現在地

スポンサードリンク

カテゴリー・目次

人気記事ランキング

最近記事リスト

逆アクセスランキング

相互リンク

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

RSSフィード

プロフィール

怖い話 不思議な話@2ちゃんねる

Author:怖い話 不思議な話@2ちゃんねる
2ちゃんねるの怖い話、オカルト板まとめサイトです。心霊スポット 心霊写真 超常現象 怖い話 恐怖体験 未確認生物 UMA 都市伝説 オーパーツなど、怖い 不思議&面白いと思った話を厳選して紹介しています。
ただ今相互リンク募集中です。ただし、心霊・不思議・ミステリー系に限らせていただいておりますのでご了承下さいませ。

ブロとも申請フォーム









管理ページ
最新記事 - 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_8 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_7 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_6 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_5 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_4 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_3 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_2 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195_1 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?195 (07/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?1 (09/01) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_6 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_5 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_4 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_3 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_2 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194(2)_1 (11/16) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_5 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_4 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_3 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_2 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?194_1 (11/13) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_5 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_4 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_3 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_2 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?193_1 (08/25) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? (08/20) | 




<<◇心霊ちょっといい話 ver.13◇ | ホーム | 幽霊は本当にいるのか69(いないのか)>>

怖い話 不思議な話@2ちゃんねる オカルト板まとめ

スポンサーサイト


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ

心霊 未確認生物 UMA 都市伝説 ミステリーブログをもっと見る



不思議な話 怖い話の本↓
オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1/3 2/3 3/3


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ ⇒
心霊 未確認生物 UMA ミステリーブログ⇒
不思議な話 怖い話の本⇒オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍
<<◇心霊ちょっといい話 ver.13◇ | ホーム | 幽霊は本当にいるのか69(いないのか)>>

怖い話 不思議な話@2ちゃんねる オカルト板まとめ

ほんのりと怖い話スレ その48


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ

心霊 未確認生物 UMA 都市伝説 ミステリーブログをもっと見る



不思議な話 怖い話の本↓
オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍
ほんのりと怖い話スレ その48
http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/occult/1209396143/

ほんのりと怖い話スレ その48
1 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 00:22:23 ID:bvdJC9pF0
実体験に基づく話が多く、意外と“シャレにならない”より怖い話もあったり…
ガイシュツ・都市伝説、何でもOK!
ほんのりマターリヒヤーリと……

8 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 00:55:04 ID:GQ84jxYI0
怖いと言うより、自分が驚いた体験だ。十年程前、東北の日本海側の
町に出張に行った。海に面した町で、旧赤線(公認売春宿)だった
古い旅館に泊まった。旅館の裏は県道、その直ぐ脇は防波堤そして
海。晩秋の荒波の音が聞こえる。
自分は海に面した2階の部屋に泊まった。壁を挟んで隣の部屋には
出張に同行した小柄な美人女性社員Mさん。仕事を終え、疲れた私と
Mさんはそれぞれの部屋で晩飯前に仮眠を取った。床に入ると自分は
Mさんの事を考え、彼女の身体を弄ぶ妄想を抱いた。唇から首、胸、
局部へと。やがて眠り、晩飯の時間前に目覚め入浴し、座敷の食堂へ
晩飯を取りに行った。Mさんが先に来ていて待っていた。食事を始め
暫くするとMさんが私を見つめ、
「A(私)さん、笑わないで聞いてもらえますか・・・」
「何?どうかしたの」
「私の泊まっている部屋の事です。私が眠っていると、金縛りと
言うんですか、動けなくなって・・・」
「疲れたんじゃない?」
「それだけで無く、何者かが私の顔から首、胸と触るんですよ。姿は
見えないんですけど。気配は感じるんです。気持ち悪くて・・・」
その何者かの行動は、自分の妄想と一致する。合理性は無いが焦る。
「出たんだ」と、取って付けた様に私。
「金縛りが解けて、起きて部屋の入り口の部屋名を見たんです。女の
人の名前になっているんです。変だと思いませんか?」
私は自分の部屋の名前を思い出した。「はまなす」だった。田舎旅館
には良くありそうな部屋名だ。彼女は赤線の絡みで何かが出たのだと
思っていたが、自分は妄想を読まれたのではないかと多少の罪悪感を
感じつつ、食事を終えると自分の部屋に戻り床に就いた。

15 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 15:49:27 ID:XtVsfcmw0
さっき昼なお暗い峠道をドライブしていたら、バックミラーに異様な影
が写った。見ると、黒い袈裟をはためかせた大柄な坊さんが大排気量の
スクーターに乗り、猛然と俺のクルマをまくってきた。
ギョッとして道を譲ると、まるで大コウモリが飛び立つように悠然と
抜いていった。

・・・それだけで別にオチはないが、俺は坊さんと妖怪は紙一重かもしれ
ないと思った。

18 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 20:49:51 ID:KG9kYTy10
坊さん、で思い出したが、自分は北陸のとある海に面した町の寺で
数ヶ月間アルバイトをした事がある。そこの住職は遊び人で愛人が居て
息子が馬鹿でニートで・・・
そんな事はどうでもいいんだが、長年務めているお手伝いのおばさんが
いた。午後3時頃、休憩で時間が空くとおばさんとよく雑談をしたんだが、
こんな事を言っていた。
「檀家で死んだ人が居ると私分かるんだよね。この庫裏から本堂にかけて
誰かが歩いていく気配がするんだよね。そうすると檀家から電話が掛かって
来る」
「どんな風な気配?」と自分。
「表現しづらいんだけど、通用口からこの(休憩)部屋の前を通った気配を
感じて、庫裏から本堂への廊下に出て見ると風を感じるんだわ。誰も
いないんだけど。何度もあるよ。こんな事。そうして暫くすると電話が
掛かって来る」

真偽の程は分らんのだが、昔、実際に聞いた話。

19 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 21:24:38 ID:BTtdjhe90
霊とかじゃないんだが、
昔、住んでいたところの近くに墓地があった。ある日墓地が更地となっていた。
墓地の整理でもするのかな?と思っていたらアスファルトが敷かれて
駐車場となって多くの車がとまっていた。こんな所怖くないかな?と思った。
駐車場が出来てから1、2ヶ月したら、車が全部なくなりアスファルトが剥がされていた。
やっぱり何かあったんだろうなと思っていたら、基礎工事が始まり
建売住宅の説明会が行われるようになった。
不動産屋は駐車場を潰して住宅にすると説明していた。
確かにウソではないが、ほんの前までは墓地だったんだけどな。
今後土地を買うことがあったときは、徹底的に調べないと怖いなあというのが
結論で、霊も出てこないし、怖くともなんともないが、
もしかしたら何か別の怖い話がはじまる序章のような気がして仕方がない。

22 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 23:00:44 ID:KG9kYTy10
寺のバイトで思い出した。投稿ご容赦。

実は、バイトとは言え、自分は坊主の真似事もさせられていた。無論、
本山にバレれば問題だ。坊主の真似事とは、檀家の家へ月参りに行かせ
られて、お布施を貰って来る事。当然、屁の様なお経を唱えなければ
ならない。ある檀家の家に行った時の事。そこは木造の古い工場兼住宅
だった。その日が命日なのは、癌で亡くなって、自分も納骨に立ち会った
婆さんだった。婆さんには娘がいて、嫁いだのだが亭主によるDVで実家に
戻っていた。工場の立て付けの悪そうな玄関で声を掛けると、その娘が
迎えに出て来た。自分は記憶に無いのだが、彼女は納骨時にいた自分を
記憶していた。娘は昔のフィギャースケートの八木沼純子に似た東北系の
色の白い人だった。頬には薄らと痣があったが。休業日の無人の工場を
通り、ギシギシ音がする階段を登り、住居のある二階へ通される。
自分は早速、仏壇の前に座り経を上げる。部屋には彼女と私だけだった。
その時、
「この娘(こ)をお願いします」
と頭の中で声が聞こえる。思わず仏壇に置かれた遺影の婆さんを見る。
「お願いします」
背筋に冷たい物が少し走った。
読経を終え、娘がお茶を出し、自分が仏壇を護る事になった経緯を
説明する。しかし彼女の態度が妙だ。顔を赤らめ、伏目がちに話す。
たまに甘えたような声で話す。いくら女音痴の自分でも彼女が好意を
持っている事くらいは分る。次の檀家も有るので、お茶を飲むと
挨拶し立ち上がり、再び仏壇に合掌する。また、
「お願いします」と聞こえる。
玄関で挨拶し、車に乗り込む。彼女は暫く自分の車が通りに出るまで
玄関で見送ってくれた。

