人分空けて隣に乳母車引いた女性が座ったんだよ。
「今日はあったかいねえ」とか「ほらハトポッポ来たよ」って感じで赤ん坊に話掛けてて
最初は微笑ましいなとか思う程度で特に気にしてなかったんだけど
そのうち女性が「なんで喋ってくれないの・・・」とか「なんで私の言うことを聞こうとしないの?」
とか言いだすもんだから、気になって隣を見たら乳母車の中、空っぽだった。


449 本当にあった怖い名無し 2009/03/29(日) 21:13:23 ID:cXEw1RG80
これは俺が高校2年のときの話

はじめて彼女ができて、毎晩ケータイで長々と話してた。
そんなとき彼女が
「なんか足音するんだけど…。誰かいるの?」
と言ってきた。そん時、自分の部屋に俺一人。いるわけないし俺にはそんな音聞こえない。
「気のせいじゃない?」
そういってその時はなんとも思わなかった。

でも、次の日も、その次の日も彼女には聞こえるらしい。
しかも音はどんどん大きくなっているらしかった。
だんだん怖くなってきたが、霊とか信じない方なので気にしないようにしていた。

ある日、夜中にふと目が覚めた。体が動かない。
「あ、金縛りだ。そういえば最近、忙しかったから疲れてるのかな?」とか考えて
あんまり「やばい」とか思わなかった。
そうこうしているうちに何か聞こえてきた。
足音だ。誰か階段を上がって来る。俺の部屋の前で止まった。
「誰だ?おかんか?」と思っていたら金縛りが解けた。
部屋の外には誰もいなかった。
親に言っても馬鹿にされるだけだと思い、何も言わなかった。

450 本当にあった怖い名無し 2009/03/29(日) 21:15:37 ID:cXEw1RG80
そんなことが何日か続いた。
その日も「またか…」とか考えながら金縛りが解けるのを待った。
しかし、どうも様子が違う。足音が聞こえない。

「…っ!」今までに体験したことがない激しい耳鳴りに襲われた。
なんとか耳鳴りからは開放されたが金縛りのほうはどうにもならない。

そのうち目もなれ、ふと天井を見ると黒い点が一つ見えた。
「なんだあれ?ん?ちょっとずつ大きくなって…る?」
違う。大きくなったのではない。
黒いひも状のものが俺の顔の真上まで降りてきていた。
「なんだ…これ?」
気付けばすでに何本か同じように垂れ下がっていた。

次の瞬間、風もないのにひもがフワッと横に揺れた。
同時に

ドサッ!!!!!!!!!

女の頭が俺の目の前に落ちてきた。
たとえ様もない恐ろしい形相だった。
あまりの恐ろしさに俺は朝まで気絶していた。


451 本当にあった怖い名無し 2009/03/29(日) 21:17:54 ID:cXEw1RG80
俺~~~!もう昼過ぎよ!布団干すからもうおきなさい!」
母の声で目が覚めた。
「死んだと思った…。夢…か?」

「はやくしなさい!!」

あまりのことに頭が働かない。
「とりあえず布団もって行くか…」
「っあああ!!!」

敷布団の下に女の長い髪がびっしり敷き詰められていた。


実話です。長文失礼しました。

468 451 2009/03/29(日) 23:28:14 ID:cXEw1RG80
まぁ、後日談あるよ。

さすがに寒くなって親に話して拝み屋みたいなの呼んだ。
書くと長くなるからすっきり終わらしたんです。

多分下がってたのは髪の毛じゃない。もっと太かったね。
顔は目の前に落ちてきたからそりゃ見えるよ。
つーか、形相っていうか顔自体がもうたとえようがない。
一言で言えば悪魔かな?

起承転結はほめ言葉として受け取っておく。


476 本当にあった怖い名無し sage 2009/03/30(月) 00:38:12 ID:CLN+Xtut0
お前ら自分が座ってる机の下気にならないか?俺は神経質になりすぎてイライラする位気にする

その原因の俺が6年前ぐらいに体験した話

その当時マンションで一人暮らしを始めたばかりの俺はとにかくビビリで、ほぼ毎晩家に友人達を誘って馬鹿騒ぎをしてた
まぁそんなことを長く出来るはずもなく結局苦情がきてしまい自粛することになってしまった
しかしビビリな俺は静かに一人夜を過ごすのがとても困難で、なけなしの資金で小さなテレビとノートパソコンを買った

ネット環境やテレビの設定をした後の夜はとても気楽に過ごせた
そのせいかどんどん夜起きている時間が増え、いつしか仕事があるということと朝に弱いという弱点を抱えつつも深夜3時位まで起きるようになっていた
その頃から2chにも嵌りだし仕事にも熱が入らなくなってきていた
ビビリでも十分すぎる娯楽の恩恵を受けて時間感覚がすっかり狂ってしまい、当時は本当にダメ人間になってしまっていた…現在進行形だけど

奇妙な出来事が起こり出したのはそれからだった
パソコンの画面を見ていると視界の隅に一瞬何か白いものが見えたり、就寝時に電気を消した直後ゴソゴソと家のどこかから不審な音がしたりとこのスレでは大したことないものだった
しかし俺はそのことを気にし始め、怯えていた
それでも夜更かしは辞められなかったが
しかしそれらが起こり始めてすぐ、夜更かしを程ほどにさせた決定的なことが起きた


477 本当にあった怖い名無し sage 2009/03/30(月) 00:40:42 ID:CLN+Xtut0
いつものように仕事から帰り、テレビとパソコンの電源を付け、
テレビの音とパソコンの操作という2つの娯楽を楽しんでいた時だった
俺はちゃぶ台の上にパソコン、そのちゃぶ台越しにテレビというフォーメーションで
あぐらをかきながらネットサーフィンをしていた
ふと何か白いものが視界の隅に見えた
それでも気にしなければ何も起きないという勝手な理論でガン無視を決め込み、
視線を完全にパソコンに集中させた
しかし今度は不審な音が丁度死角になっているちゃぶ台の下から聞こえた
パソコンの読み込み音や、テレビの音声でもない、
人が小刻みに詰まり気味の鼻で呼吸をしているようなスンッスンッというような音だった
流石に娯楽があるとはいえ恐ろしくなってきた俺は立つこともできず、ただただ硬直してしまった
そうしている内にいつの間にかちゃぶ台の下の音があぐらをかいている
俺の足のちょうど組み合ったところから聞こえるようになっていた


478 本当にあった怖い名無し sage 2009/03/30(月) 00:42:10 ID:CLN+Xtut0
絶対に見ない、意識しない、騒がないというまるで子供達に教える地震対処方法「おかしも」のようなことを意識しつつも、その時人って本当に怖くなってしまうともう錯乱するんだなと実感した
冷静ならば下なんて向かずに立っていただろうが、恐怖心とほんの少しの好奇心に負け、
下を向いてしまった

ちゃぶ台の下には目を大きく開いた真っ白な顔があった
鼻から下の部分はちゃぶ台に隠れていたが、下を向いた俺の顔とそいつの顔は30cm離れていなかったであろうからもし全部見えていたら本気でショック死していたかもしれない

それからどの位経ったか、気が付いたときには夜が明けていた
幸い仕事が休みだったので気分を落ち着けようと顔を覆うように両手を押し付け、
ゆっくりと顔から離した


視界が白く覆われた



489 同人ノウハウより転載 sage 2009/03/30(月) 10:02:49 ID:DfaCM47k0
328 :友やめ1/3:2009/03/18(水) 22:13:20 ID:zUyDVHRDO
落ち着いたので投下。
数年前の友やめ。

元友Aはアニメや漫画の表現を現実にやる奴だった。
以下例を幾つか挙げてみる↓

・走る時に「ドビュー!」「ゴオー!」と実際に声に出す。
・走って来て止まる時に「キキーッ!」と言いながら、わざと前につんのめりながら停止。
・食べる時は「モグモグ」「ハムハム」を声に出(ry
・驚いた時は一度力一杯顔をしかめてからクワッと目を見開き「えっええーっ!?」と声(ry

当時Aは既に30代半ばだったのでかなり痛かった。
しかしそれでもまだこの程度で済んでいたので、私も共通のヲタ友達もハイハイバロスでスルーしていた。

だが、そのうちAのオーバーリアクションは常軌を逸するようになってきた。
誰かがボケると
「んもー、○○さんってばー!」
と言いながら横面に加減一切無しのグーパンチ。
鼻血を出して吹っ飛ぶ○○。
別の友人は歯を折られた。
咎めると「怒られちっち…くちゅんくちゅん」と泣く振りだけで反省は無し。



490 同人ノウハウより転載 sage 2009/03/30(月) 10:03:30 ID:DfaCM47k0
329 :友やめ2/3:2009/03/18(水) 22:17:01 ID:zUyDVHRDO
こうなるとみんなFOとまでは行かないが距離を置き始め、流石にAも反省したのか
馬鹿な行動は少なくなってゆき、多少のモニョは残したが再び元の距離に戻った。

が、元に戻って安心したのか、Aはまたおかしな行動を取るようになった。
そんなある日のイベントの時のこと。
交差点で信号待ちをしていたら、Aに突然「ええーい!」と車道に突き飛ばされた。
思いっきりワゴン車と衝突、つーか跳ねられた。
気付いたら病院のICUのベッドの上。
頭蓋骨と鎖骨と肋骨と骨盤と大腿骨と右肘が折れたり割れたり砕けたりだった。
しかもイベントの日から10日過ぎてた。
両親とばっちゃと兄貴と妹が「よかったよかった」と号泣してた。

Aは
「つきとばされて車にどっかぁ~ん☆と吹っ飛んぢゃう(私)チャン☆」
「そして頭から血ダラダラさせながら怒り笑顔で『なにすんのよもー☆ミ』」
を想定していたんだそうで…orz
過失傷害どころじゃない、冊人未遂で塀の中に叩き込んでやった。