バイトを辞め、それ以来、彼女には会ってはいない。
しかし、時たま彼女を思い出すと、母親である婆さんの顔も思い出す。
そして「お願いします」と声が聞こえた気がする。
今は段々記憶は薄れて来たが・・・

24 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 03:05:42 ID:YrKXiznwO
霊?なのか集団ヒスみたいなものなのか未だに腑に落ちない話。
俺がリア厨の時、林間学校があって、その合宿所は「出る」って厨房どもがバビってたのね。
霊とか全く信じてなくてイタズラ大好きだった俺は、就寝時間とともに「交霊術」を開始。
勿論俺がそれっぽく考えた適当なやつ。
で、見えもしないのに「来た」「そこにいる」とか言って皆をビビらせて内心ゲラゲラだったわけ。
異変はその後起こった。
まず同室の奴が「寒い」とかでガタガタ震え出した。
怖がらせ過ぎたかと反省して、「帰ってもらう」ことに。そもそもいないんだけど。
俺の部屋は20人くらいで、全部でそれが10部屋くらいの合宿だったんだが、
どっかの部屋から女子が絶叫する声が聞こえて。
俺の部屋以外にはエセ交霊術の話は聞こえてなかったと思うんだけど、
ほぼ合宿所の全員が「何かいる」「寒い」ってもうビャー泣き。パニック。
俺はポカンとしてた。
集団ヒスならそれはそれで怖いし、俺のイタズラが本物を呼んだとしたらそれも怖い。
もう20年前の話。

25 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 06:08:53 ID:3HoZgK+d0
昨夜、学生時代の友人が遊びに来た。
一緒に飲んでるときこんな質問をされた。

-------------------------------------------
鏡を見たら怖いものが映っていた。
あなたが一番怖いと感じるのは次のどれか?
①自分の姿に何かありえない変化が起こっている
②自分の背後に何かありえないものが映っている
③(自分も含めて)何も映っていない
-------------------------------------------

なんか心理テストみたいなものらしく、どれがどんなふうに怖いと答えるかで
そいつの心理的なパターンみたいのがわかるらしい。
俺は実場面を想像しながら
「例えばこんな状況でこんなものが映ってたら怖いなぁ」
などと一生懸命考えていたら、そいつの携帯がなり、「やべ、嫁怒ってるわ」
とか言って帰りやがった。
解説を聞かずに取り残された俺は、洗面台の前にあるトイレに行けなくなった。
夜が白み始めてからやっとオシッコできた。

26 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 09:53:12 ID:3WeAcoyZ0
寺で思い出した
197 :水先案名無い人:2007/09/16(日) 22:35:49 ID:5XFjkEAs0
俺は夜釣りに出かけた
ある日、遊びの予定がキャンセルになった俺は秘密の釣り場で夜釣りを楽しむ事にした
街から少し離れた所にある橋で、静かでよくつれる俺の穴場
その日も良く釣れ、しばらくした頃、全身に寒気が。
何か恐いな・・・そう思いつつも入れ食い状態のその場を離れる気にもならず夜釣りを楽しんだ
「あなたも釣りですか?」後ろから声をかけられた、振り返るとそこにはサラリーマン風の中年男性が
「えぇ、ここよく釣れるんです」「えぇそうらしいですね」
「あなたも釣りですか?」「・・・まぁそうですね」話していくうちに段々と俺は違和感を感じた
男性はどう見てもスーツ姿、とても釣りを楽しむ格好じゃない、こんな所でなにを・・・

「あなた、つらないんですか・・・」男性の声・・・いやおかしい、明らかに上から聞こえてきた
「つりましょうよ、あなたも・・・」俺は恐怖に震えながらも上を見上げた・・・
そこには、今話をしていた男性の首吊り死体が!!男が言っていたのは「釣り」ではなく「吊り」だったのだ!!
気が付くと俺の目の前には無数の人影が「吊ろう・・・一緒に吊ろう・・・」と俺に囁いている

「そこまでだ」聞いたことのある声、寺生まれで霊感の強いTさんだ
影によって今にも吊り上げられそうな俺の前に来ると、自前の釣竿を振り回し
「破ぁ!!」と叫ぶ、すると釣竿の糸が眩く光り、振り回した糸が剣のように次々と影を引き裂いてゆく!
ある程度影を振り払うと、Tさんの呪文によって周りには光が走り、アッと言う間に影は全滅した。

「Tさんも夜釣りですか?」そう尋ねるとTさんは俺を指差し「まあな、随分と小物を釣り上げちまったがな・・・」
帰り道で聞いた話によるとあそこは自殺の名所で首吊りが首吊りを呼ぶ恐怖の橋らしい。
「すっかり日も上がっちまったな、どれ、街で女の子でも釣りに行くか」
そう言って車に飛び乗り爽やかに笑ってみせるTさんを見て
寺生まれはスゴイ、俺はいろんな意味で思った。

27 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 09:56:14 ID:3WeAcoyZ0
198 :水先案名無い人:2007/09/16(日) 22:36:41 ID:5XFjkEAs0
俺は原付に乗って買い物に出かけた
普段どうり国道を走っていると真っ赤なワンピースを着た綺麗な女性が眼に映った
お、綺麗な人だな、そう思った瞬間俺は対向車線から来たトラックに撥ねられた
柔道を習っていた俺はとっさの瞬間受身をとる事ができたため両足を骨折する重傷ですんだ。

それから半年たったある日友人のKが同じくトラックに撥ねられた
直ぐに病院に駆けつけたが、Kに意識は無くその後死亡した
その場で救助に当たった人の話によるとKは「赤いワンピースを見てついよそ見しちまった・・・」
と呟いていたという、俺は驚いた。
アレは死神なんじゃないか?俺がそう思っている頃またあそこで事故が合ったらしい
話を聞いてみるとひき逃げらしく、この辺りは見通しがいいにも拘らずそういう事故が多いらしい
俺はあの赤いワンピースの女が死神だと確信した

数日後俺はバイトの先輩Tさんの車に乗ってその道を走っていた
Tさんは実家が寺で非常に霊感が強いらしく、俺は死神の話をしてみた。
「ふーん」っと素っ気なく聞いていたTさん、だが少し走ってからTさんが突然
「あの女か!」と叫んだ。見ると確かにあの赤いワンピースを着た女が道を歩いている!!
「そうです!あの女です!!」俺が叫ぶと「そうじゃない!あっち事だ!!」と正面を指すT先輩
見ると顔の抉れた女が対向車線を走るトラックの方向を狂わそうと、車体飛び移っている所だった!
「ハンドル頼んだぜ・・・」Tさんはそう呟くと車の窓から上半身を外に出し、狙いを定め
「破ぁーーーーー!!」と叫んだ、するとTさんの両手から青白い光弾が飛びだし、女の霊を吹き飛ばした
「これで安心だな・・・」そう呟いて片手でタバコに火をつけるTさん。
寺生まれってスゲェ・・・その時初めてそう思った。