491 同人ノウハウより転載 sage 2009/03/30(月) 10:04:10 ID:DfaCM47k0
330 :友やめ3/3:2009/03/18(水) 22:20:34 ID:zUyDVHRDO
A親は謝罪には来たものの
「娘は夢見がちなものですから…」
「今回もちょっとした悪ふざけだったんです…」
「出来れば今後もお友達として仲良くして頂ければ…」
夢見がちの悪ふざけでこちらは氏にかけたんですがね。
当然まるっとお断り。
これをきっかけに他のヲタ友やAと付き合いのあった人達も一斉にAをCOした。

跳ねてしまったワゴン車の運転手さんには、極軽いものとはいえ
ペナルティが課せられてしまったことが本当に申し訳なかった。
ご夫婦でお見舞いに来て下さった時、うちの両親と謝り合戦になったそうだ。
私は幸い後遺症は無かったけど、片方の尻にでっかい×の形の傷が残って今では笑い話にしています。


Aは一昨年に出所した様だが、家族揃って何処かに引っ越したらしくその後は知らない。
知りたくもない。


495 本当にあった怖い名無し sage New! 2009/03/30(月) 12:33:34 ID:3XhKU6vRO
ちょっと長いが失礼
話し言葉の方言を慣れない標準語に直してみたんでぎこちないかもしれんが

免許取り立てではしゃぎまくってた時
なにぶん田舎なもので、毎晩皆思い思いの車に乗って調子に乗りまくってた
そんな訳で、田舎の夜はヘッドライトの明かり以外は星が瞬くばかり
ざわざわと木々が擦れ合う音を吹き飛ばすぐらいアクセルふかして意気がる僕達はまったく田舎の高校生の鏡のようだった
その日は気紛れに心霊スポットに行こうと言う事になった。地元ではバカなら一度は訪れる廃屋のことだ
僕の車で行くことになった。汚すなよ、土禁だからななんて寒い事をいいながら意気揚々出発
何回か行ってたんで気軽な感覚だった

農道をとことこ走っていくと森に同化するようにその木造平屋建はぽつんとある
地主さんの家みたいに広くてゴージャスなんだけど俺の知るかぎりずっと放置されてるその家屋はまさに廃屋と言う名にふさわしい
概観からしておんぼろ。とにかく木が湿ってそう
家の建ち方としてはト○ロの家な感じ。あそこにあんなスウィートホームじゃなくて
純和風のいかにもって感じのが建ってる
行く度思ってたけどその家屋付近は霧がよく発生する
冬だから余計なのかしらんが
車から降りると家屋裏の真っ暗な森がざわざわうるさかった
ちょっと風もあったし、ミリミシ、と独特な家鳴りがいかにもな雰囲気を醸し出している
なんてことはない。僕達はただ中に入って写真をとる

買ったばかりのデジカメを使いたいが為に
そして写真をとったら適当に捜索していつものように帰ってコンビニにでも行く予定だった
ずかずかと玄関からはいった。家具は殆どない
散らかされたゴミと大きなタンスとよくわからないが漬物樽みたいのがちょっと残ってる
「M撮ってやろう」
埃に塗れてカリカリになった表紙もよくわからない雑誌を拾い上げていたMにTが言う。
「我が城ですwww」
ふざけながらMは当時僕らの中で流行った台詞をいって襖を背に両手広げて超スマイル。
フラッシュがあたりを照らした瞬間、僕は全身に鳥肌がたった




496 2 sage New! 2009/03/30(月) 12:37:25 ID:3XhKU6vRO
やばい、なぜかわからないけど頭にそう浮かんだ気がする。とにかく一瞬にして冷汗をかき鼓動を乱した
次の瞬間誰かが奇妙な奇声を発し、驚いて僕は外に逃げた。皆も後からついてきた
場は一瞬にして小パニック
息を切らしながら車まで走りつくがMとTがいない
振り返るとTがMを押し退けてこちらへ脱出してくる所だった
Mは死にそうな顔してもがいてる。腰が抜けたのかうまく走れないMに駆け寄った僕は、引きずるように車まで走った
「どうした?足捻ったか?」
「ちがう!ちがう」
Mは過呼吸気味にヒッヒッといいながら口をぱくぱくさせていた

もう帰ろう。何も言わなくても一致団結だった
Mを後部座席の真ん中にのせ、支えるように左右にTとNが乗る
「M気分悪なったら言って、とりあえずコンビニいくから」
返事がない。ただの屍のようだ
そんな感じで退散。闇をヘッドライト光で切り裂きながら僕らは明るい場所を求めた
霧は晴れていた。後ろでは相変わらずMに声を掛け続け大丈夫かと問うている
僕は視界の端に猫の死体を捕えた。珍しくはないけれど今は見たくなかった、なんて考えた刹那
バガッゴッシャァァァ!みたいな音がして急ブレーキをふむ
「なになになになに!??」
「Mが飛び出した!!」
バックミラーで確認すると後方にMが蹲っていた