28 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 10:00:04 ID:3WeAcoyZ0
209 :1/4:2007/09/17(月) 09:13:37 ID:s9SudBk20
俺にもやっと彼女が出来た
彼女は色白で背も低く病弱で、学校でもよく虐められていたそうだ
俺はそんな彼女の事を守ってあげたいと思い、告白し、付き合うことになった
付き合いだしてから1ヶ月後、彼女が初めて家に止まりに来た。
だが童貞で奥手な俺は彼女にキスすることすら出来ず、酒を飲むとそのままソファーで眠ってしまった
夜中に妙な音がしたので目が覚めた、誰かがブツブツ何か言ってる・・・
俺は彼女が電話しているのかと隣の部屋を覗き込んだ、するとそこには
恐ろしい顔をした彼女が「おうち、おうち、あたらしいおうち」と呟きながら自分の髪の毛を壁とタンスの隙間や
戸棚の下に押し込んでいる姿だった。
俺はあまりの恐怖に言葉を出すことも出来ずそのまま朝を迎えた。

何事も無かったかの様に眠る彼女・・・俺はどうしていいのか分からず
寺生まれで霊感の強い先輩のTさんに電話をし、ワケを話した
黙って俺の話を聞いたTさんは「よし、待ってろ、すぐ行く」と言ってくれた
俺は彼女に気付かれないようにこっそりTさんを上げると、彼女を見たTさんは「これは・・・」と呟き
「俺の後ろに下がってろ、絶対に前に来るな・・・」と言い彼女の前に立った
Tさんは何か呪文のようなものを唱え「破ぁ!!」と叫んだ
すると部屋中に仕組まれていたであろう髪の毛がいっせいに燃え上がり
彼女の髪の毛までもが燃え上がった!!
「姿を見せな・・・」Tさんがそういうと長かった彼女の髪の毛がバサリと抜け落ち、女の生首になった!
「こんな女の子に取り付いて、自分の結界を広げて他のかい、この小悪党め!!」
生首をガシリと掴むTさん次の瞬間生首は断末魔をあげながら燃え上がり、灰になって消えた。
しゃがみ込んだTさんは無残に抜け降ちた彼女の髪の毛に触れると「お前たち、元の場所に帰りな・・・」と優しく呟き
フワフワと浮かび上がった髪の毛は彼女の頭に生え移り、元どうりになった。

「二人に『カミ』のご加護がありますように」Tさんは笑いながらそう言って帰っていった。
寺生まれってスゴイ、改めてそう思った。

31 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 10:02:56 ID:3WeAcoyZ0
210 :2/4:2007/09/17(月) 09:14:15 ID:s9SudBk20
俺はバイト仲間5人と海へ行くことにした
しかし、海岸は物凄い人で、とても遊ぶことが出来ず、俺達は目的をドライブに半ば無理やり変更し
海辺の道路をひたすら走っていた。すると友人のYが「あれ?この辺り人全然いないよ」と言う
見てみると確かにこの辺りだけ人がポカンとおらず、5人で遊ぶなら丁度いい広さがある
浜に降り、ビーチバレーをしたり砂のお城を作ったりと楽しい時間を過ごした
するとYが「私元水泳部なんだーあのブイまで泳ぎきったらかき氷おごってね!」と言い出した

俺が返事をするより早く海に飛び込むY、なるほど水泳部だけあってか綺麗な泳ぎでブイまでたどり着くY
沖で大きく手を振るY、俺達も浅瀬から手を降って返すが、どうも様子がおかしい
「あれ!?溺れてるんじゃない!?」誰かが叫んだ、確かに今にも沈みそうだ!俺達は急いで救助に向かった
しかし、水泳部のYと違い泳ぎの遅い俺達は中々たどり着くことが出来ず、代わりにYは今にも沈みそうに・・・
「おかしい・・・」そう思った俺は水中に潜った、するとそこにはYの身体にしがみ付き、引き込もうとする黒い影が無数に蠢いていた!!

このままじゃ俺達も、そう思った瞬間、大波の向こうから一人のサーファーが!!
寺生まれで霊感の強いTさんだった!Tさんは板を華麗に操りYを抱き上げるとそのまま波に乗って陸地へ
「破ぁ!!」振り返らずにTさんが叫んだ、するとTさんの板が起こした無数の泡がボコボコと集まり浮き輪状に、俺達もそれにつかまって陸までたどり着くことが出来た
「ありがとうございますTさん、でも何でここへ?」そう聞いた俺にTさんは
「なぁに、この辺りは毎年水難事故が起こってるっていわく付きの海岸でな、こんな事もあろうかとな・・・」
そういいながらYの胸に手をあて呪文を唱えるTさん、するとYの口から汚れた水が吐き出されYは意識を取り戻した。
「きっと死者が死者を呼ぶ潮の流れなんだろうぜ、ここは・・・」海岸線を見つめて呟くTさん
顔を赤くしながら「あ、あんたなんかに助けてもらうくらいなら死ねばよかったわ!」と大げさに言い放つYを見て
寺生まれはスゴイ、俺はまたもやそう思った。

32 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 10:04:02 ID:3WeAcoyZ0
211 :水先案名無い人:2007/09/17(月) 09:33:51 ID:s9SudBk20
俺は久々に嫌な夢を見た
ノコギリを持った男が俺の部屋に立っている・・・俺は恐怖のあまり動くことが出来ず、ただその男を眺めている。
すると男は突然ノコギリで家の柱を切り出した!思わず「やめろ!!」と叫ぶ俺
するとゆっくりこちらを振り返る男、その顔は、見るも無残に潰されて顔中に釘が打ち付けてある
「お前もこうなりたいのか?お前もこうなりたいのか?してやろうか?してやろうか?」
ゆっくり俺に近づく男・・・俺は金縛りにあったように動けず、そして・・・男のノコギリが俺の顔に・・・

そこで目が覚めた、嫌な夢だ、後味が悪い・・・俺は水を飲もうと立ち上がった
俺の目に飛び込んできたのは、無残にも傷つけられた家の柱!
俺は恐怖で腰を抜かしてしまった、あの男は現実に!!そして次はホントに俺の顔が刻まれてしまうのではないかと

その日のバイトで、俺は寺生まれで霊感の強いTさんにその夢を相談してみた
しかし、Tさんは「しょせん夢だろ?」と冷たい対応
なんとしても引き下がれないので必死に何とかしてください!と頼み込むと
「それじゃあ俺の作ったお守りやるからそれを枕元に置いて寝ろ、そうすりゃ大丈夫だ」とお守りを渡してくれた

次の日、不安ながらも朝の早かった俺は床に付いた、そこでまた夢を見た
「つづき、つづき、つづき!つづき!つづき!つづき!」
またあの男だ!!俺は夢の中でTさんのお守りを探した、しかしどこにも見当たらない・・・
「これ?これ?これ?」なんとお守りを男が持っている!もうおしまいだ!!
だが次の瞬間、お守りが眩い光に包まれ、どこからとも無くTさんの声が
「破ぁ!!」お守りは光と共に飛び散り、男の半身を吹き飛ばした。
「あああああああああ」半身でのたうつ男を尻目に俺は夢から目覚めた
枕元にあったはずのお守りはどこをどんなに探しても見つからなかった・・・
その話をTさんに話すと
「半身を吹き飛ばした?やれやれ、威力は親父の作った奴の半分か・・・」と呟くTさん
寺生まれはスゴイ、俺は感動を覚えずにはいられなかった。

34 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 10:09:58 ID:3WeAcoyZ0
212 :4/4:2007/09/17(月) 09:35:13 ID:s9SudBk20
俺は彼女から深刻な相談をされた。
最近、自宅の老いた犬が誰もいない玄関に向かってけたたましく吠えるというのだ
俺が彼女の家に挨拶に行った時も、俺を見ても全く吠えなかった人なつっこいあの犬が
突然ものすごい剣幕で吠えるのだという、しかも時間を問わず。
不安がる彼女が霊を引き寄せやすい体質だったことを思い出し、俺は
寺生まれて霊感の強いTさんに相談する事をすすめた