あと1レス続く


497 3 sage New! 2009/03/30(月) 12:42:29 ID:3XhKU6vRO
我ながら長ぇー
これで終わるから勘弁な

その日はもう解散することになった
あの廃屋で写真をとってから、いや廃屋にいくさなか霧が出てきた時からひどく重い空気が僕らにまとわりついていたように思う
Mは幸いかすり傷ですんだ
翌日僕とTとNはMの家へむかっていた
道すがらTが言いにくそうに言った
「俺、塩と御守りもってきてる」
「なんで?」
「昨日な、M飛び出しただろ。あん時俺押し退けながら、聞いてる、って言ってたから」
「聞いてる?」
「たぶんあいつずっとそう呟いてた」
Nの方を見た。Nは首を傾げる

とりあえずMの無事を確認してそれでこの不可解な気分を晴らそうと、皆そう思ったはずだ
だけど思惑は外れた。Mの様子がおかし過ぎる
Mおかんに説教されながらも(田舎のおかんは他人の子にも容赦なく怒る。うちのおかんもだ)Mに面会
Mじゃなかった
Mなんだけど、どうみてもMなんだけどMじゃない
雰囲気が明らかに違った。無言のMに僕らも無言
Mのおかんだけが「あんたら車は玩具じゃないのよ」と話の続きを延々してた
さらに異様な雰囲気になりながらMとの面会を終了。Tの家へうつった



498 4 sage New! 2009/03/30(月) 12:44:56 ID:3XhKU6vRO
ごめん。改行多くて入り切らないので続いちゃった

あのデジカメの写真を見てみる
「だめだ。これ写ってるよ」
「うわ、本当だ。この隙間に指っぽいの」
TとNが言う。僕も見た。ふたりが言う指なんてみえない
MとMの背後にうっすら隙間が空いた襖があるのみだ
「うわ!!」
「何!!?」
僕は気付いて叫んだ。TとNがキレ気味にこっちをみる
デジカメの画面。件の隙間を指差して言った
「これ、指じゃない。誰かが横向きに覗き込んでる」
(:-D)←こんな感じ。わかるかな。顔だけが見えてる
ギャーー!!!言った本人の僕もTもNも同時に叫んだ
デジカメ放りだしてカードに塩を塗りこんで投げた
ちなみにMは無事に今も地元にいる
今度こそおわり!サンキュー!


514 本当にあった怖い名無し New! 2009/03/31(火) 00:47:35 ID:rYDC+xGZO
携帯から投下

昨日のことなんだけど、運転に疲れて秋田にある道の駅で休んでました。
トイレの横にある空き地で少し窓開けて寝てた。
時間は多分夜中の2時くらいだったと思う。

うとうとしてたら窓の外に気配がした。 体起こして窓側見たらじいさんとばあさんが2人いた。



516 本当にあった怖い名無し New! 2009/03/31(火) 00:59:37 ID:rYDC+xGZO
少し開けてる窓の隙間に手を入れて窓ガラスをゆすってる。
俺は最初何が起きてるのかわかんなかったが、2人の姿を見て眠気が一気にさめた。
全裸で頭に手拭いみたいなのまいている。
俺は冷静になんか用すか?
って聞いてしまった。
そしたら窓の隙間に両手を突っ込まれて車を激しく揺すられた

518 本当にあった怖い名無し New! 2009/03/31(火) 01:06:17 ID:rYDC+xGZO
そこで俺はブチ切れて、車のドア勢いよく開けて外に出ようとしたらドアが開かない。
よく周りを見たら頭に手拭いした人達に囲まれていて、そこで初めてこいつら人間じゃねえ!
って気付いた。
そしたら窓にベタっと顔をくっつけてきたじいさんと目が合ったら、全部黒目でしかも顔の肉が極限まで落ちていて、ミイラみたいだった。
エンジンつけっぱなしだったからそっこう逃げたよ


531 本当にあった怖い名無し New! 2009/03/31(火) 05:35:59 ID:Gu3fBjaLO
普段は怖い体験なんてしないのですが…つい先日体験してしまったので、投稿させて頂きます。
スレ違いかも知れませんが、この話を読んで何か分かった事があれば教えて頂きたいです。
俺自身、何が起きたのかハッキリしなくて、怖くて仕様がないんです。
どうかお願いします。


532 本当にあった怖い名無し New! 2009/03/31(火) 05:38:43 ID:Gu3fBjaLO
4日前に体験した話。
春休みが始まったばかりだった俺は、男友達2人を誘って、中学時代に転校してしまったもう一人の友人の家に遊びに行ったんだ。
朝っぱらから電車に揺られて、昼頃にそいつの家に着いて、夜の11時まで遊んだ。
久々に会ったからテンション上がって4人で馬鹿みたいに騒いでたんだが、引っ越した友人の兄貴にも久々に会いたくなったんだ。
だから友人に会えないかと聞いたら、自転車で30分くらいで兄貴の仕事場に着けるから、今から行くかって話になった。
チャリは友人の両親と友人兄弟ので4台あったから、親御さんにも許可貰って会いに行ったんだ。
で、仕事場に付いたら友人の兄貴がドアの前で仁王立ちして待ち受けていて、「久しぶりだなー」って、笑顔で迎えてくれた。
親御さんが連絡入れてくれたらしい。
友人兄の仕事場は8階建てビルの7階の一室で、エレベーターで上がったらビックリ、なんかプレステとか置いてある。
仕事する気ねーだろwとか思ったけど、前の住人の忘れ物らしい。
でも俺達にはそんなん関係無くて、友人兄の仕事が終わるまでずっと4人でFF8進めてた。
セルフィ可愛すぎ。