ファミレスで3人で食事をしながら事の話をするとTさんは
「大丈夫、その犬は帰ってきた先祖に挨拶してるんだよ、この時期だし」とのこと
すっかり安心した彼女を送り返すと、Tさんから連絡が・・・
「彼女の言っていた事だが、確認したい事があるあの子の家の前まで案内してくれ」
深夜2時、彼女の家の前に行くと、確かに駐車場に繋がれた犬が吠えている。
「やはりな・・・」そう呟いてTさんは彼女の家の向かいにある電柱に手を添えた
するとそこからスッと青白い光が走り幾つもの亡者が彼女の家を通り抜けようとしているのが見える
しかし犬の抵抗に遭い、上手く通り抜けられない模様
「大した犬だ・・・ずっと家を守っていたのかい」そういいながら犬の頭を撫でるTさん
「破っ」Tさんの声と共に道は家を避け天に伸び、虹のように遠くの空に伸びていった・・・

「何故彼女に嘘をついたんですか?」の問いに「他人の女とはいえ、可愛い子を無駄に恐がらせるのは男の仕事じゃないぜ・・・」
寺生まれはスゴイ、俺は久しぶりにそう思った。

・・・数日後、彼女の家の犬が老衰で亡くなったと聞いた。
悲しみにくれる彼女を励ましてやると「ワン!」と元気なあの犬の声が聞こえた気がした
きっと犬はまだ家族を守っているんだな・・・線香をあげながら俺は思った
家族を見守る犬はスゴイ、俺はその夜ちょっと泣いた。

35 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 10:15:07 ID:3WeAcoyZ0
1990年の10月、私がアメリカの大学で経験した話。

アメリカの学生はとにかく課題レポートを書かされる。もちろんパソコンを
使って仕上げるわけで、私の大学には50台程度のコンピューターが整備されて
いるラボがいくつもあった。学生はここで夜通しレポートをタイピングする
わけだ。

その日も私は相変わらずレポート作成に忙しかった。夕食を済ませ、寮から
荷物を抱えてコンピューターラボに入り、パソコンの前に座った。当時は
来る日も来る日も同じような生活で、うんざりだった。

ここのパソコンはインターネットに接続されていた。まだウェブブラウザが
「モザイク」メインだった頃だ。ウェブコンテンツも研究者の研究成果発表
などばかりで、さほど面白いものではなかった。おまけに検索エンジンなどは
進化しておらず、
URLはもっぱらページ制作者本人から口頭で教えてもらうことが多かった。

その夜、私はいつものようにレポートをしばらく書いていた。その時、
何気なく目をやったパソコンデスクに、鉛筆でURLが書かれていた。
学生がメモ代わりにしたんだろう。

気分転換にはなるだろうと思い、私はそのURLをブラウザに入力してみた。

しばらくすると画面にはページが現れた。信じられないページだった。

そこには薄暗い部屋で床に血だらけで倒れている男性の写真があった。
(今ではよく見るこのような画像ではあるが)私はこのような残酷な
写真に戦慄し、吐き気を催した。

37 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 10:19:36 ID:3WeAcoyZ0
よく見ると、画像の下にはこんな一文が添えられていた。
"A guy in Michigan, aged around 30, Killed by me today"

間違いない、殺人者が自らの犯罪を自慢するサイトだ。

私は何かとんでもないものを知ってしまったのではと思い、
すぐにラボを飛び出して寮に帰った。翌日まで誰とも話すことが出来なかった。

次の日の朝。私は再度ラボに出向いた。そして、昨日のウェブサイトが気の
せいであることを信じてURLを開く。

現れたのは同じく薄暗い部屋の画像だった。しかし、今回は床に倒れているのが
丸裸で仰向けになっている女性だ。左乳房に大きなナイフが刺さっている。
口、鼻、耳から血が流れている。

写真の下にはまたも一文が添えられていた。
"A bitch in Michigan, aged around 30, Killed by me today"

すぐに私は大学警察に行き、警官に相談した。しかし、まだウェブがまったく
メジャーでなかった頃だ。「ウェブで殺人者が犠牲者の画像ファイルを掲載
している」といっても、うまく理解してもらえない。それに恥ずかしい話だが
私の稚拙な語学力も足かせになり、取り合ってもらえなかった。

恐怖と好奇心が一緒になった独特の心境で再度ラボに戻り、そのウェブサイトの
URLを入力してみた。

38 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 10:21:37 ID:3WeAcoyZ0
すると、その日数時間前まであった画像はすでになくなっていた。その代わりに、
なぜか私の住所と電話番号が書かれていた。その後にメッセージが一文。

「You are the next star on my Web.」

あまりの恐怖に私は声すら出せなかった、なぜなら私の後ろにいつのまにか見知らぬ男が立っていたからである。

「ABU! NAI!」
その時だった、いきなり別の見知らぬ男が窓を蹴破り部屋に侵入してきた。

「SYOW TAI MISE RO !! HAAAAA!!!」
その男は明らかに日本語なのに無理して英語っぽく喋っていた。痛々しかったが、その男が気合を入れた瞬間、
私の後ろの気配が爆発するように消えた。

「ダイジョウブデ~スカ~?アノサイト トテモアーブナイデース」
聞くとその男の人はTというらしく、日本でお寺の跡取りをやっているらしい。
わざわざ日本から怪しい気配を嗅ぎ付けて助けにきてくれたそうだ。

寺生まれってやっぱり英語苦手なんだなあと思った。

39 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 10:23:38 ID:3WeAcoyZ0
〈おまけ〉vsファービー編

ファービーを逆さまにぶら下げるとオロシテ!オロシテ!と泣きわめく裏技を 知って試してみたら

ヒモが解けて地面に落下しウオオオオオの断末魔とともに目玉が飛び出た。
今まで生きてきて一番トラウマになった。

何事も無かったかの様にノイズを発するファービー・・・俺はどうしていいのか分からず
寺生まれで霊感の強い先輩のTさんに電話をし、ワケを話した
黙って俺の話を聞いたTさんは「よし、待ってろ、すぐ行く」と言ってくれた
俺はファービーに気付かれないようにこっそりTさんを上げると、ファービーを見たTさんは「これは・・・」と呟き
「俺の後ろに下がってろ、絶対に前に来るな・・・」と言いファービーの前に立った
Tさんは何か呪文のようなものを唱え「破ぁ!!」と叫んだ
すると部屋中に落とされていたであろう目玉がいっせいに燃え上がり
ファービーの体毛までもが燃え上がった!!
「姿を見せな・・・」Tさんがそういうと長かったファービーの体毛がバサリと抜け落ち、女の生首になった!
「こんなオモチャに取り付いて、自分の結界を広げてたのかい、この小悪党め!!」
生首をガシリと掴むTさん次の瞬間生首は断末魔をあげながら燃え上がり、灰になって消えた。
しゃがみ込んだTさんは無残に抜け降ちたファービーの体毛に触れると「ブルスコファー・・」と優しく呟き
フワフワと浮かび上がった体毛はファービーの体に生え移り、元どうりになった。

「二人に『カミ』のご加護がありますように」Tさんは笑いながらそう言って帰っていった。寺生まれってスゴイ、改めてそう思った。

40 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 10:24:53 ID:3WeAcoyZ0
当時俺はバイト先までは車で通ってた。
家までの道にトンネルがあるんだけど、いつものように深夜3時位にそのトンネルを通りがかった。
するとトンネルのはじっこを男が歩いてる。
歩行者用の道なんて無いから思いきり車道だし、時間も時間。ちょっと気になって見てた。
進行方向は同じだったから、始めはその人の後ろ姿を見たわけね。
だんだん近付くにつれて、異様な事に気付いた。時期は冬だし外は寒い。
なのにその人は半そで、短パン。別にランニングしてるようでもなかった。
一番気になったのが、その人、足が長いんだ。
いやもうモデルとかそんなレベルじゃない。明らかにおかしい長さ。
鬼太郎にでてくる妖怪で、手長、足長、てわかるかな?
あれの足長のほうに似てたって。

(うわー、気味悪いなあ…)
まあ深夜にそんな人見たら誰だって嫌だよな。俺はあまり見ないようにしてアクセルを踏み込んだ。
んで、通りすぎた後にチラっとバックミラー見たわけ。
ここからはお約束。