533 本当にあった怖い名無し New! 2009/03/31(火) 05:40:11 ID:Gu3fBjaLO
夢中になって進めてたけど、友人兄の仕事が終わって、友人宅に帰る事なった。
この時点での時間は深夜の2時で、友人兄がもう暗くて危ないからチャリを置いて自分の車で帰ろうと言い出した。
来る時も暗かったし、4人いるから大丈夫だと主張したんだけど、万が一何かあったら困るからと譲らない。
迷惑をかけたく無かったし、少しの間押し問答が続いたんだけれど、結果的に友人兄の言葉に甘える事になった。
話もまとまって、それじゃあ帰るかーっ!と部屋を出てエレベーターに乗り込もうとしたんだけれど…アレ?動かない。
壊れた?って思ったけど、友人兄が思い出したように「そうだ!エスカレーターは12時以降は動かねえんだった!」と。エスカレーターじゃねえよ。
その発言で友人兄を除く4人が「な、なんだってー!」って感じで階段降りんのマンドクセってブーブー文句垂れだした。
でも帰るには階段降りるしかないから、渋々階段を降りる事に。
ここで、室内の階段より屋外の階段の方が車を止めてある駐車場に近いから、そっちを使う事にして、屋外階段に続く重い鉄の扉を開けた。


534 本当にあった怖い名無し New! 2009/03/31(火) 05:42:12 ID:Gu3fBjaLO
扉を開けると、8階から1階まで吹き抜けになっている階段に出た。
屋外階段って言うから本当に屋外にあるのかって思ったけど、違うんだなぁ、なんてどうでも良いこと考えながら階段を降りだした。
狭い階段だったから、俺が先頭で、その後ろに友人兄→友人3人という形で、一列に並んで降りてた。
で、階段を少し降りた所で、最初の異変に気付いた。
今まで馬鹿みたいに騒いでた奴らが、今度は馬鹿みたいに静かなんだ。
変だな~って思ったけど、騒ぎすぎて疲れたんだろうなって特に気にしなかった。実際俺も眠くて、早く帰りたかったし。
で、気にせず引き続き階段を降り始めてまたすぐ、次の異変が起こる。
なんか、爆笑し始めたんだよ。後ろで。
「やべぇw」とか「マジウケるw」とかじゃなくて、もう、本当にただ単純に笑ってる。ゲラゲラ笑ってる。流石に気味悪くて、うるさいよ!と、立ち止まって怒鳴ったんだ。
そしたら、突然シーンと静まり返って、後ろから友人の声で俺の名前を呼ぶ声が聞こえたんだ。そして、それと同時に俺の肩に手が置かれた。


535 本当にあった怖い名無し New! 2009/03/31(火) 05:43:57 ID:Gu3fBjaLO
それだけなら何の不思議も無い。ただ友人達がふざけただけだと言い切れる。でも違う。俺の肩におかれた手。肩だけじゃなかった。体中に無数の手が触れてた。
一列に並んで降りてるんだから、後ろにいる友人兄以外が俺に触れられるハズが無い。
俺は自分が今どういう状況に立たされてるかを初めて認識して、走り出した。
でも逃げ出す瞬間に、腰から下げてた懐中時計の鎖が階段の手すりに引っ掛かって、千切れて落としてしまったんだ。
祖父の形見の大切な懐中時計だったんだけど、そんなの捨て置いて走った。
俺が走る後ろから、俺を追いかけてくる足音が響いていて、怖くて死ぬかと思った。
怖かったけど走って走って、1階に着いて、扉を開けて外に出た。
駐車場の脇に出て、逃げ切ったと安心したら、涙が溢れてきた。
友人達は大丈夫だろうか、とか、あれはなんだったんだろう、とか、やばい小便ちびったとか。色々と考えてたら、俺が出てきた扉が開いて、友人達が出てきた。
友人達に駆け寄って、大丈夫だったか?って聞いたら、4人が笑いながら「大丈夫じゃないのはお前だろw」。
友人達の話によると、扉を開いて階段に出た瞬間、俺が狂ったように全力疾走しだしたらしい。