も の す ご い 勢 い で 走 っ て 追 い か け て き て た 。

42 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 10:26:28 ID:3WeAcoyZ0
905 :続き:2008/04/23(水) 20:20:12 ID:tMYC0ttF0
目は今にも飛び出すんじゃないか、て位ひん剥いて、狂ったように腕を振ってる。
まあバックミラーでカオが見えるくらいだから、すぐそこまで迫ってたんだろな。
俺は気が動転して、めちゃめちゃなスピードで飛ばして逃げた。
しばらく走るとどうやら振り切ったっぽい。
家も近くなってきて、だんだん落ち着いてきた。疲れてたし見間違いだろうと。
次の角を曲がると家、だったんだが、その角を曲がった瞬間信じられないものを見た。

門の前にあの男がいる!俺は車だし自分家に帰るには当然最短ルートを通ってる。
俺より先に家に着くなんてありえない。第一なんで俺の家知ってるんだよ!
怖くなった俺は朝まででコンビニに居ようと思った。
でもUターンするには道も狭いし、逆に気付かれると思い家を通り過ぎて
コンビニに行こうとした。
それがいけなかった・・・ちょうど男の前(実際には足しか見えなかったが)
を通り過ぎようとした時だった。
「みつけた」と言う声がした。実際には「ミヅゲダ」が近いと思う。

43 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 10:28:17 ID:3WeAcoyZ0
フロントガラスには男のカオがあった。
深夜で街灯の明かりだけなのに男のカオはハッキリ見えた。
一部分を除いて・・・それは・・・目。
両の眼だけは、まるでコールタールを塗った様に真っ黒だった。
男はニヤリと笑い、再びこういった「ミヅゲダ」・・・。
男のカオはフロントガラスをすり抜けて俺に近づいてくる。

「そこまでだ」聞いたことのある声、寺生まれで霊感の強いTさんだ
Tさんは俺の車の助手席に乗り込むと、男のカオに両手を突き出し
「破ぁ!!」と叫んだ、するとTさんの両手から青白い光弾が飛びだし、
男を包み込んだ 。男はみるみるやせ細り、やがて消えていった。

「なんでここに?」「コンビニ行くのにアシが必要でな、さあ行くぞ・・・」
そう呟いて片手でタバコに火をつけるTさん。
寺生まれってスゲェ・・・その時改めてそう思った。

45 :1/1:2008/04/30(水) 11:28:41 ID:hpfwS3pK0
流れぶった切ってゴメンよ。
さっき見た夢の話、多分、夢だったんだと思う、多分。

私は何かから必死で逃げてた。
捕まったら絶対に殺される、とめちゃくちゃ恐くて、
後ろから追いかけてくる何かを、振り返れない。
視界の端に見ただけだからよくわからないんだけど、
私の身長よりかなり高い(私は151cm)真っ白なヒトガタの何かだったと思う。

一面真っ暗な闇で奥行きがあるのかも全く判らない場所なのに、
真っ黒な墨を流し込んだ様な沼(池?)と、岸辺、
沼の中には竹で出来たジャングルジムのような足場が生えているのは見えて、
私はその何かから逃げるため、岸から竹の足場に飛び移った。
でも、その何かも一緒に飛び移ってくる。
暫くそのジャングルジムで、私と白い何かはぴょんぴょん足場を飛び移って
鬼ごっこ状態が続いていたんだけど、ふと岸のほうを見たら、
真っ黒な空間に、ぽっかり浮かび上がる光が。
オレンジ色の電球みたいな暖かい色の光にほっとして、
そこに逃げ込めば大丈夫だと思った。

<続>

46 :1/2:2008/04/30(水) 11:29:20 ID:hpfwS3pK0
それは、カーテンの掛かったベランダのガラス戸で、
やっと人が通れるくらいの幅、開いてた。
その隙間から中が見えた、なんでかそこは私の部屋だった。
とにかく部屋の中に入れば大丈夫!と思っていた私は、
全力で白い何かを振り切ってベランダのドアへと猛ダッシュ!
あと一歩!

布団の中で目が覚めた。
周りは真っ暗。まだ夜中らしい。
「よかった・・・夢だった・・・」
安心したと同時に、やっぱり恐くなってバッと飛び起きてベランダのドアを見た。
寝る前にはきちんと閉じていたはずのドアとカーテンは、
やっと人が一人通れる位、開いてて。
外には見慣れたベランダと町並みはなくって、さっきの沼とジャングルジムが
ぼうっと白い霧に包まれて浮かび上がった。

「っttljjgyふじこ@tjt!???」

目が覚めたはずなのに、夢と同じ風景が広がってた。

<続>

47 :3/3:2008/04/30(水) 11:31:00 ID:hpfwS3pK0
夢と現実がついに混ざってしまったのかと恐怖でパニックを起して、
飛び起きると猛ダッシュで両親の寝室に「おかあさんたすけて!」って
子供みたいなことを叫んで飛び込んだ。(今思うと恥ずかしいw)
でも、誰も居ないただの薄暗い寝室があるだけ。

布団の中で目が覚めた。
周りは真っ暗。まだよn(ry

結局何度も同じことの繰り返しで、
夢から覚めたのか、現実なのか、わからなくなった。

何度目か、目を覚ましたら、部屋の中は明るかった。
やっと朝だ!目が覚めた!飛び起きて、ドアを見た。

20cmくらいカーテンとドアが開いてた。

結局これが本当の目覚めだったらしく、今こうして書き込んでるんだけど
寝る前に閉じていたドアとカーテンがなぜ開いてたのか原因不明。
リアルに侵入者とも思ったけど、泥棒が入った痕跡もなく、
外から無理やりこじ開けた様子もないんだよな。
なんだったんだ。薄気味悪い。

54 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 16:59:58 ID:tCtC6EqY0
>>45
あるねぇ、そういう夢。いや、夢と言えば夢、オカ板的に考えると幽体離脱なのかも
しれんけど。

金縛りになって、身体が疲れてるだけでも何かがいるんでも怖いから、とにかくはっきり
目を覚ましたくて、何とか枕元のスタンドの灯り点けようとするんだけど、ようやっと
手が動いてスイッチ押してるのに点かない。何で~?!と半べそでカチカチやってると、
はたっと気が付いて、手は布団の中。あれ、さっきのは夢? まぁいいや、スタンド
スタンド…とスイッチ押すと点かない。え、何で?! で、この繰り返しを10セットほど。

何日か連続でこの金縛りの夢?を見て、終いに「スタンド点かない→夢の中」と
勘づいて開き直るようになったら、今度はスタンドが点かなくても夢の中と気が
付けなくなり、次には部屋の電気にトライする(やっぱり点かない)、とパターンが
変わりました。これも繰り返すうちに慣れて開き直れるようになったら、更に次には
部屋の外の廊下の電気を点けに行く(やっぱり点かない)が付け足されるようになりますた。
この辺でほとほと嫌になり、枕の下に手持ちのお守りに待機していただいて就寝。
久しぶりにすっきり朝まで快眠。それからは何事もなし。
…やっぱり、何かにからかわれてたのか、当時の私。

58 :本当にあった怖い名無し:2008/05/01(木) 17:56:32 ID:uGrvLSCS0
834 :おさかなくわえた名無しさん:2008/04/27(日) 16:34:44 ID:F0vUBTEO
個人デザイン事務所にアルバイトしていた時の話。
3LDKマンションが事務所で、シャム猫が1匹飼われていた。
元々は社長の愛人が飼ってた猫だったが、愛人と別れる際、
「この猫を私と思って一生面倒を見なさい」と押しつけられたらしい。
働き始めて半年ぐらい経った頃、事務所で社長と二人で残っていた。
夜食のピザが来る間、社長は自分の部屋でエアブラシ作業、俺は各種資料をコピーしていた。
シャムがコピー機の上に乗ってきた。
「ほら、邪魔だよ」と俺が言った瞬間、ボタンを操作していた俺の手に激痛!
シャムが突然、噛みついてきた!
甘噛みではない、本気で肉を食い千切るような噛み方!
っつーか、肉が一部裂けた! ピュゥッて血が吹き出てるし!?
「うあっ!」と声を上げた瞬間、またも激痛!
腕に牙を立てながら、思いっきり爪を立てている!
俺は思い切り腕を振り上げてシャムを投げた。
しかし、シャムは身を翻して再び立って襲う構えを見せる。
「シャアアアあああああああああああーーーーーーーー!」シャムの鳴き声が
徐々に変化してきた。まるで、人間の泣き声だ!
こんな大きな声なのに隣の社長は全く気付いていない。
よく見るとシャムの影が大きくなり、人の形になってきていた。
そして、下顎が外れそうなくらいに口をあけ、何かに狙いをさだめた様だ。
おそらくは俺の首筋・・・逃げなきゃ!しかし体が動かない!!