536 本当にあった怖い名無し New! 2009/03/31(火) 05:47:28 ID:Gu3fBjaLO
話を聞いて俺が唖然としていると、友人兄が俺に懐中時計を手渡した。「どこにあった?」と聞くと、「お前が走り出した瞬間、手すりに引っ掛けて落ちたよ」。
おかしい。全部おかしい。俺は階段を降り始めた時は走っていないし、懐中時計を落としたのは階段を降りて少し経った後だから、一階に落ちているハズがない。
でもそれは全部友人達との言い分と食い違う。
おかしいのは俺の頭なのか、友人達なのか。あるいは、もっと違う何かが絡んでいるのか。

以上です。長文・乱文申し訳ありませんでした。
これがこれまでの人生で唯一体験した恐怖体験なので、思い出すと未だに怖くて泣きそうになります。
もう二度とあんな体験はしたくないです。


567 本当にあった怖い名無し sage 2009/03/31(火) 21:09:23 ID:imu3gZyH0
昔、学校帰りに良くすれ違う、犬の散歩してるおっちゃんがいた。
思い返して変な点が幾つかある。

まず、犬が頻繁に変わる。見間違いとか記憶違いじゃなくて、ポメ風のチビだったり
中ぐらいの雑種風だったり、明らかに違う犬を何度も連れていた。

2匹以上の犬を連れてる時もある。そして、鮮明に思い出して見ると、
おっちゃんが首輪つけてつないでる犬はいつも1匹で、
一緒に居る他の犬は鎖も首輪もつけてなかった。

凄いときは5、6匹いたりするのに、妙に静か。他に犬飼ってる家の横とおって
そこんちの犬が騒いでも、おっちゃんの周りに居る犬は殆ど反応しない。
思い出すと、反応してたのはおっちゃんが首輪つけて引いてる犬だけだった
ような気がしてならない。

そして、なぜか俺は、そうやって連れてる犬の一匹は歩いてるおっちゃんの
背 中 に し が み つ い て い た
光景を記憶している。

あの犬ら、全部生きてたんだろうか?ホントに生きてる犬だったか?
死んでおっちゃんにくっついてたとしたら、どうして?
なんてことを考えてしまう。


659 本当にあった怖い名無し sage 2009/04/01(水) 16:23:07 ID:7I2XQv+90
【愚痴も】子供産んで後悔した瞬間 14回目【大事】
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/baby/1231120404/
49 名前:名無しの心子知らず[] 投稿日:2009/01/10(土) 10:09:45 ID:Aqdpu9Z/
めんどくせ
しょうがないから1人産んだけど子供欲しいなんて思った事一度もないし
妊娠中も流れないかなと思ってた、産んだ瞬間はあーあ産んじゃったよって感じだった
おまけに旦那そっくりでがっかりした

284 名前:名無しの心子知らず[sage] 投稿日:2009/01/29(木) 23:42:27 ID:LSCcNKka
一昨日産まれて今日から母子同室
二人目
泣いて抱っこしてもどーせ泣き止まないから、隣に寝かせて泣かせっぱなしの放置状態
二人目楽でよく寝るなんていうのはいつ頃からかなぁ?
あーうるさい
まだおっぱい出ないし、ミルクタイムはまだだし
何で産院って授乳時間決まってるんだろう個人差あるのにね

もう一時間泣き続けてるよ疲れないのかな?
しつこいな~
まだ可愛いと思えないからよけい放置してしまうわ

413 名前:名無しの心子知らず[] 投稿日:2009/02/06(金) 19:49:48 ID:vRxzTLGR
私ほかに相手がいなかったのと高給取りだったので好きでもない男と結婚して
生みたくもなかったけど仕方なく産んだけど、
ちっともかわいくない。
最低限の世話はしているけどできる限り一緒にいたくない。
もうやだ。仕事してた方がずっと楽しい。

旦那に任せたいんだけど仕事が大変だし難しい。
小学校に上がったら手は離せると思うけど、もうやだ。
こういう場合施設とか預けられるの?
お金もかけたくない。


680 本当にあった怖い名無し 2009/04/01(水) 21:40:36 ID:1++1pV2TO
実話です。

二年前、友人が目の前で事故に逢った
友人は腸が飛び出、指三本切断。
僕は慌てて車に友人を乗せ病院に直行。
病院に着き看護婦さんが一言
「順番なので名前を書いて診断書をお見せ下さい」


684 本当にあった怖い名無し sage 2009/04/01(水) 22:15:25 ID:+bUtaa6V0
家賃ムリして、建ったばっかの新築マンションの一室で一人暮らし始めたばっかの頃、
夜ふかしして午前2時ちょい前に布団はいって半分ねこけたあたりで、
玄関先からガチャガチャバキッて音がした。
“隣?夢か?”
て起きもせずに夢うつつで寝てたら、廊下でパタパタ軽い音がする。
寝ぼけたまま薄目を開けたら、廊下を子供が何人も歩いてた。
大きめのやよちよちしたのや、着物だったりヒラヒラドレスだったりボロ布巻いてたり、
歳も服装も色々のがペチャクチャやりながら、玄関からベランダに向かって歩いてく。

やっぱ夢だ、と思いつつ寝返りうって眠り込んで、次の日。
玄関見たら、閉めたはずの鍵が開いてた。
その上に、しっかり掛けた記憶のあるドアチェーンが、千切れて壊れてた。

さすがに薄気味悪くて、知り合いのつてをたどって霊感がある人に
来て貰った。
「あ~だめだねこれは。引っ越した方がいいでしょー」
詳しく聞いたら、霊が通る道があるんだと。
「君、子供に好かれないでしょ?その子達、どんな風だった?」
言われて思い出したんだが、前日チラっと俺をみた洋服の消防くらいの女の子が
2人顔をしかめて「キモーイ」と言った記憶があった。
それを言ったら、「良かったね」だと。
何がまずいって、俺の部屋を通ってる道は子供専用らしかった。
しかも、大半が死んだなんて全く思ってない子供らばっかり通る道。
見たときは全然ヤな印象じゃない光景だったが、本気で危ない霊らしい。

「懐かれたら、まず命無いよ。悪気も何もなく、
 『気に入ったから一緒に行こ♪連れてっちゃえ♪』で寄ってたかって
 もってかれる。行き先は賽の河原かな、ハハハ」

ハハハじゃねーよコンチクショウ、と心の底から思った。
もちろんマンションは速攻で出た。


695 本当にあった怖い名無し 2009/04/01(水) 23:14:17 ID:TXfyp/NN0


以前私が勤めていた職場での話しです。
私はある場所の老人施設で働いていました。
その施設は死期の近いかたが多くおり、身寄りがいない人が大半です。
やはりそういった場所ということもあり怖い噂は後をたちませんでした。
私は直接見たことや体験したことがなかったので半信半疑でしたが、今回の体験で嘘ではなかったことがわかりました。

少し肌寒くなってきた季節、私は夜勤で一人詰め所にいたときです。
つい先日亡くなった末期ガンだったおばあさんの部屋の方から音が聞こえて来たのです。
老人施設という事もあり誰か部屋がわからなくなり入り込んだのだろうと思い見に行くことにしました。
もう一人の夜勤者は仮眠中で心細さはあったものの暗い廊下を非常灯の明かりを頼りに歩いていきました。
音のする部屋はやはり以前おばあさんがいた部屋です。
「失礼します~、誰かいますかぁ~?」

小さな個室入れば誰かいるかなんてすぐにわかります。
何処から音が聞こえてくるのか…よりも何を言っているのか、私はなぜかそちらが気になりました。
「…ぃ……し…」
最初はなにを言っているのか全くわかりませんでした。
しかし段々声が大きく、はっきり聞こえて来たのです。
「…ぃ…サ…ィ…サミ……イ…サミシ…サミシイ…サミシイ…サミシイサミシイサミシイサミシイさみしいさみしいさみしい寂しい寂しい寂しい寂しい寂しい寂しい寂しい寂しい」

恐怖で一歩も動くことができません。
段々頭がボーッとしてきて倒れそうになったそのとき
ピロロロ!ピロロロ!ピロロロ!ピロロロ!
ナースコールがなりハッと我にかえり部屋の外に飛び出しどこで鳴っているのかを探しました。(各部屋には点灯ライトが付いているんですよ)
頭上でクリーム色の蛍光灯が点滅していたのです…




私はすぐに詰め所に戻りました。
流石に怖いですからね…
しばらくして仮眠者が帰って来たので一緒に見に行ったのですがなにもなく、呼び出しボタンの誤作動で終わりました

あのおばあさんは生前寂しかったのでしょうか?
それとも一人で死んだことが寂しかったのでしょうか?
私はその後たびたび声を聞くようになり施設を去ることにしました。今は違う施設で仕事をしています。

私は今でも誤作動だなんて思っていません。
それは他の入居者から
「毎晩〇〇さん(例の部屋にいたおばあさんの名前)サミイ、サミイってうるさいんだよ~、早く暖かくしてやんな~」
と言われたのです


おわり


766 本当にあった怖い名無し sage 2009/04/03(金) 17:26:47 ID:YWa42a0n0
まとめサイトで「コトリ」っていう話を読んで、ちょっと思い出したことがあるのでひとつ。
汚いものを見たくない人はスルーしてください。


もう何年も前の事だけど、私はDV彼氏と同棲していたのを着の身着のまま脱出して、
帰る家がない状態が何ヶ月も続いていた事があった。
で、18とか19とかの頃で、情緒不安定で人肌恋しかった事も重なり、
まあぶっちゃけた話、売春で生計を立てていた。

その頃はまだ出会い系サイト規正法とかもなくて、
携帯から探せば腐るほど「そういうの」が見つかったんだよね。
そんなさなかの事。

残りの所持金が130円とかで、ぎりぎりコンビにおにぎりが買える程度。
ヤバイと思って必死に相手を探してたんだけど、そういうときに限ってなかなか見つからない。
日付が変わる頃っていう、時間の遅さもあったのかもしれないけれど。
普段は「本番」で数万円の人しか相手に選んでいなかったけど、
「口だけ」で1万円、10分で行くよ、とメールを送ってきた人がいたから、その人に決めた。