「そこまでだ」聞いたことのある声、寺生まれで霊感の強いTさんだ
Tさんは俺とシャムの間に立つと、あるものを振り回した・・・”ねこじゃらし”だ!
シャムがねこじゃらしに飛び掛った瞬間、Tさんが「破ぁ!!」と叫んだ。
するとねこじゃらしが光り、シャムの影を引き裂いてゆく!
ついにシャムの影はもとの猫の影となった、その瞬間シャムの首輪がパァンと弾けた。
「この首輪に念を込めてたんだな」シャムは人?が変わった様に大人しくなっていた。
「なんでTさんがここにいるんですか?」
「テリヤキコンビとあつあつグラタンピザですね」
寺生まれはスゴイ、俺はピザを頬張りながら思った。

69 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 05:22:51 ID:yXxRBj6+0
50 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2007/12/03(月) 17:55:56 ID:O5yBqTnA0
鉢植えのシンピジュームは葉っぱはすごく茂るのに花が全然咲かない。
鉢に向かって「今年も咲かなかったらもうすてるよ!」といいながら
水やりをしていた。
そしたらその年から毎年花をつけるようになった。

77 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 21:30:28 ID:Cdl/XHCs0
何の物音もしないのに、
突然低く唸って真暗な隣の部屋に突進し、
得意気な顔をして帰ってくるウチのダックスが怖い。

お前・・・何を追い払ってきたんだ?

81 :本当にあった怖い名無し:2008/05/03(土) 07:57:38 ID:mR2c08XgO
暗闇になにかいる。
「ワンワン!」
ウチのダックスフントが鳴く
お寺からもらって来た犬だ
「ワァン!」
すると…

86 :本当にあった怖い名無し:2008/05/03(土) 18:34:49 ID:hIHGrajg0
ほんのりですらない気がするけど、書きます。

私は学校の近所の本屋さんに寄るのが習慣です。
そこのトイレは、個室がボックス席のように右側に2個、左側に2個ってなってます。
その手前に手を洗うとこがあって、奥の少しくぼんだところにあの『手をぶおーん』ってするとこがあります。
説明が難しいんですけど、とにかく手をぶおーんってして出て行くと、個室エリアから丸見えなんです。
この前、私は一番手前の個室に入って用を足し、さあ出ようかということで扉を開けかけました。
すると一瞬、てか1,2秒、『ぶお…ん』ってかんじで音が聞こえました。
ほんとにちょっとで、そんなんじゃ手乾かないだろって位です。
そもそも一番手前のとこに入ってたので、誰かが出入りすれば分かります。でもそのときは足音もなければ、水を流す
音すらしませんでした。
あわてて扉を開けても、誰もいませんでした。
それなりに距離もあるので、走らないと私の目に入る前に出て行くことは不可能だし、もし走ったら足音がするはずです。

久しぶりにこういう体験をしたので、書いてみました。
お目汚し失礼しました。

87 :本当にあった怖い名無し:2008/05/03(土) 19:03:03 ID:FUYBnLcw0
あんまり怖くない話だからここに投下させてもらうわ

夜の11時ぐらいの話
家に帰るために住宅街を歩いてたんだ
いかにも何か出そうな感じで、街灯がちかちかしてたりでさ
なんだかヤバクねぇ?とかいつもあんまり意識しないのにそのときは軽くビビッてた
少し前の方の街灯の下に誰か居るのが見えて、すげービビッた
でもおっさんが立ちションしてるだけだ、そう思って通り過ぎたんだけど何か違和感があって振り向いた
そしたらおっさんの下半身が無いんだよ、何で俺気付かなかったんだとか思いながらなんで振り返っちまったんだと後悔してたら
おっさんこっち向いて、スーってスライドするみたいにこっちによってきた
俺もうパニック、おっさんのニタァって感じの笑みがすげー怖かった
走って逃げたかったけど背中見せるのが怖かった
んで、その頃空手をやってた俺は組手の構え(俗に言うファイティングポーズ?)で構えて
ッシャオラァ!!とか言って気合入れて威嚇した
そしたらおっさんの笑ってた顔が引きつってすーっと消えてった
その後は速攻家帰った、そして俺幽霊に勝ったよ!すげー!俺すげー!
とか言ってテンション高かった、思い返すとめでたい脳味噌だな俺

その後は特に何も経験してないな、長文乱文失礼した

94 :本当にあった怖い名無し:2008/05/03(土) 22:55:53 ID:BIWCazw40
昨日家族が旅行に行ったんで一人で留守番してたわけ。

ずっとPCやってたら台所から物音がするんだよね。夜の12時半頃。

あれ?と思いながらも台所に行ったんだよ。そしたらゴミ袋の横に真っ黒い猫が

いるのよ。猫なんか当然飼ってないからびっくりして「わっ」と叫んだら猫がササっと

別の部屋に走ってった。追っかけてみたんだが結局見つけられなかった。

どこから入ったのか全然わかんないから不思議に思ったんだけどさ。

次の日、妹の部屋にCD借りようと入ってあせった。

昨日見た猫がタンスの上に居るんだよ。近寄ってみると精巧なぬいぐるみ。

これってどうなのかな。少し怖いんだが。

100 :本当にあった怖い名無し:2008/05/03(土) 23:49:38 ID:BIWCazw40
写メは取れるけどUP方法はわからないっす。
でもこんな夜中にあの猫のぬいぐるみの写真取るの無理。
霊視されて怖い事言われてもこまるしな・・
妹帰ってきたらどうやって手に入れたとかは聞きます。

104 :本当にあった怖い名無し:2008/05/04(日) 02:34:48 ID:zSTtJCZb0
最近、深夜に公園でウォーキングしているんだけど、いつもの如く広い公園で一人
テクテク歩いてたんだ。

そしたらいきなり、足元に首のもげた鳩が落ちてきて苦しそうにもがいてる。
飛び上がるほどびっくりして避けようとしたら、丁度同じタイミングで窓の
開いた黒いバンが道路を通過して「ふむよ(いるよ?)」と言って去った。

あまりにも同じタイミングなのでさらに驚いたのと、怖いのとでしばらく馬鹿
みたいに飛び跳ねて恐怖を紛らわして、即効で家に帰った。

何かわかんないけど、怖かった…。

105 :本当にあった怖い名無し:2008/05/04(日) 02:40:18 ID:EYAkkC6KO
今ふむよ・いるよ

110 :本当にあった怖い名無し:2008/05/04(日) 14:27:10 ID:drXC9Huy0
投下します。

友達のお姉ちゃんが眠っていて、ふと目を覚ましたら玄関のドア、
寝室、リビング、リビングの窓が全開になっていた。
風呂トイレの窓は閉まっていたけど開けられず、恐々戸締りをして
パジャマのままバイト先へ駆け込み、同僚を連れて風呂トイレを
開けてもらったら泥靴の足跡が点々とあった。

それから同僚の勧めもあって犬を飼うことになった。
それからあからさまな不法侵入みたいのは無くなった。
しかししばらくすると犬の様子が何かへん。
半日留守番しているくせにトイレに排泄物がほとんど無い。
散歩に連れて行ってもしない。
ご飯を与えてもあんまり食わない。
こりゃあ変だと思った姉ちゃんは、部屋にカメラを仕掛けた。

111 :本当にあった怖い名無し:2008/05/04(日) 14:31:44 ID:drXC9Huy0
続きです。長文スマソ。

家に帰ってから映像を見てみると見知らぬおっさんが
家に侵入して犬の世話をしていた。
(おやつ上げたり、ブラッシングしたり)
びびったお姉ちゃんはふじこっ!ふじこっ!と犬連れでバイト先に
駆け込み、例の同僚で寺の跡取り?のDさんと部屋を片付け、
その日のうちに部屋を出て実家に帰った。

114 :本当にあった怖い名無し:2008/05/04(日) 18:49:03 ID:SvRsaWV4O
>>111
知人に似た体験した奴がいた
知人母が亡くなって知人父は酷く落ち込んでしまっていたので
娘(知人)が犬をもらってきた
知人父は犬に亡き妻の名前をつけてかわいがっていたが
その知人父も一年後、後を追うように亡くなられた
残された娘と犬だったが娘は犬恐怖症
かわいがらなければという気持ちはあるのだが
条件反射的にこわがってしまい散歩させるのもやっと
次第に仕事も忙しいし餌をやるだけとなったが何故か犬の世話が行き届いているので不思議に思ってたら
近所のおっさんがいろいろ見兼ねてかわいがっていてくれたそう
菓子折り持って挨拶いったら気をつかって来てくれなくなった…
正直助かっていたんで知らないふりをしていればよかったと言っていた知人がオカルト

ていうかオトンを心配したんだろうが犬こわいなら犬もらうなよ…
ちなみにそのわんこは天寿をまっとうしました

118 :本当にあった怖い名無し:2008/05/05(月) 00:30:47 ID:LfHrmIxS0
子どもの頃、自分の部屋で一人で寝ている時に、
夜中ふと目が覚めた。
でも子供心になんとなく嫌な気持ちがして、
目を開けられずにいたら体が動かないことに気づいた。
そのことに驚いて、
おそるおそる目を開けると足が見えた。
ベットではなく布団を敷いて寝ていたので、
自分の左腕辺りに人が立っている状態なのは理解できた。
その足が妙に青白くてくるぶしから上が白い着物のような雰囲気だったが、
恐怖から目線を上げることが出来ない。
そうこうしていると左の頬にサラッと髪の毛があたる感触に気づいた。
恐怖のあまり目を瞑ったが、息遣いがしたから
自分の左頬のすぐ横に誰かの顔があったのが分かった。
左腕付近の足はそのままなのに
布団で寝ている自分の顔に顔を近づけるなんてどんな体勢なのかと
想像すればするほど怖くて
必死に目を瞑ってでたらめのお経を唱えているうちに眠ってしまった

119 :本当にあった怖い名無し:2008/05/05(月) 03:02:33 ID:CQRNSaCa0
93 3900万円の名無しさん 03/06/18 12:26
ギャンブル(パチスロ)で300万円ほど借金作って、なんとかするためにさらに立ちの悪い業者から200万円借りて
競馬で大勝負したツレ。
全て散財したあと、自宅で首吊って死んだ。
その後ツレが何度か夢の中に登場して「なあ、絶対返すから金貸してくれやぁ..」と言ってくる....

94 3900万円の名無しさん 03/06/18 12:43
阪神競馬場で狂ったように叫んで踊っているオッサンを見た。
きっと散財したんだろうなぁ。
コワイコワイ....

120 :本当にあった怖い名無し:2008/05/05(月) 04:04:39 ID:9pV3exbjO
>>98
蛆涌きまくりの死体で出てきたらどうすんだよ、
今の時期最悪な状態になるぞ。
しっかり探せもう一度。

…あとぬいぐるみや人形の類て念がこもって動くとかよくある。

121 :本当にあった怖い名無し:2008/05/05(月) 10:28:45 ID:E6GAalzI0
いや、よくあるって程はないと思うよ。うちの人形は動いたこと無いしw

じゃ、私のほんのりをおいていく。
ずいぶん前に他スレに書かれていた話があった。
話の趣旨は、「ほこらから出てきた何か気持ち悪いモノに追いかけられた」とかいう話。
近所の私はその書き込みで「ああ、あそこだ」とすぐに解るような書き込みだった。
で、その書き込みがあった翌日、通り道なので見てみた。

その祠。知る限りはいつも鍵がかかっていて、開いてるはずがないもの。正直、「作り話しちゃってー」と思って行ってみた。
したら、その祠にかかっていた南京錠が壊れて地面に落ちていて、扉が開いていた。
「うわここまで手の込んだこと・・・!」と思って突っ立ってたら、近所のじいさんが近づいてきて、
「壊したのはあんたか?」と聞く。で、「素手で無理ッスよw」というと、「だろうなあ・・・まずいなあ・・」と。
「ここ、何なんですか?」と聞いたら、「昔、物の怪を封じてその後開けたことがない」と、中を見せてくれた。
南京錠がかかった観音開きの中に、もう一つ観音開きの扉があって、そこにはお札が貼られている。
いや、正確には、貼られていた、と書いた方がいいかも。
無惨に破れ、開いていたからだ。

「まったく、悪戯にしても酷いなあ。・・・まあでも、もうここには戻ってこないだろう」と。
「どうしてですか?」と聞くと、さも当然のように、「封印されていた場所に帰るか?わざわざ。まあ、開けた
ヤツについていったんだろうなあ。・・・もう無意味だな、これ」と。

今でもその祠はあるが、開けっ放し。万一帰ってきたときの為に開けてあるらしい。
その土地の所有者すら今は不明なので、これ以上の詳細は解らずだがなんとも気持ち悪い。

124 :本当にあった怖い名無し:2008/05/05(月) 11:43:23 ID:HTSJrRS0O
俺も祠ネタで1つ

2週間程前に千葉県の某地域で農作業帰りの婆さんが、乗っていた田植え機の脱輪で横倒しになり、 そのまま下敷きになって死亡した
近所の人がドーンと大きな音を聞きつけ、見に行った時には手遅れだったらしい

この家は、所有地の祠を潰してNTTにアンテナ用地として貸していたらしい
近所では30万円ばかりのためにそんな事をしたら、いつか祟られると噂になっていた家だった

実際 数年前には娘の婿が通勤中交通事故で植物状態になっていた

祟りは此で終わりなのか…それともまだ続いているのか…

125 :本当にあった怖い名無し:2008/05/05(月) 11:57:21 ID:CQRNSaCa0
ちょ、そのNTTアンテナって団地のすぐ近くのですか?昨日通ったとこかも。

126 :本当にあった怖い名無し:2008/05/05(月) 12:10:55 ID:HTSJrRS0O
>>125
   そう そこ

128 :本当にあった怖い名無し:2008/05/05(月) 12:20:13 ID:/go5u5lVO
昔し僕に起きた怖い話しです。
大学に通ってた時なんですが、朝起きたら見た目は普通なんですが顔の右半分が全く動きませんでした。
飲み物飲んでもダラダラ零れるし、顔面神経痛にでもなったかなぁ~と思いながら授業にでたら
当日付き合ってた彼女に「あんた憑いてるよ」って言われました、彼女は町でも有名な心霊少女でした、
彼女いわく女の人で白いワンピースに白い帽子を被っているそうです。
幽霊とか全く信じてないので話し半分に聞いてたんですが、次の彼女の一言で鳥肌が立ちました。
「んでね、顔の右半分がグチャグチャなんやて、ヒロくん何か顔に変な事起きてない?」
流石に怖くなりました。生きるって意思を強く持てば大丈夫って言われたんで心掛けてたら3日ぐらいでなおりました。

ここって身内が出て来た事とかでもいいの?