767 本当にあった怖い名無し sage 2009/04/03(金) 17:28:22 ID:YWa42a0n0
やっぱりこちらも犯罪に巻き込まれるのは怖いし、変な人ってのも嫌だから
いつもメールの文面や自己紹介で、大丈夫そうな人を選ぶようにしていた。
(普通に会話が出来るか、極端に太ってないか、とかね。)
その点で言えば、彼は会話もちょっと絵文字が入っていてただのエロいおっさんっぽかったし、
年齢も30台で、そして口だけならあまり心配する事もないかと。

男は可愛い感じの軽自動車で現れた。
待ち合わせ場所は駅だったけれど、深夜だという事もあって人気はゼロに近い。
でも車に乗って、何だか日常的でないものを感じた。
それは車がおかしかった訳でなく、男そのものが日常的でない感じ。
変な違和感というか。
何というか、「怖い」と、雰囲気で感じた。
彼は顔に大きな傷があったけれど、それ自体は特に怖いとは思わなかったし
喋り方も気さくで優しい感じなんだけれど、何故か怖い。
そう感じた時点で車から降りれば良かったものの、
降りたところでお金が貰える訳じゃない。



768 本当にあった怖い名無し sage 2009/04/03(金) 17:29:56 ID:YWa42a0n0
男は「どうせなら、ちょっとドライブしようか」と、車を走らせた。
ただやるだけ、じゃなくて、ちょっとでも良い雰囲気を作って臨みたいという男性は
今までもいたから、特に疑うことなく承諾した。
とりとめもない話をしながら走った。
私は会話は得意な方じゃなかったけれど、男が上手く喋ってくれたからそれなりに弾んでいたと思う。
その会話の中で、私は「帰る家がない」事も喋っていた。
車はどんどん、山奥へ走っていた。

1~2時間くらいはドライブしただろうか、突然車が閉店したドラッグストアのような建物の駐車場に止まった。
休憩するのか、もしくはここで「する」のか?
無言で様子を見ていたら、男の口調が急に変わった。
頭真っ白にぶっ飛んで、足とか、本気で震えがガクガクで止まんない状態。
涙とか鼻水とか汗とかも出まくってたと思う。
同時に、男と顔をあわせた時に感じた「違和感」にも、納得がいった。
ちなみにこの件の後、別の8●●関連に巻き込まれた時に知ったのだけど
「そういう系」の人達は、「そういう」オーラというか、雰囲気を持ってるんだよね。
生きてる世界が違うから、そんな違和感を感じるんだと思う。


769 本当にあった怖い名無し sage 2009/04/03(金) 17:31:19 ID:YWa42a0n0
男の話した内容は大体こんな感じ。
・男に質問は禁止、男の目を見るのも禁止、笑ったり騒いだり抵抗したらこの場で殺す。
・朝鮮系の8●●で、若い女を「船」に引き渡す仕事をしている。
・出会い系で見つけた家出女なんてどうせ消えた所で誰も騒がない。
・「船」は富山の港にあり、そこに朝4時頃女を連れて行くと、連絡してある。
・「船」がその後どこにいくのか、女がどうなるかは知らない。
 男の仕事は、あくまでも「船」に引き渡すまでだという。

あの時の緊張は、本当に心臓が壊れそうな位だった。
自分がこれからどうなってしまうのか、外国に売られるのか。

細かいやり取りはまあ、よく覚えてないのもあるし詳しく書くと何かと怖いんで省略します。
結局私は売られずに「口だけ」で済んで、その上男と暫くメールのやり取りをしたり
男と同じ仕事をしている仲間の特徴を教えてくれたり、案外仲良くなってしまって
私自身は何てことなかったんだけども。

試しに自分の値段を聞いたら、60万円くらいだとか。
意外と高いものなんだな、と思った。


770 本当にあった怖い名無し sage 2009/04/03(金) 17:33:09 ID:YWa42a0n0
で、数年経って冷静に考え、「船」とか「売る」とかは嘘で、ただの脅し文句だったんじゃ?
とも考えるようになった。
けど「口で」する時に、車の中で良い物を、男は「仲間」が経営するラブホにわざわざ入り、
その「仲間」にお金を払おうとして「いやいやお金なんて結構ですよ」みたいな事言われてたり、
信憑性があるといえばある。
そんな折に、「コトリ」を読んで、ゾッとしたのでした。
選択肢を間違っていたら、私も船の上で惨殺されていたのかも知れないと思うと。

まぁ、売春は危ないのでやめときましょう、という事で。。
gdgdな長文、すみませんでしたm(_ _)m
関連記事
1/3 2/3 3/3
(0)


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ ⇒
心霊 未確認生物 UMA ミステリーブログ⇒
不思議な話 怖い話の本⇒オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍
<<死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 209_2 | ホーム | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 209_4>>

- コメント -

コメントの投稿


管理者のみ閲覧可


- トラックバック -


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

<<死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 209_2 | ホーム | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part 209_4>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。