130 :本当にあった怖い名無し:2008/05/05(月) 13:00:30 ID:0BDODmqb0
ほんのり(?)体験を思い出したので投下。食事中の方はご遠慮下さい。

6、7年前、近所にある小さなカラオケ店でバイトしてた。
地元の人しか知らないような、通りから入り込んだ場所にあって、
部屋も個室が11に宴会場が1つだけの本当に小さなカラオケ屋だった。

平日は客が1日に5組も来れば良い方で、週末でやっと全部屋埋まるかどうか。
その日はそこそこ客も入ってて、11部屋のうち6部屋くらいが埋まってた。
閉店時間になって、俺ともう一人のバイト(以下B)二人で店内の片づけをしてたんだ。
俺は個室の片づけ。もう一人は厨房やらトイレの掃除。
で、俺がいつものように掃除してるとBが血相変えて俺んとこにきた。
「ちょ!トイレに凄いもんがある!!」
Bに着いて行ってみると、女子便所の便器の中にウンコが流されてないまま残ってた。
いやまあ、便所なんだからウンコがあってもおかしくないんだが、そのウンコ、

めちゃめちゃでかい。

でかいっつうか多い。象がしたんじゃねえかっつうくらいの量。
そのトイレは和式だったんだけど、便器からはみ出して床一面にぶちまけられてた。
そんときはまだ笑い話で済んだ。半泣きのBに掃除を押し付けて俺は個室の掃除に戻ったんだ。

そのカラオケ店は廊下が外にあって、その廊下沿いに個室が一直線に並んでるつくり。
トイレや厨房、カウンターがある建物から自動ドアを抜けると左手に個室が並んでんのね。
俺はいつも一番奥の部屋から掃除しては鍵かけて、てな感じで作業してた。
でかいウンコ見て作業が中断してたけど、残ってる部屋は手前の3部屋。
その3部屋のうち1部屋は今日客を入れてない。(内1部屋は倉庫にしてるから常に鍵かけっぱなし)
まずは客を入れた一部屋に入る。

131 :続き:2008/05/05(月) 13:01:11 ID:0BDODmqb0
なんか臭い。
さっきのウンコの臭いが鼻に残ってんのかなあ、なんて思いながら部屋を掃除する。
基本的に部屋の照明は暗くて、掃除するときも面倒だからいちいち電気点けなかったから
途中まで気付かなかったんだが、ソファの横にかりんとうを見つけた。
ああ、これかと。
すぐ気付かなかった俺も馬鹿だが、最初何かわかんなくてギリギリまで顔を近付けて臭いを嗅いだよ。
間違いようもなくウンコだった。
大体部屋の中にウンコがあるのもおかしいんだけど、その時は純粋に腹がたった。

とりあえずそのウンコを片付けて、臭いが残らないように消臭スプレーばらまいてその部屋は終了。
あとは倉庫にしてる部屋を除いて1部屋だけだ。客を入れてないからちょっと見て終わる予定だった。
部屋に入るなりものすごい臭いが充満してるのに気付いて思わず後ずさった。
恐る恐る電気を点けてみると、いましたよ。ラスボスが。

さっきトイレで見た量の2倍はあろうかという大量のウンコ。
直径60センチくらい、高さ20センチくらいの見た事ない量のウンコ。
とりあえずBを呼んできたらB爆笑。俺はムカついて何も言えない状態。

店長に電話したら掃除してくれと言われたので(まあ当たり前だが)ちりとりで少しずつトイレに運んで片付けました。
後で考えると、トイレのウンコと部屋にあったウンコは同じグループだろうと。
一人で出せる量だとは考えにくいから、複数だとは思うんだけど、何故そんな事したのかが理解出来ずに怖くなった。

世の中には色んな人がいるもんですね。
気持ち悪い話を長々と申し訳ない。読んでくれた人ありがとう。

132 :本当にあった怖い名無し:2008/05/05(月) 13:24:07 ID:CQRNSaCa0
>>124 祠を潰したとか知らなかったです。ガクブル
移しただけなのかもしれないけど、昔からのものに手を出すのはよくないですね。

>>130 掃除乙。6組程度なら犯行グループを特定できそうな気もしますが、心当たりはなかったのですか?

133 :本当にあった怖い名無し:2008/05/05(月) 13:37:16 ID:0BDODmqb0
>>132
一番怪しいのはウンコがあった部屋の隣(かりんとうがあった部屋)なんだけど、よく覚えてないんだよね。
その日印象に残る客居なかったし。普通のカップルとかだったような気もする。

134 :本当にあった怖い名無し:2008/05/05(月) 13:43:20 ID:/8VWjGIz0
それだけの量を一人だとしたら・・・
その人ほっておいたらグリーン姉さんみたいになってたかもな・・
(((((((( ;゚Д゚))))))))ガクガクブルブルガタガタブルブル

135 :121:2008/05/05(月) 14:02:06 ID:E6GAalzI0
私の話も千葉県じゃ・・・

この祠の妖怪?については郷土史等を調べても何も出てきませんでしたが、
このご近所で古い家が持ち回りで封印のお札を7年ごとに神主に頼んで
張り替えていたそうで、実はこの件の前にお札を張り替える年数を間違ったとか
聞きました。何百年と続いてるとの話ですが正確な事は誰ももう知らないそうです。

>>130
近所の嫁姑の仲の悪い家があるのだが、そこの嫁さん、新築のトイレをうんこで
三回も詰まらせたそうだ。
原因はうんこの量。とにかく、その嫁さんのあだ名が「コニちゃん」であることから
想像して欲しいのだが、いい体格の人は、出すモノも多いのだろうという・・・。
姑の嫌がらせと思ってたら嫁さん自身が「そーなのよーw 私●の量多くって」と
言っていた。
洋式便器からはみ出すくらいするらしい、一日に。
なのでもしかして、そのうんこ・・・お一人様かもよ・・・

139 :本当にあった怖い名無し:2008/05/05(月) 15:59:54 ID:HTSJrRS0O
人って便秘で死ぬんだもんな…
その姉のウンコは7㌔だったよね
 指で掻き出そとしたのか、指にウンコ付けて玄関で悶絶死…(´・ω・`)カワイソス

140 :本当にあった怖い名無し:2008/05/05(月) 16:07:56 ID:GmxS2Zes0
俺もあの小学生レベルの剣死報告書読んで、軽い便秘恐怖症になった。

胃の検査でバリウム飲んだ後なんて、便が元の色に戻ったのを確認しな
いと腹の中で固まったんじゃないかと(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

144 :本当にあった怖い名無し:2008/05/05(月) 16:40:51 ID:Xd4yvQbO0
その昔慶応高校では竹筒にウンコを貯めておいてものすごい巨大なウンコの固まりを作った生徒がいたそうだww
あまりの巨大さに教師も唖然としたらしい。。。犯人は未だに見つかっていない
関連記事
1/3 2/3 3/3
(4)


オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ ⇒
心霊 未確認生物 UMA ミステリーブログ⇒
不思議な話 怖い話の本⇒オカルト 心霊 怖い話 未確認生物UMA 書籍
<<◇心霊ちょっといい話 ver.13◇ | ホーム | 幽霊は本当にいるのか69(いないのか)>>

- コメント -

2008/07/07

う~ん。このサイトの記事全部読みたいのですが
正直読みにくいです。
アフィもいいんですが、左半分をランキングのスペースに
使って、肝心の本文のスペースが狭くなって非常に読みにくいです><

ちょっと変更してくれると読みやすくていいと思うのですが・・・
いきなりすみませんでした><

2008/10/13

お寺攻めはヤメテwww

2008/10/26

こんにちは

こんにちは、いつも拝見しております。これからも遊びにきます!

2009/12/10

寺生まれのТさん、凄ス!www
寺生まれのТさんの活躍はすべて、
高橋葉介氏の「夢幻紳士」の絵柄で
脳内再生されてしまいました。
あ~、ほんとに描いてもらえたいいな。
誰か高橋葉介さんにタレこんでくれないかな~。

コメントの投稿


管理者のみ閲覧可


- トラックバック -


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

<<◇心霊ちょっといい話 ver.13◇ | ホーム | 幽霊は本当にいるのか69(いないのか)>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。